熊本勢Lyceeブログ

熊本在住リセラーが割と好き勝手にLyceeについての記事を書くブログです。

10月の大会日程です
10月 7日(土)
10月15日(日)
10月21日(土)
10月29日(日)
現在の予定です。要望があれば会場の都合にもよりますが、変更可能です。

10月1日で地元のショップが閉店してしまいます。大会自体の数が減ってしまうので、非公認ですが実験的に大会開催数を増やしてみます。今後需要が多そうであれば毎週の開催を視野に入れていきたいと思います。


※大会の予定は主催者都合にて変更になる場合があります。しっかりと告知はいたしますので、ご注意ください。

場所は慶徳地域コミュニティセンター
時間は13時からです。

ユーザー主催の公認大会が開けるようになるまではパックを上位賞品にした非公認大会を開いていきます。
プレイヤー間でのコミュニケーションやトレードの場に出来ればと思いますのでよろしくお願いします。

2月25日は15時から火玉で公式大会が行われる予定だそうです。
そちらに途中から移動しても良いかもですね。
時間については状況次第で調整できるかも、とのことでした。

テーマ:

岡山のレポもポイントもらえたし博多も貰えるに違いないとレポを書きます。

まず前日のデッキを決めるに当たって色々考えていた所から。

時間が無かったので混色を煮詰めるのは無理と判断して単色で出ることにしました。

カード資産状況などから

・日単→2ハンドダメージ3が増えたので、ウィニー気味に展開して滑り込みで打点を入れよう!

・雪単→アヴァロンの暴力

・月単→安定オブ安定

のいずれかにしようかと思っていたんですが、ハルさんから雪タッチ日が強いよ!ってお話を聞いたので、上記3つのデッキと並行して調整し4つのデッキから選択することに。

金曜日の夜に一人回しした感じだと、雪タッチ日が頭一つ抜けてる感じでした。

というわけで土曜日に地元の友人たちとの調整会に持ち込んだところ、雪タッチ日はブン回ったときは手がつけられない強さだけど、事故率が高い。という印象でした。またマリガン基準がなかなか厳しく、6回戦は無理と判断して雪単にシフトしました。

最終的に当日の朝まで雪単にするか月単にするか決めきれず、会場でデッキリスト提出するギリギリで雪単にしました。

使用したデッキはこちら

https://lycee-tcg.com/festa/player.pl?tno=4&festano=8

まずアタッカーの採用について。FGO環境の雪単もそうだったんですが、DP3がいとも簡単にAP4で止められてしまうので、極力DP4あるアタッカーを採用しました。

ミストルティンはAPでもDPでも簡単に止まり、ミラー以外では弱いと感じたので全抜きです。

また月も日もAP5を獲得したため、DPをあげる手段が欲しかったのですたワイルドエッジはタップコストが遅く、アンデルセンは1回通して終わり、ごちそうさまはEXが1だったのでかなり悩んだんですが宝具開放を選択しました。

あとは安定しない除去である身代金誘拐事件ごっこをカバーする目的でカラドボルグを採用したって感じですね。

終わった後はアステリオスを詰まなかったことを後悔しました。前日も少し詰むか悩んだんですが、結果的には失敗でしたね。

というわけで当日

 

1回戦

VS雪日 ちゃちゃさん

1回戦から知り合いとあたってしまう。

先行が取れたのでアヴァロン荊軻スタート

荊軻のパンチでアヴァロンが2枚落ちて、これは自分だけアヴァロン出して一方的にいけるのでは!?と錯覚するもアヴァロン出てくる。除去ってもまたアヴァロン出てくる。とかでかなりギリギリの試合になりました。最後はミョルニルのおかげでギリギリ1点差で勝てました。

 

2回戦

VS日単 ふるでさん

先行。初手にアヴァロンはいるものの、能力を言う対象がいないのでマリガンするか少し悩む。

しかし、デッキ全体には大量に入っているため、キープを選択。

初手左にアヴァロン右にゲイボル=ゼロ

返しに2ハンドAP3を3体とアヴァロン対面にダレイオス。

打点を抑えないと勝てない流れだったため、DFを固める方向にシフトして、SRマシュを絡めた盤面を作っていくも、スイートピーチ警戒で3点は通ることに。ここで僕がスイートピーチのテキストを勘違いしていて、SPまで上がることを失念SRマシュが落ちるブロックをすることに…当日は大袈裟にやらかしたーと騒いでいましたが、ちゃんと6点は軽減できていましたしスルーがつらい打点差でもあったので、そこまで強烈なミスでもないなーと落ち着いた今なら思えますね。

結局初手に出して最終ターンまで生きていたアヴァロンは能力を1回も宣言することなく負けてしまいました。最終ターン手札に荊軻はいたので最後までやっていれば1回は宣言できましたが、荊軻アヴァロンしても3点足りなかったので投了でおわり。

振り返ってみるとスイートピーチ絡みはミスともいえないミスだったのですが、ミョルニル絡みの詰め筋等の判断ミスが結構おおかったので、練習不足をすごく感じた試合でした。

 

3回戦

VS雪単 lazyさん

後攻。

お互いにアヴァロンゲーを仕掛けていく展開で、ゴリゴリ除去を打ち合う感じでした。途中先攻後攻がひっくり返るかなーぐらいの打点差になったんですが、ミステルティンの差で引き込んだ除去の枚数で負けてしまいました。

コレも今振り返ってみると序盤の除去先を間違った感があります。

後から振り返って判断ミスやプレイミスがいっぱい出てくるのはやっぱり練習不足ですね。

 

というわけで本線は1-2でフィニッシュでした。

ていうかフェスタ覇者と当たりすぎじゃないですかねぇ??

 

その後ドロップしてバトラへ。

結構初心者さんとも当たって、盛り上がりを感じるバトルラッシュでした。

バトラのクジはなんとも微妙な引きでしたが、色々もらえるのはいいですね。

 

次の東京大阪仙台名古屋ぐらいまでは遠征できなさそうですが、どこかでまた遠征したいですね。

また地元での動画撮影及び投稿とかもやって行きたいと思っていますので、その際は是非よろしくお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブレブレ新弾が出たので、新しく日花デッキを組んでLyceeフェスタに出てきました。

 

【デッキレシピ】

日花エンゲージ

(6/3 追記:デッキポイントは108ptでした)

 

【コンセプト】

今弾で追加された新システム:エンゲージを意識しています。

 

 

【各カードの役割】

・メイプルシャフト

・レヴァンテイン=ヘル

・丙子椒林剣

エンゲージギミックの主役。メイプルシャフトはタネにすると2ドロー、単体でも3-3/2/2なので、AP止めされるまではアタッカー運用。

レヴァヘルさん(4-3/1/2 ステップ)と丙子さん(3-3/3/2 オーダー)は2ハンド高スペックの代わりに、エンゲージしないと破棄されるハイリスクハイリターンなカード。

 

・レヴァンテイン

・レヴァンテイン=ヘル

・赤い丹下セイバー

・ステンノとエウリュアレ

動きながら打点を通すメインパンチャー。

レヴァンテインは(SRなのに)DMG2なので、優先順位はちょっと低め。

 

・Rエリザベート

・ガラティーン

・ロムルス

・タマモキャット

・リーゼ

2ハンドのアタッカー達。デッキ3点持ちの鉄砲玉

 

・霊獣姫ジャンヌ

・ダレイオス三世

・セラエノ断章

・ヴォルケイノ

主な役割はDFに置いてAP止め。今弾で月や雪にDP4のアタッカーが追加され、さらにDPをアップする手段も増えてきているので、AP5以上を多めに採用しています。

ブレブレジャンヌはDMG3、セラエノはDMG4なので、相手によってはAFに置くのも一考。

 

・スイートピーチ状態

奇襲イベント。1積みの理由は、2コスアタッカーが軒並みDP0で、これを使っても相手の2コスAP3と相打ちになってしまうからです。

これが一番使えそうな相手はたぶん宙単。厄介な3〜4コスオーダーを2コスで討ちとれる上に、そのターンは残り1〜2体のアタックも通ることになるので。

逆に言うと、軽コス主体の相手さんがバンザイアタックしてきた時はこれ持ってること前提で考えた方がいいかもしれません。

 

・リーゼ

個人的に今弾イチオシのカード。

上記ではコスト:日の3点パンチャーとしての紹介でしたが、自身登場およびタネ時のエンゲージがトリガーとなって赤セイバーの動きをできる能力持ち。

行動済みのキャラにエンゲージしてそのまま空きフールドに移動して相打ちブロッカーになったり、AFがダウンして空いたフィールドにAP止めしてる高DMG持ちを滑り込ませて追加アタックしたり、スペックだけでなくテキストでも仕事のできる縁の下のなんとやら。

 

 

【対各デッキ】

あんまり数こなせてないので日が経ったら言ってること変わる可能性が多いにありますが、とりあえず現時点での考え。

 

・花と日

各1回しかやってないのでよくわからない。基本的には終盤までトントンのダメージレースをしていって、最後にリーゼやレヴァヘル&丙子椒林剣のエンゲージ後移動で手数を増やして詰めていく、となるはず。

 

・月と雪

ルーラーやアヴァロンなど、DP4アタッカーが多いのでAP5で足止め。ただし月はオボロがいるので、DP+2のAP持ちでブロックするように心がけます。

場が膠着してしまうと詰めで一気に削られてしまうので、相手がいろいろできるようになる前にレヴァンテインでゲームを加速させておくのも一考かもしれないです。

 

・宙

一番警戒するカードはネクロノミコン。このデッキはAP止めなので、1列相打ち上等の動きをしてくるこのカードは相性最悪だと思います。

ネクロノミコンにダレイオス三世を合わせられればワンチャン(ダレイオス以外だと実験貼られて相打ちすらさせてもらえないので注意)。

 

 

【回してみた感想】

正直、エンゲージメインのデッキはまだ早い(ぇ

メイプルシャフトは2ドローできるとはいえ、手札が増えるわけでもなく、スペックも動けないDP2なので簡単に止まってしまう。

レヴァンテイン=ヘルは実質手札4枚なので、それなら5コスト4-4/3サイドステップのキャス狐を出した方がいい。なによりEx1のコスト日日が痛すぎる。

と、欠点が大きかったり、他のカードで代替できたりでエンゲージギミックの強みを感じられませんでした。

丙子椒林剣はバランスのいいスペックにオーダー持ち、そしてEx2にコスト花でエリザベートの掃き先として活用できる、と上記2枚よりは使いやすかったです。

 

前日調整やフェスタで回してみた結果、構築を

・レヴァンテイン=ヘル 2枚、レヴァンテイン 1枚 -> 坂田金時 3枚 

・メイプルシャフト 4枚 -> ルールメイカー 4枚

にして、動いて殴りながらルールメイカーでちまちま回復していく感じの日花にするといい動きしそうだなー、とフェスタ終了後に頭の中で再設計している段階です。都合がつけば、再構築した日花でもう一回フェスタに出たいところ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ポイントほしいのでレポ書きます。
まずは前日岡山駅近くのカードラボでブレブレボックス争奪戦と、公認大会に出てきました。
結果はとても酷いものでしたw
結果を受けて思うところがあったのでホテルに戻ってから2枚ほどカードを入れ替えて本戦へ出陣です。

リセフェスタ岡山

1回戦
〇 日単 後攻
先行で金時、Pネロ
返しに沖田沖田アルテラ
途中猫の喧嘩でパンチャー相打ちに取られたりしたけれど、
オダステで上がって殴れる盤面だったり、即パンチャーお変わりできるハンド状況だったりで、
あまり刺さらずにそのまま殴りきることが出来ました。
対戦相手の方は旧リセを少し触ったことがあるぐらいの方で、終了後にプレミありましたか?とか聞かれたので少しお話しました。
猫の喧嘩は基本的にアドを失うカードですので、使い方は非常に難しいと思います。
個人的には割り箸で十分近い働きを期待できるので、日単なら割り箸の方が使いやすいと思いますよ的なことを伝えました。

2回戦
〇 宙単 先攻

3回戦
〇 宙単 後攻

正直に申し上げます。
2連続ミラーで完全に記憶が混じってしまって、ちょいちょいキーになるプレイがあったのは覚えてるんですが、
それが2回戦だったか3回戦だったか自信が持てません。
なので、とりあえず結果のみでご勘弁ください。

4回戦
× 日単 先攻
マリガンしました。
手札が沖田沖田アルテラレオニダスと残りはEX2。戦闘服は無し。
1ドローがファントムメイデン。
沖田レオニダスエンドして。返しがレオニダス前にティーチ、沖田前にドレイク、もう1体パンチャーが出たと思います。
2ドローがなんかEX2とカルデアス。
ここで浮かんだ選択肢は
・沖田殴る→後ろにアルテラ
・カルデアス打って沖田殴る
・沖田下がってアルテラ出す
の3つでした。
ここで僕は何を焦ったのかカルデアスを打って殴る選択をしました。
今になって思えば一番ありえないですね。
別に急いでカルデアスを打つ必要はないのに、完全に先攻後攻ひっくり返ったのに焦って一番駄目な選択肢を選んでしまっています。
多少の緊張もあったと思いますが、これは猛省すべきプレイミスだったと思います。
つーかほんとにありえないことしてて、自分でも謎ですわ…
完全に負けるべくして負けた試合です。

5回戦
〇 花単 先攻
先攻でヘラクレス、セイバーリリィで手札にR沖田残しとかだったような記憶です。
返しにSRエリザベート出てきて、止めるカードが引けなかったので、パンチャーを追加して殴り合いを挑みます。
途中引き込んだ令呪を手札にキープしておきます。
最終的にキープしておいた令呪で詰めて勝ちでした。ターン返したら負けという盤面でしたのでギリギリの勝利です。
対戦後に熊本から来たんですよーとか雑談してたらスコアシートを凝視して、「もしかしてブログとかやってないですか」と。
まさか読者に会えるとは思っていなかったのでびっくりと同時に嬉しい気持ちになりましたね。
動画もまたあげてくださいと励ましの言葉を頂きましたので、また動画も撮影していきたいですね。

6回戦
× 花単 後攻
最初のハンド7枚にオダステが2枚P沖田とSRアルトリア。EXは手札に呂布1枚というハンドでマリガンするかメッチャ悩みました。
とりあえず日単以外であればオダステ2枚でも十分打点が止まる。しかし、マリガンしてコレより良くなる可能性もかなり低いだろうと思いキープしました。
相手先攻ステンノ、花セイバーリリィを左右AFに。
これはマリーが出てきそうだなぁと思ったんですが、2ドローでR沖田を引く。
完全に思考が止まってオダステ3体並べてエンドしました。
恐らくコレが敗因です。
セイバーリリィ前に呂布出して、エウリュアレ警戒でオダステ2体エンドのほうが良かったと思われます。
手札に沖田を残してエンドできるので仮に呂布が相打ちからエウリュアレ出てきても次のターンで沖田をおくことができましたしね。
返しでマリーとメディアリリィ出てきてセイバーリリィにあわせたSRアルトリアが相打ちになってしまう為スルーする羽目になってしまいました。
その後レオニダスを含むAP5が全く引けずに打点が通しづらい状況が続いて、場が膠着し始めますがセイバーリリィのバーン1点と終盤に引いてきた弁慶の1点で少しずつ序盤の打点差をつめていきます。
細かいプレミを挟みつつ詰め筋をケアしていきます。最後は残りデッキ5枚でカルデアス持たれていなければ勝ちというところまで持っていきましたが、カルデアスを握られていて3点パンチでぴったり詰められました。
1点差のギリギリのゲームで、会場の本戦で最後まで対戦している卓になりました。

やはり対戦中は気づかないプレミでも後から考えるとっていうミスがいっぱいありますね。
この辺りは純粋に回した回数の問題だろうと思います。
今までに経験したことの無いシチュエーションでのプレイが拙い感じがもろに出た感じでした。
結果的に最適解を選べなかったので、やはり回数は大事ですね。

めちゃめちゃ悔しくてモチベが青天井です。
皆様次は福岡で会いましょう!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

大会に行ってみよう!

4月になってそろそろ1週間が過ぎ、新しい生活にも多少慣れ始めた頃かと思います。

まだ暫くはバタバタとする日々が続くかとは思いますが、落ち着いたら是非大会とかに顔を出して欲しいですね。

というわけで前回は大会に出る前に大会ってこんなもんだから気負わずに参加してねって趣旨のことを書かせていただきました。

今回は大会に出るときに知っておくと、ちょっとお得な気分になれることを書いていこうかなと思います。

ちょっとお得な気分に慣れるだけなので、知らなければ知らないでも特に問題なかったりしますが・・・

 

1、わからない事は聞こう

対戦相手でもお店の店員さんでもジャッジでも構いません。

ゲームのルール等に限らず、わからないことがあったら聞いてみましょう。

初めて見るカード等についてもテキスト確認させてくださいの一言でカードを見せながら教えてくれると思います。

基本的にお店の店員さんにしろ、既に大会に参加しているプレイヤーにしろ、新規で人が増えるのは大歓迎です。また、新規プレイヤーが現れると向こうから話かけてくる可能性が非常に高いです。

とりあえず話しだけでも聞いてみてください。

 

2、さて対戦開始です。まずは宣言を。

カジュアルプレイ等では割とおざなりにされがちだったりするんですが、各行動はしっかり宣言するとよいです。

まずは対戦開始時にマリガンするのかキープするのか。これをはっきり宣言しましょう。

その後対戦が始まるわけですが、始まったらターン毎にターン開始時や終了時の処理を忘れないように

口に出して確認していくと良いかと思います。

例えば慣れるまでの間は、

「ターン開始時(自分の場を見回しターン開始時に誘発する能力等がないか確認)

何もありません

ウェイクアップ2ドロー」と口に出したあとにメインフェイズに入ります。

ターン終了時については

「何もなければターンエンドします。なにかありますか(相手がコチラのターン中に何かしないかを確認。相手が行動したら改めてターンエンドの宣言を。何も相手の行動がなければそのまま宣言どおりターンエンドになります)

えーとターン終了時の処理は(自分の場を見回し、ターン終了時に誘発する能力等がないか確認)

何もありません。」

と口に出しながら行うことでターン開始時や終了時の能力等の処理忘れを防ぐことが出来ます。指差し確認のようなものですね。

 

あとは特殊能力や基本能力アタックやサポートなどは使用するキャラを指しながら宣言するとわかりやすくてよいでしょう。

相手の行動がわかりにくい場合等は気軽に確認すると良いです。

明確な宣言だけしっかりやっておけば快適な対戦が出来るかと思います。

 

3、補足

最後にさらに細かい所をさらっと箇条書きで補足しておきます。

・デッキダメージを食らうときは1枚ずつ食らおう!

これは湿気等でカードが引っ付いていたりしたりすると本来食らうべき打点より多く食らってしまったりすることを防止するためです。

・カードをプレイする際はコストが相手に明確に見えるようにプレイしよう!

これはコスト間違いやコスト不足を、その意思がなくてもやってしまうことが少なくないため、それを防止するためです。

 

最後に

よくTCGは相手が嫌がることをするゲームだと言われます。

ですが、これは対戦時の態度や口調等を示すものではなく自分の持ち込んだデッキの動きが相手のデッキが嫌がる動きであるということであり、煽ったり遅延プレイしたりすることを示しません。

昨今アーケードやスマホでのデジタルTCGではそういった行為が多く見られます。

ですが、対戦相手も別個の意思を持った一つの人格であるということを忘れないでください。

対戦相手に経緯を持って楽しく遊ぶ。コレが理想だと思います。

一緒に楽しい対戦環境を作って行ければよいなと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

大会に行ってみよう!

4月の大会キットが店舗に到着し始めたようで、参加賞や上位orランダム賞の詳細が見えてきましたね。
今回はとりあえず友人と一緒に始めてみようかなって買ってみた方や、FGOやブレブレが好きで買ってみたい方。買ったはいいけど対戦相手がいない方などに向けた初心者さん向けの記事です。デッキの組み方やプレイングについての初心者向け記事はひーろぐなどを参考にされると良いかと思います。

要は大会って参加するのに少し抵抗があるかもしれないけど、意外と出てみれば大してことないよっていう趣旨のお話です。

 

1、店舗大会に行ってみよう!
あなたがLyceeOvertureを購入したお店がカードショップであれば、そのカードショップで大会を開催している可能性が高いです。
詳しくは公式ページで検索できますので、最寄のショップを検索してみましょう。
日時に都合があえば是非参加してみましょう!
いきなり参加してみよう!と言われても抵抗があると思いますので、まずは参加することでどんなメリットがあるかをお話したいと思います。

・参加賞がもらえる
LyceeOvertureの公認大会では、参加賞に新規テキストのプロモーションカードがもらえます。
3月度はフランシス・ドレイクですね。
4月度は沖田総司です。
どちらもデッキ投入レベルのカードです。
大会に参加するだけで、デッキを強化するパーツがもらえます。
また、上位orランダム賞がランダム配布だった場合参加するだけでもらえる可能性があります。
一部店舗では基本は上位賞だけど、新規で始めた人がきたらランダム賞にしよう!という対応をしている所もあるようです。

 

・同じ趣味をもった知り合いが増える
大会に参加して対面に座った対戦相手はあなたと同じ趣味を持った人です。
少なくとも共通の話題には事欠かないでしょう。
大会は新しい友人候補との出会いの場ともいえます。

そして、大会に出ることの一番のメリットともいえる感想戦が行えます。

自分で回していると気づかないプレイミスや相手の嫌がるポイント、押し引きのタイミング等の話が出来たりします。

 

2、個人主催の大会に行ってみよう!
大会を開催する店舗が近くにない地域や、日程等の都合で店舗大会に出たくても出れない人が多いコミュニティなどで
開かれることが多いです。LyceeOvertureの前身であるLyceeでは多くの個人主催大会が開かれていました。その流れでLyceeOvertureでも大会を開こう!という人たちも多いと思います。
現在は公認大会は店舗しか開けないため、個人主催の大会は全て非公認大会です。そのため、参加賞等のプロモはもらえません。
熊本ではかわりに最新パックから未開封パックを賞品として提供しています。
メーカーサイドからは個人主催の公認大会も開けるようにサポートしていく旨の発言は出ていますので、今後公認大会化していく流れも出来てくると思います。
では個人主催大会ではどんなメリットがあるのでしょうか

・トレードができる
現在殆どのカードショップではシングルカードの取り扱いをしていると思います。それは同時にトレード行為の禁止を意味しています。
ですが、個人主催の大会の場合は公共施設等を借りて行っていることが多く、そういった縛りはありません。
ですので、トレードのために顔を出す。というスタンスでも出入りしやすいのではないかと思います。

 

・同じ趣味をもった知り合いが増える
これは店舗大会と同じですね。基本的には店舗大会と変わりませんが、大会としての体裁が非公認のうちは緩いので、参加者の希望にあわせた少し変わった形での大会等も開催可能です。
共通の話題で盛り上がってみたり、仲良くなったらリセの話しながらメシ食いに行ってみたりしてもいいかもしれませんね。

 

と簡単なメリットをあげてみました。一番は大会に出ないともらえないプロモカードや汁鰤ポイントを手に入れることが出来る。二番は同じ趣味を持つ人と知り合えるといったところでしょうか。

次回へ続く

 

その2ではいざ大会に出てみよう!となったときに気をつけたほうがいいことなどをアドバイスできればよいかなと思います。

といっても、そんなに構えるようなことでもないので、なんだそんなことか。と確認する程度のものをお知らせできればと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。