【税理士選びの専門家】タックスコム山下健一の虎ノ門社長ブログ
※ 1000件以上の契約に立ち会った税理士紹介の専門家

⇒ 【無料】厳選税理士紹介サービスはこちら


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

税理士に見積り依頼をする際の注意点

税理士紹介サービスを提供していると、
税理士と面談もせずに見積もり金額だけで
税理士を決めようとされる方がいます。

例えるなら、医者に診察をしてもらわず
処方してもらった薬を信じて飲むようなものです。

その薬は、あなたの体調にあったものと言えるでしょうか?

税理士の顧問料は、大まかな相場は決まっていますが
以下のような項目によって金額は前後します。

・売上規模(税務調査で否認された時の罰金の金額が分かります)
・業種(飲食業と卸売や建設業では仕訳件数がまったく違います)
・業務内容(会計ソフトの入力するかどうかや打合せ頻度)


また、同じ金額でも実際に会ってみて少し高いけど
自分との相性を踏まえ話しやすい先生に決められる方もいます。

継続的に依頼する契約だからこそ、相性なども大きな
決定要因と言えます。

つまり、合わずに見積もりだけで税理士を決めると
後で話が違うとなってしまう可能性が高いことを
ご理解頂けると思います。

※大まかな最低料金はこちらになります。
月1万5000円~、申告10万円~

詳しい金額が知りたい方は弊社まで
お気軽にお問い合わせください。
→ 税理士コンシェルジュはこちら

コロナ禍で分かれる税理士の対応

コロナの第2波は続いており、先が見えない状況の中
事業主の皆様は売上や資金繰りなど心配事が山積みです。

国もコロナを乗り切るために、
さまざまな制度などを打ち出しています。
各制度が知りたい方は以下よりご確認ください。
>> 経済産業省の新型コロナウイルス感染症関連

コロナに関するコラムは以下よりご確認ください。
>> 税理士コンシェルジュ-コロナ関連コラム

各制度の活用を考える際に、サポートが必要になるのが税理士です。
ただ、相談した際の税理士の対応はまちまちのようです。

対応その1、成功報酬で対応
対応その2、一定の手数料で対応
対応その3、無償で対応

コロナの相談に対する対応だけを見ると、
もちろん無償が一番良いですが、
これまでの流れなどもありますから
顧問料など払っていない年一契約の場合は
一定の報酬は発生する可能性が高いと思います。
税理士もビジネスですので。

ただ、顧問料を払っていたにも関わらず
コロナに関する申請で高い報酬を請求する事務所もあるようです。

新型コロナウイルスに関する資金調達の最新情報を更新します。

新型コロナウイルスの感染拡大による事業への悪影響は計り知れないようです。

 

資金調達の関しては、しっかりサポートしてくれる税理士もいれば面倒なので自分で窓口に聞いて欲しいと言われる場合もあるようです。

 

弊社でも、資金繰りでお困りの経営者の力になれればと思い、資金調達に関する情報をまとめさせて頂きました。

状況に応じて、条件などは変わっていくと思いますので随時更新して行く予定です。

⇒【緊急】新型コロナウイルスに関する資金調達の最新情報を徹底解説!

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>