外反拇趾②

テーマ:

外反拇趾の種類

 

仮骨形成外反拇趾

 

仮骨形成外反拇趾の方は、角度はあまり付いていませんが、親指の付け根、拇趾球が大きく出ています。

角度より拇趾球の印象が強い外反拇趾です。仮骨形成外反拇趾の方は、歩くのが好きな方が多いようです。

また、親指も最初の関節部分、末節骨の屈曲が思うように動かない方が多く、本来、歩行時に親指の先で体を押し出し前に進む歩き方が理想なのですが、うまく使えず親指の付け根の拇趾球で押し出す形となり、親指の付け根に負担がかかり仮の骨が大きくなる仮骨形成外反拇趾になってしまうケースです。

 

改善法方としては、テーピングもそうですが、靴が重要となります。

アーチの整ったコンフォートシューズでしかもアウトソールがローリングした物をおすすめします。親指に負担なく歩行をサポートしてくれ負荷を軽減してくれます。

やはり、横アーチの下垂が原因ですので、アーチサポートは必要です。

 

仮骨形成外反母趾

 

 

 

コンフォートシューズ(ローリング付き(フィンナミック))

※当Blog内の文章・画像の無断転載一切禁止です

 

 

 

AD