東京外苑前オーラソーマと女神のヒーリングスクール

東京表参道エリア(外苑前)都会のオアシス オーラソーマ®とレムリアンヒーリング®ビーマーライトペンの認定スクールです。あなた本来の愛美豊かさと創造性そのものである女神を育み未来への扉を開いていきましょう。


テーマ:

蠍座木星期はじまり、蠍座に星てんこ盛りな私はとっても気分が楽になっています。なわけで、真夜中の独り言ブログというシリーズをスタートの運びとなりました~。たまにつぶやきます(笑)


アメブロのイイネからたどったさきに、私が10年前に駆け込みで観てもらった占星術師のEさんを発見。
10年前のちょうど今頃の退職間近なある日私は前から楽しみにしていた占星術鑑定に行った。ところがそこで
あなたはセラピストに向いていない。なぜなら魚座に一つも星が入っていないからだ。今のままPRの仕事をつづけたほうが良いと言われて大ショックを受けた。
そんなこと言われても既に退職を決めていてオーラソーマで生きていく道を歩き始めているので本当にショックを受けた。
居てもたってもいられずミクシーで前からいいなと思っていたもう一人の占星術師さんに駆け込みで予約を取り翌日に観てもらった。
前日観てもらった内容を話しもう会社もやめることになっているのでもう一回観てほしいんですと言って観てもらった。その方は、魚座に星が入ってないという“無いもの”に注目するのではなく、“有るもの”に注目してくださって、私はセラピストに向いているから大丈夫。そしてプログレスの太陽が牡羊座〇℃だから始まりの時を迎えていますよと教えてくれた。
この方に観てもらってなかったら私の独立開業の始まりはどうなっていたのだろうか。
このEさんのお蔭で祝福と共に翌年春(2008年)にスタートを切れ今がある。
10年経ち、果たして私はセラピストに向いていたのかPRの仕事が向いていたのか・・・
もしかしたら才能としてはPRの仕事のほうが合っていたのかもしれない。この世界に入ってどんな人がセラピストに向いているのかティーチャーに向いているのかを痛感している。
一年ほど前だっただろうか、この最初に観てくれてセラピストに向いていないといった占星術師をアメブロで見つけて思わずメッセージを送った。
10年前、あなたにセラピストに向いていないと言われた者ですが今こうして10年経ちました。と。
すると相手からも返事が来て、今ならそんな言い方はしないでしょう。でもあなたはやはりセラピストに向いていなかったと思うだからこの10年やっぱり大変だったんではないですか?と返事がきた(笑)
確かに。この10年本当に大変だった。もしかしたら私は全然向いていないことをしていたのかもしれない。
でも、人生って、向いていることだけをする場所なのだろうか。
向いている、向いていない、を超えてなお、この道に進みたいチャレンジしていきたいと思える道を進むことに価値はないのだろうか。
10年経った今、私はこれからどうしていくのか?と問い直しながらも、日々オーラソーマと女神のヒーリングを通してすごく意識的に生きていけることそのものが、この10年に残せた結果よりも大切なことだと感じている。
有るものに感謝して人生を生きるのか?
無いものにフォーカスして人生をあきらめるのか?
この二人の占星術師さんの違いから学べたのかもしれない。
一人は絶望を与え、一人は希望を与えて扉をひらいてくれた。
ちなみに、絶望を与えたほうの方からの偶然の繋がりで今生徒さんが来ている(生徒さん本人はそのことは知らない。もちろんかの絶望を与えた占星術師も知る由がないだろう)。

宇宙の采配は人智を超えている(笑)

いいね!した人  |  リブログ(1)

ルミエーラ叶朋佳*オーラソーマと女神のヒーリングスクールさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります