こんばんは、運命学カウンセラー沙璃(さり)です。

 

遅い時間になりましたが

秋分の日ですね。

 

秋分の日(春分の日も)は、

東洋の自然学では、神(宇宙)と人間が

交流する、一体化するときといわれています。

 

また、お彼岸の中日となります。

あと3日ほどお彼岸の期間が残っていますね。

この機会に、ぜひ、お試しください(^^

 

 

このお彼岸の期間は、道教(神仙思想)

でも、先祖(歴史)と自分が結ばれる

機会とされています。

 

ここから、陰氣が強まります。

 

ところで、私事ですが

一年前に祖母が逝去いたしました。
享年88歳の大往生です。

江戸っ子の祖母は、最後まで

粋でスマートで美意識の

高さを持ったまま今回の
人生の幕を閉じました。

中秋の名月に逝き、月に

召されたんだと思いました。

奇しくも、昨年のその日は、

台湾の神様、霊寶天尊
という、精神や魂を専門と

する神様の誕生日でもありました。

荼毘に付しますと、煙になり、灰になります。
煙になると、大気中に溶け込み、

空気となり雲になり雨になり、

木々や草花に注ぎ、川になり、

海に行き着きます。

それらは、海の生物となり、

畑や田に注ぎ現生する

わたしたちと同化します。

これは、般若心経でいうところの

不生不滅
不増不減


というフレーズになるんでしょうね。


これは、亡くなった人が、

森羅万象を通じて、いつでも

一緒だよ、ということですね。

そうは、わかっていてもね


もう、あの顔を見ることはできない
もう、あの身体に触れることはできない
もう、あの部屋にはいない

このような現実に直面しますと
やはり、悲しみはわいてくるもの
なんですね。

それでも、やはりほんの少しの
「違い」だけで、一緒なんだと思います。

その違いとは、先日のブログでも書いたように
「この岸」と「かの岸」

たった、川(象徴的な意味で)を

隔てただけの距離感なんでしょうね。
やはり、陰と陽になっているのだと思います。

それでですね、ここからは
信じても信じなくてもよくて、

ちょっとヘンな話だと

思って聞いてください。

お焼香をしている時、遺影の祖母が
すごく満足氣な顔でこちらを見ていました。
それで、このように私に伝えました。

「出し惜しんではいけません。
自分がこれだと思ったことは、

どんどん分かち合いなさい」

まったく、江戸っ子そのものです。

「江戸っ子は宵越しの金は持たねぇ」

と、よく言いますね。

私はあの言葉を誤解していました。
稼いだお金は、その日のうちに
遊んで使い切れ!

という意味だと思っていたんですが
どうやら違うそうですね。

当時は、下宿人とか、その日の生活に
困る人がたくさんいたりした時代
で、その人たちにも、惜しみなく分かち合おう
(自分のふところ具合だけを気にするんじゃなくて)
という意味だったそうです。

ようするに、宇宙の法則そのものであり
分かち合いが豊かさを呼ぶということを
江戸っ子は知っていたみたいです。
(江戸の地域に限らず)

祖母は、最後の最後まで江戸っ子でした。

そんなわけで、自分が嫌われるとか
批判される、という恐れをもっと
もっと手放して、分かち合っていこうと
決心した次第です。
 

この記事の最後になりますが
ここで、みなさんに私から
ストロング・クエスチョンをいたします。

 



想像してみてください。


みなさんが、今回の人生の

最後の日に=自分が死んだ日に

ご自身の遺影は
(遺影がイメージしづらいなら、
ご自分の死体が)

つまり、死んだご自身が。

今のご自身に、どんなメッセージを
送ってきますか?

できれば、今ここで、紙に書いてみて
ください。










いかがでしたか?


・ねぎらいの言葉?
・叱咤激励?
・元気づけるギャグ?
・教訓?

いろいろあると思いますが


この言葉は、どんな占い師、カウンセラー
恩師、予言者、有識者、コーチ、賢者
よりも、はるかに強力なメッセージです。


究極的な自分自身のメンター
(心の相談者であり、指導者、伴走者)
は、ご自身です。
 

そして、人生の最後の日を

想像することで、今、この瞬間の幸せに

気づくこともあるでしょう。

 

うじうじと悩んでいたことが

ちっぽけなことだったのに

気づいて、今の自分にできること

本当にしたいことが見えてくる

かもしれません。

 

 

そうそう、こちらからお彼岸前後の開運アクションを学ぶことができますよ。

セルフワークもできますので、ぜひ取り組んでみてください♪

 

 

みなさんの限られた日々が

優しさと愛に包まれた時間に

満ちあふれますように★

 

 

 

 

虹ブログ村に参加してみました。

下のボタン、またはリンクへの応援のクリック、励みになっています。

ありがとうございます!

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

 

ブログ村 占い