魂の選ぶ声を聴く=タッチフォーヘルスインストラクター 増田妙子

魂の選ぶ声を聴く=タッチフォーヘルスインストラクター 増田妙子

広島でタッチフォーヘルスキネシオロジーという健康法のインストラクターをしています

日々の「なんてこった」なできごとや「機微」を描くことも好きです

広島で「タッチフォーヘルス・キネシオロジー」の公認インストラクターをしています


タッチフォーヘルスは 「気の流れ」を扱うだれにでもできる「健康法」です

医療の知識や経験がなくても 安全にできる「科学的な手当」を学びます


「気の流れ」を整えるとどんな感じがするのか を体験してもらうために
毎月2回以上 広島市中区を中心に「体験会」をしています

また タッチフォーヘルスを学ばれた方がくりかえし練習できるように
そして お互いのバランス調整をしあえる場所として「練習会」をしています


私がアメブロでブログを投稿し始めたのは タッチフォーヘルスを学び始める数年前です


さかのぼって記事を読んでいただくと
私の変化を感じていただけることがあるかもしれません



日々感じることや 家族とのこと

タッチフォーヘルスや タッチフォーヘルスを学ぶことをきっかけにつながった
禅カウンセリングやジーンキー(遺伝子易経)のこと

どれも自分が何を感じているのか気づきたくて
自分を表現することが好きだから書き表していることです



私が好きで投稿していることで
読んでくださる方に何か感じられることがあればうれしいです




「かあさん、おれを突き放してくれ」

5年前 そう口にしても 

 

母息子ともに 「突き放す」イメージはなかったけれど

 

 

月日が経つと お互いが「ひとり生活」をしている日がきています

 

 

 

・・・いや 突き放しているわけではありませんがニコニコ

 

 

 

「ひとり生活」をしている息子は

 

ほぼ毎日「自炊」をしているようで

 

どんなものを作ったかとか よく使う食材のこととか

 

ぽつぽつ話してくれることがあります

 

 

 

image

 

料理をするようになっから 「春巻」を作っている私を見て

 

はじめてどんな手間がかかっているか体感したようです

 

 

 

家にいる頃 料理をすることはなかったけれど

 

「ひとり生活」をはじめてみて 私がしていたことがインプットされていることがあったり

 

「動画」を検索して 知識を得たりと

 

「失敗」だとか「成功」だとかそういうことではなくて

 

どれも「経験」「体験」のようで 楽しんでいるようすが伝わってきます

 

 

 

 

私は私で

 

かつて 息子のサッカーの試合に毎週のように引率していたことが

 

今 仕事で車を運転していくときに

 

たいていの場所に土地勘があることが 役立ってくれています

 

 

 

 

人生 どこでどう 何が役立ってくれるかわからない

 

 

どこでどう つながるかわからない

 

 

 

サッカーの引率も 私が息子の応援をしたくて行っていただけのことでしたが

 

めぐりめぐってその経験が 今の私も助けてくれています

 

 

 

 

image

 

 

 

したいことをするのに 大層な理由なんて やっぱりいらないよ

 

・・・と くりかえし自分に言ってみます

 

 

 

 

「母の日」の数日前に 実家の母にお花を届けてきました

 

image

 

 

ありがたいもので 届けた花以上に

 

母から ごちそうしてもらうことが多かったです

 

 

 

「お昼ごはんは 食べたいものをスーパーで買おう」

 

と 近所のスーパーマーケットで買い物をしてレジにならんでいるとき

 

母が小声で何かを言っています

 

 

マスクをしているうえに 小声なので 何を言っているのか聞きとれません

 

 

車に乗り込んでふたりになったとき ようやく

 

「〇〇さんのおかあさんが おっちゃった」

 

 

どうやら 母の次にレジに並ばれていた方が

 

私の同級生のおかあさんだったらしいのです

 

 

それを聞いて 「へえ~ ぜんぜん気がつかんかった」

 

と ふつうに答えていました

 

 

***

 

 

「〇〇さん」は 私がタッチフォーヘルスの調整をするときに

 

何度となく「つらい思い出」に関係するひとでした

 

 

 

これから そのひとと仲よくしたいとは思わないし

 

また会いたいとも思いません

 

 

実際に会ってみてどうなるかは 実際に会ってみないとわかりません

 

 

 

でも

 

そのひとの名前が出ても 「へえ~・・・」と大した反応をしていないということは

 

以前にあったような

自分から媚びてうかがうような感覚はないような感じがします

 

 

私の感じ方に変化がある・・・ということのようです

 

 

 

過去のできごとを思い出して ストレスに感じるなら

 

タッチフォーヘルスのバランス調整を試してみます

 

 

過去の捉え方が変化すると 今の私の反応や選択が変わってきますからニコニコ

 

 

 

それを体感したようなできごとでした

 

 

***

 

 

過去に体験したつらいできごと

 

もやっとすること

 

気恥ずかしいこと

 

・・・など

 

タッチフォーヘルスのバランス調整で

 

「気の流れ」を整えることをすると 変化があるかどうか

 

体験してみませんか

 

 

 

5月のタッチフォーヘルス体験会・練習会についてはこちらから

 

 

 

 

 

 

***

 

【 お申込み・お問い合わせ 】

 

●LINE公式アカウント

↓↓↓

友だち追加

 

●メール

tadorimi33☆gmail.com  ☆を@に変換して

 

●キネシオロジーたどりみ

ホームページお問い合わせ

 

 

「GENEKEYS遺伝子易経」の「ビーナスの旅」

 

昨年末から約半年 オンラインで参加している講座です

 

image

 

 

 
 
 
ひとは生まれて 7年ごとのサイクルがあるらしいのですが
 
0~7歳の頃の写真を見て そのころ何を感じていたか
思い出す作業をしています
 
 
image
 
 
たまたま いいものがありました
 
実家の父が額にいれて 私のいつかの誕生日に贈ってくれたものです
 
 
父が贈ってくれたものだから 父のお気に入りの写真たちなのでしょうが
 
自分自身では自分の写真を見ていて
 
「楽しそうにない」と感じます
 
 
 
何枚かの写真は「直立」姿勢です
 
・・・今 写真を撮られて 「直立」するだろうか?
 
 
 
笑顔も はじける感じのものがない
 
 
 
私がそう感じるだけなのかな? と思ったので
 
娘にも見てもらって 「コメント」してもらいました
 
 
娘の方が私より鋭い感想を伝えてくれました
 
 
 
「『直立』姿勢が このときから斜めになり始めたね」
 
「このときは 重いものを背負って 歪みはじめたね」
 
「このころは 自然だね」
 
 
 
そして 写真を撮っているひとによって
 
ようすが変わっているのではないかとも感じました
 
 
 
image
 
ちょっと(いやかなり) ぼさぼさのしわしわな状態なのですがキョロキョロ
 
息子と娘と一緒の最近の写真です
 
 
子どもの頃より ずっと笑えている感じがします
 
 
 
 
子どもの頃の経験や印象に残っているできごとが
 
今の反応や思考に与えている影響があるかもしれない
 
 
 
それに気づいてみる
 
 
 
無意識にくりかえす反応が 気づいて意識すると
 
どうなっていくのでしょう
 
 
 
「ハートをひらく」ビーナスの旅
 
 
ハートをひらきたくて参加しているのですが
 
ひらききるには 恐れやためらいをまだまだ持っていそうです
 
 
 

 

毎年5月の連休開催が恒例の「ひろしまフラワーフェスティバル」

 

image

 

「今年はどうなるんかねぇ・・・」

と 地元民は会話することがありました

 

 

例年だと平和記念公園にメインステージができて

平和大通りは歩行者天国になり

パレードや出店がたちならんでかなりの人出でにぎわいます

 

 

旧市民球場前には こんな看板がありました

 

image

 

 

無観客でステージの催しをされるんですね

 

そして あちこちに

 

image

 

「それでも花は咲く」

 

とあります

 

 

例年のようなフェスティバルにならないとしても

 

「花は咲く」

 

 

 

 

地下街の「シャレオ」にも

 

image

 

 

 

image

 

大きな花のオブジェがありました

 

 

そのときにできることをする という姿勢や視点 行動は

すばらしいなと感じます

 

 

 

「それでも花は咲く」 というより

 

「草はひとりでに生える」 が 私が軸に置きたいことです

 

 

 

・・・って ことばだけ知ってて まだこの本じたいを読んでないことに気がついちゃいましたびっくり

 

 

 

「75年草木も生えない」と言われた 広島の地 も 草木が生えています

 

image

 

 

image

 

 

 

 

「それでも花は咲く」 を目にして

 

「草はひとりでに生える」 を思い出して

・・・まだ本を読んでいなかったことも思い出して

 

 

ちいさくても「ゼロ」ではないはず を思い出しています

 

 

 

オンラインでも対面でも私にできること

 

「タッチフォーヘルスの個人セッション」を体験してもらう機会を増やしていきますニコニコ

 

 

 

 

ご案内もこれからしていきますが

ご希望の方は こちらからご連絡ください

 

 

***

 

【 お申込み・お問い合わせ 】

 

●LINE公式アカウント

↓↓↓

友だち追加

 

●メール

tadorimi33☆gmail.com  ☆を@に変換して

 

●キネシオロジーたどりみ

ホームページお問い合わせ

 

 

 

 

image

 

冷蔵庫のなかや買ってきたものを並べて

 

「さてと♡」と 調理を始めるのが好きです

 

 

 

どの野菜からとりかかるか

 

調理器具を最小限で 洗い物を最小限で

 

どれだけ品数作れるか 味を工夫できるか

 

並べながらイメージしていくのが好きです

 

 

image

 

生で食べるものからとりかかり

 

サラダものから作ります

 

 

わが家のふたりのメンズのお持ち帰り用を取り分けます

 

 

 

 

中華鍋はゆがくものからニコニコ

 

そうめん

 

はるさめ

 

 

を順番にゆがいて取り出して

 

 

そのまま揚げ物に

 

image

 

ナスは素揚げしてしょうが醬油にしよう

 

 

 

ついでにピーマンと玉ねぎも素揚げして

 

明日のお弁当に使うように取り分けます

 

image

 

 

揚げ物をした中華鍋をざっと拭いて

 

image

 

 

image

 

 

 

 

春巻の具を炒めて さまします

 

 

 

***

 

 

結婚するまでまともに料理できなかった私が

 

主婦になって 母になって 料理をするのが当たり前だと思うようになって

 

 

おいしいごはんが作れるようになりたくて

 

飲食業のしごとをしたり 調理師免許をとったりしてきました

 

 

家族の喜ぶようすを見て私が喜びたかった・・・のでしょうか?

 

 

 

それが いつのまにか 

 

「なんで 私ばっかりごはんの支度をせんといけんのんじゃろ???」

 

と 怒りや悲しみを感じるようになりました

 

 

 

私がかけたエネルギーほど 受け取れるような感じがしない

 

私が得られると思ってしたことほど 得られるものがない

 

 

 

***

 

 

 

疲れているときや 気が向かないときは

 

料理をしなくてもいい

 

 

そんな選択をすることがあることに思い至らなかったし

 

そんな選択を自分に許すこともできませんでした

 

 

 

子どもたちが大きくなったことが 大きい影響かもしれません

 

家族全員が「ひとり生活」になったことも 大きいかもしれません

 

 

 

家族が喜ぶようすを見て私が喜ぶことはあるけれど

 

ただ 工夫しながら料理をすることが好き というのもあったんですねぇ

 

 

 

ただ好きだからしていることに 大層なものをくっつけていたところもあったから

 

「なんで 私ばっかりごはんの支度をせんといけんのんじゃろ???」

 

と 怒りや悲しみを感じるようになりました

 

・・・なんてことが起きていたのかな

 

 

 

image

 

 

「さてと♡」

 

 

あとは 包んであげるだけニコニコ