今週だよ〜。
==========
2/29(土) 今池 valentine drive
open 18:00/start 19:00
charge¥2,000-(+1D別途必要)
タナ・カミオ
ボ・カミオン
俺のワンダー
==========













私は甘えるのがものすごく下手くそだ。
褒められ慣れてないし、自己肯定もうまくできない。

そんな風に見えないと、よく言われるけど
そんな風に言われるたびにちょっとづつ傷つくようなガラスハートの持ち主でもある。


幼い頃から
「成功(努力も含め)」は当然、「失敗」は自己責任で育てられていたので、未だに父の死も受け入れられないし、ましてや片桐さんのことなんか、あれからずっと頭の隅にある。

誰でもいいから分かってほしいと、ぶちまけたい衝動をおさえてきたつもりだけど
言葉や態度の端々に積もりに積もったそれらの澱みたいなものがはみ出てきて
人に対して攻撃性がでてしまうのだろうな。

それを、これまで作ってきたキャラクター性だったり、相手との関係性でうやむやにしてきたから突きつけられるとパニックになる。

今まで否定してきた自己の無さは、実は自分というものの本質だったりするから
それと向き合うと生きてる意味が分からなくなる。

必要とされている?本当に?

だって、あの人はもうこの世にいないのに
社会は、世界は、当たり前に回っていて
その当たり前の中に自分ももちろん含まれていることがこんなにも悲しくてやりきれないのに、狂わずに、病まずに過ごさないと人は離れていく。

面倒くさいなあって。

それくらいのことで落ち込むなよ…って。

いつまでそこにいるの?ってさ。

平気なフリをする。
傷ついても、落ち込んでも平気なフリをする。
そんで、フリをした分だけの歪んだ自分を持て余す。

根っこは真っ暗。
差し込む光は眩しすぎて目が開けられない。
シャットダウンで自己防衛じゃないんだ。
受け入れたいのに眩しすぎるんだ。
シャッター下ろせるだけの余裕も無いんだよな。

目をつぶったまんま
“声”のする方へウロウロ、ウロウロ
阿呆みたいに追いかける。

温度と音の温かみを頼りにつかみかかる。
距離感は分からない。

だからよく間違える。
ヘルプを出してるつもりでも、相手を傷つけてることがある。

誰に対してもそうなのかもしれない
そんな風に考えだすと怖くて人と話せなくなる。





不安定な天気と、花粉と、勝手な被害妄想で落ちてるな〜。

僕は嘘がつけない。
風邪をひいた。

それでもビールを飲むんだろうな。

プライドなんかどこにも無い。
自信も無い。
好きよりも嫌いの方が好きで、愛しか分からない。


とにかく生きられるうちは生きるしかない。

本当に、ただそれだけだ。
そこは迷わないように気をつけよう。




それでは今日も考える1日を。

(いつかの得三カレンダーの森田さん。
“ラッキーですか。”って筆文字で書いてある)






朝はまだ太陽がチラついていたのに、お昼から素人が描いた油画みたいな曇り空。ランチを食べたあとの仕事はどうにもこうにも、眠気が払えない。
頭痛は無いから気圧のせいではない。肩凝りもそんなに酷くない。
ただ眠気だけが、唐突に与えられたウイスキーのように濃く重く頭にまとわりつく。
コーヒーでも買いに行こうと席を立つ。上司にも後輩にも「ちょっと、コーヒーを」と絞り出すのがやっとの声で伝え会社を出る。

近くにあるコーヒースタンドは時間帯のせいもあって混んでいた。
待ってる間に眠りの沼により沈んでいきそうだったのでコンビニを目指す。

昨年の9月に閉めてしまったサチコブラウニーの前を通る。
会社のビルの真裏だ。暇なときはよくサボりにきていた。

おや?シャッターが閉まってない。何か新しいお店が入ったのか?
服がたくさん。
見たことのあるカバンもたくさん。

張り紙をみると、hicoさんとなおみさんの名前が。


誰かのSNSで見てた!出店先が分かんないなーと思いながら特に調べることもせず過ごしていた。

まさか真裏にいたなんて!


いっきに目が覚めた。店にも入ってhicoさんとも久しぶりに話したり、商品もたくさん見させてもらった。

ルーティン化していた日常でふやけてた脳みそに刺激がバチバチと入り込む。
神経がつながる感覚。


そうか
眠かったんじゃなくて、つまらなかったんだ。

1年勤めて慣れた仕事。


音楽活動は続けているうちに、目指すところが変わったり、突然の別れがあったり、未だに新しい出会いがあったり、もう一生分のドラマを使い切ったんじゃないかというくらい劇的なことが毎回起きる。

できなかったことができるようになる。
1人で演れなかったことが、みんなとならできるということを知る。

これは演らないと分からないことだ。


仕事は、それなりにやりがいもある。
最初は刺激だらけだったけど、慣れてしまうとなんの感動もない。

そしてそんな仕事の内容よりも
人間関係の捻れがひどく目につく。

仕事は慣れでもこなせるのに、人間同士の意思疎通に時間がかかるなんて、無駄な労力だと思う。
目に見えない捻れは、目に見えないところで解くしか方法はない。

無駄なプライド、無駄な肩書き、無駄なコミュニケーションに頭を悩ます日々を過ごすか
もしくは一つも気にしないようにする


僕はいつのまにか音楽活動で一通り学んでたみたいだった。



何も無いと思っていたあの場所に
欲しいものがたくさんあって感動した。

眠気じゃなくて退屈に支配されてた脳みそにも謝りたい気分だった。

数々の命をかけて教えてくれた先輩たちの生き様に倣って、具体的ではないけどそんな風に生きていきたいんだとあらためて思った。



動く、動く。
細胞が死んでいく。

どうせなら好きな人たちに使いたい心と身体。
使い方がわからないならとりあえず一緒に踊ろう。ダンスができないならお酒でも飲もう。酒がのめないなら星でも眺めよう。焚き火でもいい。
ただし手を抜いちゃあだめだ。本気でやるんだ。
それだけで劇的に変わる。


いつか、あなたと。









それでは今日も考える1日を!


おもしろいメンツとの平日ゆったりライブ。
Good enough & Good day.
===========
1/29(水) 新栄 CLUB ROCK’N’ROLL 
27th ANNIVERSARY!!!-GOOD ENOUGH-
op18:30/st19:00
adv¥1,900-/day¥2,400-(共に+1D代)
百長
ボ・カミオン
iro
まっち(紙コップス)
小松(’wl of the art)と山下(Rain caughts)
*座席有り公演になります。
===========

ロン毛に飽きたのでイメチェンしました。

候補その1 丸刈り。
伸ばす→染める→切るのサイクルで過ごしてきたので当然の選択。
むしろいつもの流れなので、それすらも飽きている。

候補その2 丸刈りを染める。
なんか今、アイドルの子でいるよね?ミュージシャン?坊主でカッコいい子。
坊主で染めたことないのでやってみたかったけど、それこそすぐに伸びるからメンテナンスが大変そうかな…断念。

候補その3 パーマ。
年明けのお年玉ライブでトランペットを吹いていた石渡岬さん(トランペット師匠)がいい感じのパーマをかけてたのを見てカッコよかったので真似したくなった。




結果・・・


















ハーフ&ハーフ!!!




に落ち着きました。


パーマ側から見るとこんな感じ↓





坊主側から見るとこんな感じ↓



いつも突拍子のないオーダーを受け付けてくれるsilisiliのレイナちゃん。

パーマかけたいんだけど、半分は刈る感じで…」

『半分刈る?刈り具合はどんなイメージですか?!』

刈ることには疑問を持たず、全体のイメージを聞いてくれるあたり話が早い。




✂︎✂︎✂︎✂︎✂︎

『…ぶっちゃけノビさんの染め散らかした髪の毛にうまくかかるかどうか不安でしたけどちゃんとかかりましたね!!良かった〜』

「それならそれで坊主を染めるのも面白いけどね」

『ノビさん相手だと失敗が失敗にならないから…神…』




スタイリングしてもらいながらパーマヘアーについてお勉強。

自分の髪の質やクセを教えてくれて
それにあったスタイリングを教えてくれるので家でもなんとか再現できます。


でもね、なんか知らないけど
美容師さんの手で乾かすとスッゲーサラフワになるのなんでなの?

ワックスもちゃんと効くし、形も崩れないし。



『パーマがとれたな〜と思うことあるんですけど(実際すぐとれてしまう人もいますが)パーマはかけたら一生とれませんからクシでといても大丈夫です。』

一生?!!

切り落とすまで、かかったまんまなの?

『そうです。注意して欲しいのは水分で、乾かせば乾かすほど真っ直ぐになっていくっていうのを覚えておいてください。』


なるほど…水分か…


パーマは一生。
まっすぐは水分不足。


ビールを飲めば飲むほど、真っ直ぐになるパーマ…。

水分補給も忘れずに、くるくるパーマを保ちたいと思います。








それでは今日も考える1日を。