初めて作ったクリスマスのスワッグ。

クリスマスが終わっても思い入れが・・・・。

飾りを入れ替えて、お正月用にと思い立ち、昨日さっそく取り掛かりました。

デパートには、たくさんの飾りが置いてあるのだけれど、私のお目当ては「羽」

 

そう!羽根つきの羽!

もち花や水引きもお正月らしくていいな・・・と買い求め、1時間ほどかかって、作り直しました。

 

作り直している間中、もみの木のいい香り・・・・

ユーカリの香りもあって、お部屋が浄化されるような感じがしました。

洋の東西を問わず、香りは魔から身を護る手段として人々の生活に根付いてきたものだったということを感じることのできた時間でした。

 

色も香りも人の五感を刺激して、本来持っている自分自身の可能性に気づかせてくれる効果があります。

家屋を木で作ってきた日本人にとって、木の香りというのは、生活に密着した香りであり、自然を愛でる、敬うといった感覚は今を生きる私たちにも、つながっているものです。

 

長い歴史の中で、私たち日本人が当たり前に受け入れてきた感覚を、今、世界の人々が取り込もうとしています。

今年4月に視察してきたミラノサローネでも、多くの作家がジャパニーズスタイルを、取り入れた作品を出していました。

ある意味、色も香りも世界の先端といえるのかもしれません。

 

2018年、カラースクールT.A.Aでは、オリジナルブランド「彩り香」にチカラを入れていきたいと思っています。

彩り香(いろどりこう)は、和の色と和の香り(お香)を、学んで創って楽しめる、欲張りな講座です。改めてご案内させていただきますので、ぜひ、ご参加ください。

 

カラースクールT.A.A

藤田たかえでした

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンクに惹かれる時があります。

甘えたい、けど、小さい子じゃあるまいし・・・・

 

弱気な自分を叱咤激励することはよくあるけれど

たまには、どっぷり甘える自分を許すことも必要・・・

 

そんな時に出会うと、なんだかとってもやさしくて

自分のためにそこに居てくれたような気持になってしまいます。

 

ピンクの靴

一目ぼれで買ったけど、かかとが大きくて履けない・・・・

残念!!

 

 

ピンクの色彩心理の中には、女性的、愛したい、愛されたい、といったものがあります。

色相環から見た時の、男性的、犠牲心、見返りを求めぬ愛というのとは、まるで対極にあるようなキーワードが並びます。

色の意味は星の数ほどありますが、その時の自分に響くのは、そう多くはありません。

 

どうしても、欲しい!!と思ったあの時の私は、なんとなく人恋しくて、店員さんとの話が弾んで「なんか、この人よくわかってるーーー!」なんて心を許して、そして「買う」という行動に結びついたような・・・・。

 

店員さんの言葉に、ピンクのキーワードが散りばめられていました。

「この靴を選ばれる方は、心底やさしい方が多いように思います。

人のことばかりやってあげてるけど、たまには自分へのご褒美も必要ですよね。」

 

なんだか、その時の気持ちにピタっときてしまったのでした。

販売を生業にする方は、「色の学び」って必要ですね!

 

 

カラースクールT.A.A

藤田たかえでした

冬仕度か

テーマ:

一年で最も過ごしやすいと答える人が多いのは、秋なんだそうです。

たしかに………

読書の秋

食欲の秋

運動の秋

観光の秋

芸術の秋

ファッションの秋

 

それぞれ楽しめそうです。

そんな中、先週は、紅葉巡りしてきました。

観光客でごった返す京都を抜けて、滋賀東近江市へ。

 

ここは百済寺(ひゃくさいじ)

「くだらでら」と読んでいたのも、あながち間違いでは無いような……

だって、創建は聖徳太子の請願によるものだっていうから、飛鳥時代ですよね。

五木寛之さんの百寺巡礼で、紹介されてすぐに訪れたことのある夫と共に、階段をえっちらホッチラ。

そういえば、この夏観に行った「関ヶ原」もここでのロケがあったらしいよ。

ここ岡田准一クンが座ってたよね?

 

 

比叡山焼き討ちの時に、ここも信長によって焼け野原にされたんだって。

ここから持ち出した石垣で安土城を創ったそうな。

最後の山城 百済寺

最初の平城 安土城

そんな歴史の転換期を見ながら、いつもと変わらず春に花をつけ、秋には紅葉して季節を繰り返してきたんですね。

 

せっかくここまで来たので、近くの永源寺にも立ち寄ることに。

永源寺はこんにゃくが有名。

沿道のお店には、その場で食べられるように、おでん風に温めて売ってました。

くるみ味噌をつけて食べます。

珍しいので赤こんにゃくを選びました。

 

一日中、いいお天気でしたが、流石に夕方になると冷えて来ます。

いい季節は、駆け足のごとく冬に向かっています。

 

 

※ 紅葉の赤を綺麗に見せるには「みどり」の存在が大きいと改めて感じた1日でした。

世界で最も紅葉が美しい国