爪甲鉤彎症は、何らかの原因で爪母(爪の生え際)に負担がかかり、皮膚から爪が剥離して、爪が正常に生えず、歪に層を成した爪の状態です。

 

 

 

 

 

 

歪に層をなした爪は、見た目にもケアの必要があります。

 

 

少しずつ爪の厚みを取り、正常な爪の部分が見えるまで整えます。

 

 

 

 

 

 

正常な爪までたどり着く事が出来たら、爪の伸びを妨げないように、肉厚のつま先の状態も整える必要があります。

 

 

 

 ⇒  Befor                              After

        ↓    

 

 

 

 

完全に元のきれいな爪に戻るには、爪の状態にもよりますが、1年ぐらいはかかります。

 

 

 

また、ホームケアもとても大切で、二人三脚で対応していく必要があります。

 

爪甲鉤彎症になった原因、繰り返さない為のアドバイスは、お一人お一人違うので、しっかり時間をかけたカウンセリングが重要となります。

 

 

 

フット専門店ロワでは

爪甲鉤彎症のケアも行っております。

お気軽にお問い合わせ下さい。