早いもので2/24からテレワーク命令が出て、家で1人で仕事をするようになって1か月が経過しました。はじめの一週間は、慣れない生活に仕事が全然はかどらずに、とても不便な日々でしたが、少しずつ慣れてきました。

私の住んでいる愛知県は、ニュースでもご存知の通りコロナ感染者数が多い地域ですので、もうしばらく、この毎日が続きそうです。

 

〈現在の業務状況〉

基本的に終日在宅勤務。指示はメールや電話。会議も書面開催または回線会議。

週に1回程度、会社へ出勤して、データのバックアップや、自分宛に郵送された書類などの対応、手紙や書籍の受け取り。社外へ持ち出せない機密情報を扱う処理を行う。

出勤した日も、同じ業務をしているほかの社員との接触を避けるために、個室での作業。

出勤している他の社員との対面での打ち合わせ等は禁止。

 

すごく徹底していると思います。さすが従業員数が多い会社だけあってか、災害時のBPCがここまで確立されているとは、思ってもなかったです。過去を遡ると約15年前に流行したSARS、この時は会社にBPCなんて無かったように思います。その後、8年ほど前に流行したMERS、この時に韓国と関わりが大きかったため会社は大打撃を受け、社内がすごく混乱したのを覚えています。その頃から感染症の流行時や自然災害、テロや戦争(北朝鮮のミサイル問題)などの有事が発生した時に社員がとるべき行動についてBPCが出来ました。

 

で、今朝気がつきました。なんだか服がキツイことに。。。

そうです、体重が増えていました!!しかも3キロ滝汗

自覚あります!うん、お菓子食べ過ぎてる。そして完全に運動不足。

ずっと家に居るからね。。。動いてないのに、お腹空く~

仕事に集中出来ないから気分転換にと、チョコレート食べてたー。

おやつも欠かさず食べてる~。会社だと仕事中に、せんべいとか、ポテチとか

食べれないけど、家だと余裕で食べれるからねニヤニヤ

 

 

週末、リプロに新幹線で行くため、金券ショップに来たら、新幹線のチケットがめちゃくちゃ安くなっていました。

名古屋から新大阪まで新幹線で、
指定席の定価6680円 → チケットショップで5900円が、 5590円になっていました。
自由席の定価5940円 → チケットショップで普段は5480円で買いますがお願い5240円!!

 

交通費が安くなって嬉しいです。

 

 

 

血の気が引きました。

今朝、寒かったので、温かいおうどんを食べて出勤しました。

おうどんを茹でた後の鍋を軽く洗ってコンロへ戻しました。

その時、コンロが弱火のままになっている事に気が付きませんでした。

お鍋の中に、どの程度の水があったかは覚えていません。

お水は入ってなかったかもしれません。

弱火とはいえ、完全なる空焚き状態。

そして12時間後、、、

帰宅して台所に行きました。ん?なんか温かいな、床暖房つけっぱなしだったかな?

 

滝汗ち、ちがうわ!鍋ポーン火ついたままになっている!!

 

鍋の底は茶色になっていました。

12時間、空焚きしたけれど、火事になっていなかったのは奇跡!!!

逆に、なんで火が出なかったのだろう。

あと、我が家のコンロは安全装置がついていないのか??

空焚きしたら、消えるものだと思っていた。

 

火事にならなくて、本当に良かったです。命拾いしました(>_<)

 

コロナウイルスの影響でテレワーク継続中です。だんだん慣れてきました。

 

妊活について、会社からのプレマタハラを受けた事を以前に書きましたが、いろんな方からのアドバイスを頂きまして、ありがとうございました。

その後、都道府県の労働局の、「総合労働相談センター」に電話相談をしてみました。たくさん話を聞いてくださり、アドバイスをいただきました。

私は「このまま職場で今まで通り働きたい」こと、労働局に相談したことで事が大きくなって「今の職場に居づらくなるのが怖い」こと、なども相談しました。

今回は労働局から会社へは連絡しないで、自分で会社の上司(プレマタハラ上司の上司にあたる人、部長とします。)に伝える(労働相談センターに相談していることも伝えること。)ことになりました。

すると、すぐに部長から、マタハラについての謝罪の電話がありました。妊活は続けたらいいし、辞めなくていい。と言っていただきました。ホッとして涙が出ました。(実際にはテレワーク中なので電話越しで涙は相手に見えてません。)

 

会社的には労働局とか、大きなことにしたくないというのが本音だと思います。

今はテレワーク中で(いつまでテレワークなのか期間未定)、マタハラ上司と会うこともありませんし、部長とも電話での会話なので、実際の職場での反応は見えていません。

このままテレワークを終了したときに、私の席はちゃんと残っているのか。不安は続きます。


コストコ2回目行ってきました。

前回から1週間も経っていないので、全く目新しいものは無いのですが、

前回の後、コストコ商品のレビューをYouTubeやネットでたくさん読んだので、

もう一度、この目で色々見てみたくなって行って来ましたー!!

結果、

気になるけど、量や値段のこともあって買わなかった。という商品がほとんどでした。

でも、見るだけでも楽しいですね。

前回と変わっていた点は、

試食がなかった。

フードコート(といっても椅子もテーブルもないですけど。)で、買ったら店内ではなく、

店外へ持って帰って食べるように促された。

トイレットペーパーが30ロールから6ロール仕様に変更になっていた。

30ロールのやつは置いてなかったです。6ロールのものが少し残っていましたが、

30ロールのものより割高です。種類は同じ。

キッチンタオルは在庫が十分にありました。

人気商品や家電製品の一部は、購入数量に制限がありました。

 

今回購入したもの

オーガニックバナナ、イングリッシュマフィン、リンツのチョコレート

 

 

いつもは新幹線でリプロに通院していますが、

今回は車で名古屋からリプロに行こうということになりました。

2人だと交通費は車の方が安いけど、渋滞があると疲れるね。

 

リプロに通院した帰り道。旦那さんが行ってみたいということで、

初めてコストコに行って来ました!!

めっちゃ広くて、買いたいものがあるか見て回るのに疲れましたー。

でも、楽しかったです。

 

コロナの影響でどうなのかなー?と思っていたけど、人も多いし、

試食もちゃんとありました!

なんやかんやで、本当に欲しいものかは謎だけど、色々買いました!

旦那さんは、トイレットペーパーを買えて、御満悦の様子でした。

(買う必要あるのか?は、おいといて、本人が納得しているから良いか。)

 

良かった商品ランキング

 

クロワッサン 899円 

とにかく美味しい、トースターで焼くと最高!フィナンシェを買ってる人が多かったけど、値段はクロワッサンの方がだいぶ安いです。

 

リンツのチョコレート 1598円(4種類48個)

リンツのリンドールを新大阪駅のお店で試食を何回か貰ったけど、1粒100円位するから、自分用に買うのを躊躇してたー。コストコだと1個35円位で買える(*'▽')お得感!

 

 

他はまだ食べてない。また行きたいですー。

ちなみにトイレットペーパーは2098円でした。安くないような?よくわからない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナウイルス対策で、先週から対応に追われる日々だった。

感染防止対策と、社内で罹患者が発生した場合に、仕事が滞ることを防がなければならない。

感染防止対策として、会社に通勤する社員は時差出勤をすることになった。

会議やセミナー等は全てウェブでの開催となった。

営業活動も出来る限り電話、営業先への訪問も自粛。

食堂もカフェテラスも営業停止。飲みュニケーションも中止。

そして私を含めて多数の社員がテレワーク(在宅勤務)となった。

 

今週、一週間、在宅勤務をして感じたことは、

朝、ぎりぎりまで寝れる。朝ご飯も化粧も着替えも満員電車も、気にしなくて良いのは嬉しい。

切り替えが難しい、気が散って仕事モードになれない、誰とも話さないので孤独。

LINEで会議中継をしたけれど、音声が悪すぎた、途切れて聞きにくい。

休憩時間や残業時間が不明確。

 

起きる→パジャマのままデスクへ向かう→何故かぼんやり→効率低下。

台所へ向かい昼ご飯を作って食べる(超安上がり、前日の残り物でもいいわけだし。)

TVを見ていたらいつの間にか休憩時間終了、慌ててデスクへ戻る。

1人デスクの前、睡魔に襲われる(周りの刺激が無さ過ぎて完全に一人の世界)

 

テレワークってどうなんだろう。私には苦手かも。

ランチ代や化粧や服で節約になってそうだけど、寒いから一日中ガンガン暖房付けてたし、ついついお菓子を食べちゃうし、会社に何回も電話して長話になるし。

効率が悪くて、時間内に仕事が終わらずに、残業突入するものの、旦那帰宅で、晩ご飯だのなんだのと、話しかけられて中断ばかりで結局毎日22時過ぎまでかかった(実際には途中で晩ご飯などの家事で2時間位抜けている。)

 

テレワーク、私には向いていない気がする。。。

現在、数日後の採卵に向けて、注射の日々です。
リプロは自己注射なので、毎日通わなくて良いのが嬉しいです。

 

妊活期間も長くなってきたこともあり、直属の上司に妊活の話をしました。
採卵等で会社を休む日が出てくるので、急な休みや半休になることを伝えました。
その場で上司は

「あなたの人生設計に関わる重要な事だから、悔いの無いように治療に専念したらいいよ。」

と言って頂きました。
とても嬉しかったし、安心しました。

 

そして、休みの申請をして数日後、上司に話があると、会議室へ呼び出されました。
会議室に行くと、不妊治療の話をした直属の上司に他に、別の上司(長年、私にパワハラをしてきている苦手な上司)も部屋に居ました。
直属の上司に体調はどう?などと聞かれた後、パワハラ上司が、

 

「で、あなたは一体いつまで不妊治療をするつもりなの?何月何日まで??」
「で、その治療で確実に結果は出せるの??」

 

「仕事と両立しようなんて甘ったれるんじゃないわよ。」

 

不妊治療について理解してくれていると思っていた直属上司ですが、
私の勘違いだったようです。同じようにキツイ言葉を言ってきました。


「お給料を払っている以上、そんな勝手は許しません。」
「好き勝手に休みたいなら、仕事から離れるという選択をするしかないでしょ」
「みんな、めったに有休が使えない中、あなただけポコポコ休まれても、、、他の社員の目もあるでしょうが。」


などなど(ボイスレコーダーを持っていなかったのが悔やまれる。)、
オブラートに包んだ言い方ではありましたが、要は、


「妊活したいなら仕事を辞めろ。」


という内容を長時間言われ続けました。

私が「辞めます。」と言うまで会議室から出れない雰囲気でした。

 

今まで、妊娠中の体調不良で休みがちな社員、産休、育休、時短勤務の人、

子供の行事や看病で休む人。介護休暇。
色んな人の分の仕事を、手伝ってきましたし、今も、協力しています。
産育社員の仕事を手伝うことに、誰一人、文句を言う人は居ませんし、独身既婚関係なく、協力して当たり前だと考えています。

なのに、

 

妊活で休む事(有給休暇)は、会社を辞めるレベルの我が儘なのでしょうか。


休めてラッキーなんて思ったことはありません。会社に行きたいけれど、身体が不調で出勤できなかった時は、仕事を代わりに処理してくれた同僚や先輩に、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

妊活と仕事の両立をしようとする社員を自己都合退職へ追いやろうとする上司。
不妊治療中の社員は、会社にとっての疫病神なんですね。

 

旦那さんとリプロ大阪に、術後、精液がどの程度改善したか見てもらいに行ってきました。

 

外国人観光客も多い大阪の、さらに人の多い地域ですし、新型肺炎のこともあり、使い捨てマスクも大量に持参して来たものの、街行く人々のマスク着用率は50%といったところで、名古屋とあまり変わりませんでした。

今回は

旦那さんが、メンズルームでの、採精は絶対に嫌だと言っていたので、前日の夜から、梅田に宿泊しました。何も考えずに、ツインルームにしたものの、寝る前になって旦那さんから「採精に時間がかかるから、明日は朝7:30には部屋から出て、どこかで時間をつぶしてほしい。」と。えー、全然知らない梅田で1人で朝から時間をつぶす。。。

7:30に部屋から追い出されるとなると、着替えて荷造りして、化粧して、いったい何時に起床すれば、、、

結局、すっぴんで逃げるように部屋を出て、ホテルロビーのトイレで化粧をしました。

朝からカフェを探して知らない梅田の街を彷徨うのは、結構難関でした。寒いしガーン

リプロの予約は10:00なのに、

採精に何時間かかるんだよ。。。よほど良い精子でしょうねぇ真顔

ということで、

結果は、

えーーーーーーガーン

手術する前より、めちゃめちゃ悪くなってました。。。なんでや。。。

 

診察を終えて、不機嫌な旦那さんと私。お昼ご飯も、どこも混んでるしで益々不機嫌。買い物もしてても不機嫌。

唯一、新大阪駅でドクターイエローに遭遇できたことだけがHAPPYでした。ドクターイエロー効果で幸せが訪れますように。

 

怒涛の年末年始が瞬足で過ぎ去り、届いていた年賀状を改めて見ていました。
婚活をしていた頃は、年賀状で「入籍しました!」「旧姓」などの文字を見ると
婚活中ということもあり、自分には彼氏さえ居ないのにと、焦りからすごくイライラ
していましたが、今は、子供の写真や家族の集合写真、「毎日育児で大変です。」
などのメッセージに、何とも言えない複雑な気持ちになります。

 

そんな中、私より数年先に結婚した婚活友達からの家族写真付きの年賀状。
私「あ、子ども増えてるわ。」
この友達、1人目が出来た時に「妊活を頑張ってできたんだ」と言っていました。
当時独身だった私は、(* ̄- ̄)ふ~ん。程度の反応でしたが、今となれば、
不妊治療で痛い事や辛い思いをして、やっと授かった赤ちゃんだったんだなぁ。と、
彼女の気持ちが分かります。

 

そして年賀状で初めて知った2人目の存在。正直、ちょっと嫉妬してしまいました。
でも、1人目の時に赤ちゃんが産まれたと聞いて自分のことのように嬉しくて、
出産祝いを送った私は、知らせてすらもらえなかったとはいえ、2人目も同様に、
祝福してあげたいから、出産祝いを送ってあげようと思い、ラインを送りました。

 

そこで返って来た友人からの返信は
「産まなきゃ良かった、こんなことなら子供出来なきゃよかったのに。」
「ちっとも、かわいいと思えない。愛着がわく前に、手放したい。」
なんとも衝撃的な返信でした。

 

先月に2人目を産んだ彼女は、子供に重大な障がいがあることを知らされ、
この1ヶ月間、家に引きこもり、毎日泣いて過ごしているとのことでした。
まだ、我が子の障がいについて、受け止めれず、不妊治療の結果、授かった
念願の我が子なのに、、、と塞ぎ込んでいるとのことでした。

 

私は、何と声を掛けてあげたらいいのか正直、今も悩んでいます。
自分と同じように不妊治療をして、やっとの思いで我が子を授かったときに、
彼女と同じ状況だったら、私はどうするだろう。どんなことを考えるだろう。
たとえどんな子であっても、我が子の全てをすぐに受け入れる覚悟ができるだろうか。
仕事復帰は絶望的だろうな。などと、いろんな想いが頭を駆け巡り、
今日は仕事中も、考えてしまうほどでした。