途轍もなく懐かしい。

 

去年の今頃。私はイコノイへの入り口、扉を開きました。欅坂46の鈴本美愉さんが卒業してから約10ヶ月。欅坂46が2020年10月12・13日の「THE LAST LIVE」をもって休止し、櫻坂46の公式サイトが誕生してから約10日後の出来事でした。そして仕事はコロナの影響が諸に直撃しており、今では考えられないくらい暇でした笑(定時上がりの日々、文字通りの暇人である。)

 

 
欅坂46が好きってこともあり、バチバチにダンスパフォーマンスをする楽曲が大好物なワイ。丁度鈴本美愉さん推しからノイミーに移られたフォロワーさんがいて色々教えていただいたのもこの時期でした。その際、「24girls2020」のアーカイブ配信も勧めていただき、私にとって非常に大きな転機となりました。ここまで読むと「ん?なんで今はイコラブの佐々木舞香さん推しなの?」と疑問を抱く方もいると思いますが、それはまたの機会に書くとして()兎にも角にもノイミーの鈴木瞳美さん、ひぃちゃんの目力に心を奪われてしまった訳なのです。
 
 
 
こうなってくると、と言うか、こういうことだけは行動が早いのがオタクというもの()
 
「善は急げ」神はそう私に囁いたのだ()
 
迷ってますねぇwこの時は「オンラインお話会」自体にあまり魅力を感じていなかったので、そういった意味での迷いというものも含まれています笑(握手会だったら恐らく即決w)皆の声「どうせ買ったんでしょ?」ワイ「そうですよ、買いましたよ()」そういうことです()何事にも挑戦するって大事なことだと思いますよ私は!(なんでもかんでも正当化していく)4846グループ以外のアイドルを見てはいましたが、実際に行くというのは初の試みだったので不安もあり楽しみもありの気持ちで購入。この時のノイミーちゃんは独立前だったので、フォーチュンだったんですよね笑

 

 

2021年02月27日

 

私自身イコラブの初めてのライブや武道館公演を経てのオンラインお話会。イコノイのことが気になってから色々とありましたが、この時はもう沼入り完落ち状態()だったのでやっときたか!の気持ちでしたwTwitterの文面やライブだけではメンバーの側面しか見ることができなくて、こうやって話すことは大事だと強く感じたことを覚えています。緊張してても緊張をほぐしてくれるような対応には助かりました笑

 
 
こうして私のイコノイの扉が開かれて早くも一年。あの時より仕事が忙しくなっただけで、私自身、人間的にはまったくもって成長していない気がします()もうちょっと文章力上がると思ってたんだけどなぁ笑(見返しても殆ど一緒で草)最近はTwitterで繋がった方が「ブログ読んでます」と言ってくれることが増えてきて、いやホントにめちゃくちゃ嬉しい()ブログのお陰でイコラブのことを知った・詳しくなれた等、おちゃらけ文章()でも本当にやってきて良かったなって思いました。このスタンスを大事にして引き続き頑張っていきたいと思います。
 
 
出逢ってからたった一年なのにイコラブやノイミーのメンバーは加速度的に成長していて、グループとしても大きくなりました。今では第三のグループのメンバー募集が始まり、新たなステージへと舵を切り始めました。仲間としてライバルとして成長してきたイコラブとノイミー。人数やグループが増えても絶対に大丈夫。成功するって信じているし、ファンはいつだって味方だからね。