ソーシャル系大学学校ってご存知ですか?

 

その街に眠る学びの詩源を活用し、みんなに学びを提供する場。

入学試験はありません、校舎もありません。時に街のいろんな場所が”教室”になり”授 業”が始まります、つまり、街がまるごとキャンバスなのです。

ライオン大学もそうしたソーシャル系大学のひとつです。

ライオン大学に入学してみると、そこには新しい仲間とコミュニティが待ってます。

いつまでも卒業しないでくださいね乙女のトキメキ

 

 

 

本日の授業開校です虹

 

 

 

抜け毛が大変!話題の「ネコの抜け毛帽子」を作って遊んでみよう!

 

 

本日の授業は「動物と生活」です。

ライオン大学のかねいふくまるが担当します。

 

数年前、海外ではネコの抜け毛を使って人間用のバックや帽子を作るというのを情報番組で見て驚いていたのですが、

最近日本では、ネコの抜け毛からネコの帽子を作るというアイデアが人気のようです。

6月くらいから抜けはじめ、7月からは大量に抜け始めた我が家のネコの毛を集めて「帽子」を作ってみました。

とっても簡単でしたよ!毛を集めるためブラッシングが楽しみになりました♪

 

◆ネコの抜け毛帽子の作り方

材料:ネコの抜け毛 ネコの頭2個分

以上!これだけです。

私は、7月入ってから15日間で、ネコの頭2個分の抜け毛を集めることができました。

 

◆ネコの抜け毛から帽子を作る手順

ここからは、写真を入れながら手順を説明します。コツは指先で揉んで毛と毛を絡ませること。

フェルト状っぽくなってきます。

1.     集めていた毛をほぐしフワフワにする。

 

2.     後から耳の部分を作るのでピンポン玉くらいの大きさ2個の毛玉を取っておく。

残りの毛束をまとめ、モミモミ開始。

 

親指と、4本の指でベレー帽を作るような気持ちで形を作っていきます。

 

3.     毛が固まる前に、取っておいた耳の部分を混ぜ込み、耳の形にする。

 

4.     反対側も同じように耳を作る。

 

 

5.帽子の淵を丸くすぼむように寄せながらモミモミ。

 

6.全体の形を整えて完成!

 

やっていることは、なんとなくモミモミしているだけで毛と毛が絡まっていきます。

薄いところは分厚いところからちぎって足してあげるとうまくいきます。

 

◆実際に装着してみます!

我が家のネコも完成したら、興味を示して寄ってきました。

 

「帽子だよ~」とかぶせようとすると激しく奪われ体の下に......

 

 

ああー!力作がっ!!

形を整えてリベンジします。

 

おお!サイズ合ってて帽子に見える見える!

ネコ「・・・」(迷惑そう)

 

 

なんとか取れた写真はこの2枚。

全然ジッとしてくれませんでした(汗)

 

◆理想の完成図

本当はこんな感じに仕上げたかったんですけどね。

 

もっと小さくて、猫の額に乗る500円玉くらいの大きさで作るとうまく乗せられるかもしれません。

 

 

おや?あんなに嫌がったのにやっぱり気になるらしいですよ。

 

 

あ、ズラが!じゃなくって帽子がー!!

 

 

ダッシュで帽子の中に顔を突っ込んでいました。

自分の匂いの塊があるのが不思議といった感じでした(笑)

 

◆作ってみた感想

最初、抜け毛を集めて人間用バック(観賞用だと思いますが)を作られているのを見て「うう~ん」と思っていたのですが、やってみると触りごこちがフワフワで気持ちがいいし、ネコの頭に乗せて写真撮るくらいならとっても楽しかったです!

 

抜け毛が多い時期、遊び半分で記念に帽子作りどうですか?