プーケット情報・プーケットゴールドトラベル
  • 28Jan
    • 日本帰国時の待期期間の短縮の画像

      日本帰国時の待期期間の短縮

      以下在タイ日本大使館からのメールからタイから日本に入国する際の水際措置の変更について、お知らせします。1.現在全ての国・地域からの日本への帰国者・入国者に求めている自宅又は宿泊施設での待機、待機期間中の健康フォローアップ、公共交通機関不使用の期間が、10日間から7日間に変更されます。この措置は1月29日(土)午前0時(日本時間)以降の日本入国から適用され、既に日本入国済みの方に対しても同時刻から適用されます。2.なお、タイから日本に入国・帰国する際には、引き続き検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る)で、入国日の翌日から3日間の待機が求められます。(例)1月29日(土)にタイから日本に入国する場合、1月30日(日)から2月1日(火)までの3日間、指定宿泊施設で待機し、2月1日(火)にPCR検査を行い陰性と判定された場合、指定宿泊施設を退所し、残りの待機期間(4日間)を自宅等で待機することになります。日本でかなり流行っているのに、こんなこといつまで続けるのでしょうか?プーケットゴールドトラベルホームページ問い合わせ先 日本語デスク カズメール mail@phuketgoldtravel.jpLINE lovepgt-japan電話日本語直通 +66 (0) 963951424

    • 象のりベアバックと象と散歩の画像

      象のりベアバックと象と散歩

      象のりベアバックと象と散歩(エレファントラバー)という象のりキャンプでのプログラムがあります。これが象のりベアバック。通常の象のりは象に椅子を付けて乗りますが、これはそのまま象に跨る感じになります。もちろん象も慣れていますし、象の使いもそばにいるので心配なし。ただし10歳以上が対象です。エレファントLover(ラバー)は象と一緒に水浴びをしたり、散歩をしたり、エサをあげる内容です。90分ほど掛ります。象のりシービューとベアバックプーケットゴールドトラベルホームページ問い合わせ先 日本語デスク カズメール mail@phuketgoldtravel.jpLINE lovepgt-japan電話日本語直通 +66 (0) 963951424

  • 27Jan
    • やっと商品入手 シャオミバッテリー式空気入れの画像

      やっと商品入手 シャオミバッテリー式空気入れ

      正月早々詐欺にあいましたが、返金もされ商品をやっと入手できました。『新年早々詐欺にあいました その後』『新年早々詐欺にあいました⤵』以前購入したシャオミの空気入れが非常に便利で愛用していたのですが、バッテリーが弱ってきたため新しい物を購入しました。『シャ…ameblo.jp1回使うと便利過ぎて、なくてはならないものです。値段はタイだとおよそ3000円位、シリコンカバーは300円ほど。旧型と新型の違いは、外観は液晶が少し変更、充電がUSBのタイプCになっているぐらいです。中身はモーターやポンプが新しくなり、少し空気の充填が早くなったということ。これは旧型。使い方は同じです。設定空気圧になると自動で止まります。今回はシリコンカバーも入手ハードケースに入れて、トリシティのシート下に入れてあります。『シャオミの電動ポータブル空気入れ』前から欲しかったシャオミ(Xiaomi)の空気入れを購入しました。(以前のリブログです)シャオミは日本でもスマホを売り始めましたが、扇風機やオーブンなどの家…ameblo.jp3753.0¥ 29% OFF|Xiaomi Mijia タイヤ,サッカー,バスケットボール,Xiaomi用のポータブル電動エアコンプレッサー1s|Smart Remote Control| - AliExpressSmarter Shopping, Better Living! Aliexpress.coms.click.aliexpress.comプーケットゴールドトラベルホームページ問い合わせ先 日本語デスク カズメール mail@phuketgoldtravel.jpLINE lovepgt-japan電話日本語直通 +66 (0) 963951424

    • プーケットでウミガメ産卵の画像

      プーケットでウミガメ産卵

      先週プーケットの南のビーチでウミガメが産卵に上がってきているのが発見されました。皮肉なことにここ2年ほどコロナの影響で観光客が少なくなって、海が少し綺麗になったこともあり、プーケットの本土でも産卵が見られることがあります。これらの卵は職員に手によって掘り返され、保護施設の砂浜に埋められます。なおプーケットの北のカオラックというところにはウミガメの保護施設があり、実際にウミガメを見ることが出来ます。ここで育ったウミガメはシミラン島に放流されます。『プーケット ウミガメの孵化保護施設』プーケットの北のカオラックというところにあるウミガメの孵化保護施設に行ってきました。ここの施設で育てられ、ある程度大きくなったらシミランの海に放流しています。…ameblo.jpプーケットゴールドトラベルホームページ問い合わせ先 日本語デスク カズメール mail@phuketgoldtravel.jpLINE lovepgt-japan電話日本語直通 +66 (0) 963951424

  • 26Jan
    • プーケットのイミグレーション激混みの画像

      プーケットのイミグレーション激混み

      ここ数日プーケットタウンにあるイミグレーションに通っています。数人の方からプーケットの住所の登録とコロナビザの申請を頼まれたためです。きのうコロナビザの発給が1/26~3/25まで決まりましたが、ビザが切れる期日近くになるとどうしてもイミグレーションは混みあいます。特に今回は新しいコロナビザの発給のアナウンスが遅かったために、焦って駆け付けた外国人が多かったと思います。『速報タイのコロナビザの延長2022.3/25まで』イミグレーションの友人から先ほど連絡があり、コロナビザの延長がされました。このコロナビザは2022.1/26~2022.3/25までとなります。コロナビザ…ameblo.jpこれは前日コロナビザを申し込んで、ビザ受け取りの列これは新しいコロナビザ申請の列、おそらく2時間近く掛かると思います。ビザ受け取りは翌日。弊社ではコロナビザの申請や住所の申請などのサポートを行っています。1回イミグレーションに同行してのサポートが1000バーツです。プーケットゴールドトラベルホームページ問い合わせ先 日本語デスク カズメール mail@phuketgoldtravel.jpLINE lovepgt-japan電話日本語直通 +66 (0) 963951424

  • 24Jan
    • 速報タイのコロナビザの延長2022.3/25までの画像

      速報タイのコロナビザの延長2022.3/25まで

      イミグレーションの友人から先ほど連絡があり、コロナビザの延長がされました。このコロナビザは2022.1/26~2022.3/25までとなります。コロナビザは、コロナで自国に帰れない外国人の為に始まったもので、2ヵ月に一度延長されここ2年ほど続いているものです。取得に回収の制限はなく、これを利用して2年ほど滞在している外国人もいます。コロナビザの取得には先に住所登録が必要になります。その後コロナビザの申請です。ただし日本人はビザなしでも30日滞在できるため、入国30日近くなったら30日のツーリストビザを取り、その後60日のコロナビザを取り、このコロナビザを延長していく形が現在タイ滞在でいちばん簡単な方法だと思います。弊社では住所登録やツーリストビザ、コロナビザ取得のお手伝いをしています。イミグレーションに同行が1回1000バーツです。住所登録で困っている方のサポートも行っています。まずはメールやLINEでご連絡ください。プーケットゴールドトラベルホームページ問い合わせ先 日本語デスク カズメール mail@phuketgoldtravel.jpLINE lovepgt-japan電話日本語直通 +66 (0) 963951424

    • プーケットサンドボックスでバンコク経由が可能に 追記しました。の画像

      プーケットサンドボックスでバンコク経由が可能に 追記しました。

      現在プーケットサンドボックスを利用する場合、海外の空港からプーケット空港に直接降り、プーケットで入国しなければなりません。バンコク経由が出来るのは現在サムイサンドボックスのみになります。2022年2月1日から日に2本のフライトのみ、バンコク経由でプーケット入りが可能になります。バンコクエアウェイズは、2月1日からプーケットサンドボックスで到着する観光客のために、バンコクからプーケットへの1日2便の特別な便の運航を開始します。最初のフライトPG5275は、12:00にスワンナプーム空港を出発し、14時5分にプーケット国際空港に到着します。2番目のフライトであるPG5279は、17時10分にスワンナプーム空港を出発し、19時15分にプーケットに着陸します。隔離されたバブル形式の便になると思われます。ただいまのところ日本からの便が、このバンコクエアウェイズの2便に接続できるかのアナウンスはありません。必要な書類には、入国証明書(COE)、出発の72時間以内に発行されたPCR陰性証明書、ワクチンパスポート。旅行の全行程で5万米ドルをカバーする医療保険の証明書。さらに、すべての乗客はタイ滞在中に必要なPCR検査を受ける必要があります。この辺りは従来通りです。TAT(タイ観光庁)のホームページには(以下翻訳ソフトで)・バンコクのスワンナプーム空港で飛行機で行き、サムイ島またはプーケット行きの封印されたフライトで乗り継ぎます。・スワンナプーム空港で飛行機で移動し、事前に手配された車両で、チョンブリのバンラムン、パタヤ、シーラーチャー、シーチャン、サッタヒープ(ナジョムティエンとバンサライのみ)、トラートのコーチャンまで封印されたルートで移動します。とあります。一部車移動も可能になるようです。プーケットゴールドトラベルホームページ問い合わせ先 日本語デスク カズメール mail@phuketgoldtravel.jpLINE lovepgt-japan電話日本語直通 +66 (0) 963951424

  • 23Jan
    • 住所登録でプーケットイミグレーションにの画像

      住所登録でプーケットイミグレーションに

      お客様の住所登録の為に、プーケットの入国管理局(イミグレーション)に行ってきました。今回のお客様はコロナビザを申請することになりました。ただコロナビザを申請するためには、イミグレーションに住所の登録が先に必要になります。ビザの申請は本人が出向く必要がありますが、住所の登録は本人はイミグレに出向く必要がないので代理申請が可能です。書類についてはコンドミニアムなどに住んでいる方は、オーナーや間に入っているエージェントや不動産屋が慣れていればすぐ出してくれます。弊社では言葉に不安な方の為に、代理申請や同行で申請を致します。同行で申請する場合は、おひとり様1000バーツです。代理申請の場合は2000バーツになります。ビザなどの同行申請もおひとり様1000バーツです。また部屋のオーナーなどが書類を揃えてくれない、などでお困りの場合ご相談に応じます。コロナビザについて『コロナビザの申請について』タイでは日本人は30日までビザなしで滞在が可能ですが、30日を超えて滞在する場合には何かのビザが必要になります。『リタイヤメントビザ ビザのサポートでプーケ…ameblo.jpプーケットゴールドトラベルホームページ問い合わせ先 日本語デスク カズメール mail@phuketgoldtravel.jpLINE lovepgt-japan電話日本語直通 +66 (0) 963951424

  • 22Jan
    • プーケットでは観光客をターゲットにしたマスクキャンペーンの画像

      プーケットでは観光客をターゲットにしたマスクキャンペーン

      2日続けて用事があり、混雑するイミグレーションに行ってきました。びっくりしたのはマスクをしなければならない混雑する部屋で、一定数以上の白人がマスクをしていないこと。(イミグレの職員は忙しいのか注意をしません)どこの国の人間かわかりませんが、ヨーロッパや諸外国で「そりあ広まるわな」と思いました。日本がコロナを抑えられている理由がわかります。プーケットでは観光客をターゲットとしてマスクキャンペーンが始まります。警察は昨夜、パトンのバングラロードを巡視し始め、観光客に公共エリアでフェイスマスクを着用させるための強化された措置を実施し始めました。パトロールは、「一部の観光客がマスクの着用を拒否したり、集まって一緒に食事をしたりするなど、タイの公衆衛生対策に準拠していない」という報告を受けて開始されました。これは、現在この地域に広く蔓延しているオミクロン株の蔓延につながる可能性があります。プーケットでは伝染病法BE2558に基づいて最大20,000バーツ(初回は1000バーツ)の罰金が科せられます。また各国大使館などにはマスク着用の義務があることは通達されています。プーケットゴールドトラベルホームページ問い合わせ先 日本語デスク カズメール mail@phuketgoldtravel.jpLINE lovepgt-japan電話日本語直通 +66 (0) 963951424

  • 21Jan
    • TEST&GO 2月1日から再開、ただし面倒・・の画像

      TEST&GO 2月1日から再開、ただし面倒・・

      タイの入国システムのひとつであるTEST&GOが2月1日から再開されるとアナウンスがありました。ただタイは平気で決まったことを覆すので、始まってみないと安心はできません。過去のTEST&GOと異なる点がいくつかります。・まずは2回のPCR検査が必要(入国前を入れれば3回)になります。1回目は入国時、2回目は5~6日目。・それから2泊の政府承認のホテルの予約が必要です。これは1日目と5日目のホテルの予約です。2日続けてではないことに注意。これはPCR検査を受け、その検査結果を待つために1日目と5日目はホテルの部屋にいなければならないので、部屋の予約が必要とのこと。この2日は異なるホテルでも可。もちろん3泊等で帰国も可能。(おそらくこのシステムは初期の段階のみで撤廃されると思います)・1日目の前払いには、宿泊、テスト、空港からホテルへの事前手配の送迎が含まれている必要があります。・タイランドパスの申請が60日前から可能になります。・また医療保険が現状5万米ドルをカバーする医療保険に入る必要がありますが、これもカバーする金額が上がる話が出ています。あとは現在行われている4か所のサンドボックスに続いて、2か所のサンドボックスが加わります。サンドボックス ・プーケット ・サムイ ・クラビ ・パンガー ・パタヤ ・コチャン詳しいアナウンスがありましたら、ブログに記載いたします。・プーケット空港~ホテルまでの格安送迎はこちらから・タイランドパスの手順はこちらをご覧ください 動画・入国申込書(タイパス)の申請はこちら・入国後のPCR検査の予約はこちらから・日本帰国時のPCR検査についてはこちらからプーケットゴールドトラベルホームページ問い合わせ先 日本語デスク カズメール mail@phuketgoldtravel.jpLINE lovepgt-japan電話日本語直通 +66 (0) 963951424

    • 新年早々詐欺にあいました その後の画像

      新年早々詐欺にあいました その後

      『新年早々詐欺にあいました⤵』以前購入したシャオミの空気入れが非常に便利で愛用していたのですが、バッテリーが弱ってきたため新しい物を購入しました。『シャオミの電動ポータブル空気入れ』前…ameblo.jp1/2にシャオミの充電式タイヤの空気入れをタイのオンラインショッピングサイトのLAZADA(ラザダ)で注文しました。1/6に物を受け取りましたが、受け取ったものは安っぽいネックレス。がっかりでした。調べ見るとこのお店は、他の人にもネックレスを送っていて、かなりレビューが悪いことがわかりました。(この辺りはレビューを確認しなかった自分も悪い)ラザダのカスタマーセンターに直ぐ報告。返品を薦められました。ただこのラザダの返品システムが最悪でした。まるっきり販売者寄りのシステムです。ラザダの返品システム①まず返品するためには詐欺商品を送ってきた販売者に返品の同意を求めなければなりません。販売者から同意の返事がなければ5日後に返品可能になります。 同意ってなんだよって感じです。 当然詐欺書品を送りつけた販売者から連絡はありません。②返品後、商品を受け取った販売者が商品を検品をしてOKなら返金プロセスに入る。検品の連絡はない場合は、5日後に返金プロセスに入る。 またまた検品の連絡はないので5日待たなければなりません。③ラザダの返金過程に入り、数日後返金 この間ほぼ2週間です。返金はカードに返されず、ラザダでしか使えないラザダウォレットに返金され、返金分はラザダでしか使えません。この店はいまも変わらずラザダに店を構えています。ラザダに言わせると、とくにお咎めはなし。ラザダも詐欺店も最悪です。日本に楽天とヤフーショッピングがあるように、タイにもラザダとショッピーという2大オンラインショッピングサイトがあります。ショッピーの方はもっと消費者よりのスタンスで、状況により返品の必要なく、すぐ返金過程に入ってくれます。もうラザダはこりごりです。คำเตือน ร้านนี้โกงครับผมสั่งเครื่องเติมลมยาง Xiaomi จาก LAZADA แต่ร้านส่งสร้อยคอราคาถูกมาให้ร้านนี้ยังส่งสร้อยคอให้ผู้อื่น ผู้ขายไม่รับคืนสินค้า詐欺店Philips is my favorite0656230784117/30 ม.2 ถนนพันท้ายนรสิงห์, ต.พันท้ายฯ อ.เมือง จ.สมุทรสาคร สมุทรสาคร/ Samut Sakhon,เมืองสมุทรสาคร/ Mueang Samut Sakhon,74000プーケットゴールドトラベルホームページ問い合わせ先 日本語デスク カズメール mail@phuketgoldtravel.jpLINE lovepgt-japan電話日本語直通 +66 (0) 963951424

  • 20Jan
    • お薦めレストラン ソムジットヌードル (エビ味)ヌードルのお店 リブログの画像

      お薦めレストラン ソムジットヌードル (エビ味)ヌードルのお店 リブログ

      お薦めのエビの出汁がよく聞いたヌードルのお店です。タイ風のヌードルのお店です。お昼時はかなり混みます。地元の人が行くようなお店に行かれたいならここはぴったりです。メニューはタイ語が読めなくてもわかりやすいように工夫されています。上段の5つと下段のいちばん左が麺の種類です。卵麺や米麺、太さを選べます。下段の残りの4つがスープの味。後は小、中、大と大きさが選べます。これはいちばん細麺のエビ味の大サイズです。100バーツエビのダシが効いていておいしいです。これは汁なし、卵麺の真ん中サイズ 50バーツ流行っているだけあっておいしいお店です。2回目に訪れたときのブログプーケットゴールドトラベルホームページ問い合わせ先 日本語デスク カズメール mail@phuketgoldtravel.jpLINE lovepgt-japan電話日本語直通 +66 (0) 963951424

  • 19Jan
    • TEST&GO再開の可能性の画像

      TEST&GO再開の可能性

      去年の12/21にタイの隔離無しの入国システムであるTEST&GOが中止になり、3週間ほど経ちますが、現在再開の話が出ています。副首相が明らかにしたもので、今週行なわれタイ政府の新型コロナ感染症対策センターの会議でTEST&GOの再開を含む規制緩和を提案するとのこと。オミクロン株の感染拡大によってタイでも新規感染者は増加していますが、死者数は増えていないことや感染者は無症状や軽症がほとんどのため、水際対策や行動制限を緩和しても対応は十分可能であるとしています。前回のブログでお知らせしたように、タイのオミクロン株の陽性者の95%は軽症か無症状者です。あまり厳しく規制しても意味がありません。プーケットゴールドトラベルホームページ問い合わせ先 日本語デスク カズメール mail@phuketgoldtravel.jpLINE lovepgt-japan電話日本語直通 +66 (0) 963951424

  • 18Jan
    • プーケットのコロナの状況 2021年1月18日の画像

      プーケットのコロナの状況 2021年1月18日

      プーケットも日本と同じでオミクロン株が増えつつあります。ただ1月9日は500人(件)を超えましたが、ここ1週間はゆるく下降しています。この中にはTEST&GOとサンドボックスで到着し、空港の検査で陽性の判定が出た方も含まれています。このまま終息してくれればうれしいですが・・1月4日-156件1月5日-227件1月6日-256件1月7日-385件1月8日-416件1月9日-513件1月10日-468件1月11日-470件1月12日-452件1月13日-441件1月14日-420件1月15日-400件1月16日-389件1月17日-348件プーケットの発表によると、陽性者のうち95%は軽症か無症状で、在宅隔離治療が中心です。デルタのときは恐怖を覚えましたが、いまは風邪以下です。気にし過ぎても仕方ありません。プーケットゴールドトラベルホームページ問い合わせ先 日本語デスク カズメール mail@phuketgoldtravel.jpLINE lovepgt-japan電話日本語直通 +66 (0) 963951424

  • 17Jan
    • コロナ禍でワニの肉が好調な売れ行きの画像

      コロナ禍でワニの肉が好調な売れ行き

      タイでは現在豚肉の価格がかなり上がっています。また最近では鶏肉の価格もじりじり上がりつつあります。ナコンパトムのクロコダイルファームでは12000匹のワニが食用として飼育されていますが、豚肉の値上がりにより、クロコダイルの肉の売り上げが上がってきています。部位により1kg70バーツとのこと脂肪が少なく、たんぱく質が多い肉質とのこと。試してみたい気もします。プーケットゴールドトラベルホームページ問い合わせ先 日本語デスク カズメール mail@phuketgoldtravel.jpLINE lovepgt-japan電話日本語直通 +66 (0) 963951424

  • 16Jan
    • リブログ お薦めレストラン Raya Restaurant (ラヤレストラン) ミシュランガイドの画像

      リブログ お薦めレストラン Raya Restaurant (ラヤレストラン) ミシュランガイド

      プーケットタウンにあるラヤレストランに行ってきました。このレストランはミシュランガイドにも載っているお店で、弊社のお客様にもお薦めしています。ここはプーケットタウンにある名店で、少しいいレストランで食事をされたい時はお薦めです。民家を改造したレストランで、壁には前国王の写真が飾られていたり、温かい雰囲気があります。営業時間は10:00~22:00団体さんの食事も対応可能(要予約)。お昼時は混みあいますので予約がお薦め。弊社で無料予約します。店員さんが、タイでは他にないぐらい親切で気が利いています。 これは1階の入り口付近のテーブル2階これはムホンというここの名物250バーツ、豚肉のかたまりがゴロッと入っています。プーパッポンカリー400バーツ。ここのは少し変わっています。まったく辛くありません。ゲンヌアプーミーフン400バーツ 蟹カレーのようなもので、横の麺に掛けて食べますが、言わないと日本人は悶絶するくらい辛いです。「辛くしないで」といえばちょうどいい辛さ。フライドライス180バーツ2人で5品と飲み物を2品頼んで1600バーツ(6000円弱)なのでまあまあします。味はどれも美味しい。メニューは写真入りで英語表記なので困ることはありません。人数によってはラージサイズの大皿で出てきますので、少しお値段が変わってきます。こちらにはプーケットシティツアーや空港送迎などで行くことができます。プーケットゴールドトラベルホームページ問い合わせ先 日本語デスク カズメール mail@phuketgoldtravel.jpLINE lovepgt-japan電話日本語直通 +66 (0) 963951424

  • 15Jan
    • タイから日本に帰国する場合の待期期間についての画像

      タイから日本に帰国する場合の待期期間について

      1/14 22:22に在タイ日本大使館からメールが送られてきました。タイから日本に入国する際の水際措置の変更について、お知らせします。1 指定宿泊施設での3日間の待機 タイから日本時間1月17日(月)午前0時(日本時間)以降に日本に入国・帰国する方は、検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る)で、入国日の翌日から3日間の待機が求められます。2 自宅又は宿泊施設での待機期間の変更(14日から10日への変更)(1)全ての国・地域からの日本への帰国者・入国者に求めている自宅又は宿泊施設での待機、待機期間中の健康フォローアップ、公共交通機関不使用の期間が、14日間から10日間に変更されます。この措置は1月15日(土)午前0時(日本時間)以降の日本入国から適用され、既に日本入国済みの者に対しても同時刻から適用されます。(2)なお、タイから日本時間1月17日(月)午前0時(日本時間)以降に日本に入国・帰国する方は、検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る)での入国日の翌日から3日間の待機(上記1参照)を含め、10日間の待機期間となります。(例)1月17日(月)に日本に入国の場合は、1月18日(月)から20日(木)まで3日間、指定宿泊施設で待機し、同20日(木)にPCR検査を行い陰性と判定された場合、指定宿泊施設を退所し、残りの待機期間(7日間)を自宅等で待機することになります。●上記を含め、詳細は以下をご確認願います。 また、日本への入国・帰国の際には、常に最新の情報をご確認ください。「水際対策強化に係る新たな措置(25)」https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdf2/0114_25.pdf岸田政権が決めたことなので仕方ないですが、何をやってもオミクロン株は広がると思います。こんなことをやっても多少の時間稼ぎにしかならないと思います。プーケットゴールドトラベルホームページ問い合わせ先 日本語デスク カズメール mail@phuketgoldtravel.jpLINE lovepgt-japan電話日本語直通 +66 (0) 963951424

  • 14Jan
    • プーケットサンドボックスは1日あたり4000人の申請の画像

      プーケットサンドボックスは1日あたり4000人の申請

      プーケット観光協会(PTA)は火曜日(1月11日)に、4,000人以上の申請者が毎日タイパスシステムを介してリゾートアイランドに入るためのフォームを提出しているため、プーケットは海外からの到着者の間で人気の旅行先であり続けています。プーケットの全盛期は1日当たり12000~15000人の観光客が訪れていました。それから見ればいまは30~40%ほどになってしまいましたが、前年のサンドボックスが始まった7月頃から比べれば悪くない数字です。また日本と同様ある程度オミクロンが増えているとはいえ、死者が出ていないのも幸いしています。プーケットゴールドトラベルホームページ問い合わせ先 日本語デスク カズメール mail@phuketgoldtravel.jpLINE lovepgt-japan電話日本語直通 +66 (0) 963951424

  • 13Jan
    • お気に入りのサングラスのレンズ交換の画像

      お気に入りのサングラスのレンズ交換

      タイに来るにあたって日本からオークリーのサングラスを2本持ってきました。こちらに来て思うのは、日差しが強いため本当にサングラスが必要です。そのオークリーの1本は20年ぐらい使っているもので、2本とも日本でタレックスのレンズに交換しています。最近そのタレックスのレンズのミラー部分が剥がれてきたため、新しい物を注文しました。注文はeBay。あの武漢からの発送。本当はタレックスのレンズが欲しかったのですが、タイでは購入は無理なようです。これでしばらくお気に入りのサングラスが使えそうです。プーケットゴールドトラベルホームページ問い合わせ先 日本語デスク カズメール mail@phuketgoldtravel.jpLINE lovepgt-japan電話日本語直通 +66 (0) 963951424

    • コロナビザの申請についての画像

      コロナビザの申請について

      タイでは日本人は30日までビザなしで滞在が可能ですが、30日を超えて滞在する場合には何かのビザが必要になります。『リタイヤメントビザ ビザのサポートでプーケットイミグレーションに 』リタイヤメントビザ取得のお客様のサポートで、プーケットタウンにあるイミグレーションに行ってきました。タイに長期滞在するためにはビザが必要です。日本人は30…ameblo.jp働かない人であれば初回は30日の観光ビザ取得が一般的です。その後は現在はCOVID19 VISA(コロナビザ)があるので、それを延長していく形になります。コロナビザはコロナが流行りだしてから始まったもので、2年ほど発給が続いています。これはコロナで国に帰れない人のために人道的見地から始まったものです。このコロナビザに取得の回数の制限はなく、これを利用して2年滞在している方もいます。コロナビザの有効期限は2カ月です。いまのコロナビザが1/25までが期限で、もうすぐ次回の1/26~3/25ごろまでのコロナビザ発給のお知らせが、タイ政府からあると思います。ただしあくまでこのビザは臨時的なものでコロナが終息すれば、発給は停止になると思います。弊社ではビザ取得のお手伝いをしています。1回イミグレーションに出掛けるサポートが1000バーツになります。プーケットの場合はこのコロナビザの取得はプーケットタウンのオフィスのみです。このブログの無断転載を禁止します。プーケットゴールドトラベルホームページ問い合わせ先 日本語デスク カズメール mail@phuketgoldtravel.jpLINE lovepgt-japan電話日本語直通 +66 (0) 963951424