声。

テーマ:
普段は書かないお客様の声を。

汽車のなかで目の前の人の顔が真っ黒になってて笑っちゃったけど、あたしもそうだったんだ、って後で気づいたよ。

汽車の乗り換えで浜松に到着した時、駅で汽車を待ってたら、幼い女の子から握り飯をもらったんだよ。味?そんなの覚えてないよ。涙が自然に出てくるし、何日ぶりのご飯だか覚えてないからね。

おやつの時間?そーいえば、生糸工場のおやつは唐揚げだったね。おいしくなんかないよー。食べるもんなかったからね、残さなかったけどさ。

いつもは元気に今日は何月何日ですねー♪なんて言えるけど、今日は言えなかった。

お客様のどこかに今日は残ってる。

いい未来をつくるのは難しいけど、今日よりいい明日をつくる努力をしたい、そう思った日でした。

テーマ:
自動車に乗るものならば気を付けたいこと。
ガソリンが無くなり走れなくなること。
バッテリーが上がって走れなくなること。
この2つは日頃のメンテナンスによって防げるものなんですが、やってはしまいました。
先日バッテリーをあげてしまいました。
しかもガソリンスタンドで。
洗車後、拭きあげて出発!なんて思ったらエンジンがかからない?!
弱ってたのはなんとなく気づいてたので、やってしまったーー!!!とゆー気持ちでいっぱいでした。
とりあえず、ガソリンスタンドの店員さんにお願いしてみるも、ピットサービスの無いスタンドなので、もちろんジャンプスターターなんてありません。
Amazonでチェックしてたのに、買わなかった自分に後悔しつつ、無理を承知で店員さんの車に繋いでもらえないかをお願いすると、快く聞いてくださりました。
んで、ブースターケーブルを繋いでエンジンスタート!。。。かからない。
いよいよJAFかと思ったときに店員さんの一声。
保険やさん呼んだら?
そーいえば、特約でロードサービスいれてた!!と思いだし電話連絡。
待ち時間の際にはスタンドの店内でコーヒー淹れてくれたり、息子にはお菓子までくれて本当に親切でした。
感謝の気持ちを伝えるだけでは足らない気がしたので、ガソリンスタンドの会社のHPにてお客様受付のメールとしてその日の出来事を感謝の気持ちとともに伝えておきました。
自分もサービス業であることから気持ちのよいサービス、心のあるサービス、そーゆーのをホスピタリティと言えるのであれば、そーゆーものを行える人間でありたいと切に願いますね。