開帳足と外反母趾そして角質・魚の目の関係

 

足裏アーチ(横アーチ)が崩れて開帳足になると外反母趾や内反小趾やハンマートゥになりやすく、さらに、開帳足の人は、足裏第2趾と第3趾の付け根あたりや小指の横や足指関節の背や指と指の間に角質や魚の目ができてしまいやすくなります。外反母趾や内反小趾やハンマートゥを防ぎ改善する為には、開帳足を正すことが重要です。

開帳足を改善し、横アーチ形成する為には(テーピング)や(横アーチパット)・(インソール)・足裏アーチをサポートする(コンフォートシューズ)などで補正して開帳足を改善します。

 

また、角質・魚の目でお悩みの方は、ドイツ式フットケアできれいに除去することも大切です。

自己流で悪化させてしまう前にご相談ください。

 

 

 

 

しかし、角質や魚の目をケアできれいに除去しても、また、くり返し角質や魚の目は付いてしまったり出来てしまったりします。やはり、根本原因である開帳足の改善、横アーチを形成することが必要です。

開帳足を改善できれば、前述した部分の角質・魚の目は付かなくなり外反母趾・内反小趾・ハンマートゥも改善します。