薬局業界がいま大きな変革を迎えようとしています。
いま「薬局・薬剤師」のあり方が問われています。
その中で、私達になにが出来るのでしょうか。

現状を維持するにも、打破するにも「知ること」は重要な事です。与えられた外部環境に対応してこそ企業は継続出来るモノだと思っています。

薬剤師よりも、薬局のことを薬剤師のことを考える人がいてもいいのではないでしょうか。

人はそれを「生意気」というのかもしれない、でも歩いてきた後ろにはしっかりとした道は作ってきている。そして全国の仲間もいる。

「生意気」だっていい!形を残せば、それは評価へと変わる




毎日コツコツ更新中☆
読んでくれる皆様に感謝感謝☆
こちらもお願いします↓↓↓


薬剤師 ブログランキングへ

全国で若手薬剤師経営セミナーも開催中!
医療人であると共に、に企業人。
利益を循環させることが患者様の為!

NEW !
テーマ:

【ブログ更新しました】

 

台風が来る中、そして選挙が投票日にあたる中、東京は浜松町で開催されました。

 

前日に行われた前夜祭の参加者は70名!

 

当日のセミナーには120名の方が集まって頂きました。

 

 

台風もの影響もあり、最後まで参加できない方々も多くいらっしゃいましたが無事最後まで行うことが出来、嬉しく思っています。

 

今回の全国大会では弊社の社長を含め、計4名の講師のかたにご講演をして頂きました。

そのレポートをいくつかに分けて掲載したいと思います。

 

難しい話を書く前に、第①号は前日に開催される前夜祭です!

 

全国、北は北海道から、南は鹿児島からと70名の方が集まって頂きました。

私たちの勉強会では、「学ぶ」だけではなく多くの仲間を作ってほしいと考えています。

 

普段、現場に入っておりなかなか研修に来れない方も多い中、私たちの前夜祭はある種の「同窓会」みたいになっています。

 

各地から聞こえる「去年も参加したんですけど、覚えていますか?」「懐かしい~」という話に皆さん楽しんでいただけたのではと満足をしています。

 

再会を祝うだけが前夜祭ではなく、お互いの知識を共有するのも前夜祭の醍醐味です!

 

 

 

自分たちがやっている取り組み、今後やりたいモデルなどを語り合う。

 

薬剤師、非薬剤師、経営者、非経営者などこだわることなくボーダレスな関係が私たちの目指す姿です。

 

大事なのは「医療人」というマインドを持つことだと思っています。

 

ルールは「名刺を100枚持ってくること」、「同じ会社で固まらないこと」の2つのみ。

 

熱く語りたい!お酒を飲むのが好き!仲間を増やしたい!

 

そんな方がぜひ来年ご参加してみてはいかがでしょうか。

 

 

コツコツ更新中☆
読んでくれる皆様に感謝感謝☆
こちらもお願いします↓↓↓

薬剤師 ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【ブログ更新しました】

 

日本の社会保障制度の限界が来ているのは言うまでもありません。

近年、医療費の抑制が叫ばれ、そのために医科・調剤の点数引き下げ策が一生懸命に組まれています。

 

日本と同じ国民皆保険制度のイギリスでも同じことが問題視されています。

(厳密にいうとイギリスは皆保険制度でなく、またイギリスのNHSを参考にしたのが日本の皆保険制度です)

 

限られた財源である社会保障費を、すべての国民に平等に分けるためにはどうしたらいいのか。

 

 

「潰す」

 

というと極端ですが、

 

 

「薄く延ばす」

 

ということが大事なのではないでしょうか。

 

ここでいう「薄く」というのはサービスの費用や質になります。

 

「延ばす」というのは範囲を広げるということです。

 

限られた財源をすべての国民に行うには、質を下げて範囲を広げていく必要があるのではと感じています。

 

ここの部分がイギリスで見てきた保険制度と日本の保険制度の「本質的な違い」になります。

イギリスの医療を見た日本人はそのアクセスの悪さに「サービスが悪い」「質が低い」といいます。

 

たしかに私自身もそう感じますが、日本のアクセスの良さは過剰な医療を生んでいると言えるのではないでしょうか。

 

当たり前ですが、皆に平等にそしてたくさんの人に配分をしようとすると、一人当たりの分け前は減ります。より多くの分け前を与えようとすると、原資を追加する必要があります。

 

日本の医療に当てはめるなら、その追加する原資が社会保障費であり国債なのではないでしょうか。

 

これから医療介護の同時改定に向けた厳しい議論が始まります。

財源の奪い合いです。さらには医療費抑制に向けた制限が新たに掛けられます。

 

イギリスでは、「最低限の医療提供」がNHSによって行われています。たしかに日本人にとっては不便な制度ですが、それ以上を求めるならば「プライベート」という自費による診療という選択肢があります。

 

混合診療の賛否はあるかもしれませんが、皆が平等で皆が満足する制度作りにはもうそろそろ限界があるのではないでしょうか。

 

医療の質と皆保険制度を守るための追加原資のはずであった消費税増税は、一転して「人づくり」に消えていくようです。

 

そうなったとき、国民の意識が変わらなければ、日本という国も「国民全体に広げる代わりに最低限の医療しか提供しない」という保険制度への転換が求められるようになるのかもしれないですね。

 

 

 

 

コツコツ更新中☆
読んでくれる皆様に感謝感謝☆
こちらもお願いします↓↓↓

薬剤師 ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【ブログを更新しました】

 

イギリス研修で今回一つの言葉を学んできました。

 

Concordance (コンコーダンス)

 

という言葉です。

 

意味は「調和」「一致」などと調べると出てきます。

 

今日の日本において、患者の服薬状況を把握する言葉として

 

compliance 

 

 

adherence

 

という言葉が使用されているかと思います。

 

私が医療業界に入った時に感じた違和感の一つにこの「compliance」という言葉がありました。

 

「compliance」の意味として一番理解されているのは「法令順守」ではないでしょうか。

 

単語の意味としては

 

「(要求・命令に)応じる」「応諾」「追従」

 

そんな意味があります。

法律に対し応じる「法令順守」や、薬を飲むという指導に対して応じる「服薬順守」は間違っていません。

しかしこの「順守」という言葉がどうにも強い!そんな風に思っていました。

 

「順守」・・・言いつけ・きまり・法律などにそむかず、それをよく守ること。

 

ですね。

そういうことを考えている人がほかにもいたらしく、次にadherenceという言葉が出てきました。

 

adherence・・・「固守」「執着」「忠実」

 

ですね。

近年ではこのadherenceが頻繁に使われています。

 

このcomplianceからadherenceへの変化はWHO(世界保健機関)で定義され各国で使われている言葉だといわれています。

 

しかしながら、

 

「固守」・・・かたくなに守る

「執着」・・・一つのことに心をとらわれて、そこから離れられないこと

「忠実」・・・少しの違いもなく、その通りにすること

 

という意味の言葉です。

これもやはり強いですよね。

 

何が強いのか。

 

これら二つの言葉には「主」と「従」が存在するのではないでしょうか。

 

医療者と患者との「主従関係」です。

 

そこに出てきた新しい概念が

 

Concordance (コンコーダンス)

 

になります。

 

先述の通り意味は「一致」「調和」です。

 

各種の文献を読んでいるとこの「調和」を「involve patients as partners」(患者をパートナーとして巻き込む)と記載されている項目がよく見受けられます。

 

http://www.netscc.ac.uk/hsdr/files/project/SDO_FR_08-1412-076_V01.pdf

 

その重要な要素として

 

  1. Patients have enough knowledgs to participate as partners
     患者がパートナーとして参加する上で十分な知識をもつ
  2. Prescribing consultations involve patients as partners
     処方の際のコンサルテーションに患者がパートナーとして参加する
  3. Patients are supported in taking medicines
     患者による薬の使用を支援する

が挙げられています。

 

http://www.pharmaceutical-journal.com/learning/learning-article/what-is-concordance/10988929.article

 

(英語のため、まだまだ部分でしか訳せていませんが・・・)

 

complianceやadherenceが「主」と「従」の関係だったのに対し、Concordanceは「同等」(パートナー)という関係を求めています。

 

原理原則として、プロフェッショナルな医師の指示に対し「順守」するということは大事なことです。

しかし現実として多くの薬が順守されることなく「残薬」として残っていたり、服薬されることなく病気が改善されないということがあると思います。結果論として大事に至っていないケースも多々あると思います。

 

薬を飲ませるという仕事から、近年在宅医療の普及もあり「薬を飲ませるのも、減らすことが出来るのも薬剤師の仕事」という考えが普及してきました。

 

「患者と一緒に薬について考える」

 

まさしくこの考え方が「調和」であり、患者さんとのパートナーシップ「Concordance」なのではないでしょうか。

 

言葉ってその単語が持つ意味がすごい大事だと思っています。

 

complianceでもadherenceでもConcordanceでも結果やることは同じであると言ってしまえばそれまでですが、そこに含められている意味をしっかりと理解し行動に起こすということが大事だと思っています。

 

かかりつけ薬剤師と言われる中、これから目指すべきところは指導という主従の関係ではなく、患者にも知識と理解を持ってもらい参加してもらう「パートナー」の関係なのではないでしょうか。

 

 

※今回のブログを書くにあたって協力をしてくれたイギリスの薬剤師であるTakeuchi Daisukeさん有難うございます。

 

 

Aguantamos, que siempre hay esperanzas, y leventámonos.
(希望は常にある、乗り越え、立ちあがろう!)

 

コツコツ更新中☆
読んでくれる皆様に感謝感謝☆
こちらもお願いします↓↓↓

薬剤師 ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。