【すまレピ】 LA便り、L.A.便り、ロス便り、ロサンジェルス便り、L.A便り、アメリカ、米国

【すまレピ】 LA便り、L.A.便り、ロス便り、ロサンジェルス便り、L.A便り、アメリカ、米国

L.A(ロサンジェルス)の現地特派員がロス最新のインテリアアイテム、コーディネート情報から日常情報まで、ロスに関するあらゆる情報をお届けします♪

以前、日本に帰省した際、空港から自宅に向かうリムジンバスの中から外を見ていて、白い車がとっても多いなと思った記憶があります。やはり乗用車を持つ場合は、赤や青、黄色などのカラフルなものより、白、黒、グレーなどの色合いを選ぶケースが多いかもしれません。

 

こちらでもやはり、黒、白、グレーは定番のカラーですが、時折びっくりするような色に塗装した車を見ることがあります。先日、車を走らせていたら、バービーが乗りそうなピンクの車を見かけました。普通にあんなに派手がピンクの車に乗っちゃう人がいるんだと、驚きともに、娘が乗るおもちゃの電動の車とそっくりだったもので、親子で大興奮。運転中ですが、思わずカメラに収めてしまいました。

 

娘も、「私も大きくなったらあの車に乗りたい!」と言っていましたが、本当に乗ることがあるのでしょうか。それはそれで楽しみです。

 

1年以上も続けてきた在宅ですが、4月から月に3回だけオフィスに出社して仕事をしています。出かける日は、私以外家族全員いつも通り自宅で過ごすので、朝ごはん、午前中のおやつ、お昼ごはん、午後のスナックなど、用意して置いておくものがたくさん。出かける前はバタバタです。

 

そんな私の横で、朝から娘も忙しそうにせっせと粘土で何かを作っているなーと思っていたところ、出際に「はい、ママどうぞ」とテーブルに置いてくれたのがこちら。

 

 

「会社で食べてね」とお弁当を作ってくれました。忙しさにイライラが募り、ついつい怒鳴ってばかりの母親なので、こういうことをしてもらえてしまうと「ありがたい」という気持ちとともに、罪悪感がいっぱい。子どもは教えてなくても、しっかりこういう優しい気持ちを育んでくれているのですね。。。私がたくさん教えられています。

3連休に1日休暇を足し、サンフランシスコまでロードトリップに出かけてきました。フリーウェイを使えば最短で6時間ほどの距離なのですが、太平洋沿いをずーっと上ることにしました。ビーチシティでランチがてらのんびりしたり、お酒は飲みませんがワイナリーにストップしてみるなど見どころがいっぱいのコースを堪能しました。

 

ロサンゼルスはこのところ、ずいぶんとワクチンの接種も進んだからか、ビジネスが通常通りに戻りつつあります。レストランでも席数は限られるものの、屋内での飲食が可能になりましたし、買い物をしていても、お店に入れる人数制限が緩くなってきました。

 

同じカリフォルニアなので、同じような感じだろうと深く考えずにサンフランシスコまで出かけてきてみて驚いたのは、ずいぶんと様子が違うことでした。閉店中のレストランも多く、開いているお店もテイクアウトのみであったり、7時や8時くらいに閉まってしまうところも多々ありました。そんなこともあり、美味しいお店を事前にリサーチしていたのに行かれなかったり、結局はホテルの部屋でテイクアウトやデリバリーしてもらったものを食べるという、なんとも楽しさが半減する旅となってしまいました。

 

それでも、有名なフィッシャーマンズワーフは、私たちのような観光客で大賑わい。ずいぶんと活気を取り戻してきているようでした。久々の旅行は、とても気分転換になりました。これからもっと制限が外れてくるようなので、もちろん油断は禁物ですが、夏あたりにはまたどこかに旅行に行く計画を立てようと思っています。

 

今週末は、アメリカのホリデーです。3連休に有給休暇を一日足して、少し遠出のロードトリップに出ることにしました。でも、私は休暇を取ったものの、子どもたちは一応普通に授業のある日。でもオンラインで行われているクラスだと、車の中からでも参加ができてしまうのです。

 

ロードトリップなので、大人には楽しい道中も、子どもたちには結構退屈な時間。その間、ただただスマホとiPad漬けになってしまうより、同じスクリーンタイムだったとしても、先生のお話を聞いたり、お友達と話したり、可能な限り課題に取り組んだりという時間があるだけでも違います。なんとも便利な世界になったなと改めて感じております。どこまで真面目に参加してくれるかは、やってみないとわからないところもありますが。。。

 

同僚や子どもたちのクラスの子のお話を聞いていると、同じようなことをこの週末に試みてみる家庭がずいぶんいる様子。これなら、そのうち飛行機での移動が絡んだり、海外からでもクラスに参加したり、日本に長期滞在をしたとしても単位をちゃんと取って卒業できるなんてことも夢ではない話なのかなと思ったりしています。

娘が受講しているオンラインの授業で、「ネイチャーウォーク」として、お散歩がてら、アウトドアで虫や植物を観察して、クラスで発表するというミッションがあります。絵を自分で描いても良いし、ママやパパのスマホで写真を撮って見せても構いません。その宿題のために、毎日ウォーキングに出るという良い習慣が最近できました。

 

昨日見つけたのは、大きな、大きなトカゲ。そのサイズは全長15センチほどなので、特にすごく大きいわけではないのですが、お腹がものすごく大きかったんです。おそらく、赤ちゃんがいるのではないかな?と思うのですが、もしかしたら何か大きな獲物を食べた直後だったのかもしれません。

 

真上から撮れたらよかったのですが、塀の上だったので、このショットがギリギリ。お腹は横に3センチ近い幅に広がっているほどふくらんでいました。横からなので、一見このように普通なのですが、必死に手足で塀にしがみついています。どっしりという言葉がぴったりのトカゲさんでした。