糖質制限ダイエットの正しいやり方!失敗せずに痩せるには?

糖質制限ダイエットの正しいやり方!失敗せずに痩せるには?

糖質制限ダイエットは正しいやり方で実践することで効果が出ると思っています。食事内容やおやつなど気を付けるべきポイントを抑えれば失敗せずに痩せることができます。私も糖質制限ダイエットであっという間に美容体重まで痩せました。


テーマ:

今の世の中に出ている食べ物って本当に糖質が多いものばかりですよね!!

 

おにぎり一つだけでも60g近いものもありますし、それを知らずにパクパク食べていたら太ってしまうのは当然かもしれません。

 

 

摂りすぎている糖質を適正範囲内に収めることはダイエットだけでなく、健康にもいい影響を与えるものだと思っていますウインク

 

実際に私も糖質を考えて食事をするようになったら、食事後のだるさや体の重さがなくなり、夜の寝つきや朝の目覚めもはっきりわかるくらい改善しました。

 

 

そんな恩恵たっぷりの糖質制限ですが、中にはスーパー糖質制限といって3食すべてから主食を抜く方法を推奨しているものもちらほら見かけます。

 

糖質は栄養素の中でも血糖値を上げる働きがあるので、主食を全てカットすれば血糖値がほとんど上がらずにどんどん脂肪が燃焼されていくイメージはあります。

 

 

でも本当のところはどうなのかな?と思う部分もあったので、ダイエットを目的とした場合にスーパー糖質制限はするべきなのかを考えてみました!!

 

 

実際にスーパー糖質制限をやってみた

スーパー糖質制限は一番ストイックに制限する代わりに最も早く効果が出るとされている方法です。
 
体は糖質は入ってこなくても糖質に代わるものを生成できるので、摂らなくてもOKだと言っている本もあります。
 
 
でも反対に糖質制限は危険だという声もちらほら見かけます。
 
それはこのスーパー糖質制限によって引き起こされる体の不調のことも含まれているのだと思います。
 
 
そこで実際にスーパー糖質制限をやってみることにしましたキラキラ
 
主食はもちろんその他の糖質の多いものは摂らないようにして、その分たんぱく質と脂質でカロリーをカバーします。
 
 
感覚としては、毎食ご飯を食べずにおかずばかり食べている感じですね。
 
 

三食糖質抜きはリスクが高い

私は糖質制限で10キロ近く痩せた経験があるのですが、今は維持期に入っているところです。
 
私が痩せるまでの期間中に三食すべて主食をカットしたことはありませんでした照れ
 
 
今回スーパー糖質制限をやってみたのですが、エネルギー不足を感じてボーっとしたり、疲れているような感覚がありました。
 
もしダイエット目的でやるとしても、平日5日間から1週間くらいが限度だと思います。
 
 
痩せるためにこれ以上無理して続けると、老けてしまったり、骨がもろくなったりとマイナス面が強くでる危険があります。
 
 
一つだけ言えることはここまで制限しなくてもゆるい糖質制限でもしっかり痩せられますし、お料理と一緒でじっくり痩せたほうがきれいな仕上がりになります。
 
糖質の摂りすぎの場合は主食を半ライスにするだけでも効果はありますよグッ
 
 

糖質も組み合わせ次第で脂肪を落とす働きがある

糖質制限ダイエットが流行ってからすっかり嫌われてしまった糖質ですが、実は糖質を摂ることで脂肪を落とすのに役立つ側面もあるんですキラキラ
 
 
ダイエットでは脂肪と一緒に筋力も落ちてしまうので、筋トレをやっている方もいると思います。
 
 
学生の頃と違って何もしないと毎日少しずつ筋力は減っていくので、食事制限だけで痩せるととてもかっこ悪い体になってしまうからですね。
 
 
筋トレ後は糖質を摂取しても脂肪としてため込まれにくいですし、糖質を摂ることによって分泌されるインスリンは筋肉中のたんぱく質量を増やす働きもあるんです爆  笑
 
 
むやみに糖質ばかり摂っていればぶくぶく太ってしまいますが、筋トレと糖質を組み合わせることによって効率よく筋力を増やして代謝を上げることができるのです。
 
 
体重計の数字だけにとわられてしまうと危険な糖質制限に走ってしまいますが、ゆるめの糖質制限と運動を組み合わせてじっくり仕上げていくことがキレイに早く痩せられる近道だったりします!!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス