8月26日☆

テーマ:


去る8月26日、久々にお会いしたSさんと布引高原に行って来ました爆笑













マウント・シャスタ帰りのSさんから、沢山の貴重なお話を聞かせていただきました照れ

シャスタのステキなお土産もいただきましたお願いラブラブ音譜


私の事を良く理解して下さり、

心から信頼出来る数少ないお友達のSさん、

本当にありがとうございましたお願いビックリマーク






8月15日に、山口県周防大島町で行方不明になっていた藤本理稀ちゃんを救出して一躍時の人となられたスーパーボランティアの尾畠春夫さん。


暗いニュースが続く中、日本にもこんな方がいらっしゃったんだと、多くの人々の心を熱くして下さいました。


そんな尾畠さんに心の中で手を合わせた時に、ほんの一瞬だけ尾畠さんの魂のお姿がみえたような気がしました。


それは、有り余るほどの黄金の光に包まれた菩薩のような慈愛に満ちた女性的な存在で、胸に玉のような可愛らしい赤ちゃんを抱いていました。


菩薩のような方は、愛しい我が子を地球へ送り出し、その子が肉体を持って生まれたのが尾畠さんであるように感じました。 


これは、あくまで私の感覚でしか無いのですが、魂が一定以上に成長すると、ハートのエネルギーが高まった時に新たな命を生み出す事が出来るようになるので、『赤ちゃん』は『菩薩様の分身』を意味しているような気もします。


菩薩様の姿をイラストにしたいところですが、ちょっと時間が無くて描けないので、私が数年前に描いたものを代わりにアップします。

イメージ的にはピッタリだったので。

















仲夏の高山植物②

テーマ:

イワカガミ〔イワウメ科〕

姥ヶ原にて



鎌沼


ワタスゲの果穂〔カヤツリグサ科〕


コバイケイソウ〔ユリ科〕


ミヤマリンドウ〔リンドウ科〕


花冠が六裂は珍しいのかな?


ハクサンチドリ〔ラン科〕




まだ咲いていたミネザクラ〔バラ科〕



仲夏の高山植物①

テーマ:


こちらは今日、浄土平〜鎌沼で出会った植物達ですブーケ2


浄土平湿原の木道でお目にかかった松の木さん。
何となく意識を同調させてみたら、『ボク達はこの恵まれた環境に生まれながら、遥か麓の街中で、埃を被り騒音に晒されて力無く生きている仲間(松だけでなく植物全体)にエールを送っているんだ。』というメッセージを感じました。



イワオトギリ〔オトギリソウ科〕


ゴゼンタチバナ〔ミズキ科〕




マルバシモツケ〔バラ科〕


アカモノ〔ツツジ科〕



イソツツジ〔ツツジ科〕


ツマトリソウ〔サクラソウ科〕





クロヅル〔ニシキギ科〕


シャクナゲ〔ツツジ科〕