誕生日に思うこと

テーマ:
誕生日に思うこと
image

こちらラブレイブアポロン!
今日もヒーロー魂をキミたちに届けよう!

これはアポロン少年が中学生の時の話だ。
この日は、遠足の振替日か何かで弁当を持参する日だった。

ところが、、、
おかあやんは前日から不在。
というのもおとうやんの胃潰瘍の手術の日だったから。
おとうやんは農業と会社員(トヨタ自動車に勤めてた)の二足の草鞋。
高度経済成長期のトヨタなんておそらく相当厳しかったんだと思う。
胃潰瘍になったっていうのも会社でのプレッシャーが一因だったんじゃなかろうか。

話は戻って、、、
当時はコンビニも弁当屋も無い時代。
スーパーも9時開店とかだから、朝のうちに買うなんて言う選択肢も無い。
いつもなら、おかあやんが作ってくれる弁当。
しかしおとうやんに付き添いだから仕方ない。
そこで代打のエース、ばあちゃんの登場だ!

俺の記憶では、ばあちゃんの弁当は人生初。
昼になり、4人1組で各々机を向かい合わせてお昼の準備。
前後左右で班ごとになるあれだ。
ナナメ向かいは当時好きだった由美ちゃんが座ってる。

みんな各々弁当を取り出す。
期待と不安の中、俺もばあちゃんお手製の弁当を取り出した。
弁当箱からして、いつものやつじゃない。
まあ、おとうやんの入院&手術の中にあってそんな引き継ぎなんてできるはずもないわけで。

そして恐る恐るフタを開けた。
中には、、、
ごはん、卵焼き、たくあん、以上。

おいっ!!!!
黄色と白だけやないか!
色合いとかそういうのは無視か!
しかもご飯の面積9割やないか!!
俺の好きなイシイのハンバーグは無いんかい!!

班のメンバーの視線が痛い。
当然由美ちゃんも俺を見てる。
思わず
「あー、ばあちゃんだからなー、今日作ったの、おとうやん胃の手術やしなー」
と自己弁護の言葉を散布する。

そしてアポロン少年、
最後の頼みの綱であるふりかけを探す。
弁当袋の底にあるはずだ!!

よっし!!!
あったーーー!!!
うぉぉぉぉぉ!!!!!

って、
ばあちゃん、、、

これ、ばあちゃんが昼に飲む薬やないか、、、
あわてて間違えちゃったんだね(T_T)

「あ、そうだ。
 俺も今日、胃の調子が悪かったんだよねーーー」
と必死の自己弁護を空中散布。

それを聞いた由美ちゃん。
彼女の優しい言葉が心に刺さる。
『織田くんとこ、親子でなんか、大変なんだね』

俺は優しい由美ちゃんがさらに好きになった。
でもね、由美ちゃん、
オレ、別に胃腸悪くないんだよーー(爆)

==============

実は11月30日。
アポロンの三次元世界での誕生日なんだ。
何回かの転生ののち、49年前の今日、この星に生を受けた。

さっき
『産んで育ててくれてありがとう』
の電話をおかあやんにしたところだ。
おとうやんは寝たきりで電話もできないから、お見舞いの時に気持ちを伝えてくれとおかあやんに伝言した。

おとうやんの胃潰瘍はたしか42歳の時だったけ。
必死で俺たち3兄弟を養ってくれたおとうやん、おかあやん。
そして織田家のご先祖様。

俺はこれからも、
みんなの意思を背負い、志高く生きていくよ。
49才、ありがとう。


いくぜっ!
マフラー装着!
https://goo.gl/aoWFyP
合言葉は
進め、ゴウっっっっ!!!


あっはっは

みんなー
愛してるよ~~~

インスタフォローしてね♪
https://www.instagram.com/lobrave_zeus/
https://www.instagram.com/apollon_lobrave/