外反拇趾③

テーマ:

混合性外反拇趾

靭帯性外反拇趾と仮骨性外反拇趾の混合した外反拇趾です。

ある程度、角度もあり親指の付け根、母指球も比較的大きく厚みがある場合です。

靭帯性外反拇趾の方で、親指が”くの字”に曲がっている為、歩行時に親指の付け根(母指球)に負担がかかり、少しずつ仮骨形成外反拇趾も混合してしまうケースです。

改善法としては、テーピングによるアーチバランストリートメントと、横アーチパットも有効です。

ご自分の足裏の第一中足骨頭と第五中足骨頭を繋げたラインにパットを貼り、テープで固定するものです。

靴を履いた時は前すべりを予防し、裸足になった時も、横アーチパットがフローリングなどでの外反拇趾の痛みを軽減し、横アーチ補正も継続的に期待できます。

 

※特許出願中です。

 

 

※当Blog内の文章・画像の無断転載一切禁止です