ルイ・バレエ・アカデミー 主宰 小林 由枝 【千葉県流山市】

 ルイ・バレエ・アカデミー 主宰 小林 由枝 【千葉県流山市】

踊る目的は「喜び」✨
1人ひとりの心身ソウルが輝く
「自分らしさ」と生命力に溢れたバレリーナを育みます
千葉県流山市のバレエ教室
生徒募集中
見学・無料体験レッスン随時可
オフィシャルサイト
https://www.louisballetcom/

バーレッスンのアンシェヌマン(いくつかのパを組み合わせた一連の動き)や

発表会で踊る作品の振付など




バレエを踊り慣れるまでは

振付を覚えるまでに

最初は時間がかかるかもしれませんニコニコ




ではどうすればスムーズに振付を

覚えることが出来るか?




やりがちな傾向として

一番最初に自分の脳内で勝手に

「難しい!出来ない!えーん」と

バイアスをかけてしまうことは

脳が振付を覚えることを

ハナから拒否してしまうので

覚えられるものも

覚えられなくなってしまいますので

避けましょう🙅‍♀️





大前提としてそもそもバレエは

ダンサーが踊りやすいように

振付が組まれているため

「ゆっくり・確実に振付を因数分解して

噛み砕いて一つづつ出来るようにしていけば

必ず脳だけでなく体は順番を覚えてくれる」

ということです。




そこで重要になってくるのが




動脚(動かしている方の脚)

軸脚(軸になっている方の脚)

区別と認識です。




動かしている動脚に気を取られがちですが

特に軸足側を意識するようにしましょう。




どちらの脚が軸足になり

骨盤や全体重が

右脚or左脚の

どちらに乗っているかの

認識をすることで

振付の覚えやすさや

踊りやすさが

グンと変わります。




軸足を意識することで

次に出す動脚がスムーズに

出しやすくなることで

踊りやすくなり

振付の脳からの出力速度が上がります。



振付やレッスンでのアンシェヌマンを

覚える際に

是非軸脚はどちらか?を意識して

踊ってみてくださいバレエラブラブ




慣れてくるとスムーズに

振付を覚え、踊ることが出来ますキラキラ




Louis Ballet Academy

小林 由枝




※新規ご入会希望の方募集中

 

※60代以降の大人からバレエを習い始めたい方を基礎から丁寧にサポートさせて頂きます

 

レッスンスケジュールや料金はこちらからご確認くださいませ✨

 

https://www.louisballet.com/class

 

 

 

 

レッスンの見学・無料体験レッスンは

随時可能ですスター

 

 

 

全てのお問い合わせ・お申込は