こんばんは、運命学カウンセラー沙璃(さり)です。

 

今日は、三猿についてです。

 

みなさんご存知のように

三猿は日光東照宮が有名ですよね。

 


※日光東照宮 (トリップアドバイザー提供)

 

また、いろいろな神社や仏閣

仏画などでも見ることができます。

 

そして、世界中にもこの三猿と

似たものがあります。

 

この三猿の意味は

 

「見ざる 聞かざる 言わざる」

 

ということで3つの叡智を述べています。

もともとは、孔子の論語が由来で

 

礼(礼節)のないことは

見ない

聞かない

言わない

 

という、自己鍛錬のための教えだそうです。

 

また、猿が小さいことから

子ザルが連想されますね。

 

そこで、子どものうちは

 

悪いことは見ない

悪いことは聞かない

悪いことは言わない

 

環境で育つと、素直で健やかな

子に育つ、という意味もあるようです。

 

それで、ここから隠された意味です。

 

自我にまみれていると

 

本当に大切なこと

ものごとの本質は

 

見えない

聞こえない

言えない

 

ということなんですって。

 

ここで言う自我というのは

「あの人は我が強い」とか

言われるような

自己主張とか、自分を全面に

出す強引さとか、それだけを

指しているのではないのですね。

 

自我というのは

本当の自分に分厚いベールがかかっている状態

 

たとえば

 

~ねばならない

~べきという偏った考え

 

自分なんて、と卑下すること

 

邪推すること

 

むりやりポジティブになる

 

被害者意識にとらわれる

 

自己憐憫

 

自分のことを蔑む

 

(行きすぎた)恐怖、不安

 

痛みを麻痺させる

 

過度に厳しくする

 

などなど

 

本当の自分の心の声を

無視している状態を言います。

 

では、この自我はどうすれば

なくなるのか?

 

まず、自我は完全にはなくなりませんです。

完全になくなる時は、死の瞬間じゃないですかね(^^

 

なので、自我を薄くしていく

 

瞬間瞬間の自分の状態に

目を向けて自我であることに気付く

 

それだけで十分だと思っています。

 

そのためにおすすめするのが

この3点です。

 

1、自分で感じることに誠実であること

(快・不快にウソつかない)

 

2、自分なりの価値観で物事を考えること

 

3、自分に湧いてくる欲求を満たすこと

 

そうしますと、本当に大切なこと

本質的なことって

 

だいたいこんな感じかな?

と思うようになってくると思います。

 

私はまだまだ迷いの森に

入り込みますが(笑)

 

それでも、だいたいこんな感じかな?

 

という感覚が、人生を豊かに

しれくれるんだな~と思っています。

 

虹【残席3名】11月11日(日)千葉県成田市内にて、超開運ツアー&セミナーを行ないます。

 

 

最新のご案内

 

無料メルマガ 無料占い

 

大好評 DVDセミナー

 

 

虹ブログ村に参加してみました。

下のボタン、またはリンクへの応援のクリック、励みになっています。

ありがとうございます!

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

 

ブログ村 占い