「氣塾」主宰の木村です。

いつも当ブログを読んで頂き、誠にありがとうございます。

過去ブログの「ブログ専用サイト」へのアーカイブ化が

ようやく完了いたしまして、まもなく当ブログは数ヶ月の

移行期間を置いて「アメーバブログ」からブログ専用サイト

である「古式マスターヨーガ 本当に使える氣の正体」の

方に移行して参ります。「移行」しますと同時にアメブロの

アカウントの方は削除いたしますので、読書の皆様におかれ

ましては、「新サイト」への移行、ブックマーク又はホーム

画面への追加をよろしくお願いいたします。



★新ブログサイトはこちら→ https://master-yoga.net



今日は普通のスケジュールです、途中歯医者でメン

テナンス、夕食後は普通に遠隔レッスンをこなして

いきます。さて、本日のお話しは《「静動内外」で

集中力は異なる》です。


《「静動内外」の「集中力」について。》

「現代人」は、あらゆる「情報」に対して、
《細々と「反応」することは出来ても、その「反応」
を「我慢」することは出来ない。》

という話しをしました。つまり「対応力」は有っても

「忍耐力」には欠けていて「気が散りやすい」訳です。

《「集中力」とは「忍耐力」と「切っても切れない」
「表裏」の関係にあります。》

これを「前提」として、「集中力」にはいくつかの

「種類」があります。先ずは「自己」の「状態」が

「静」か「動」か、そして「集中」する「方向」が

「自己内」か「自己の外側」なのか、つまり「集中力」

とは「静動内外」において別れていきます。

「静の内」

自身の状態が「停止」していて、なおかつ「注意」の
「対象」の「範囲」が狭まっていて、一点に「集中」を
かけている状態。「没頭」「塾考」。


「静の外」

自身の状態が「停止」していても、「外部」に「注意」
が払われていて、「外部」の「状況変化」に「対応」
出来る状態。「弓道」「囲碁将棋」「射撃」


「動の内」

自身の状態が「動き」の中にあっても、「注意」の
「対象」が「自己内」にあり、「間合い」を含めて
一点に「集中」している状態。「武術の型」「器械体操」


「動の外」

自身の状態が「動き」の中にあり、なのかつ「外部」の

「変化」に「対応」する為に「注意」が「周囲全般」に

払われている状態。「仕事全般」「球技」「団体競技」



更に「集中力」を「性質的」に「分かりやすく」書くと、

1、「意識」を「一点集中」させ「内没」させている状態。

2.「意識」を「外部」に向け、変化に「対応」する状態。

3.「外部」が「変化」しており、「変化」から 「感覚的」
に「影響」を受けない為に「遮断」させている状態。

この様に「性質的」にも「内向け」「外向け」「遮断」と

分けることも出来るのです。これらは「集中力」の「変化」

ではありますが、それは「忍耐力」の使い様一つで「変化」

するようになっていると言えるのです。

いかがでしょうか?こうして改めて「静の内と外」そ

して「動の内と外」に「集中力」を分けて考えてみる

とそれぞれの「意識の使い方」が全く異なるのが、お

分かり頂けたと思います。「静の内」では「外部から

の情報」は感覚的に「完全に遮断」されていますし、

「動の外」では「自己の動き」を制御しながらも「外

部の変化」には対応可能な「集中の仕方」を使ってい

ます。ということはこの後に続きますが、同じ「集中

力」でもその「鍛え方」と「発揮の仕方」も全く異な

って行くのです。では「静の内」の「集中力」の作り

方の解説に続きます。



《さあ「チャクラ」のスイッチを入れましょう!!
「氣塾」では「2番チャクラ=丹田」から順に各チャク
ラを「稼働」させ「覚醒」させる事が「遠隔、対面」
どちらの方法でも「最短時間で可能」になっています。
また「遠隔レッスン」により各種「呼吸法」も「マス
ター」して頂けます。》



では、ここからは「本文」に移ってくださいね!!


《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強く
したい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の
詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取
り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に
「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力
強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事
です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人
施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも同じ様
に可能ですのでお気軽にお問い合わせ下さいませ。》
(「氣塾、気脈の詰まり取り施術、対面個人¥12000、
遠隔初回¥10000、2回目以降¥5000)

★続きはこちらをクリック→https://master-yoga.net
「氣塾」主宰の木村です。

いつも当ブログを読んで頂き、誠にありがとうございます。

過去ブログの「ブログ専用サイト」へのアーカイブ化が

ようやく完了いたしまして、まもなく当ブログは数ヶ月の

移行期間を置いて「アメーバブログ」からブログ専用サイト

である「古式マスターヨーガ 本当に使える氣の正体」の

方に移行して参ります。「移行」しますと同時にアメブロの

アカウントの方は削除いたしますので、読書の皆様におかれ

ましては、「新サイト」への移行、ブックマーク又はホーム

画面への追加をよろしくお願いいたします。



★新ブログサイトはこちら→ https://master-yoga.net



昨夜遅くに京都に戻って参りました、今日はそれで

も普通のスケジュールとなります。関西は冷え込ん

でいますねー!鼻風邪ですかね?クシャミが止まり

ません。さて本日からの新テーマは《加筆再収録、

一点集中の集中力の身に付け方(現代人は反応を我

慢することが出来ない)》です。



ありがとうございます!先日のブログテーマ《特別な

「集中力」を身に付ける》は結構な反響を頂きました。

最近参加された生徒さん達から、更に具体的な「練習

方法」とその原理を詳しく教えて欲しいとの「リクエ

スト」を頂きました。そこで、過去のブログではあり

ますが、「2013年1月31日」から掲載しました、

《一点集中の「集中力」を身につけよう!!」》で、

特別な「集中力」を身に付ける為の「段階とシステム

理論」を既に解説しておりますので、新たに加筆しま

して「再掲載」させて頂こうと思います。皆様の参考

にして頂ければ幸いです。


《一点集中の「集中力」を身に付けよう!!》

「氣塾」で使用する「古式マスターヨーガ」や
「武当派太極内丹法」は「精神力」を「強大」にする

為の「技法」です。「精神力」と一言で言っても、

「集中力」に始まり「忍耐力」「胆力」「想像力」

「発想力」「表現力」「決断力」「洞察力」等々、、

「精神」だけの「働き」の「領域」から、「行動」に

転じる「直前」迄の「働き」も含めると、様々な「力」

が「内包」されているものなのです。しかし全ての

「行動」が、あくまで先に「意志」が有ってから、

成り立つ訳ですから、その時の「精神」の「有り様」

によって、全ての「行動」は「変化」するのです。

その「精神」の「癖」とは、以前にも述べた「内向的」

「外向的」の様な「行動」の「出力的」に表面化する

ものですが、今回は、もっと「それ以前」の「精神力」

つまり「内向も外向」も関係ない、根本的な「精神力」

としての「集中力」について、考えていきたいと思いま

す。

あらゆる「行動」を決める為の「精神内」の「動き」に

おいて「精神力」の一つである「集中力」は非常に重要

な「位置」を占めます。何故なら「集中力」の「質」の

度合で導かれる「答え」は異なりますから、それに伴う

「行動」の「結果」まで、全てが「変化」してしまうの

です。私の目から見ると「現代人」は「集中力」が無い

訳ではなく、非常に「偏って」いる様に見えます。

「スマホ」の普及によって「メール」やその他の「情報」

の「着信」に対して

《「細々」と直ぐに「反応」することは出来るのですが、
その反対の「反応を我慢」することは出来ないのです。》

つまり良い表現をすれば「気配り」をする事は出来ても、

「気が散りやすい」ということです。

《あなたは「着信音」が鳴っても「我慢」することが
出来ますか?》

ということです。

さあ、「集中力」を考えてみましょう!!



《さあ「チャクラ」のスイッチを入れましょう!!
「氣塾」では「2番チャクラ=丹田」から順に各チャク
ラを「稼働」させ「覚醒」させる事が「遠隔、対面」
どちらの方法でも「最短時間で可能」になっています。
また「遠隔レッスン」により各種「呼吸法」も「マス
ター」して頂けます。》


では、ここからは「本文」に移ってくださいね!!



《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強く
したい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の
詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取
り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に
「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力
強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事
です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人
施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも同じ様
に可能ですのでお気軽にお問い合わせ下さいませ。》
(「氣塾、気脈の詰まり取り施術、対面個人¥12000、
遠隔初回¥10000、2回目以降¥5000)

★続きはこちらをクリック→https://master-yoga.net
「氣塾」主宰の木村です。

いつも当ブログを読んで頂き、誠にありがとうございます。

過去ブログの「ブログ専用サイト」へのアーカイブ化が

ようやく完了いたしまして、まもなく当ブログは数ヶ月の

移行期間を置いて「アメーバブログ」からブログ専用サイト

である「古式マスターヨーガ 本当に使える氣の正体」の

方に移行して参ります。「移行」しますと同時にアメブロの

アカウントの方は削除いたしますので、読書の皆様におかれ

ましては、「新サイト」への移行、ブックマーク又はホーム

画面への追加をよろしくお願いいたします。



★新ブログサイトはこちら→ https://master-yoga.net



今日は「東京三連戦」の最後、高円寺教室での

「個人セッション」を多数こなして、夜遅に京都に

戻ります。今回の東京はスケジュールタイトで全然

遊ぶ時間も無し、かなりの疲労が溜まっていますが、

そこは「練った陽の気」で何とかなるんですよね、

これがまた。さて本日のお話しは《「当てになる人」

は頼れる人、皆に慕われ担がれる人》です。



つまり「当てにされる人」「頼りにされる人」とは

全て「日頃の努力の賜物」だという事になります。

「当てにされる」「頼りにされる」を維持するには

その物事は多岐に渡りますし、全てが「一長一短」

では済まないからてす。それでも、頼んでくれた相

手さんから「あなたがいてくて助かった」「あなた

のおかげです」「頼りになります」なんて言っても

らえれば、やはり「嬉しい」訳で、それが「やり甲

斐」となり「モチベーション」となって、その人の

努力を支えているのですよ。その点において、逆に

言えば「当てにならない人」とは、人前に出たり

「リーダー」や「経営者」にはならない、なれない

人ですから、平気で約束を「自分の都合」でやむを

得ないと撤回するのですが、それで「相手がどう困

るのか?」が「予想できない人」なのです。という

事ですから、人としてまだまだ「幼く弱い」訳です、

「レベル」がかなり「違う」と言えます。


《最後に「当てにされる」「頼りにされる」人でい
る事を維持するには、その物事は多岐に渡ります。》

こう言いましたが、「頼りにされる」事とは「嬉し

いこと」です。期待に応える事ですし人の役に立つ

事でもあります。つまりは、その人に「承認欲求」

と「自己実現欲求」が「どれだけ旺盛か?」の資質

が「それを作る」と言えます。

《だから「当てになる人、頼りになる人」は自分の
「専門分野」に長けるだけではなく、関連する学際
研究、教養から文化まで幅広く学び、それに勤しむ
事により「当てになる、頼れる」を持続可能にする
のだと言えます。》


誰もが他の人達に「頼られる」「当てにされる」と

「精一杯、その気持ちに応えよう!」とします。

その「誠意」こそが「自己実現欲求」ですし、人の

「喜び」の中では「最上級」なものなのです。です

から全ては「一朝一夕」で見に着くものではありま

せん。「当てになる」「頼りになる」とは「安定感」

であり「安心感」、我が事とすることは「親身」に

なる事、それは「思いやり」としても「気遣い」と

しても「最上級」なものなのです。「安定」と「安

心」こそ「最も強い力」だと言えます。

そんな「あなた」だから、沢山の人達に「慕われ、

担がれる」のです。それは、とても「尊いこと」

だと思われます。

「あなた」は、皆さんの「理想」なのですよ。



《さあ「チャクラ」のスイッチを入れましょう!!
「氣塾」では「2番チャクラ=丹田」から順に各チャク
ラを「稼働」させ「覚醒」させる事が「遠隔、対面」
どちらの方法でも「最短時間で可能」になっています。
また「遠隔レッスン」により各種「呼吸法」も「マス
ター」して頂けます。》



では、ここからは「本文」に移ってくださいね!!


《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強く
したい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の
詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取
り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に
「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力
強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事
です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人
施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも同じ様
に可能ですのでお気軽にお問い合わせ下さいませ。》
(「氣塾、気脈の詰まり取り施術、対面個人¥12000、
遠隔初回¥10000、2回目以降¥5000)

★続きはこちらをクリック→https://master-yoga.net