祈願について✨

テーマ:
6年ぶりのブログに早速コメントを下さった方がいて、そのお返事になるかどうかは分かりませんが、私なりの考えを、色んな事を含みながら、ここで書かせてもらいたいなと思います。
幸福の科学の職員の方々に聞いた事ではなく、私の考えや思いになりますので、もしかしたら足りなかったり間違えているかもしれません。

たくさんの祈願がありますが、祈願したい内容によって、心構えというものがあると思います。

例えば、就職祈願をさせてもらうとして、もちろん就職したいから祈願をして叶えてもらいたいというのは当然の気持ちで、その時に、なぜそこに就職したいのか、就職してどんな気持ちで仕事をしたいのか、その仕事を通して、これからの未来でどんな役割りを果たしていきたいのか、自分がそこに就職するにあたって、会社に対して、社会に対して、家族に対して、どんな貢献をしたいのか、こういう気持ちが大切だと思っています。

更には、幸福の科学の信者であるならば、そこに就職をして、ご縁ある人達にどれだけ愛を与える事が出来るのかという思いも大切だと思っています。

これは就職という事についてですが、病気を治すに対しても、病気を治してもらって、これから自分は家族に友人に周りの人達に何をさせてもらいたいのか、その心も大切だし、健康をお願いする時も同じだし、経済繁栄や成功をお願いする時も、なぜ経済繁栄したいのか成功したいのか、成功する事で自分が良ければいいのではなくて、その成功が自分一人のものでなく、自分の周りや世間にも喜ばれるものであるのか、このように、どの祈願でも、この祈願を叶えてもらって自分がどう思って何をするか、志のような、そういう気持ちが基本的に大切だと思っています。

祈願が叶う叶わないは、自分の心では計り知れないし、自分で叶う為の条件を決める事もなく、いつどんな形で叶うとかよりも、全託する気持ちが大切だと思います。
具体的にどんな気持ちでなければならないとか、どんな志でなければならないとか、そういったものは私の中で毎回決まっているわけでもなくて、その祈願の種類によっても違う事もあります。
難しい事を決めて祈願に臨む時もあるし、簡単な事を決めて臨む時もあります。
これらは全部、誰かに考えてもらう事もないし、こうしなければならないという決まり事もありません。

ただ、祈願書は真剣に丁寧に記入して、そこに念いを込めます。
そして、祈願の機会を与えてもらえた事、祈願を聞き入れてもらえた事に感謝します。

と、コメントを下さった方へのお返事になったかどうかは分かりませんが、私がいつもさせてもらっている事を思い出して書かせて頂きました。

でも、これらも結局のところ、表向きな事です。
もちろん、見えない心構えであったり、志であったりしますが、それらも単に外側、表向き、形だけだと思っています。

やっぱり、日々をどのような思いで、どんな言葉をかけ、どのように行動するか、どれだけ自分は周りの人に喜ばれる事をしたか、愛する事が出来たか、小さな事でも、少しでも、愛を広げる事が出来たか、それが、祈願に対して一番大切だと思っています。

けっこう考えて考えて書いたのですが、なかなか難しいものですね。
私も、祈願への念いは、日々変化し進化発展していると思います。

読んでくださってありがとうございます爆笑


これからも、このブログを応援してくださいドキドキ
下のバナーをクリックお願い致します。<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ


にほんブログ村 宗教
にほんブログ村 悩み・苦しみ・迷い






幸福の科学の祈願って、いったいどんなものなのかと思っている人もおられるかなぁと思います。
私は、祈願が大好きですおねがい
正直、神頼みとか御利益が欲しいのかって言われても完全否定は出来ませんが、幸福の科学の祈願はそれだけではないのです。

幸福の科学には、たくさんの祈願があります。
ネット上で、お金集めの為にたくさん祈願を作っているんだと言ってる人も見かけました。
そう思ってる人も多いだろうなとは思います。
神社でも、商売繁盛や交通安全や無病息災や心願成就という祈願がありますよね。
御祈祷とも言われています。
幸福の科学の祈願には、神社で行われているものと同じものもありますし、神社では見かけない内容のものもあります。
幸福の科学で受けられている人も、神社で受けられている人も、受けようって思い起つ心は同じだと思います。
神社は、お金集めだけの為に、御祈祷をしているのでしょうか。
きっと違うと思います。
この世で生きている人が、少しでも生きやすいように、救われますように、幸せになりますようにと、願いを込めて、神様に捧げているのだと思います。
幸福の科学も同じです。
幸福の科学の大川隆法総裁先生は、祈願の持つ意味ということで、このように仰られています。

「祈願というものは、祈願をすることによって、本人自身が自らの意思を固め、さらに眠っているところの守護霊を目覚めさせ、天上界の支援霊団と一体となることを意味しています。祈願という行為自体が、信仰における修行であると言えます。」

この短い言葉だけでも、幸福の科学の教えが満載なのは、信者の方にはお分かりだと思います。
幸福になるヒントが詰まっているんです。

私も幸福の科学に出会う前は、普通に神社でお正月など節目の時には、家内安全や無病息災などの御祈祷をお願いしていました。
神社の御祈祷の申し込みって、場所によって違いますが、紙に書いたり、護摩木に書いたり、絵馬に書いたりしますよね。
そこに何を書くのかですが、例えば交通安全なら、交通安全・自分の名前・年齢を書くと思います。
絵馬ならばもう少し書くスペースがあるので、家族の交通安全をお守りください。みんなに事故などありませんように。って書くと思います。
絵馬はかけて、護摩木はその場に置いて大祭の時にまとめて御祈祷してもらう事が多いと思います。
その場で御祈祷してもらう時には、祈願の種類と祈願者の名前と住所も読み上げてもらえるので、皆さん心の中で色々な思いを持ってお願いなどをしているかもしれません。

幸福の科学では、祈願大祭で大勢で受けさせていただく時や、希望者だけで随時受けさせていただく時や、個別で受けさせていただく時など、その時によって、形は違う事もありますが、祈願を受けるに当たっての姿勢は同じです。
祈願書というものがあって、書けるスペースが多いです。
そこに書くに対して、書き方など決まりごとがあるわけではないのですが、幸福の科学の信者の皆様、だいたい似ていると思います。
まずは、祈願の機会を与えて頂けたことに感謝を捧げます。
そして、日々の御守護お導きに感謝を伝えます。
次に、自分は日々どのような生き方を望んでどのように生きたいのかを伝えます。
そして、そのために必要なこととして、叶えて欲しいことをお願いします。
叶えて頂けるように、自分はどのように日々過ごしていくか誓願を立て、叶えて頂けたら、このように生きていきますと宣言します。
そして、お聞き届け頂けたことに御礼を伝えます。

このように、祈願書は、手紙のようなものでもあり、誓願書でもあります。
ここに、原因あって結果ありの因果の法則が働き、誓願した通り実践して生きていたら、願いは必ずふさわしい時に叶えてくれます。
それも、びっくりするような形で叶えられる時もあります。
自分の強い意志と日々の実践と、天からの大いなる力が合わさって、いくつもの奇跡が起きます。
時々必要ならば、何もしないうちにでも叶えてくれることもあります。

このように、祈願とは、経験するたびに様々な体験をさせてもらえて、日々育てて頂いているのだなと思わせて頂けます。
とても、とても、有り難い機会なのですニコニコ

次は、祈願の効果について語らせてくださいおねがい





これからも、このブログを応援してくださいドキドキ
下のバナーをクリックお願い致します。<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ


にほんブログ村 宗教
にほんブログ村 悩み・苦しみ・迷い







6年ぶりの投稿です

テーマ:
6年ぶりだったとは思いもよらずガーン


私はもちろん今も幸福の科学の教えによって、

幸せな日々を過ごさせていただいております爆  笑

と、今こうして書いているけれど、

このブログって誰か見てくれている人はいるのでしょうかキョロキョロ

よく分からないまま、何か書いてみようと思います。




昨年、千眼美子さんが幸福の科学に出家されて、その事によって、幸福の科学という名前がテレビでも頻繁に出ていました。

幸福の科学を知らない人は、もしかしたらネットで色々調べたりしたかもしれませんね。

良き事を書かれているページを開かれた人もいれば、悪口ばっかり書かれているページを開かれた人もいるでしょうね。

どちらの方にご縁があったかどうかで、イメージが大きく違ってきますが、本当はそんな程度ではなくて、人生にとって、いや、今の人生だけでなくて、過去世から永遠に続いていく永遠の人生に影響するくらいの違いがあるって、大多数の人が分からないんだろうなと思います。




幸福の科学は、最高の宗教だと、私は断言出来ます。

そう思えるのは、今までに色々体験させてもらった、奇跡的に救われた体験や、頂いた教えを実践して好転した出来事が、数知れずあるからです。

ただ漠然と神様の存在を信じて有り難いって思えるのも大切で幸せですが、信じているだけではなくて、幸福の科学への信仰は、それを証明出来るところにあります。

という事で、今まではあまり書いてなかったと思うのですが、私が幸福の科学によって与えられた幸せを少しずつでもお伝えしていこうと思っています照れ


これからも、このブログを応援してくださいドキドキ
下のバナーをクリックお願い致します。<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ


にほんブログ村 宗教
にほんブログ村 悩み・苦しみ・迷い