リバティ大家の不動産雑記

リバティ大家の不動産雑記

東京下町に勤務するサラリーマン大家の記録です

ソフトバンクグループ(以下SBG)

 

が決算発表を行いました。

 


前期は、日本企業で歴代最高となる

 

5兆円の黒字となりましたが、今期は逆

 

に日本企業で歴代2位となる1.7兆円の

 

最終赤字となりましたえーん


SBGの場合、決算短信だけで100ページ

 

もあり、膨大かつ難解なので、とても

 

すべて読み切れませんが、概況をざっと

 

見ました。決算の中身を見てみると、

 

なかなか興味深いものがあります。


SBGは、大きく分けるとソフトバンク

 

(通信)事業やアーム(半導体)事業な

 

どの一般事業と投資事業に分けられます。

今回最終的には大赤字になりましたが、

 

実は、一般事業だけに限れば非常に好調

 

です。ソフトバンク事業、アーム事業は

 

いずれも増収であり、特にアーム事業は

 

売上高が前期比43%増と大幅増収となり

 

ました。

 

その結果、これらの事業の売上総利益は

 

3.3兆円にもなりましたポーン



一方、投資事業の方は世界的な株式市場

 

の下落が主因で3.4兆円もの損失を出し

 

ましたガーン

つまり、ソフトバンク事業やアーム事業

 

で稼いだ利益を、投資ですべて吹っ飛ば

 

したというのが、今回のSBGの決算

 

内容です。

 

ちなみに前期の投資事業は7.5兆円という

 

空前の利益でした。その結果、日本企業

 

として過去最高の利益となったわけです。

 


まさに投資事業次第という感じですね。

 

ただ、今回SBGが一気に苦境に陥る

 

かと言うと、そんなことは無いようです。

SBGはリスク管理方法としてLTV

 

(純負債/保有株式価値)を25%以下に

 

抑える方針を取っています。4月1日時点

 

でLTVは20.4%ですから、まだ安全圏

 

内です。

これを不動産に例えると、保有物件の

 

価値が1億円だとして、借入金が2千万円

 

なら、LTVは20%ということです。

 

不動産の場合、時価を把握するのは難し

 

いですけどね。

借金と言えばSBGを連想するくらい、

 

借金が多いことで知られる会社ですが、

 

LTVで見る限り意外と健全な財務内容

 

であることがわかります。

 


孫さんは、これからしばらくは守りを

 

固め安全運転で行くと言っているので

 

当分新規投資は抑え気味になるようです

また投資会社と言っても、その裏には

 

通信事業という大きな柱があるのもこの

 

会社の強みですね。

 


それにしても、いつも波乱万丈の決算

 

ですね笑い泣きあせる

物件を買う際に、その物件がどのような


立地にあるのかは一番気になる所です。


私の場合、駅からの距離や周辺施設は


必ず調べますが、それと同時に、その


土地がどんな地形なのかということも


気にしています。


今回信金に対し、耐用年数切れの物件


でも長期間維持出来る根拠の一つとして


この物件が台地上にあり、地震に強く


また水害の恐れがほぼ無いことを挙げ


ました。

事実、ハザードマップを調べたところ、


周辺のどの川が氾濫しても、この物件


まで浸水しないことがわかったので、


火災保険から水災補償を外しました。


その結果、保険料が約7万円下がりま


した。

地形を把握することで無駄な保険料を


掛けずに済んだわけです。



話は遡りますが、10年以上前に初めて


買った物件は、関東に広がる武蔵野台地


上にありました。そして、買ってから


1年も経たずに東日本大震災に見舞われ


ました。


このときは関東でも震度5強という強い


揺れが起こりました。

私は都内のオフィスにいましたが、大き


な揺れが収まってから、すぐに階段で


外に避難しました。避難する途中、階段


の壁が所々崩れ落ちていました。

外に出た後も大きな揺れがあり、オフィ


スが入っているビル全体が左右に大きく


曲がるのがはっきりわかるほどでした。


近くにある九段会館では、ホールの天井


が落下、2名の死亡者と31名の重軽傷者


を出し、都内最大の惨事となってしまい


ました。

この日、たまたま職場の同僚が用事で


九段会館へ行っていました。同僚は、


危うく難を逃れましたが、青ざめた


表情で会社に戻ってきたことを覚えて


います。

ちなみに九段会館は、旧称「軍人会館」


と言い、二・二六事件の際に鎮圧部隊


の司令部が置かれた場所です。

 

二・二六事件当時の九段会館





結局その日は歩いて自宅まで帰り、自宅


は無事だったので安心しましたが、今度


は物件のことが心配になりました。

重鉄物件だったので、おそらく大丈夫


だろうと思ったのですが、後日管理会社


に確認してみました。

管理会社からは

「今のところ、特に入居者の方から連絡

はありません。」

と言われ、ひとまず安心しました。

続いて

「この辺りは地盤が固いことで有名なん

です。それほど揺れませんでしたよ」

と言うので驚きましたびっくり

同じ関東でも、地盤でそんなに揺れが


違うものなのかと思いました。


こういう経験から、出来れば台地上に


ある物件の方が良いと思っています。

ただ台地だと、坂が多く日常生活に不便


な場所もあります。その点、下町のよう


な低地は災害には弱いものの、平たんで


移動が楽なため、日常生活には便利です。

どちらを優先するかは難しいところ


ですね。
 

先日購入した二世帯アパートですが

 

早速設備の不具合に見舞われましたえーん

 


プロパンガス業者からの連絡で

 

入居者から給湯器の調子が悪いという

 

クレームがあり現地確認したところ、

 

設置後10年以上経っていて寿命と思わ

 

れるので交換をお勧めするという話

 

でした。

今話題の給湯器です滝汗


元々この物件は、ガス業者と給湯器の

 

無償貸与契約をしているのですが

 

買ったばかりで、まだ契約の引継ぎを

 

しておらず、契約書を取り交わして

 

いると時間がかかりそうなので、今回は

 

買取にするから見積もりを取ってくれと

 

依頼しました。


届いた見積書を見ると、給湯器とリモ

 

コン、工事代一式で7万円弱でした。

物件を買って早々に出費ですが、まあ

 

これくらい仕方ないかと思い、備考欄

 

に目をやると

「給湯器の供給不足のため、商品の入荷

は未定です」

と書いてあります。

商品の入荷は未定!?どういうこと?

在庫が無いってこと??


担当者に電話すると

「おっしゃる通り、現状在庫がありま

せん。昨年10月からずっと待ってらっ

しゃるお客様もいるくらいです」

と言います。

マジかびっくり半年以上待ってるってこと?

ってか、在庫が無いんじゃ交換しようが

 

無いだろうが。アホかこいつは?


担当者の話では、とりあえず見積もりは

 

取ったが、現状新品は無いので、もし

 

給湯器が完全に壊れたら、中古の給湯器

 

でしのぐということでした。

それじゃ見積もり取る意味ねーだろーが

 

と思いながら、試しに型番をネットで

 

検索してみると、なんと在庫ありの楽天

 

ショップが2件見つかりましたビックリマーク

「なんだ、あるじゃん」

再び担当者に電話し、ネットで在庫が

 

あるショップを見つけたので、ここから

 

買ってくれと頼むと

「当社はネットでの購入をやっておりませ

んでして・・・」

と言います。


「はぁはてなマークどこにも商品が無いならともかく

普通にネットで買えるんだから

さっさと商品抑えろよボケッ!むかっ

おまえらの都合で

在庫が無いだけだろタコップンプンドンッ



と、初っ端からキレそうになりましたが

 

そこはグッとこらえて

「多少割高でも構わないから、すぐに

商品を抑えて、出来るだけ早く交換して

あげて下さいね」

と話してあげましたグラサン


この担当者大丈夫かなぁはてなマークと思ったん

 

ですが、その後すぐ給湯器を購入して

 

くれ、工事も完了しました。クレーム

 

連絡があってから工事完了まで10日間

 

でした。まずまずの早さですねOK

とりあえず、一発目のクレーム解決ですニコニコ