足裏小指の付け根の魚の目に関しての原因と改善法です。

 

足裏小指付け根に魚の目ができる方も多くいらっしゃいます。

 

 

 

 

歩く際、小指の付け根で蹴り返していることが原因です。

また、小指の付け根で蹴り返してしまう根本の原因としては、外側に重心が傾き、外側縦アーチが落ちてしまっていることです。

 

 

 

 

 

 

 

角質ケアで角質を取り、魚の目を除去致します。

 

 

 

 

 

 

しかし、外側縦アーチを整え、歩き方の癖を改善する必要があります。

歩き方と姿勢や悪い癖を改善しない限り、角質ケアや魚の目除去をしても魚の目は繰り返します。

 

 

 

 

外側縦アーチが落ちている方は、ほとんどの方が靴の外側が削れています。

外側縦アーチが落ち、外側に重心がかかると、外側から歩きはじめてしまうからです。

本来は、右上の図のように、真ん中あたりから歩きはじめるのが望ましいのですが、足裏の体重移動が極端になり、小指側に体重が傾き、足裏小指付け根で蹴ってしまうことが大きな原因です。

また、靴の減りをそのままにしていると、なお、重心が外に傾き外側縦アーチが落ちやすくなります。

こまめに靴の修理も必要です。

 

外側縦アーチを整え、歩き方や癖や姿勢を改善することが、足裏小指付け根の魚の目をできなくする為にとても大切です。

 

 

  

 

 

 

外側縦アーチが落ちてくると、O脚・膝関節症・腰痛といった、いろんなトラブルが出てきてしまいます。

 

 

 

足裏の小指の付け根の魚の目ができなくする為には、歩き方、立っている姿勢・座っている姿勢が重要で、悪い癖を直すことです。正しい歩き方、正しい姿勢を身に付けることにより、外側縦アーチも整ってきます。横アーチや内側縦アーチは、テーピング、インソール、靴でアーチの改善が可能ですが、外側縦アーチの改善は、プラス歩き方・姿勢・癖の改善までが必要で、ご本人の意識と努力がとても必要です。

 

 

繰り返し小指の付け根の骨(第5中足骨頭)に負担のかかる歩き方をしていると、骨の痛みが出てきてしまい、魚の目のケアや除去をしても骨自体の痛みが残る場合があります。

その様にならない為にも、早めの根本改善をお勧めいたします。

 

 

フット専門店ロワでは

 

魚の目ケア・足裏アーチ補整(テーピング)・姿勢の改善・ウォーキング指導を行い繰り返さない為の根本改善を行っています。

 

角質・魚の目ケア

足長・足幅を測定しオーダーパンプス制作

コンフォートシューズの販売

横アーチを整える横アーチパットテープの販売等を致しております。

 

東京都中央区銀座2-7-6 B1F

03-5524-2204

フット専門店ロワ

一般社団法人日本フットケア・フスフレーゲスクール