あらすじ
しずかとは、上の子が0歳の時に、市で開催されていた「赤ちゃんサークル」に参加した時に知り合った一番付き合いの長いママ友。
年齢も同じだし家も徒歩10分以内の距離なので、上の子が0歳の頃からお互いの子育てを見てきている。
超がつくほどの自分の子供しか見えていない「しずかの子育て」は、過保護なものだった。
あまりにも度が過ぎていて、さすがに人の子とは言え子供達が可哀想に思えたので注意してみるが、その度にただ逆ギレされて終わるだけだった…。
やほー
ちょっと聞いてーー
どうしたー?
運動会の話聞いた?
運動会?何?
徒競走の話だよ!
徒競走の話?誰から?
子供達から
うちの子からは特に何も聞いてないけど、どうかしたの?
走る順番だよー!本当最悪
ほらウチの子、小さい頃から走る事あまり得意じゃないじゃん?
そう?
それなのに、徒競走で一緒に走る子達の中にリレーの選手で選ばれている子がいるみたいで!
え?
それがどうしたの?最悪って、何で?
分からないの?
ごめん、全く分からない…(^-^;)
だから、ウチの子が走るの苦手なのを知っているのに、わざわざ足が速い子を一緒に走らせるなんて
担任の先生ひどいよね
リレーの選手に選ばれた子達も、どこかのレースで走らなきゃいけないんだから、仕方ないんじゃない?
先生も、タイムを見てなるべく平等に組んでると思うよ
いや、絶対そんな事ない!
今うちの子に聞いてみたら、うちも一緒に走る子の中に足が速い子がいるみたいだよ
リレーの選手?
選手ではないけど、リレーの補欠の子らしい
補欠なら関係なくない?
いやいや、リレー選手も補欠も大して変わらないでしょwww
てか、しずかん家の子供達みんなそこまで足遅かったっけ?今までの運動会でも1位か2位じゃなかった?
去年は3位
そうだっけ
もう子供にあんな思いさせたくない
恥かいたと思う
1位じゃないと子供が可哀想
そんな事言ってもw
それが徒競走ってもんだからw
笑い事じゃないから!
親がどうにかしてあげないと、子供が可哀想な思いするよ!
そんなに1位になりたいの?
当たり前でしょ!
しずかの気持ちじゃなくて、子供の気持ちは?
は?1位が良いに決まってるでしょ!
そりゃそうだけど、勝ったり負けたりを経験して競争心が沸いたり、感動したりする事が大切なんじゃないの?
そういう事をたくさん経験させてあげないと
悲しい思いよりも、良い思い出たくさん作った方が良いに決まってる
ホームビデオにも残るしね!
とにかく、うちの子が1位にならなきゃ意味ないの!
しずかの気持ちは分かったよ(^-^;)
運動会まで1ヶ月くらいあるから、少しでも速く走れるように練習するとかは?
ネットにも色々と方法乗ってるし★
1ヶ月じゃ何も変わらないでしょ
何もしないよりは良いかと思って!
どうかな?
いやー、ウチの子には無理だね
じゃあどうするの?
もう諦めるしかないじゃん(^-^;)
そこで!今から先生に電話してみようと思う!
え?
嘘でしょ?
絶対やめた方が良いよ
でもそれしかないし!
何て話すの?
それを考えてほしくて、今LINEしてるんじゃん♪笑
は!?
何言ってんの?そんなの無理に決まってるでしょ
絶対に嫌
いやいや、無いでしょー
先生に電話なんてしたら、ただのモンペ扱い確定だよ
モンペ?
モンスターペアレント
いやいや、全然違うでしょー
てか何も提案してくれないなら、普通に電話してくるわ
私はもう知らないから
続きは動画で…

 

▼今回のスカッとする話のあらすじ

~~~~~~

私 31歳 子供 6歳、5歳

りか 36歳 子供 6歳、4歳

近所に引っ越して来た時から「りか」は、やたらと我が家にベタベタしてくる。

上の子の年齢も下の子の幼稚園も同じなので、変に避ける事もできなかった私もいけないけど、最近やたらと「かまってちゃん」で心底疲れた…。

このままでは私のメンタルが持たないと思い、りかと上手に距離を置きたいと思っていた矢先の出来事。

~~~~~~

りか「おはよー!」

りか「今日も暑いねー」

りか「突然だけど、子供の日焼け止めって何使ってる?」

りか「うち子供に日焼け止め使った事なくて!」

私「おはよう~」

私「そうなんだね!」

私「今、幼稚園の支度でバタバタしてるから、あとで返信するね!」

りか「わかったー」

りか「朝からごめんよ!」

りか「写真も送ってー」

私「お待たせー」

私「ベビー本舗のやつだよ!マツザキストアで買ったやつ」

私「赤ちゃんでも使えるやつだから、子供に安心して使えるよ★」

りか「やっぱりそれだよねw」

りか「口コミでも評判良かった」

私「うん、おすすめ~!」

私「ネットでも買えるって、この前さとる君ママも言ってた~」

私「2本セットだと安くなるみたいだよ★」

りか「どんな感じか見てみたいから、今から家行っていい?」

りか「話したい事もあるし!」

私「え!うち?急だなー、今はちょっと困る」

りか「なんで?」

私「片付けてないし、これから掃除機や洗濯するから!」

りか「別にいいよー」

りか「散らかっていても全然気にしないからw」

りか「うちも散らかってるしw」

私「いやいや、私が気にするからさ。ごめんね。」

りか「何で気使うの?」

りか「私達の仲って、そんな感じ?」

りか「気使われてるとか、悲しいなー」

私「りかに限らず誰でも汚い部屋には入れたくないよー」

私「ごめんね」

りか「私の事、避けてるんでしょ?」

私「え、何でそうなるの…」

 

この続きは動画で…

 

▼今回のスカッとする話のあらすじ

~~~~~~

私(サキ) 32歳 子 6歳、4歳、2歳

真由子 32歳 子 1歳

 

高校の同級生「真由子」は、昔からケチな性格で、私を含めて子持ちの同級生達にベビー用品のお下がりの「クレクレ」がしつこかった。

同じく被害者の同級生達と共に、何とかして真由子にギャフンと言わせたいと思い…。

~~~~~~

真由子「久々~!元気?」

私「元気だよー!」

私「真由子も赤ちゃんも元気にしてる?」

真由子「うちも元気だよー。」

真由子「まじ育児の悩み話せるのって、サキしかいなくて笑」

真由子「相談のって~」

私「どうしたの?何でも聞くよー!」

私「子育てには悩みがつきものだからね。」

真由子「何かさ、最近母乳の出が悪くてツラたん。」

私「そっかー、授乳経験者としてはその気持ちめっちゃ分かるよ!ツライよね…。」

私「母乳外来とか行ってみた?」

真由子「行ってない。」

真由子「いやなんかさー、痛いって聞くし。」

真由子「できれば母乳外来は行かないで何とかしたいなーと。」

私「そっか…。確かに大変な思いはするけど、助産師さんに相談すると、早く解決するよ!」

真由子「母乳外来1回2000円らしいから迷ってる笑」

真由子「母乳ごときにそんなお金かけたくないしー」

私「そっか」

私「じゃあ食生活とかは?かなり関係してくるよ!」

真由子「分かってるよー、バランスよく食べてるつもりだけど。」

真由子「でも続かん。笑」

真由子「で、ネットで調べたら、搾乳機が便利らしい」

私「そうなんだ!」

真由子「サキってさー、授乳中に電動式搾乳機使ってるって言ってたよね?」

私「使ってたよー」

私「慣れるまでコツがいるけど、確かに便利だったよ★」

真由子「高い?いくらするんだっけ?」

私「あんま覚えてないけど、15000円くらいだったかな?」

真由子「たかっ!」

私「でも毎日使って、長く使える物だからね~!」

真由子「うちには買えないわー」

私「いやいや、真由子の旦那さん、うちも含めて高校の時の友達みんなの旦那さんより良い会社に勤めているじゃんよ!」

真由子「そうだけどさー」

真由子「節約したいし★」

私「私も節約中~てか子持ち主婦はみんな子供の為に節約するでしょ♪」

真由子「わたしは徹底してるの!!」

真由子「でね、いつも色々貰っちゃって悪いんだけどさー、」

真由子「その搾乳機もくれない?笑」

私「またかよ!」

私「突然LINEしてきたから、そんな事だろうかと思ったわー」

真由子「分かってるなら話が早い★」

真由子「もう3人も子供いるから使わないでしょ?」

私「まぁ、もう使わないと思うけど…。」

真由子「じゃあ、決まりで!笑」

真由子「わたしまだ1人目だしさ、これからも使う機会あると思うし!」

真由子「いつ取りに行けばいい?」

私「いやいや、まだあげるって言ってないんですけどー!」

真由子「うちら高校からの仲じゃん★」

真由子「良いでしょ?いつにする?」

 

この続きは動画で…