海況情報 & Blog

海況情報 & Blog

ブログで海況情報をアップしています。

私たちが潜っている海の様子をご覧ください。

2020年5月


5月の営業について


5月11日より、時間を短縮して、

営業を再開することと致しました。


※詳しくは、HP 「What's New」

 5月営業時間についてをクリック



 

週ごとに水温が上がっています。

黒鯛・イシダイの「のっこみ」がやって来る季節晴れ

 


あと1ヶ月位はドライスーツが活躍します。

ドライスーツを体験されてない方、

ドライ講習へのご参加、お待ちしております!



ライセンス取得の方も快適ドライスーツで受講をされませんかうお座



ドライスーツの良いところ、その①

服を着たままで潜ることが出来るので、

 

身体か濡れない!


体が濡れずに潜れる不思議を体験をしてみませんか(^^)



広島湾の水温18-16℃(5月26日現在)

今年は例年より1~3℃も水温が高い!
暖冬が影響しているのでしょうか?


透視度は8~15M (^^)
透視度が安定する5月、広島湾へ行くっきゃない♪




鵜来島の水温21-19℃

6月1日から鵜来ツアーも再開予定です。

 

6月といえば、梅雨ですが、

毎年6月は、穏やかで透視度がよく、
20m以上の透視度!

曇っていても雨でも、水中が明るく、遠くまで見渡せるビックリマーク



皆さん、ご参加お待ちしてますうお座晴れ



天気ーくもりのち晴れ  水温18-16℃  透視度8-13m

 

 

今日も穏やかな海でした。

この時期は、平日でも釣り船が多くなっています。

 

カラのフジツボは、イソギンポ、ナベカ、等々

可愛らしい表情の魚たちが産卵のために、集合していますニコニコ

photo by michiyo

 

誰に教わるでもなく、全員一緒にメバル停止してますキョロキョロ

小学生位の集団に、

 

中高生位の集団。この大きさになると。揃うのが上手くなってます。

 

一昨日に現れた、カエルアンコウ、今日も同じ場所に。

お気に入りなんですねほっこり

 

あっ!!巨大なヒラメ発見!!(70cm強)

何だか口元がもごもごしてるはてなマークと思ったら、

まさに、捕まえた瞬間のモグモグtime拍手

photo by michiyo

 

ヒラメの大きな口の中に、
スズメダイがあっという間に入って行きましたもぐもぐ

photo by michiyo

 

喉元で暴れているのでしょうか、

photo by michiyo

 

上を見上げて飲み込むしぐさ目

photo by michiyo

 

 

食後は静かにおとなしくウシシ満足そうでした。

photo by michiyo

 

ソバカスウミウシ。触覚が一つ欠けてる…あせる

photo by michiyo

 

ミヤコウミウシ、花盛りブーケ2黄色い花あじさい

 

どの個体も、二次鰓がとっても立派キラキラ

 

ヨコジマキセワタ。3匹が揃っていました。

砂の中を観察すると、埋もれています。

 

THE シロウミウシ!と言いたくなるくらい大きく、

背面の斑紋(黒色の点)が密~

二次鰓にも黒斑紋があり、珍しいシロウミウシでした。

 

ウニの子供たちが、砂地一面に点在!!

10m四方にいました。

 

貝殻を身にまとい、敵からみを隠しているようにみえます。

タコろー達に見つかりませんように。上手く逃げて~ランニング

 

タコはタコで、今日も敵から卵を守ります。母がんばれ筋肉

 

被写体探しに夢中のお2人おとめ座

 

「今日も気持ちよかった~」by YA

 

天気ー晴れ  水温18-16.5℃   透視度8-13m 

 

昨日に続き、プチ夏日。透視度が少しづつ上がってます。

子メバルが多い時期にパクリ!の瞬間をみかけます。

アナハゼが、かわいいかわいいメバ子をえーん

 

photo by michiyo

 

どんどん飲み込まれてゆくえーん

photo by michiyo

 

 

 

 

3人の淑女がかぶりつきで、狙っているものは、、

 

巨大コチ

 

これ以上近づいてしまうと、逃げてしまいます宇宙人くん

 

 

ショウジョウウミウシ。立派なミノをフリフリさせて泳いでました。

photo by michiyo

 

ナベカ。たくさん見られますよ。

photo by michiyo

 

岩の隙間に上手く?隠れてる。

photo by am

 

捨てられた壺の中に卵産んでますヒヨコ

艶やかに光っていました。

photo by michiyo

 

さて、「私はどこでしょうーか」

隠れ上手のカエルアンコウ×1いるのですよ宇宙人あたま

 

淑女たち、かぶりつきで


この子を撮ってました。

 

カエルの子の上に、家があります。

コケギンポ。

 

 

Kポイントのナルトビエイ。

 

あっ、倒れてる?!

 

と、思ったら、タコの卵撮りをしてるP子さん。

 

母です。

 

 

イトヒキハゼ。背びれがバッチリ開いてます。

photo by nimo

 

それぞれに、卵をお守り中の親。

photo by nimo

 

目がはっきりと分かる子達も。

photo by nimo

 

 

ヤマトウミウシがここにも、

 

 

ここにも。ヒトデと仲良しおとめ座

 

ファンタジーの世界キラキラむらさき音符

photo by YA

 

シラヒメウミウシ

photo by nimo

 

 

自粛から復活ダイブのHさん。

うれしくてうれしくて、船上で海を眺めながら、

海だ―海だ―ゲラゲラビックリマークと叫んでました。

今日から夏。by honey

 

 

天気ー晴れ  水温18-16℃  透視度7-10m

 

 

暑い晴れ夏日になりました。

自粛から復活の方々がいらっしゃっていますニコ

久しぶりの窒素注入で、帰りの船上では、

皆さんウトウトされれますzzz

 

新・中一年生の双子のKクンRクン、

バディチェックは完璧ですOK

 

ファミリー4名一緒にエントリー

水面からみる青空が眩しいひらめき電球

 

中学一年生ダイバー、水中カメラ練習中カメラ


少し下には、父上が。

 

後ろから、お姉ちゃんを見守ったりもしますグラサン

 

その後ろでは、父上が見守る照れ

チームワークが良いですグッ

 

 

餌付け場の、タツ男。彼は逃げずにフレームイン!

してくれました。いい子ドキドキ

 

 

スクーターバディのHさん♀&Kさん♂

あっ!!おいてかれるーーー

 

慌ててリーダーについて行く、Kさん。

追いかける姿がちょっと面白いゲラゲラ

 

スズメダイの卵。産みたてほやほや。

 

ミヤコウミウシ。大中小の大きさを、すべて見られます。

 

キンセンウミウシ。砂の中に埋もれて何をしているのでしょうか??

 

ヒラミルミドリガイ。。繁殖中、ミルを見ると、必ずいます。

触覚の先が白い星の様になっててカワイイラブ

 

天気ー曇/晴 水温16.5-14℃ 透視度5-13m
 

今日も穏やかな良い天気&ベタ凪の海です。

 

スズメダイの卵を見られるようになりましたニコニコ

親は必至ビックリマークに卵を守っています。


岩にびっしりと、産みたての卵ヒヨコ


 

まだ核ができたばかりキラキラ

 

 

ヒメギンポ♀の体色が半分違っている子がびっくり
婚姻色に変わっていく途中なのでしょうか!!??



ヒメギンポの♂♀

きれいな婚姻色ペアまだまだ見れますニコニコ




ヘビギンポの♀が集まっていました!!
いどばた会議ゲラゲラ


 


全長70cmくらいのヒラメと口笛




1ダイブで、2匹出会いました!!
見つけてくれたNさんとAさんが大きく手を振ったり、

フィンを引っ張って教えてくれましたラブラブ
ありがとうございますチュー



 

ウミウチワにいるスミゾメミノウミウシたち
卵も産みつけられていました照れ




チビッ子のスミゾメミノウミウシちゃんもいて、

3匹確認できました。



サクラミノウミウシさんもいましたニコニコ



海藻にくるくると、産みつけられている卵キョロキョロ


 

一体どなたの卵なのでしょうかビックリマーク


小さなクロミドリガイ照れ




ちびっこアカボシウミウシニコニコ



お腹がふっくら、ハオコゼ。妊婦?食べすぎメタボ?



子メバルの大群~


中層停止の練習


砂地は、色とりどりのスナイソギンチャクが点在してます。

 

さて、私はどこにいるでしょう。


 

天気ー晴れ  水温17.5-16.5℃  透視度7-11m

 

 

Birthday diveのMさんおめでとうございます流れ星

 

みーーーっけ!

砂地の上に、今にも流されそうに、藻にしがみついてました。

黒っぽいタツノオトシゴです。

photo by  HN

 

お腹がぱんぱん。流れに負けて、流された~アセアセ

photo by  HN

 

もう一匹発見!この子もお腹ぱんぱん。

どの個体も流されてしまう。。。

タツノコ発見プロの、HNさんが見つけてくれました!

photo by  HN

 

 

バースデイダイブの男はもってますグッ
2匹のカエルアンコウに出会えました!

 

こちらの方はかなりのご高齢?
目が白く、肌も少し傷んでるアセアセ

photo by  HN

 

こちらは、若人。艶のあるオレンジ色でぴちぴち肌

photo by  HN

 

50cmの巨大カレイ!

photo by  HN

 

1970年代、ちょっと、やんちゃなヘアースタイル?

 

「ヘアーの乱れが気になるぜ」

 

頭かくして尻隠さず。オレンジ色のオコゼ。

 

扉は貝、タコローのお家。

photo by  HN

 

 

「それ以上近づいたら、石投げるわよーーー!!!」

近づくと色を変えて威嚇され、逃げてしまいましたキョロキョロ

photo by  HN

 

浅場は特に、透視度良好。カメラ持ちダイバーはまったり、
長~く、1時間以上潜っていましたハート

 

 

天気ー曇り時々雨  水温17-16℃  透視度10-13m

 

 

広島市内は、朝からしっかり降っていましたが、

海へ行くと雨は上がり、とても静かな海上です。

 

石鯛。一番最初のチームが見た後の、散らばった5匹。

 

遠くまでよく見えました。

かぶりつきで何かを撮っているダイバーがカメラ

 

こちらを撮られていました。

5月半ばというのに、サクラミノウミウシがまだ見られますびっくり

ミノがとても立派な2匹。

photo  by  PN

 

一個体の大きさは8cm位、美しい~キラキラ

 

裏側には、スミゾメミノウミウシが3匹!

どちらも卵を産み付け中ですヒヨコ

 

息を凝らして撮ってます真顔

 

隠れ家的な海綿。こんな場所が好きなチビハオコゼ。

photo  by  PN

 

婚姻色になりかけてます恋の矢

ほんのりピンク色のホッペに、虹色になりかけている背ビレ、

美しいひらめき電球

photo  by  PN

 

イソウミウシ。今がピーク。枝にこっそり隠れています。

photo  by  PN

 

ダイダイウミウシ。あまりお目にかかれませんが、

P子さん、発見グッド!

photo  by  PN

 

君の名は?何ヒラムシ?

 

君の名は②?何ヒラムシ?

 

チビコウイカ。どうしたらこんなにキレイに撮れるのでしょうか?

チビ撮りは難しいもぐもぐPさんすごい~

photo  by  PN

 

今だけに水中景色。幻想的です。

 

メバルの大群を追いかけるダイバー

 

溢れそうー

 

何をしてるんだぁ~~

って、アメフラシにのぞき込まれるY氏です目

 

 

天気ー晴れ  水温16.5℃   透視度7-10m

 

暑い日になりました。ドライで船上は暑かった、、、
水中気持ちいい~と叫ぶ皆さんです爆  笑

本日Birthday diveのKさん、おめでとうございます拍手

約2ヶ月半ぶりのダイビング、ダイビング人生11年目にして、

「こんなに潜らんかったの初めてよーびっくり」とのことでしたあせる

スクーター&Wタンク仲間のお2人、

自粛から約2ヶ月振りのダイビングに

確認をしっかりされていましたOK

リハビリのため、スクーターは無しの自走ですほっこり

 

カエルアンコウ&タツノオトシゴ発見率No1.のMNさん!

今日も2匹のカエルさんとタツ子さんを発見してくれました~

photo by MN

 

色合いはいまいちの子ですが、丸っとした形がカワイイ

photo by MN

 

こちらのオレンジの子、突然深場からダイバーめがけて、

泳いできました!Yさんビックリ

photo by MN

 

Yさんとカエル

photo by MN

 

今日もきれいです照れキラキラ

photo by MN

 

喜久丸?!と思ってしまう、sol号の底。

photo by MN

 

久しぶり過ぎて、カメラの感覚が鈍ったんよ~と、

おっしゃいますが、上手いーーーグッ

この子達も、こんなに美しく撮ってもらって満足なのではチュー

photo by MN

本日のミズタマウミウシ。

photo by MN

今日は7匹いました。前回までいたグループとは違う、

第二グループです。

photo by MN

成長中の1~2cmの小さなグループです。

チビ軍団。

今年は、ミズタマの近くには、必ずコネコウミウシがいます。

 

細い藻に尻尾を絡ませ、フワフワ漂うタツノオトシゴ。

 

ショウジョウウミウシ

photo by MN

 

この子を集中してとっていると、、、

キ―――っくが入るガーン

「つかるよ――、気を付けてーーー」

Mさん、がっしりとネコダイバーを掴むのですが、

 

ネコは気づかず、Mさんをキーーーーックゲッソリ

 

「ほら、ひっくり返ったぁー」by mn

 

ネコ、魚を撮る。

ここが好き。カサゴのお家家

 

ミヤコウミウシ。背中が白く、珍しい配色です。

 

体の中身が見えてます目

 

 

水中、密。3密以上の100密?

photo by MN

 

K氏と100密メバル

photo by MN

 

最近、巨大オコゼがまた増えてます。

砂地・岩場のお手つきは、気を付けましょうナゾの人

 

 

天気ー晴れ 水温16.5℃ 透視度7-13m

 

少し曇って、少し晴れ。

穏やかな時ほど、地上の音がよく聞こえます。

エントリー直後、どこからともなく、

戦闘機の爆音が鳴り響いていました飛行機

 

水中は「3密」キョロキョロ

地上にあふれ出そうな位の子メバル達。


密が好きなのよラブラブ

photo by mchiyo


地上では近寄らず、離れての会話。

ダイバーも、水中では、くっつき引っ付きますわよドキドキ

 

ここよー、撮ってー

 

とろとろ溶けてる藻の中にも子メバル達。

 

 

を、撮っているMさん。

 

指示棒の先には、、、、

photo by mchiyo

 

シロイバラウミウシ
指示棒の先よりちっさいポーンビックリマーク

photo by mchiyo

 

 

ショウジョウウミウシ。動き回っていました。

photo by mchiyo

 

枯れたミルを登り中。クロシタナシウミウシ

 

カワイイ おしり音譜

 

ナベカ、出てきました!
それぞれに、お気に入りのフジツボハウスがあります。

photo by mchiyo

 

狭そうですけど、お気に入り?

photo by mchiyo

 

 

 

天気ー晴れ 水温16-15℃ 透視度5-10m

 

 

本日から、海へ晴れキラキラ

穏やかな海です。5月で水温も高くなるというのに、

今年は春先に見られるウミウシが、まだ見られます。

セトミノウミウシ。

 

今季はミズタマウミウシの当たり年?!

あっちこっち、合計17匹いましたびっくりビックリマーク

玉の模様、色合いみんな違って、それぞれに美しいラブラブ

卵を産み付け終えて、お食事へ。

 

アクティブに移動中の子、

 

じーーーっと固まって動かない子などなど、

太めの個体が多く見られました。

 

水面は子メバルでいっぱい。

 

もちろんスズメダイも群れ群れ。

 

春先に多い茂っていた藻は、溶け始めています。

 

カメラを向けると、オー――!っと、

ポーズのHさん。

 

15mは見える透視度でした。

 

カメラ派のダイバーは、それぞれ夢中になってましたニコ

 

ヤギとyukoとmiyu

 

ヘビギンポの♂と♀婚姻色の男子たくさんです男性トイレ♂

 

シマウシノシタ。上手に海藻と擬態していました。

そーっと海藻をめくって、撮らせていただきましたお願い

 

 

天気ー晴れ 水温14℃ 透視度5-10m

 

 

昨日に続き、穏やかな海です。

今日はミズタマ天国でした!1ダイブで7匹発見~

ー1匹目ー大好きな海藻モグモグ中

 

ー2匹目ーこの子モグモグ中

 

ー3匹目ーこのこもモグモグ中

 

ー4匹目ー卵産みながらのモグモグ中

 

ー5匹目ー産卵後に食事に出かける

 

ー6匹目ー壁から流されて藻に落ち着いた

 

ー7匹目ーモグモグ中

 

皆さんがミズタマ撮影に夢中な時、

H氏、ポーズを決めてくれましたチョキ

 

探索中に、

 

 

ちょっとレアな、オトメウミウシ発見

 

子メバルの群れを撮影中

 

 

ここに、大群でいます。