子育ては9つの才能タイプ ~ 多様性心理学 ~
  • 27Dec
    • 2021、12月 マネジメント研修 質問への回答の画像

      2021、12月 マネジメント研修 質問への回答

      こんにちは、らくだです。12月実施のマネジメント研修にご参加いただきました先生方長時間の研修、大変おつかれさまでした。研修内でいただいたご質問についてこちらの方で回答をしていきますので、ぜひご参照ください。( 質問 )①リフレームを行っていく中で家族など、自分に近い人になればなるほど感情のコントロールが難しいと感じます。おっしゃる通り、何度も実践し訓練が必要だと思いますがなにかコツがあれば教えてください。②リフレームの実践のお話でポジティブに捉えようとしないの例でお話があったお母さんの愚痴のエピソードでお母さんの怒りをフラットにするためには受容?どういった返事をしたらいいのか教えてください。③ダブルバインドをGoogleで調べたのですがマイナスなイメージだったりやめたほうがいいという言葉が多かったです。ポジティブな使い方をする意味で必要だと思いますが、どうすればそうできるのでしょうか。また注意点についても詳しく聞きたいです。④先生は心理学の分野が得意と聞きましたが、資格等はお持ちなのですか?現場にいる上で、必要(持っているとプラスになる)でしょうか?またおススメの書籍があれば教えてください。⑤先生が師匠から教えられた書籍について教えてください。それではいきましょう。( 回 答 )①リフレームを行っていく中で家族など、自分に近い人になればなるほど感情のコントロールが難しいと感じます。おっしゃる通り、何度も実践し訓練が必要だと思いますがなにかコツがあれば教えてください。  ↓そうなんです。家族がもっとも難しい。逆に家族に対して有効な思考ができれば、大抵の人はなんてことなくなります。そういう意味では実践において家族はラスボスだと思ってもっと簡単なところから訓練してください。利害関係のない赤の他人からが一番楽ですしおススメです。で家族についての理解ですが、これから自己探求されれば気づいていただけると思いますので今理解できなくても構いませんが、家族は、繋がりの深い赤の他人であり、そもそも気質はあなたと異なります。つまり、人格の根本が自分と全く異なる繋がりが深い別の人種世の中にある家族の形つながりの深い家族の形というのは思い込みです。世の中は家族であればこそ分かり合える家族はお互いに助け合い同じ思いを理解しあえる存在と思っていますが、あくまで理想であって真実ではありません。家族である存在こそ心理学的にいえば根本的に自分と違うんです。違うという前提に立ちながら、その違いがなんなのか振り返ってみてその違いを認めていきましょう。違いを認めるのは違うということをしっかり理解しある種諦める感じ。そのうえで、自分を大切にしながら歩み寄れる距離を少しずつ広げていく。これでいいです。②リフレームの実践のお話でポジティブに捉えようとしないの例でお話があったお母さんの愚痴のエピソードでお母さんの怒りをフラットにするためには受容?どういった返事をしたらいいのか教えてください。  ↓まず、相手の感情をコントロールしようと考えないほうがいいです。相手は相手の都合で怒っているこの理解の前提で、自分ができるだけ自然体で笑顔で在ることその状態でなければどんなコミュニケーションもぎこちなくなって自分の気を遣っている意識は相手にバレバレになります。自分が明るく在ることで結果相手も影響を受けて明るくなることができる。そこを目指して、丁寧に明るく受け止めていく。だけでもいいです。そして、相手に余裕がるならこちらが捉え方を提供するのではなく、「旦那さんと健康的に向きうなら」という前提をコントロールしながらどんな捉え方ができるかを一緒に考える。そんなところでしょう。自分と会話をしている時間で、会話が始まる前よりも終わった後が少しでもスッキリできて明るく帰っていけるよう、自分の在り方に注意しながら丁寧に同調していく。です。③ダブルバインドをGoogleで調べたのですがマイナスなイメージだったりやめたほうがいいという言葉が多かったです。ポジティブな使い方をする意味で必要だと思いますが、どうすればそうできるのでしょうか。また注意点についても詳しく聞きたいです。 ↓以前の投稿でも回答しておりますが、世にあるダブルバインドは大概が、自分の利益のために相手をコントロールするという目的で使われており、営業などで、約束や購入をしてもらおうとしたり恋愛などで約束と判断をとりつけるなどで使われています。解説したとおり、相手の想いを無視して自分の欲のためにテクニックを使うと誰だって嫌ですし、心を閉じたくなる。でもこれはダブルバインドがいけないのではなく使う目的がいけなかったりそもそも相手の想いを無視してるからです。今回、研修で使ったのは絶対に相手の意図や想いを受容するステップを入れましょうということとこちらがやってほしいことと相手がやるべきことの範疇で、相手が自分で納得して選択できるように寄り添うための話術として紹介しています。ざっくりいうなら前提をこちらでコントロール(設定)しながら、手段は相手にゆだねる。あくまでも相手が納得して発言できる【 発問 】であることをぜひ復習してくださいね。④先生は心理学の分野が得意と聞きましたが、資格等はお持ちなのですか?現場にいる上で、必要(持っているとプラスになる)でしょうか?またおススメの書籍があれば教えてください。 ↓民間の資格(海外も含め)はいくつかもっていますが、公認心理士(日本の国家資格)はもっていません。学びに意欲のある方がよく陥るワナですが、重要なのは資格をとることではなく、実践できること。そういう意味では究極資格なんていりません。資格があっても実践できなければ意味がありませんし、資格をもったから実践できるわけではないからです。学びの過程の多く(講習・書籍)は知識を教えますが、どう実践すればいいかまではあまり教えてくれないので、現場の実践者としてどう実践すればいいかという問題意識をもちながら学びを向き合ってください。そして資格とは雇用のための条件で顔パスするためのものくらいに思ってください。心理・資格といっても非常に広いので、なんのために学び、なんのために実践をするかそこを定めていただくことが何より重要だと理解をしましょう。であれば、ブックオフで100円で買った書籍から有効な実践を体得することも全然可能です。おススメの本は、保育で言えば、新 乳幼児発達心理学―もっと子どもがわかる好きになる | 久美子, 向田, 正子, 石井, 進, 繁多 |本 | 通販 | AmazonAmazonで久美子, 向田, 正子, 石井, 進, 繁多の新 乳幼児発達心理学―もっと子どもがわかる好きになる。アマゾンならポイント還元本が多数。久美子, 向田, 正子, 石井, 進, 繁多作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また新 乳幼児発達心理学―もっと子どもがわかる好きになるもアマゾン配送商品なら通常配送無料。www.amazon.co.jpこんなところからいかがでしょうか。⑤先生が師匠から教えられた書籍について教えてください。   ↓引き寄せの法則というお話でお伝えしたのは、Amazon.co.jp: ザ・シークレット (角川書店単行本) eBook : ロンダ・バーン, 山川 紘矢, 山川 亜希子, 佐野 美代子: 本Amazon.co.jp: ザ・シークレット (角川書店単行本) eBook : ロンダ・バーン, 山川 紘矢, 山川 亜希子, 佐野 美代子: 本www.amazon.co.jpになります。この書籍はドキュメンタリー映画にもなっていて、Youtubeにもあります、もしよろしければ、こちらもぜひ。今回は、これで以上になります。どうぞ、先生方の今後がより楽しく充実した実践の日々になることを心より応援しております。 

  • 17Dec
    • 2021,11月 マネジメント研修 質問への回答(4/4)の画像

      2021,11月 マネジメント研修 質問への回答(4/4)

      こんにちは、らくだです。連日失礼します。長い時間をいただきありがとうございました。今回は11月分の最終回になります。先生方の参考になれば幸いです。では、いきましょう。( 質問 )①グループワークをした際、全く違う方向の意見が出てしまった際のかわし方(否定はしたくない)を教えてほしいです。②周りを気にするあまり、膨大な職員の意見や悩みの追われ、優先順位や目的を整理ができず、相談者もかかえてしまい自分のメンタルが終わってしまいました。目指す自分の在り方とメンタルの両立ができる人間にはどうなればなれるのでしょうか。③60すぎのパートで何の仕事をしても文句ばかりで自分も周りも気がめいってしまいます。仕事も頼みづらくかかわらないようになってきています。うまくやっていく方法はあるのでしょうか。④個別で園長と話したり、褒められても、怒られても感情はわからないのですが、涙が出ることがあります。わからない感情でもコントロールできますか?コントロールの仕方を教えてください。それではいきましょう!( 回答 )①グループワークをした際、全く違う方向の意見が出てしまった際のかわし方(否定はしたくない)を教えてほしいです。  ↓意見とは1つの手段や選択肢その手段や選択肢には必ず目的あります。その目的を理解しようとしましょう。そうするとその目的自体は決して自分も否定するものではないことがほとんどで、それは、自分もわかる!ってなるはずです。目的の「 優先順位 」が違うだけで。その目的と優先順位を整理していくとかわすというより理解できるはずです。そのうえで、何を最優先順位の目的としていくかそこは定めたうえで、手段や選択肢を求めていってみてください。前提をこちらが統制するイメージです。②周りを気にするあまり、膨大な職員の意見や悩みの追われ、優先順位や目的を整理ができず、相談者もかかえてしまい自分のメンタルが終わってしまいました。目指す自分の在り方とメンタルの両立ができる人間にはどうなればなれるのでしょうか。  ↓恐らく自分の在り方とメンタルが両立してないと感じるのは、あり方として「 自分 」を大切にする姿勢と「 他人 」を大切にする姿勢のうち「自分」を大切にすることを怠ったということかもしれません。なので、自分はどうしたいかそれをもっと素直に正直に向き合ってください。もっと図太く自己中になることも大事にするといいです。で、それを外に出すといいでしょう。( あなたの場合は )「他人」を大切にする姿勢とは周りにどう思われるとかこう言ったら嫌われるとかそういう不安や恐怖も含みます。図太く、正直になっても実はそんなに支障はないので、自分に素直に正直に自分の自然体をめざしましょう。③60すぎのパートで何の仕事をしても文句ばかりで自分も周りも気がめいってしまいます。仕事も頼みづらくかかわらないようになってきています。うまくやっていく方法はあるのでしょうか。 ↓他の質問でもよくあったのですが、批判や攻撃、文句や不満で業務に支障がでるのであれば、就業規則にもリンクするルール化が必須です。そしてだからといって頼まないというのは、どうぞ、好き勝手してくださいというようなもの。めんどくさいし嫌なのはわかりますが、そこはフェアにお願いは続けましょう。でその人への感謝を伝えながらどんどんお願いしましょう。できるなら、自分からの感謝以外に第三者からの感謝の声も届けてください。嫌だからとやめていくのは負の連鎖しか生みません。しんどいとは思いますが、やらなければいけない空気感( ルールと他者の意識 )と感謝の声これをぜひチャレンジしてみてください。なかなかの難しい課題ですが、これは最高レベルで難しい課題なので、これがクリアできたら人間関係で怖いものなくなります。④個別で園長と話したり、褒められても、怒られても感情はわからないのですが、涙が出ることがあります。わからない感情でもコントロールできますか?コントロールの仕方を教えてください。 ↓感情がわからないというのはまあまあ、あります。そこで、「 筆記開示 」という心理スキルがあります。自分の思考や自分の感情をひたすらノンストップでノートに書きだすという方法です。1回2回や5分、10分ではなく、何十回(ノート何冊分)も何十分もつかってひたすら自分の内側をノートに文字にしてみてください。すると、書かれた文字から自分を客観視できます。自分のことを冷静に見つめることもできます。そして、客観的にわかった自分を素直に「 そうなのね 」と認めてあげましょう。筆記開示ネットで調べてもでてくるので、ぜひチャレンジしてみてください。自分の人生にとっても貴重な体験になるはずです。質問は今回で以上です。長い間学びの時間、大変おつかれさまでした。先生方の今後を心より応援しております。

  • 16Dec
    • 2021,11月 マネジメント研修 質問への回答(3/4)の画像

      2021,11月 マネジメント研修 質問への回答(3/4)

      こんにちは、らくだです。質問への回答3回目です。それでは早速いきましょう。( 質問 )①後輩で上司の言葉に落ち込む人がいます。前向きに頑張るようにできるようにするにはどうすればいいでしょうか。 その後輩は一人でかかえこみ、泣いてしまう人で、声をかけるのも迷惑かなとも思ってしまいます。②発問で想定の回答へ導けなかった場合の終わり方が知りたいです。③このマネジメント研修を受けているときにダンナもうなずきながら勉強になると見入っていました。この動画の一般公開はありますか?④自己肯定感の高め方を教えてください。それでは、いきましょう。( 回答 )①後輩で上司の言葉に落ち込む人がいます。前向きに頑張るようにできるようにするにはどうすればいいでしょうか。 その後輩は一人でかかえこみ、泣いてしまう人で、声をかけるのも迷惑かなとも思ってしまいます。 ↓まず自分が救おうと思わなくてもいいです。自分が救いたいイコール救わ「 ないといけない 」と余計に力んでしまうからです。ただ、自分のペースで手を差し伸べて(声をかけながら)おいて、その手をとるかは本人に任せます。「あなたの頑張りは知っている、 一緒に考えることはできる 」そんな感じです。決して冷たくするわけではなく、どうしても本人の意識の持ちようや本人のメンタルの健康度、そもそもの情熱で難しいこともあります。ですので、そのプロセス自体が本人の成長のためと割り切って自分の楽な形でできる見守り、寄り添いをしましょう。少なくとも、自分が明るく、仕事を楽しむ背中を見せることが一番他人を救いますので。②発問で想定の回答へ導けなかった場合の終わり方が知りたいです。 ↓指導場面であれば、本人ができるとおもう選択肢を見つけるまで。会議であれば、時間で切り、それまで出た選択肢を一つ採用していく形で終わらせていきます。とはいえ、時間を優先させながら、選択肢が見出されるまで頻繁に対話を重ねるイメージを持っていただければと思います。③このマネジメント研修を受けているときにダンナもうなずきながら勉強になると見入っていました。この動画の一般公開はありますか? ↓嬉しいお声ありがとうございます。本オンライン講座の動画配信の一般公開はありません。というのも、私だけでなく主催の団体や会社もあることですので。ただ、個人としてこういったブログや講座でお伝えしてまいりますので機会があれば遊びにいらしてください。④自己肯定感の高め方を教えてください。 ↓ここでは2つご紹介します。1つめ自己肯定感が高いの言葉を真似るです。自分の内面に関することは、自分の気持ちが追いついて行動を変えていくのは実は非常に非効率で難しい。でも逆に、心が追い付いてなくても言葉(行動)を変えていくことでメンタル(気持ち)があとから追いついて変わってくることも可能です。心と体はつながっているのでそのしくみを逆手にとって、ぜひ、行動。言語面から強制的に真似てみましょう。そして2つめ、自己肯定感が高い状態とは、「 自分を守らない状態 」でもあります。ですので、これまた言葉から取り組むもので、なんでも肯定していく言葉を出していきましょう。自分の認められない部分や嫌いなところも「そうなんだよねーー今はww」「いや、ホントそうなんすよー今は!」って思ってなくても言葉で肯定していく。自分を守ることをやめると一気に無敵になります。言葉から肯定をつかっていくと嫌でも自分を肯定していく作業になりますので。自分を守って怒ったり、反発したり批判したり主張したりせずに、「 そうなんすよーー(今は) 」で流しましょう。お笑い芸人のぺこぱの芸風は、画期的な肯定スキルです。今回は以上です!

  • 14Dec
    • 2021,11月 マネジメント研修 質問への回答(2/4)の画像

      2021,11月 マネジメント研修 質問への回答(2/4)

      こんにちは、らくだです。では、2回目の質問への回答です。早速いきましょう。( 質問 )①人間関係や視点が広がるような、本や絵本、マンガなど、おすすめを教えてください。 ②今の園で困っていることがあります、ある職員が園長に反発する形で他の職員を巻き込み雰囲気が悪くなっています。園長は決して間違ったことをいってないのですがその職員は以前の系列園でも問題を起こしており、常務からはいつでも切っていいといわれています。人間関係の技術があるならぜひ教えてほしいです。 ③ルールのなかで、生み出すための批判とあったのですが、具体的にどんなことですか? ④きつい言い方をされるのがどうも苦手で、どうしても押されてしまいます。私自身が信頼される人間になる必要がまずあるのでしょうが、主張の強い先生の意見を受け入れながら大事なことを共有する方法を教えてほしいです。 それでは、いきましょう。( 回答 )①人間関係や視点が広がるような、本や絵本、マンガなど、おすすめを教えてください。  ↓個人的には、マンガだと、ワンピース、ナルト、宇宙兄弟絵本だとせいぎのみかたどらフラ星人、本だと嫌われる勇気、光と影の法則こんな感じです。まず前提としてどんな本でも、マンガでも自分が心動かされるものであれば、それは自分にとってヒントがあると思ってください。その判断基準があるといろんなものが突然学びのメッセージをくれたりするので。    ②今の園で困っていることがあります、ある職員が園長に反発する形で他の職員を巻き込み雰囲気が悪くなっています。園長は決して間違ったことをいってないのですがその職員は以前の系列園でも問題を起こしており、常務からはいつでも切っていいといわれています。人間関係の技術があるならぜひ教えてほしいです。 ↓人間関係の技術の前に、ルールに基づいた統制が望ましいかもしれません。誹謗中傷批判・攻撃に対するルール化それに抵触するなら、呼びだして話をすることになりますが、ルールに抵触している事実を踏まえ、確認し、根拠(ルール)をもとに指導しないと感情的な業務の支障は難しいです。ルールがあったうえでここからが技術ですが本人の望むことをきき、リスペクをもちつつ、行動の選択肢や具体的な行動をともに検討していきますが、何ができるかは本人に発言させてください。(尋問ではなく発問で!)こっちがあれしろこれしろではなく、この状況において、あなたは何ができるかそこを本人が発言しているのに再度ルールに抵触しているならこれは明確な個人の過失になります。まずルールの明確化そして共有が重要かもしれません。③ルールのなかで、生み出すための批判とあったのですが、具体的にどんなことですか? ↓グランドルールや会議のルールのなかにある「生み出すための批判」についてですが簡単に言うと批判をするなら、代案や提案をそえて発言しようというものです。誰でも評論家のように批判はできますが、何ができるかは言いません。攻撃が目的だればなおさら。でも現場で重要なのは何ができるかという選択肢なので、その選択肢を導きだすわけですが、1つの選択肢で完璧なものもありません。だからこそ、選択肢の盲点や穴を指摘し合いながら、こうしたらどうかという更新案や代案を出しましょう。そんな意味だと理解してください。④きつい言い方をされるのがどうも苦手で、どうしても押されてしまいます。私自身が信頼される人間になる必要がまずあるのでしょうが、主張の強い先生の意見を受け入れながら大事なことを共有する方法を教えてほしいです。 ↓大事なことを共有するという点ではルール化がもっとも手っ取り早いです。どんな圧のある主張や感情的な意見でもルールという根拠にお伝えができますし、自分のせいにならないので。そしてメンタルのところで言えば、実は主張におされるかどうかは信頼とあまり関係ありません。重要なのは自分の在り方のみ   自分は他人の目を気にしないとしたらどんな人間でありたいかそこを定めて、少しずつチャレンジしてみてください。人に好かれる必要もまったくなく、自分ができる誠実さを体現していけば、勝手に人がついてきてくれるので。そういう意味では答えは保育者と子どもの関係にある【 保育 】にもあるかもしれません。ぜひ、楽しみながら、検討してみてください。今回は以上です!

  • 13Dec
    • 2021,11月 マネジメント研修 質問への回答(1/4)の画像

      2021,11月 マネジメント研修 質問への回答(1/4)

      こんにちは、らくだです。大変遅くなりましたが、11月にマネジメント研修にご参加いただいた先生方、長時間大変おつかれさまでした。そして、長時間にわたりありがとうございました。今回も頂いたご質問を11月分、4回にわたりあげてまいります。どうぞ、ご覧ください。( 質問 )①理念・ビジョン・目標設定のなかで、目標を行動に移す自分への質問をするとき、大切にしていること、コツがあれば教えてください。②ファイル取りに行く・洋服を洗うのワークで、どちらか一つを選択してもらっていましたが、どちらもお願いしたいときはどうしますか?③4歳4か月の男の子、8月に入園して4か月たった今でも園の食事を食べたことがなく、衣類の着脱や排せつの全てを行えません。友達との関わりも初めはありましたが、今ではなくなってしまいました。障害があるわけではなさそうで、前の園でも、家でもすべて一人で行えていたとのことでクレームを頂く日々です。毎日12:30降園しております。保護者の期待が強すぎると感じますが、本児に何か影響があるでしょうか? ④物事のとらえ方や他者視点を意識することで、他者の考えを受容していくと、自分の軸がぶれてしまう不安があります。心理的な抵抗やブレナイじくを作るコツを教えていただきたいです。⑤年齢、経験が自分より上の人に対して、指導する伝え方が知りたいです。⑥素人でも理解しやすい心理の本はありますか?  それでは、いきましょう。( 回答 )①理念・ビジョン・目標設定のなかで、目標を行動に移す自分への質問をするとき、大切にしていること、コツがあれば教えてください。  ↓判断の基準として理屈どうこうではなく、自分の感情が楽しめているかこの楽しくなる(ワクワク)する感覚を大切にしてください。もし、楽しめていないのであればそもそも自分がやろうとしていることは自分に合っているかここも今一度改めて保留してもいいもしれません。感情・感覚が伴うかこれが物事を加速させるコツだったりします。②ファイル取りに行く・洋服を洗うのワークで、どちらか一つを選択してもらっていましたが、どちらもお願いしたいときはどうしますか? ↓決して一つではなく、まず、どちらからできますか?とお願いしたのですが、そのうえで、例えば、【この時間までに】やるとしたら?どちらからできますか?のように、どちらもやってもらうのだけど、制限・条件内に、まず何からやるかという前提の設定(コントロール)をより詳細に設定してもいいです。③4歳4か月の男の子、8月に入園して4か月たった今でも園の食事を食べたことがなく、衣類の着脱や排せつの全てを行えません。友達との関わりも初めはありましたが、今ではなくなってしまいました。障害があるわけではなさそうで、前の園でも、家でもすべて一人で行えていたとのことでクレームを頂く日々です。毎日12:30降園しております。保護者の期待が強すぎると感じますが、本児に何か影響があるでしょうか?  ↓質問だと、影響があるかということですが、仮にあったとしても検討すべきところは園でできることこちらを考えたほうがよいでしょう。お子さんの様子を文面から見ると、間違いなく不安・混乱が見られ、大人との信頼がまだ形成されていないので、まずは保育者との信頼形成からぜひ引き続き実践をしていただければと思います。園での方針もあるかもしれませんが、信頼形成の技術も研修内でも、お伝えしたかと思いますので(しましたっけ?)というか、ここでも追ってあげていきます。④物事のとらえ方や他者視点を意識することで、他者の考えを受容していくと、自分の軸がぶれてしまう不安があります。心理的な抵抗やブレナイじくを作るコツを教えていただきたいです。 ↓ブレるのが怖い感覚は気持ちとしてわかります。でたぶんそれ目的が定まっていないんです。物事の概念や自分自身の信念色々な側面での目的さえ定まれば、信じられる軸があるので、他人にどうこう必要以上に揺さぶられることはなくなります。ですので、色々な物ごとに対して「 目的 」をもってみるここにぜひよりチャレンジをお願いします。例えば、なんのために・仕事をするのか・保育をするのか・人間関係をするのか・学校に通うのか・生きるのか誰かの意見に盲目的に従うのではなく思いっきり疑いながら、自分なりの腑に落ちる目的を定めていきましょう。そのうえで、自分の意見が更新されるという意味で、相手を受容することは全然あります。意見が変わることは決して悪いことではないので目的がないために、迷子になってしまうという事実の理解をまずしていくことも大事になります。重要なのは目的。⑤年齢、経験が自分より上の人に対して、指導する伝え方が知りたいです。 ↓技術面でいえば、ダブルバインドを使いながらも相手に発問するというより相談していきます。方向性の前提はこちらがコントロールしながら「 こうしなきゃいけないんですが、 先生だったらどんなことできそうですか」みたいな。ただし、絶対に相手へのリスペクトがあったうえでなので日頃の感謝している人格の部分考えの部分行動の部分これらをしっかり言葉にして丁寧に伝えたうえでです。このリスペクトがないと相談されても応える気にならないので。他にも勤務態度や言い方・行動でいえば、ルールにのっとって伝えて何ができるかを一緒に確認していくといいでしょう。この場合は、相談というより応援するための検討で一緒に選択肢を探すスタンスがおススメです。⑥素人でも理解しやすい心理の本はありますか? ↓心理といっても非常に幅広いので、・子ども、・大人・障害・行動の側面・ビジネス・犯罪などどんなものかによります。ですので、ブックオフで100円コーナーから何か探してみるのがおススメです。一応、その分野の本は5冊読めば、たいがいは網羅できるといわれてますので。自分の興味関心からぜひ始めてみてください。今回の回答は以上です。

  • 12Nov
    • 2021,10月 マネジメント研修 質問への回答(4/4)の画像

      2021,10月 マネジメント研修 質問への回答(4/4)

      こんにちは、らくだです。ここまで、おつかれさまでした。では、10月ご参加(最終11月の方も)いただいた先生方の質問への回答4回目。質問はこちらになります。( 質問 )①自己理解、自己肯定感、自己受容の違いについて教えてください。 ②自分は細かいことが苦手で、準備がある程度できれば、当日なんとかするから前準備が適当だと思われています。細かく気づく方からは、これでいいの?もっとこうじゃないといけないんじゃない?と言われると逆に混乱しできません。もっとこうしなきゃだめと求められ、とてもつらく感じ、リーダーとして大丈夫かという状況になります。つらくなります。③保育のなかで自分の気持ちや主張を表にだせない子がいると思うのですが、自分からできるようにどこまで待ってあげるか、どこまでサポートをしてあげるかが悩みどころです。先生だっらどのように対応するか知りたいです。 ④年少で大人をなめている子がいます、やってはいけないことをわざとやったり(椅子を引きずって運ぶ、食事中なんども横を向く)などしてヘラヘラしています一日何度も見かける場合はきつくしかることもあり、その都度、反省している様子で張るけど、すぐ通常に戻ります。大人に対して発問するように、子どもに対してはこのやり方は使えないですよね?どんな方法が有効ですか?教えてほしいです! それではいってみましょう。( 回答 )①自己理解、自己肯定感、自己受容の違いについて教えてください。  ↓正直、僕も疑問に思ったので調べてみたのですが、自己理解とは、自分を知ること(近く)自己肯定とは、できると思う(態度)自己受容とは、受け入れ(全肯定)みたいに書かれてましたなんですが、自己肯定はもともとポジティブであることじゃないです。自己肯定は 「 肯定 」なので、ポジティブな部分もネガティブな部分も、今の自分だと受け入れること調べたところでいう自己受容こそが自己肯定です、自己肯定は今現状の自分のすべてを事実として認めるという全肯定なので。では、自己受容とはなんなのか、あくまで、個人的な見解と経験ですが、自己理解=知ること(知覚)なので 「 そうだったのね 」 「 とりあえず、わかりました…」的な自己肯定=現状の全肯定(事実) なので 「 今はそうであるのが現実です 」 「 今の自分はこうで、   望む自分はこうなんだ 」 的な自己受容=許し( 許可 )なので 「 そうだったしてもいいじゃないか 」 「 それでも自分は自分だ 」 「 そうなるには、ワケがあったんだよね 」 「 さぁ、今後どうしよう 」自己肯定は自分の今の状態の事実を正確に理解していくのに対して、自己受容は自分の感情や意志・想いも受け止めて、許していく。そんな感じです。②自分は細かいことが苦手で、準備がある程度できれば、当日なんとかするから前準備が適当だと思われています。細かく気づく方からは、これでいいの?もっとこうじゃないといけないんじゃない?と言われると逆に混乱しできません。もっとこうしなきゃだめと求められ、とてもつらく感じ、リーダーとして大丈夫かという状況になります。つらくなります。 ↓このお話で周りの人が訴えているのはあなたがダメなのではなく、見通しやゆとりがないのがしんどいと言ってます。であれば、自分にできる改善は自分のペースでしていきながら見通しとゆとりを自分にも、周りにも提供していきましょう。リーダーとか関係なく当日になんとかするは、仕事としてリスクなので、やめたほうがいいです。自分以外の人と仕事をする大半の仕事においてはなおさらですので、まず自分の水準をあげましょう。それで混乱するのは当然で慣れてないから。なので、もっと素直になりましょう!業務が多すぎて当日にならざるを得ないなら、なにかを減らしてきましょう!③保育のなかで自分の気持ちや主張を表にだせない子がいると思うのですが、自分からできるようにどこまで待ってあげるか、どこまでサポートをしてあげるかが悩みどころです。先生だっらどのように対応するか知りたいです。 ↓そもそも信頼関係の形成ができているかが重要。表に出せないのは、信頼関係が弱い可能性が高いです。心許せているなら言ってもらえるので。何ができて、どこまでサポートする以前にその子に合わせて信頼形成に注力してください。4歳であっても5歳であってもあと残り園生活が数カ月でも信頼関係からやり直しです。安心が形成されて初めて学べます。信頼を形成するためには、「 相手に合わせる 」こと子どもの気持ち・想いそれをとにかく丁寧に受け止めて不快を快にしながら本人の選択を尊重し、共に取り組んでいってください。  ④年少で大人をなめている子がいます、やってはいけないことをわざとやったり(椅子を引きずって運ぶ、食事中なんども横を向く)などしてヘラヘラしています一日何度も見かける場合はきつくしかることもあり、その都度、反省している様子で張るけど、すぐ通常に戻ります。大人に対して発問するように、子どもに対してはこのやり方は使えないですよね?どんな方法が有効ですか?教えてほしいです!  ↓その子のためになにができるかという視点でご質問をいただいているのは重々承知ですが、あえて厳しいことをお伝えさせていただくと、子どもを見る視点が浅く、信頼が構築されてないので、この状態で、発問しても無理です。というか、なにやっても怪しい結果になります。恐らく、叱りすぎたり、怒りすぎて、それが効かなくなってるでしょう。同じ方法では間違いなく悪循環しか生まれません。まず、基本に立ち返ってもらえたらと思います。子どもの理解を正確にする意味でも、ぜひ、参照してください。■ Youtube 動画 ■|子育ては9つの才能タイプ ~ 多様性心理学 ~らくださんのブログテーマ、「■ Youtube 動画 ■」の記事一覧ページです。ameblo.jpそのうえで、叱ること、怒ることはやめて、感謝する言葉の頻度を圧倒的に上げてください。実践もさることながら、自分の見ているのその子どもの理解(視点)を変えなければ、まず実践は難しい。そういう意味でも基本に立ち返ってください。厳しいこと言ってすみません!これで、4回にわたる質問への回答は以上です。長時間にわたる研修、みなさん、本当におつかれさまでした! 

  • 11Nov
    • 2021,10月 マネジメント研修 質問への回答(3/4)の画像

      2021,10月 マネジメント研修 質問への回答(3/4)

      こんにちは、らくだです。今回は3回目。それでは早速。( 質問 )①リーダーの役割というお話でしたが、リーダーとしての威厳というものはどうなりますか?そもそも関係ないのでしょうか ②信頼は獲得しようと思って得られるのではないとおっしゃっていましたが、方法はあるとお話もあったので、それを知りたいです。③責任について、努めている園で保護者への報告と謝罪の形が変わり、これまではその場で見た保育士の責任で伝えていましたが、今は勤務で遅番が報告する形になりました。遅番で報告が続くと、自分がやったわけではないので保護者への信頼が不安になった時期がありました。仕方ないことかもしれませんが、どのように自分の気持ちを落ち着かせたらいいでしょうか?④過去の経験について、加配として自分が配置され、対象の子どものことをまだよくわかっておらず四苦八苦して関わっているとき、自分の心の不安定さも相まって、子どもを傷つけてないか、怖くなったときがありました。その時の担任は、最後まで話を聞いてくれて、「気が付かなくてごめんね」と言ってくれ、その子どもの担当を減らしてくれました。今思えば、私のなかでその言葉が印象に残っていています。本当は話さなければよかったのか、と思うこともあります。でもその先生との信頼があったから自分の気持ちを打ち明けられたと感じますが、先生なら、どういった言葉、行動をされるか、参考までにお聞きしたいです。⑤先生の園では毎年、どのような形で担任を決めていますか?⑥もともと心理学に興味が深いのですが、マネジメントと並行して学ぶことが望ましいでしょうか? また生まれ持った向き不向きがあると思いますが、いいモチベーションの保ち方の例があれば教えてくださいそれでは、回答してまいります。( 回答 )①リーダーの役割というお話でしたが、リーダーとしての威厳というものはどうなりますか?そもそも関係ないのでしょうか   ↓威厳をどうしたら持てるかどうしたら保てるかという質問だと理解して回答します。マネジメントの内容から言えば、良い意味での威厳はある種の影響力。つまり、リーダーシップが発揮される条件を持って自身が行動すれば、周りが勝手に認識するものです。そのためには『自分』というものが整っていないと発揮は難しい。うちから出てくる勝手な自信がベースにあるからです。ただ、正直なところ、威厳は別に意識しなくてもいいです。自分のできる行動を誠実に行い、周りへの信頼が得られると威厳というか、周りが勝手にリスペクトを持ってくれるようになるので。威厳を勘違いして圧をかけたりするとパワハラに近づきますし人は離れます。信頼で充分。でもそれは、自分ができることで最善を積み重ね、更新しながら周りが勝手に抱いてくれるようになるものです。②信頼は獲得しようと思って得られるのではないとおっしゃっていましたが、方法はあるとお話もあったので、それを知りたいです。 ↓先にもお伝えした通り、信頼とは自分の行動によって、周りが勝手に抱くもの。だから、当たり前ですけど、信頼してもらおうとお願いしても媚びても無駄なんです。とはいえ、相手に信頼されやすい人の特徴があります。それは何かというと、相手に合わせることができる人価値観や信念考え方感情こうしたところで自分という確たるものを持ちながらもそれを押し付けるのではなく、相手のことを理解しようと近づくことができる人です。簡単にいうと受容とか共感とか言われるやつ。相手の発言に対して、「そういう考え方もあるんですね」「なるほど」「ぜひ教えてください」と丸ごと受け止め理解をしようとする姿勢や相手の行動で一人になろうとする→ 見守る何か言いたそう→ 話を聞くなど相手の求めることを提供できる人ほど、相手は、自分に対して安心・安全な存在と認識して信頼を寄せようとします。簡単に言うとこんな感じです。③責任について、努めている園で保護者への報告と謝罪の形が変わり、これまではその場で見た保育士の責任で伝えていましたが、今は勤務で遅番が報告する形になりました。遅番で報告が続くと、自分がやったわけではないので保護者への信頼が不安になった時期がありました。仕方ないことかもしれませんが、どのように自分の気持ちを落ち着かせたらいいでしょうか? ↓確かに、リアルタイムで保護者の嫌な顔を見るのは自分ですし、何か言われるのも自分かもしれないので、嫌な役回り。でも実は、謝罪が嫌だ・・・信頼を失うのが怖い・・・という意識を抱えながら保護者と向き合うと自分を守りたい意識が言葉じりや、しぐさ・態度から相手に伝わるので関係性にリスクが生じます。なんで自分なんかが・・・と思っているとそれが相手に伝わり、自分に対する余計な不信感までまねく。でも、会ったことに対して誠実に伝え、謝罪をすると、実は信頼を失うどころか、むしろ信頼されます。しっかり説明し、相手の感情までケアできるなら、逆に信頼される。むしろチャンス。信頼を失う場というより、信頼を得る場としてぜひチャレンジをしてみてください。。④過去の経験について、加配として自分が配置され、対象の子どものことをまだよくわかっておらず四苦八苦して関わっているとき、自分の心の不安定さも相まって、子どもを傷つけてないか、怖くなったときがありました。その時の担任は、最後まで話を聞いてくれて、「気が付かなくてごめんね」と言ってくれ、その子どもの担当を減らしてくれました。今思えば、私のなかでその言葉が印象に残っていています。本当は話さなければよかったのか、と思うこともあります。でもその先生との信頼があったから自分の気持ちを打ち明けられたと感じますが、先生なら、どういった言葉、行動をされるか、参考までにお聞きしたいです。  ↓基本的に、その先生と同じです。本人の想い、気持ちなど丸ごと受け止める 話してくれたことへの感謝と、そして、一人じゃなく、一緒に進みたいことを伝える。そうしたことをより具体的に共にお話をさせていただきます。こんな方針でサポートをしていきます。   ⑤先生の園では毎年、どのような形で担任を決めていますか?  ↓特に決まった形はありませんが、まず、役職が上の職員と共に検討します。そして、現場の先生の意見を聞きながら最終的に私から伝えていきますが、   お伝えをするときには、「なぜか」ということを明確に加えながらお伝えしていきます。⑥もともと心理学に興味が深いのですが、マネジメントと並行して学ぶことが望ましいでしょうか? また生まれ持った向き不向きがあると思いますが、いいモチベーションの保ち方の例があれば教えてください  ↓全然、学ぶ必要はありません!マネジメントであれば、まずマネジメントの実践からで充分です!というか、まずマネジメントでお伝えした内容を一つずつできるところから実践を!そして、より人の心に寄り添ったサポートや人間関係の理解に関心があるなら心理学を学ぶことはプラスαになります。心理学は、マネジメントだけでなくすべての人間関係、コミュニケーションで活かせますので。はい、今回の質問については以上です。

  • 06Nov
    • 2021,10月 マネジメント研修 質問への回答 (2/4)の画像

      2021,10月 マネジメント研修 質問への回答 (2/4)

      こんにちは、らくだです。総合健康推進財団主催キャリアアップ研修マネジメントでの質問の回答2回目です。( 質問 )①リフレームについて、人に当たる人に対してどうしても、それで傷つけていい理由にならないだろという感情がでてきます、心がせまいのでしょうか、自分が我慢する理由がわからないという気持ちになります、これはすりこみですか? ②悩み相談のとき、相手が答えを求めることが多いのですが、傾聴のみでいいですか?私なら・・・と、案を出したり、指導したりしてしまいます。自分でやってみな!と背中を押しているつもりですが、相手は答え合わせをしたいことが多いです。③心を壊しかけている職員がいますが、仕事に来てるならきちんと仕事をしてほしい、甘えすぎているになってしまいす。周りの理解を得ることも難しいので、理解してもらうのが難しいなら休職するしか方法はないのでしょうか。④先生のお話にあったワンオペの保護者の方へのリフレームはどのような声掛けがベストだったのでしょうか? ⑤娘との折り合いが悪いのか反抗期なのか、うまいメンタルケアの仕方が知りたいです。リフレームでかえられるか自分の意見をきちんと言える子になってもらうためにはどうしたらいいのでしょうか。⑥アンガーマネジメントとリフレームの違いとうまく使い分ける方法について教えてください。それでは、いきましょう!( 回答 )①リフレームについて、人に当たる人に対してどうしても、それで傷つけていい理由にならないだろという感情がでてきます、心がせまいのでしょうか、自分が我慢する理由がわからないという気持ちになります、これはすりこみですか?   ↓全然、狭くないですw当然の反応です! どんな理由があれ、それが他人を攻撃していい理由になりませんし、正当化するなら、全然戦ってもOK許さなくてもOKです。我慢しなくてもいい、ただ、攻撃に攻撃で返すとやってることは同じだからリフレームでメンタルを整え、【 冷静に行動を選択する 】このためにリフレームをするので、やられることを我慢することじゃないですので。感情による泥仕合をしてもストレスしかたまりません。冷静に自分の選択肢を見いたすためにぜひ、リフレームを。刷り込みか?ということについては、すみません、ちょっと僕の方で質問の意図が理解できなかったのですが、言いたいことを言っていいというのは、恐らく刷り込みもあるかもしれません。自分がNOと思うものに、NOと言えることは自分の人生を生きる上で重要な防御力なので、ぜひ上手に活かしてください。②悩み相談のとき、相手が答えを求めることが多いのですが、傾聴のみでいいですか?私なら・・・と、案を出したり、指導したりしてしまいます。自分でやってみな!と背中を押しているつもりですが、相手は答え合わせをしたいことが多いです。  ↓傾聴のみでいいのかというお悩みは相手に真摯に向き合うと出てくる疑問で。結論から言うと、傾聴だけじゃダメです。でも、傾聴ができないとなにも始まらないので、そういう意味でもまず傾聴に徹しましょう。自分はできていると思っているほど、できてないと思ったほうがいいです。本当の技術としての傾聴は、非常に難しいですし、トレーニングしないとまずできません。そして、人は、言葉で答えを求めていても相手の一番求めているものは表面的な言葉の裏にあります。ちょっとわかりにくいですが、相手の言った言葉に、相手の本当の悩みはありません。だから、そうした表面的な言葉に対して答えを出しても意味がない。よかれと思って自分なりに・・・と言っても、もちろん相手にとってもしっくりこないので、意味がない。本当の意味で寄り添う力を身につけるならここは、勉強する必要があります。おのずと、自分だったら・・・ということが相手にとってあまり意味がないというのがわかるはずです。(もちろん悩みの程度による)では、傾聴の後、どうすればいいのか。一つの方針としてお伝えしますが、明るくなって帰ってもらう。ちょこっと笑顔になって帰ってもらう。傾聴でしっかり相手の求めるもの相手の感情を受け止めて、リフレームによってこんな可能性もあるよねっていういろいろな見方を模索する。それで「 (*´艸`) 」ってなってもらう。まずはここを目標にしましょう。相手は悩みを解消してくれる人ではなく受け止めてもらえて、元気をもらえる人を求めています。③心を壊しかけている職員がいますが、仕事に来てるならきちんと仕事をしてほしい、甘えすぎているになってしまいす。周りの理解を得ることも難しいので、理解してもらうのが難しいなら休職するしか方法はないのでしょうか。  ↓その人が悪いとかではなく、仕事ができない状況なら、お休みをするのがベターです。業務上の責任を果たせなくなるから。仕事は自分に合わせてもらうものではないので、合わせてもらう限度が大きいほど、役割を小さくするか、お休みしてもらうしかないでしょう。それでも、本人が頑張りたいというのであれば、相応の責任の範疇で任せていきます。もちろんサポートをしながら。それから、一度崩れるとなかなかすぐに元にはもどれないので少しずつ復帰を助けいってあげてください。これは本当にお互い様なので。とはいえ、仕事はその人のに合わせるものでは違うので、そこの線引きもしっかりと。④先生のお話にあったワンオペの保護者の方へのリフレームはどのような声掛けがベストだったのでしょうか?    ↓ ベストな声掛けはわかりません。実際それがベストないしベターかどうかは、相手の反応を見ないとわからないから。ただ、声をかける考え方としては、ママのイライラが強くパパに対するネガティブな意識が強かったので、とにかく、ママのストレスを思う存分吐いてもらって、そのあとで、得られたことはないか感謝できることはないかここに視点をフォーカスするという流れを意識します。意識がネガティブに向いていると自分で脱却できないので、事実として見落としている感謝へと意識を向いてもらうようにサポートします。ただし自然な流れで。かつ無理のないように。できれば、自分から感謝を伝えてみるということを提案していきます。先に与えると絶対いいことあるからw⑤娘との折り合いが悪いのか反抗期なのか、うまいメンタルケアの仕方が知りたいです。リフレームでかえられるか自分の意見をきちんと言える子になってもらうためにはどうしたらいいのでしょうか。   ↓親子関係は実はちょっと特殊。頂いた質問の内容、書き方そして文面で思いっきり推測した見方ですが、自分の意見を言えないのではなくて言っても聞いてもらえないか意見を考えるサポートがないかこの可能性が高い。言っても、受け止められない。言っても何も変わらない。言ってもさえぎられてしまう。 それだと、言えるもんも言えなくなります。親子関係は特に親の立場の覚悟が必要ですが、意見を言ってもらう前に、親の自分に対して不満や意見をとにかく言わせる。汚い言葉、理不尽な言葉も含めて、もう出てこないっていうまで言わせてみましょう。間違っていることでもとにかく否定せず、全部、吐いてもらう。「 わかったよ  君はそうだったんだね 」これができた先に、親へ進言するチャレンジが生まれます。⑥アンガーマネジメントとリフレームの違いとうまく使い分ける方法について教えてください。  ↓アンガーマネジメントは怒りの向き合いのテクニックリフレームは、①信念の再創造②感情の再創造こんなところです。うまい使い分けは、自分の使い勝手がいいほうでいいと思います。そもそもアンガーマネジメントとリフレームを特に切り離さず、自分を理解し自分を味方につける技術として知識や知恵を活用できれば、確実に自分を助けてくれるでしょう。今回は以上です!残り2回、お待ちください!

  • 05Nov
    • 2021,10月 マネジメント研修 質問への回答(1/4)の画像

      2021,10月 マネジメント研修 質問への回答(1/4)

      こんにちは、らくだです。総合健康推進財団主催のキャリアアップ研修マネジメントにご参加いただいた先生方長時間の講義おつかれさまでした。講義時間内に回答ができなかったご質問について、今回から全4回に分けて回答してまいります。一つの選択肢として参照ください。では、まずいただいたご質問。( 質問 )①マネジメントを受けている人は知識があり、本来ならできるはずと言われていましたが、私の園では園長・主任など出来ていないことが多く、日々困っています。そういう人にはリフレームしながらモヤっとした気持ちをコントロールしていくしかないでしょうか?信頼することができません。②指導をしても行動に移さない、期限を守らない、仕事の進め方がわからないのに聞いてこない先生には、どう働きかけたら相手もやりやすく、こちらもストレスを感じなくなりますか? ③自分の嫌なこと、やりたいくないことは上手に逃げてやらない保育士がいます。上司から伝えると「すみません」「そんなつもりなかった」と言いますが、どのような指導法があるでしょうか。 ④実践をとのことで1日目の研修後も自分にできることから種まきをしてみましたが、やはり上の先生の考え方が変わってくれないことには、自分のしようとしていることにストップがかけられてしまったり、ボトムアップの環境に導くために私にできることは何でしょうか?この環境が改善される手だてはあるのでしょうか?それが見いだせないと何か一つからの実践さえ難しく感じます。⑤年上の先生の対応で、一緒にクラスをもっているパートさんは意見があまりなく、話しかけてもあまり意見がかえってこず、表情も怖く、こちらが負けてしまいます。信頼ができてないのもありますが、こちらもあきらめてしまう部分があります。私自身人づきあいもうまくなく、苦手なので、どう接したらいいですか? ⑥自園では主任が一方的に話すという流れになり、時間も15分予定ですが、30-40分になることも多いです。この場合、部下から主任に気づいてもらう方法はありますか?もっとクラス担任の話を聞いてほしいし、保育観を押し付けないでほしいし、話が脱線しがちです。⑦上司は、人によって対応をかえ、人に対して悪口をいったりしていて上司として残念に感じます。気持ちよく仕事をするためにも何か方法はあるのでしょうか?それともこういう園だと割り切り、転職も考えたほうがいいでしょうか?それではいきましょう。( 回答 )①マネジメントを受けている人は知識があり、本来ならできるはずと言われていましたが、私の園では園長・主任など出来ていないことが多く、日々困っています。そういう人にはリフレームしながらモヤっとした気持ちをコントロールしていくしかないでしょうか?信頼することができません。 ↓まず、知識がある人は、本来できるはずというのは、理論上  という話で、実際は、知識があってもできません。知っている(知識)とできる(能力)は、全く別物なぜなら実践となると、感情が邪魔するからです。  そもそも知識が能力がない人も年功序列や身内経営というだけで役職の立場になっているのが実情だったりもするし。 知識を能力に変えていくためには自分の感情の向き合いをしていく。そのためにマネジメントの6章目「 人間関係 」をお伝えしたと思ってください。そして、リフレームですが、リフレームをして解決なのではありません。このリフレームは感情をコントロールするプロセスのためのテクニック。リフレームでゴールではなく、感情を整えて、その後、自分は何ができるか冷静に行動を選び、行動に移すのがゴールなので、別に信頼できなくていい。こういう人なんだ( まいっか )さぁだとしたら、自分は何ができるかこの部分はリスペクトしてこういうところがあるからこういう出方をとりつつここは自分でやっていこう。人は、選択肢がなくなると不幸になります。しかしその選択肢は他人から限定されているようで自分で創り出せます。冷静に、自分の選択肢を見出していきましょう。②指導をしても行動に移さない、期限を守らない、仕事の進め方がわからないのに聞いてこない先生には、どう働きかけたら相手もやりやすく、こちらもストレスを感じなくなりますか? ↓以前の『2021,10月 マネジメント研修 質問への回答』こんにちは、らくだです。千葉県キャリアアップ研修10月のマネジメント研修にご参加いただいた先生方、長時間のオンライン受講と最後の集合研修おつかれさまでし…ameblo.jpの質問④の仕事への考え方をまず前提とします。そのうえで、現状、ルール・システムの点が機能していないということになります。なので、集団で徹底していくことになりますがそのための共通理解例えば業務進行において、必ず○○のタイミングで自分から確認をするとか期日の3日前に確認の手続きをするなど会議などで検討していくでもいいでしょう。わからなければルール化してしまい、あとは習慣でなれてきます。ストレスを感じるのはここは正直言うと、相手の問題ではないです。自分のとらえ方を自らコントロール(リフレイム)しながら、自分のできる冷静な行動を選択していき、相手ができる方法へと改善していきましょう。相手ができた!自分も感謝の言葉を伝えられた!そんなゴールを設定して楽しみましょう。③自分の嫌なこと、やりたいくないことは上手に逃げてやらない保育士がいます。上司から伝えると「すみません」「そんなつもりなかった」と言いますが、どのような指導法があるでしょうか。  ↓繰り返しますが、以前の『2021,10月 マネジメント研修 質問への回答』こんにちは、らくだです。千葉県キャリアアップ研修10月のマネジメント研修にご参加いただいた先生方、長時間のオンライン受講と最後の集合研修おつかれさまでし…ameblo.jpの質問④の仕事への考え方をまず前提とします。あとは、期限とゴールを具体的に確認しましょう。自分が伝えたと思っても伝わっているかは、まったくわかりません。ですので、自分が伝えたで終わるのは結果自分を苦しめますので。シンプルに「 行動について 」伝えるだけ。気持ちをないがしろにしてはいけませんが、とはいえ、どんな気持ちを並べようがその人の本心は【 行動 】で判断されますよね。この事実も確認していきましょう。④実践をとのことで1日目の研修後も自分にできることから種まきをしてみましたが、やはり上の先生の考え方が変わってくれないことには、自分のしようとしていることにストップがかけられてしまったり、ボトムアップの環境に導くために私にできることは何でしょうか?この環境が改善される手だてはあるのでしょうか?それが見いだせないと何か一つからの実践さえ難しく感じます。  ↓気持ちは本当によくわかりますが、この短期間で変わるほど、マネジメントは簡単じゃないんです。自分に小さくできることこれを小さくし続ける。それが見つからないというのであればさらにハードルをさげて自分できる小さいところから始めましょう。それでも見いだせないなら辞める選択肢も考えましょう。一気に望む姿にはなりません。残念ですが、最低でも一貫して半年は続けます。でないと厳しい。まず自分にできることこれを継続し仲間を増やすことを一つのゴールにしたほうが苦しくないです。ちなみにちょっと別の視点で言うのであれば、経営的な大局眼を意識して学ぶといいです。もしやりたいことにストップがかかるとしたらなぜなのか上の判断が正しいかどうかではなく、経営的な大局眼を意識すると、運営の視点も保育の視点も、劇的に広がります。自分自身の力が養われます。⑤年上の先生の対応で、一緒にクラスをもっているパートさんは意見があまりなく、話しかけてもあまり意見がかえってこず、表情も怖く、こちらが負けてしまいます。信頼ができてないのもありますが、こちらもあきらめてしまう部分があります。私自身人づきあいもうまくなく、苦手なので、どう接したらいいですか?   ↓直接関わるのが苦手なら。その人のリスペクトできる部分をしっかり理解して、感謝を伝えるんですが、ちょっとしたテクニックとして、その感謝の言葉は、本人以外の人に伝えてみましょう。悪い話はあまり本人まで届きませんが、いい話は結構本人の耳に入ります。そして直接言われるよりも自分への感謝を他人にまで言ってくれている事実は、その言葉と意思に強い信ぴょう性を持たせます。なので言われた本人はすごく嬉しいはず。相手へのリスペクトこちらからの歩み寄りを継続して続けていくと相手も歩み寄り始めるタイミングは来るでしょう。望むなら先に与えよ。という法則だと思ってください。⑥自園では主任が一方的に話すという流れになり、時間も15分予定ですが、30-40分になることも多いです。この場合、部下から主任に気づいてもらう方法はありますか?もっとクラス担任の話を聞いてほしいし、保育観を押し付けないでほしいし、話が脱線しがちです。 ↓原則、他人をこっちの意図で変えることはできません。なので、考え方として諦めましょう。ただし、自分、ないしは誰かの影響力で影響を受けることで別の選択肢を持ち始めることはあります。そういう意味で、自分がどう在りたいか本当にここにつきます。今はその主任から反面教師的にでも学べるものを学び感謝しましょう。気づいてほしいというレベルでは、まず気づかないので、どうしてもというなら、シンプルに相談するしかない。そして、そのときは、主任(相手)にとってメリットのある形で進言しましょう。  ⑦上司は、人によって対応をかえ、人に対して悪口をいったりしていて上司として残念に感じます。気持ちよく仕事をするためにも何か方法はあるのでしょうか?それともこういう園だと割り切り、転職も考えたほうがいいでしょうか?   ↓気持ちよく仕事をするなら、辞める選択肢が一番、楽かもしれません。ただ、これまでも聞いたことがあると思いますが、どんなところにもそうした人は一定数います。であるなら、相手を変えるよりも自分が変わったほうが、そうした人と出会ったとしても、生涯無敵になれるわけです。そのために、リフレームで自分の向き合いの技術を獲得してほしいと願っています。もし辞めるのであれば、その残された時間で、少しでも自分のできることをやりきって「 惜しまれて 辞める! 」そういう選択肢もいいかもしれません。今回は以上です。この回の質問は共通して、「 相手を変えたい 」という思いが根底にあります。でも、その方向で答えを求める限り自分が苦しみます。ぜひ自分の選択肢は自分で創り出しましょう。

  • 01Nov
    • 2021,10月 マネジメント研修 質問への回答の画像

      2021,10月 マネジメント研修 質問への回答

      こんにちは、らくだです。千葉県キャリアアップ研修10月のマネジメント研修にご参加いただいた先生方、長時間のオンライン受講と最後の集合研修おつかれさまでした。そして、ご質問をくださいました先生方、ありがとうございます。では早速いただいたご質問を以下のとおり、回答していきたいと思います。( 質問 )①リフレームについて怒りという感情は、悔しい!今に見てろ!というパワーに変えて今までいろいろな場面を乗り越えて達成感を味わいスッキリしていました。怒りを抑えると、今までの私では、逆に不健康になってしまう気がします。穏やかに過ごすことが一番なのでしょうか?②リフレーム⇒行動のサイクルで疲れてしまったときは、どのような対策がありますか?堂々巡りな中のメンタルの保ち方を教えてほしいです。③自分の考え方で楽になるということは理解できましたが、相手がなかなか分かってくれないとイライラもつのって・・・特に先輩や上司に対して自分の思考を変えても、それが続くと辛くなります。後輩に対しては背中を見せるのが大事とありましたが、上司に対してもそれでいいのか?と思いました。④同僚の対応について私は現在副主任で保育士と看護師の役割を担っております。同僚の先生で、「自分は繊細さん(HSP)だからそんなに強い言い方はしないで、または怒らないで」と言いつつ、園児に威圧的なふるまい、ハラスメント的な言葉がけをしています。周りも見かねて園長に真実を伝えると指導が入りますが、なかなか改まりません。これからどのような気持ちで接していけばいいのでしょうか。リフレームの技術を使ってばかりいると、こちらばかり感情を押し殺して我慢することにならないでしょうか?⑤ダブルバインドが難しかった。さまざまな書籍をみたりインターネットで調べるとダブルバインドはよくないと書かれているので、そこも詳しく説明を聞いてみたいです。⑥なかなか保育士の人材が見つからず困っています。今回のマネジメントと関わりがあるかわかりませんが、考え方、取り組み方のコツはありますか。⑦自分の強みを副業にできる話をもっと詳しく伺いたいです。それでは、回答です!いってみましょう!( 回答 )①リフレームについて怒りという感情は、悔しい!今に見てろ!というパワーに変えて今までいろいろな場面を乗り越えて達成感を味わいスッキリしていました。怒りを抑えると、今までの私では、逆に不健康になってしまう気がします。穏やかに過ごすことが一番なのでしょうか?  ↓今回の皆さんの声で僕の伝え方に改善点があることがよくわかったのですがw  リフレームは怒りを抑えること我慢することじゃないです。怒りの思考を方向転換させて違う感情(感覚)を生み出して楽にすること。捉え方をコントロールして感覚が楽になるので、不健康にもならないんです。我慢をエネルギーに変えられているならそれも全然いいかと思います。ただ、ストレスを感じて、そのストレスのトンネルから抜けらせないなら、そもそも違うトンネル行きましょうっていう感じ。我慢をすると逆に怒りが増幅します。するとさらに倍のストレスがかかりますなので、くれぐれも我慢をすることなのではなく、今よりも楽な感覚になれる言葉(捉え方)を見つけることです。そして、その言葉(捉え方)は一人で見出すより他人の力を借りたほうがもっと楽に見つけられます。ぜひ、自分のことを受け止めてくれる仲間や同じ意識を持てる仲間とともに楽しみながらやってください。②リフレーム⇒行動のサイクルで疲れてしまったときは、どのような対策がありますか?堂々巡りな中のメンタルの保ち方を教えてほしいです。  ↓先ほどの質問と同じつまづきだと思うのですが、リフレームは方向転換させて違う感情(感覚)を生み出して楽にすること。そしてそこから、冷静に自分にできる行動や選択肢を見出して行動に移すこと。だから、堂々巡りになることは本来ないんです。やれることがわかったらあとやるだけ。感覚も楽になっているはずだから。もし堂々巡りになっているなら、リフレームが機能していないか、行動を見いだせていない。そして疲れてるならメンタルだけでなく身体を休めましょう。リフレームの思考は筋肉みたいなもんなのでやればやるほど楽になります。ぜひ、日ごろの小さいところから実戦し続けて下さい。③自分の考え方で楽になるということは理解できましたが、相手がなかなか分かってくれないとイライラもつのって・・・特に先輩や上司に対して自分の思考を変えても、それが続くと辛くなります。後輩に対しては背中を見せるのが大事とありましたが、上司に対してもそれでいいのか?と思いました。  ↓ 辛い気持ち、本当によくわかります。よーくわかります。わかるうえで、です。上司に対しても基本同じです。上司に対しても一貫して自分を定められているから部下や周囲も味方になってくれます。相手を変えようとすると永遠に苦しみは続きます。なので、早いところ諦めましょう。自分をしっかり定めて自分のできることをとにかく一貫して実践していく。そして自分は、自分から、相手の話を聞き、理解に近づく姿勢を聞きますけど、自分を押し殺して相手に従うわけではないですからね。相手も尊重しながら自分も尊重する。相手からは、自分の価値観の外側を学ぶ姿勢を。と、ここまでは正直キレイごとに近い話で。あと、本当に尊敬できない上司なら自分が覚悟があるなら、辞めてもいいです。この話は、他の質問の回答でも何度もしてますが、辞めることは決して悪いことではありません。自分の大切な人生の時間をぜひ自分を大切にしながら使ってください。④同僚の対応について私は現在副主任で保育士と看護師の役割を担っております。同僚の先生で、「自分は繊細さん(HSP)だからそんなに強い言い方はしないで、または怒らないで」と言いつつ、園児に威圧的なふるまい、ハラスメント的な言葉がけをしています。周りも見かねて園長に真実を伝えると指導が入りますが、なかなか改まりません。これからどのような気持ちで接していけばいいのでしょうか。リフレームの技術を使ってばかりいると、こちらばかり感情を押し殺して我慢することにならないでしょうか?  ↓リフレームは我慢することではないというのは、先にもお伝えした通りなのでここでは割愛しますが。仕事についての考え方について。仕事は提供するものであって、提供されるものではありません。だから、自分に合わせて仕事を減らしてくれというのは原則できないわけです。それを押し通すなら業務妨害か業務放棄になるので。ですので、働く立場としてはある業務について遂行(責任)が発生する。それができないなら役職を減らすか役職を降りるというのが従業員の責任になります。業務上必要な、指導や改善があって、それを放棄するなら業務に著しく支障がでるので、認めるわけにはいきません。そうした場合は、就業規則にのっとって勧告・懲罰・懲戒となってしまいますが、そもそも就業規則にこの規程があるかどうかを整備することが重要になります。とはいえ、ここは上司や上の人間が整備するところなのでどうすることもできないと感じるかもしれません。でも考え方として理解しておいてください。で、ここからは、実践的なコミュニケーションについてですが、必要なことであればこれをしなさいあれをしなさいではなく、やることは絶対にしてもらうとしたうえで、「【あなたは】 どうすればできるのか」これを一緒に考えます。相手ができるための行動の選択肢を本人から導きださせてください。これも遂行責任ですが、上司としては結果責任を果たすための重要なサポートです。これを見出したらその遂行責任をしっかり課しましょう。結果がうまくいかなければひらすらどうすればできるかについてプロセスと結果のサポートをしていきます。そして、その前提として相手の気持ちや想いはしっかり受け止めてくださいね。信頼からすべて始まるので。理解はしていきましょう。ただし、気持ちを受け止めるとは相手のレールですすめていいではなく、こっちのレールですすめるためのサポートですので、誤解しないように。⑤ダブルバインドが難しかった。さまざまな書籍をみたりインターネットで調べるとダブルバインドはよくないと書かれているので、そこも詳しく説明を聞いてみたいです。  ↓鵜呑みにせず、しっかり自分で調べていただきありがとうございます。そうした姿勢を実践してくださいとお伝えした立場として非常にうれしいですし、だからこそ湧き上がる疑問は非常に価値があります。では、お応えします。ダブルバインドがよくないとネットで書いている人の大半は「 相手を操作するために 」テクニックを活用しようとしそもそもの信頼関係の部分をないがしろにしている人です。そうした人が実践しているからうまくいきませんし、効果がないので、ダメだと言い始めます。ちなみにそういう人のたいがいが、モテるためとか異性を落とすためとか物を売るためとかそんな私欲中心でやってます。知識・技術がダメなのではなく、使うその人の在り方が適切ではないと思ってください。たとえば、ピストルも使う人によっては凶器になりますが大切な人を守る手段にもなります。信頼関係の前提で、相手のために自然な流れで活用するものそれさえあれば、どんなテクニックも有効に働いてくれさらに、相手にも喜びを提供できます。あと余談ですが、ダブルバインドは実は2種類あります。ぜひ調べてみてください。⑥なかなか保育士の人材が見つからず困っています。今回のマネジメントと関わりがあるかわかりませんが、考え方、取り組み方のコツはありますか。 ↓個人的な経験で特にうまくいったものでお伝えするなら今働いてくださっている職員のなかでこの人の人間性がすばらしいという方その人に、もし働きたいと思っている人がいないか聞いてみるです。すばらしい人の後ろには似たようなすばらしい人がいる人脈の連鎖がある。実際うちの働いているのほとんどが人と人とのつながりで働いてくださっています。信頼できる人が紹介してくれた人は、やはり信頼できる人であることがほとんど。その後の運営もかなり助けられます。しかし、その前にもっと重要なことがあります。それは今の園の雰囲気風潮人間関係です。今の園の人間関係や雰囲気が悪ければ紹介してほしいとお願いしても人は来ません。お願いされた側からしてみたらそんな苦しい環境で大切な友人知人を苦しめたくないから。実際、僕も大学に勤めていることでいくつかの園から紹介してほしいとお願いされたことはありますが、園の内情がわかっていると申し訳ないけど紹介なんてできませんでした。(今はいませんでしたって言うけど)自分のつながりのある人が苦しむのも無駄に傷つくのも目に見えてたから。正直、そういう園に限って「なにもしてくれなかった」と他人のせいにするばかりで自分を見つめ直そうとしません。なんなら、攻撃されることもあります。そういうところはひたすら人材が遠のくでしょう。そういう意味では、園の風潮、文化、人間関係が重要。さらに言えば、そうしたものの根本を創り出しているつまるところその園のトップの人間性が採用状況にも非常に重要になってくるんです。ですので、この問題はマネジメントでお伝えした内容が直に影響します。⑦自分の強みを副業にできる話をもっと詳しく伺いたいです。 ↓色々な手段がありますが、すごーーくざっくり本質的なことを伝えるとすると自分の強み(好きなこと)を軸に例えば・不安、苦しみの解消・驚き、新鮮さの提供・暇つぶし程度の面白さの提供このあたりで①誰かの喜びを目的に② 発信し続けることこれにつきます。知識がないできることがないなんて思わずに、今あること今学んでいること今わかったこと今めざしていること発信してください。発信しないとあなたを見つけられないので。発信の仕方はSNSなどいろいろありますが、とにかく頻度高く継続することここにつきます。そこからビジネスのノウハウがあるとより成果が膨らむイメージ。ぜひこの基盤をまず実践し続けてください。どこかでここら辺もお伝えできる機会があるといいなとも考えてます。ここまでおつかれさまでした!今回は以上です。

  • 29Oct
    • 先生たちの努力の画像

      先生たちの努力

      こんにちは、らくだ です。園をあける日が続き、久しぶりに園にもどると今日はハロウィン。先生たちが仮装してました。先生たちの努力に頭が下がります。って感謝をお伝えしたところ先生が1番楽しんでました。ホント、ありがとうございますw

  • 20Oct
    • 遊びながら苦手を克服する簡単な自己催眠の画像

      遊びながら苦手を克服する簡単な自己催眠

      こんにちは、らくだです。今回は、遊びながら苦手を克服する簡単な自己催眠について。先日、妻から話をされました。「わたし、 ゴキブリ苦手じゃん… これまで 色々試しても ほとんど、ダメだったけど あいつらを 茶色の 【 ポンコツなヤツ 】って  いうことにしたの。 そしたら、 なんか、 気持ち、楽になったわ。 」うちの妻はめっぽうゴキブリが苦手で出現するだけで、大事なものをすべておいて家を飛び出すくらい恐怖心を持っています。なので我が家は毎年、ことゴキブリに関しては完全防備。最初はちょっとしたかわいこぶるとかそういう類かと思いましたが後からそれがホント申し訳なく思うほどえらく重症でした。そして、ともに過ごして、10年以上ゴキブリがいるこの世界に万全をきすためいちじるしい不便にみまわれてました。そんな妻が、最近、えらく腑に落ちたようで、「 この名前変えるだけで    楽になるの  一体何なの? 」って質問されました。やってることはただネーミングを変えるだけこれ、自己暗示要は自己催眠です。人は、苦手な物ほど、そのイメージと言葉をリンクさせ、意識的にも無意識的にもその言葉とイメージを脳内で反復します。そして、それと同時に○○は嫌だ○○は嫌だ○○は嫌だ○○は嫌だ  ・   ・  ・私は○○が苦手である私は○○が苦手である  ・  ・  ・私は○○が苦手でなければならない私は○○が苦手でなければならない と、自分に強い暗示をかけて私は○○が苦手でなければならないそういう人間であると思い込んでしまいます。そういう人間になろうとしてしまうんです。苦手なほど余計に。そうすると、その言葉一つが引き金になって恐怖心や、不安の感覚を呼び起こしやすくなります。ここで、この言葉の部分を変えると、◇◇は嫌だ・・・◇◇は嫌だ・・・  ・  ・  ・◇◇ってなんだよw  ・  ・  ・◇◇って、なんか響きかわいいなwみたいにイメージを少し断ち切ることができます。すると恐怖心や不安の感覚も感じにくくなる。○○さん  ↓ムダに一生懸命な中年□□な場所  ↓自分以外の人に価値のある場所◇◇な状況  ↓今日もレベルアップするチャンスネーミングを変えるもし苦手な人やもの、環境や状況があれば、ぜひ、遊びながら、試してみて下さい。

  • 13Oct
    • 2021,9月 マネジメント研修 質問への回答 2の画像

      2021,9月 マネジメント研修 質問への回答 2

      こんにちは、らくだです。これまた遅くなって申し訳ありませんでした!お待たせいたしました。最終日にいただいたご質問について、回答してまいります。( 質問 )①自分は職員を理解しようと話を聞いていますが、園長が悪口のようなことをいい、その先生の印象が周りの職員に影響を与えてしまいます。どういたらいいでしょうか?②育てるという意識で関わると、上から目線になってしまう時点で関係性がおかしくならないか?③園長の話もわかるが、主任の話もわかる、どちらを尊重したらいいか?現場に入りたがる場合や、相手が気にしない、場が固まらないようにするにはどう伝えればいいでしょうか?④自分のアンガーマネジメントができることで理解しましたが、相手の怒りにはどう対応したらいいでしょうか?自分のとらえ方、怒りをおさめるための方法を教えてほしいです。⑤リフレームについて、相手目線での理解が大事というのはわかったのですがたとえば、DVのパートナーから離れられなくなる、そんなときはどうしたらいいでしょうか自分の感情を冷静に整えて、その危険な相手から離れるという見方を得るためのリフレームも有効だとは思うのですが。⑥愚痴を言うなら、せめて組織以外の利害関係のないところで愚痴ったほうがいいとのことでしたが、利害関係のない家族や友人に聞いてもらうだけでは気持ちが収まらず(状況理解をしてもらうのが難しい)信頼できる仲間内で悪口を言ってしまうことがあります、この中でもやはり、やめたほうがいいでしょうかとにかく話をしてスッキリしたい人も多いと思います。それでは行きましょう。( 回答 )①自分は職員を理解しようと話を聞いていますが、園長が悪口のようなことをいい、その先生の印象が周りの職員に影響を与えてしまいます。どういたらいいでしょうか?  ↓ちょっと僕も口悪くなりますが、そういうネガティブを振りまく、ガンのような存在はどうしてもいます・・・。上の立場であればあるほど、本人の自覚なく影響力が加わってしまうので、ネガティブは波及してしまうのですが、このとき、大事なのは、どんなときでも通じる原則なんですが、自分はどう在りたいか。です。それぞれの先生に対してどんな人なのかという理解(捉え方)をするのかそしてどんな言葉を選んでどんな行動をしていくか。ここがまず取り組むところ。できるだけ、その人の強みをリスペクトし感謝する言葉がいいです。で、残念ですが、影響力が強い人の下では自分の望む結果・状況・環境は創り出せないことも事実多いです。最悪、逃げ場がなく、自分の大切な人生の時間を捧げるのに価値がないと思えば辞めることも決して悪いとは思いません。自分が尊敬できる上司のもとで働けるというのは、宝くじが当たるくらいラッキーなものなので。それでも、自分の在り方をしっかり定めて、周囲をリスペクトする発信があれば、特にそれを続けてると、絶対に仲間が現れます。そうした仲間はさらに仲間を呼び、相乗効果が波及していく循環も創り出すこともできます。臨む結果はすぐに現れないかもしれませんが、自分のできる範囲でぜひチャレンジをしてみてもいいかもしれません。②育てるという意識で関わると、上から目線になってしまう時点で関係性がおかしくならないか? ↓例えばⒶ 上から目線、Ⓑ 対等な目線これをどっちが正しいかどっちが間違いかで考えると、そういう問題に陥ります。Ⓐ と Ⓑ 決してどちらが正義でどちらが悪なんでことはありません。 目的を定めて、うまく使い分けることでそれぞれの効果的な活用が叶います。Ⓐ 上から目線 は必要最低限の仕事や業務を教えて、教育する という点で、絶対に必要です。なにも教えられず、みんな平等だから自由にやれ!なんていうのも、実は乱暴話で。ある一定の行動水準・ルール知識や技術の獲得には、どうしても教える・教わるの関係になりますし、効果的に学んでもらう意味でも有効な関係性でしょう。一方で、Ⓑ 対等な目線は、ある一定の知識技術を獲得した者同士、そして、同じ目的・目標を共有できる者同士であれば、自分たちに何ができるかということを主体的に考え合ったりアイデアを出し合う意味で、非常に役に立つ関係です。人はある程度、意図して育てないとたいていの場合育ちません。私たち大人はあくまでも子どもたちの保育のように【主体的な生活】をしているのではなく仕事をしているので。「仕え」て、「事(目的)」を成すためには、大人自身の人格と仕事としての技術と知恵の育ちがないと成立しないんです。主体、対等、自由は重要ですが、保育者は支援・サービスを受ける側ではない。支援・サービスを提供する側は、自分自身が成長することは必須です。③園長の話もわかるが、主任の話もわかる、どちらを尊重したらいいか?現場に入りたがる場合や、相手が気にしない、場が固まらないようにするにはどう伝えればいいでしょうか?  ↓どちらも尊重します!尊重とは、どちらの言うことも丸ごと採用!ではなく、どこの部分が尊重できるか、その目的を認識して、認めること。そのうえで、どういった目的に合わせて、どんな手段があるか自分の意見をもつことです。最終的な決断では、1つの選択肢になりますが、その選択肢は、そうした意見が組み合わさったものだったり、目的に合わせて優先順位が定まってきまります。こうした意識で向き合うことができないと、顔色をうかがったり判断がブレたり、道に迷います。自分が決定権がなくても、こうしたプロセスをまず整理できるといいでしょう!伝え方は、特に場が固まるというのは、恐怖を感じているか意味が分からないかどちらかです。そうした可能性も踏まえて、伝えるというより伝わっているかを確認するといいでしょう。そのためには時間をしっかりとり、伝え、確認することが重要です。伝え方以上に伝えるための時間とタイミングを丁寧に作ることが必要かもしれません。④自分のアンガーマネジメントができることで理解しましたが、相手の怒りにはどう対応したらいいでしょうか?自分のとらえ方、怒りをおさめるための方法を教えてほしいです。   ↓まず、初級編として理解してほしんですが、相手の怒りは、自分にはコントロールできない!と思ったほうがいいです。実は相手は、相手の都合で勝手に怒っているので、それもう、相手に任せましょう。むやみに抑えようとするとかえって反発から怒りを買いますので。自分にできることは相手の怒りは相手の成長のために必要だとわりきって、相手にまかせて。離れましょう。落ち着いたらまた戻って話をするくらいでまずは向き合ってください。⑤リフレームについて、相手目線での理解が大事というのはわかったのですがたとえば、DVのパートナーから離れられなくなる、そんなときはどうしたらいいでしょうか自分の感情を冷静に整えて、その危険な相手から離れるという見方を得るためのリフレームも有効だとは思うのですが。  ↓ことDVは、実は離れられない本人の無意識にある信念や価値観が根差していて意識的に離れようとしても体の強い意思(無意識)によって離れられないことが多くあります。リフレームのような意識的な思考一時的な感覚の操作だけでは難しい場合がほとんど。一時的な効果はあってもそんなことしてるよりも物理的に(できれば強制的に)離れることが最優先です。DVは、ナイーブなケースで誤解も生じやすいので深堀はやめときますが、本人の意思ではどうしようもない無意識の習慣などもあるので、専門家の力を借りることを強くおススメします。⑥愚痴を言うなら、せめて組織以外の利害関係のないところで愚痴ったほうがいいとのことでしたが、利害関係のない家族や友人に聞いてもらうだけでは気持ちが収まらず(状況理解をしてもらうのが難しい)信頼できる仲間内で悪口を言ってしまうことがあります、この中でもやはり、やめたほうがいいでしょうかとにかく話をしてスッキリしたい人も多いと思います。 ↓できれば、やめたほうがいいです。人間、どうしても盛り上がると仲間で相手を傷つけることに快感を感じやすくなります。100歩譲って、「 しっかり相手と向き合うため 」「 より良くするため 」と一時的に発散するだけでも、それと同時に派閥や関係性の悪化のリスクはどうしても伴ってくると思ってください。自分は大丈夫だと思っても仲間は大丈夫じゃないので。何より自分の言葉は自分は忘れますが、相手の記憶に深く残りますので。ただ、やっぱり心のフラストレーションの発散は健康のためにも必要だったりします。自分の心の老廃物を安全に出せる場は長い目で見ても探し続けたり、創り出していくことをおススメします。今回は以上になります。回答、遅くなってすみません!

  • 06Sep
    • 2021,9月実施 マネジメント研修 質問への回答の画像

      2021,9月実施 マネジメント研修 質問への回答

      こんにちは、らくだです。質問の回答を載せるまでに時間がかかり、申し訳ありません!死んでました…すみません!9月3日にご参加いただきましたキャリアアップ研修での質問を回答していきます。(質問)①自分としてはリフレームをかけて落ち着けたが、周りの人が怒りを共有しようとしているときはどうしたらいいでしょうか?(先輩の顔色をうかがったり、 先輩の気持ち優先になってしまう 自分がいます)②1,2歳児にリフレームは保育で活かせますか?アセスメントを描くうえでどうでしょうか?③上司が叱責などで30分以上説教します。上の空で応じていますが、それでも30分くらいで、それでも収まるならいいでしょうか?④同じ保育観を持った人が少なく、一人で取り組むのが難し場面が多い場合、どのようにまわりを味方につけていけばいいでしょうか?⑤仕事に熱意はないこを公言している職員がいます。給与をもらえればいい、借り上げ社宅が目的だという場合で仕事にもあまさがでて、やってほしいルールに従わない職員はどうすれば主体性を発揮してくれるしょうか?私のリフレーミングが足りないのか、私が感情的になっているだけでしょうか?それではいきまししょう。( 回答 )①自分としてはリフレームをかけて落ち着けたが、周りの人が怒りを共有しようとしているときはどうしたらいいでしょうか?(先輩の顔色をうかがったり、 先輩の気持ち優先になってしまう 自分がいます) ↓よくあります。下手に人間関係で揉めるのも面倒なので、戦う必要はありませんし、かといって下手に避けると、向こうが敵視してくることもあるので厄介なんすよねすんごく。まず大事なのは、考え方、捉え方として自分がぶれないこと。それを踏まえながら相手の関係性や相手の性格にもよりますが、苦痛なら、そっといなくなればいいし意見を求められたら自分の意見を言ったり同調するんじゃなく(同調すると、罪悪感生まれます)質問で、とにかく相手に話させる・なんでそう思ったとかあるんですか?・他にもあるんですか?・そうだったんですねー・そういうこともあるんですねー的な。同調せず、ただ聞くだけ。「そういう考え方も あるんすね!」で受け止めるでもいいです。他にも、分析して遊んでもいいかもしれないです。話を聞きながら、その先輩は何を求めてるのか何を認めて欲しいのか何を恐れているのかほぼ間違いなくこの何処かに当てはまるので。自分を守るための最低限の向き合い方として参考にしてみてください。②1,2歳児にリフレームは保育で活かせますか?アセスメントを描くうえでどうでしょうか? ↓活かせます。というか子どもを多面的にみるというのは一つの視点ではなく色々な視点から子どもを見ることで、その子どもの理解を広げるっていうところでよくやられてるものですよね。なんで、アセスメントのスキルがある人ほどすでにやっているものだったりします。また、その子の強みとして理解していく伸ばせる才能として捉えていくという点では特に有効です。 ③上司が叱責などで30分以上説教します。上の空で応じていますが、それでも30分くらいで、それでも収まるならいいでしょうか? ↓状況がよく読めないので、言えることに限界がありますが、相手は、返ってきた言葉よりも自分の仕草や態度で話を続けるかどうかを決めています。自分の態度という意味で姿勢や、目線、そこをまず意識しましょう。めんどくさいほど、そのめんどくささは、態度に出ますので。もしも、相手の余計な怒りをおさめたいのであれば、姿勢を正して、しっかり目を向けて、圧をかけるっていう方法もあります。ただし、あくまでも誠実に反省している言葉のみにしてください。感情で怒る人は、言葉ではなく余計な圧を受け続けると怒りにくいってことがあります。④同じ保育観を持った人が少なく、一人で取り組むのが難し場面が多い場合、どのようにまわりを味方につけていけばいいでしょうか?  ↓同じ保育観を持ってる人に意見を求めたり、ちょっとした助けを求めましょう。そして感謝を言葉と行動で示していってください。本当は、一緒に食事をするなどは一番効果的です。その時は、ぜひ愚痴ではなく、感謝を伝えて、より良くしていくための意見や知恵を求めていきましょう。「助けを求める」「具体的に感謝を伝えていく」です。あとは、どうしてもしんどければ、辞めてもいいです。心の拠り所や、逃げ場がなかったり、頑張ったその先に希望がなかったり、学べることが学び切れたと一定レベル思えるなら辞めることは決して悪いことではありません。そこでの学びをしっかり捉えながら、次に進むというのは、決して悪いことではありませんので、自分のために自分に正直になることも大切にしてください。⑤仕事に熱意はないこを公言している職員がいます。給与をもらえればいい、借り上げ社宅が目的だという場合で仕事にもあまさがでて、やってほしいルールに従わない職員はどうすれば主体性を発揮してくれるしょうか?私のリフレーミングが足りないのか、私が感情的になっているだけでしょうか?  ↓めちゃくちゃ大変なケースですね。意欲なない人とどう向き合えばいいのかですが、こればっかりは自主性や主体性を引き出すのに限界があります。こういう人に主体性を引き出そうとするよりは、とにかく従うものやるべきもの(ルール)としてやってもらうしかありません。コハク組織のように。それでやらなければ業務に支障が出るということでの就労違反になりますし。著しく業務を妨害する行為として認定できる場合もあります。なので組織としてのルールを具体的に明確にしていくことまずここからです。あとは、人による働き方の目的は全然色々であっていいと思います。でも仕事をしないというのはそれは詐欺になります。とにかくやってもらうことノルマとして要求してもいいでしょう。(常識の範疇で)ただ、人は、役割を任せられて、そこに感謝の声が返ってきたりすると意欲や、やる気に繋がったりします。そこぜひ参考に。以上になります。本当にここまで長い時間お疲れ様でした。皆様の今後のご活躍を心より応援しております。

  • 02Sep
    • 2021,8月実施 マネジメント研修  質問への回答の画像

      2021,8月実施 マネジメント研修  質問への回答

      こんにちは、らくだです。お待ちいただいた先生方回答が遅くなって大変申し訳ありませんでした!長いオンラインでの講義そして最後のマネジメント集合研修にご参加いただき、ありがとうございました。長い時間、大変おつかれさまでした。ここでは、最終日に頂いたご質問について、回答をしてまいります。長くなりますが、すみません!( 質問 )①相手の立場や言動から、相手の思考や信念が見えてくると思いますが、その理解が正しいか、わからないまま、自分の理解で相手と付き合うのは、怖くないですか? ②リフレームについて、特に関係性が続く相手に対して、自分の解釈で相手を認識し続けることが怖くなることがあります。間違った捉え方をしている場合、相手の本心を知りたくなることはありませんか? ③例に挙げられていた深夜のキャッチボールの件で、たとえば、そこで現場が自宅から近く、音が響いて眠れないなどの被害を感じた場合は、リフレームをかけた上で、働きかけてもいいのでしょうか。 ④相手の特徴がわかった時、自分にできることはありますか?先生は相手の大臣によって、接し方と話し方、伝え方を変えていますか?⑤気質は変わるものだと思っていましたが、気質は変わることはなく、性格の部分での話があったように、大臣が変わるというのが適切な理解でしょうか。 ⑥気質について家族でも全く違う気質になるものですか?誰かから、影響を受けることは少ないでしょうか?⑦自分を律することや、専門性を高めたいと考えることが苦手な人へのマネジメントは、どのように行っていけばいいのでしょうか?それでは行きましょう。( 回答 )①相手の立場や言動から、相手の思考や信念が見えてくると思いますが、その理解が正しいか、わからないまま、自分の理解で相手と付き合うのは、怖くないですか?   ↓自分のためにも相手のためにもそういう気持ちになるのはよくわかります。で、恐らくですが、正解が見えないと怖いのではなく、想定できないのが怖いんです。もっと言えば、人は、今まで自分勝手に相手を見ようとしています。相手のことを決めつけたり、周りの目というのを気にしながら相手のことを勝手に自分で理解しようとしています。そういう意味では相手を理解しようとするチャレンジは多かれ少なかれ、誰でも自動的にやってるんです。これまでずっと。それをより、相手の立場で理解するという意味で、想定の精度をあげるもの。そんくらいに思ってください。そして100点満点で相手を理解できることなんか不可能です。どんなにわかった気になってもちょっとしたニュアンスは絶対違うので。なので、正解を求めるよりも近づくことそれを楽しみましょう。まずは推測から始めるもし、相手をより理解しようと思ったら、シンプルに相手に質問して聞けばいいでしょう。それでも相手は自分に全てを言うことは稀です。なので正解を見つけ出すのはやめましょう。相手の正解はコロコロ変わりますし、自分の正解も変わりますしね。②リフレームについて、特に関係性が続く相手に対して、自分の解釈で相手を認識し続けることが怖くなることがあります。間違った捉え方をしている場合、相手の本心を知りたくなることはありませんか?  ↓しょっぱなから、少しズレますが、まず、自分の心の拠り所(なんでも話せる人)を必ず持ちましょう。究極的に、そうした存在がいれば、何があっても自分を理解してくれる支えがあると恐れるものがなくなっていきます。何があっても安心しやすくなります。その上で、さっきの回答とかぶりますが、自分の解釈が合っていることなんて、ほぼ皆無だと思ってください。100%の正解なんて無理。わかった気になってたとしたら、間違いなく誤解なので、むしろそっちが心配。わかった気になることはやっぱりあります。でも相手は自分に全てを話しているわけでないこの前提でどれくらい相手の理解に近づけるか、ここだけです、知りたければ、質問しましょう。違ってて当然ですが、可能な限り近づき、理解できれば、相手に対するストレスが軽減し、自分が楽になります。自分のためにやることから始めてみてはどうでしょう。③例に挙げられていた深夜のキャッチボールの件で、たとえば、そこで現場が自宅から近く、音が響いて眠れないなどの被害を感じた場合は、リフレームをかけた上で、働きかけてもいいのでしょうか。  ↓とても健康的な使い方だと思います。そうした方が、自分のストレスは軽減されますし、余計な感情でことを荒立てることも少なくなります。自分からの一方的なぶつかり合いなどは、限りなく軽減されるのでぜひやってみてください。ただ、人って、ストレスにさらされたりゆとりがない時ほど、自分視点から抜け出しにくくなります。実際、こういう状態のときに、そうした自分に気づくだけでも全然違うと思います。怒りがあるときは、その場から離れる か息を吐いて、力を抜くっていうのは瞬間的な対処として有効です。④相手の特徴がわかった時、自分にできることはありますか?先生は相手の大臣によって、接し方と話し方、伝え方を変えていますか? ↓まずやってほしいことは、相手の大臣(信念)を否定しないことです。どんなことであっても。それは相手にとって必要があって持ってしまっているこのことを理解しましょう。(無意識でも)(植え付けられたものかもしれない)そこからさらに、関係性のなかで、相手の信念で、自分が救われているところがあれば、感謝を言葉で伝える。これだけで相手の存在価値を認め、尊重していくことになるので。次に僕が、相手によって変えていることですが相手の大臣によって変えることはしません。相手の気質によって対応を変えています。それについては、才能タイプごとの記事に書いてありますので、ご参照ください。このブログの「テーマ」もしくは「カテゴリー」から各タイプの説明にありますので。⑤気質は変わるものだと思っていましたが、気質は変わることはなく、性格の部分での話があったように、大臣が変わるというのが適切な理解でしょうか。   ↓その通りです。価値観が変わるとは大臣が優劣が変わるor卒業する(手放す)or新たに採用するこんなところです。ここから自分の向き合い方の手段が増えると自分も周りも、どんどん楽になっていきます。⑥気質について家族でも全く違う気質になるものですか?誰かから、影響を受けることは少ないでしょうか? ↓諸説ありますが、経験的に言えば、家族で気質は全員違うと思っていいです。恐らく種の保存として多様である方がメリットがあるのでしょう。経験的に、両親と子どもはほぼ100%で気質は違います。しかし、仮に子どもが10人生まれた場合、気質はどうなるのか。そこはまだ明らかになっていません。僕自身も仮説がなかなか立ちにくく今もっとも理解したい部分です。 でも今の時点では、親子と兄弟での気質は全員違うという理解の方が実践において有効です。⑦自分を律することや、専門性を高めたいと考えることが苦手な人へのマネジメントは、どのように行っていけばいいのでしょうか? ↓理想はグリーン組織の状態、でもそれには本人の情熱と主体性が必要。つまり本人の状態がある一定以上必要なわけです。相手がその状態へ準備できていない、もしくは、まだ到達できていなければ、まずコハク組織や、オレンジ組織のように、一定レベルにくるまでに学びや行動を要求をしてもいいでしょう。そのために学ぶノルマを課していくことも決して悪いことではありません。しっかりと寄り添いとサポート、役割(任せる)+感謝されるこうした体験を伴うと喜びをもって成長しやすくなります。能力、価値観など一定にいったら、今度はグリーン組織として、互いをフェアな立場に認め合いながら高め合っていきましょう。今回は、以上になります。皆様の実践に少しでも繋がっていただけること千葉の片隅から応援しております。

  • 18Aug
    • 多様性心理学の教科書にする漫画の画像

      多様性心理学の教科書にする漫画

      こんにちは、らくだ です。以前から匂わせてある多様性心理学の最新講座(今年度中にはご案内予定)かなり実践的なテキストを作っている最中ですが、そんななか、教科書に認定したい漫画を発見。よく映画とかアニメとか漫画を例に持ち出すことがあるんですがもうこれは、子育てコミュニケーション多様性心理学で教科書として扱うことにしたいそう思える漫画を見つけました。「トクサツ ガガガ」近所のTSUTAYAが潰れるって聞いて「絶対漫画いっぱい売ってるから 大人買いできるぞ」と妻に言われ、1冊50円で大人買いした漫画です。特段欲しい漫画はなかったのですが、妻から主人公のOLが特撮ヒーローが好きすぎるヲタクの話で幼少期に抑圧されすぎて大人になって爆発したってのと親から「女の子なんだから」とか世間からの「いい歳して」という厳しい目との葛藤を描いている漫画だというものの2秒のプレゼンに妙に惹かれて買ってみたところ、予想以上に深くてで、多様性に通じてて学べるものがめちゃくちゃ多くて。なによりシンプルにおもしろい。ということでらくだ今一押しの心理学の教科書です。なんか心理学を学べる本を教えて下さいって言われたら、迷わずこれススメます。で、僕が解説します知識は使えなきゃ意味がない使っているところをイメージしやすい漫画というストーリーでぜひ一緒に学びましょう。今後、ここでも記事あげていきます。初めて、作者にお手紙書こうかと思ってます。

  • 05Aug
    • 2021,7月8月実施 マネジメント研修 質問への回答の画像

      2021,7月8月実施 マネジメント研修 質問への回答

      こんにちは、らくだです。過日実施しましたマネジメント研修では、ご参加された先生方大変長い間おつかれさまでした。頂いた質問について、回答します。あ、ちなみにですが、このブログをアナウンスして「らくだ」ってなんだよって思われたと思うので、一応ですが、子どもたちにらくだに似てるって言われてかららくだって言ってます。(質問)①現在開園2年目で務めており今年度副主任となりました。一緒に働いている先生は、年が近い先生たちが多いです。そのため年が近いほどどうかかわっていいかわからず。偉そうにするつもりもなく、一生懸命やっていこうという心持で過ごしていますが、難しいなと毎日よくわかりません。そして、先生たちもはっきりしているので、ぶつかりあうことも多いです。うまくチームを築いていくためには、どうしたらいいかアドバイスをお願いします。②年上だけど、役職は私が上という関係性の先生とクラスをもっています。話し合いで意見を求めますが、その先生からは、「しましょう!」という決定がありません。「じゃあ、○○にしますか?」と聞くと、「そうしますか?」が多く、はっきり決めてほしいとは言えず、モヤモヤします。後輩ではないので、どのような技を活用したら、円滑に進められますか?③うちの副園長はノックもせず、入ってきて、急用でもない後でもいいことを言ってきたりします。挨拶もするときと、しないときもあったり、読書をしていたりすると、返事が返ってきません。終礼が決まっているのに、その時間の10分前に出かけたりします。そういった副園長にはどう接すればいいでしょうか。④最近はコロナということもあり、ストレスもあるのか、園のやり方について色々とご意見をいただくことがあります。改善点をおっしゃっていただくのであればこちらも対応できるのですがそうでない(難クセのような)ことも多いです。どのように対応したらいいか、相手の想いの捉え方など、アドバイスがありましたら教えていただけると助かります。⑤自分は「誰からも話しかけられやすい」という強みがあると思っています。ただ年齢的に、管理職が不在のときは代理を任されることが多く、自分にはどれが正解かとっさに判断できないときが多くあります。園長や主任と話すと、こうすればよかったとわかったりもしますが、そこが自分の弱点とも感じていて、そういった瞬間が苦手です。弱みを開示したところで、決定しないといけないのでそのときの気持ちの持ち方を教えてほしいです。⑥今回の研修のマネジメントはどの立場で、どのように活かすために何を学ぶものなのか、自分のなかでよくわかっていません。それでは、回答します。①現在開園2年目で務めており今年度副主任となりました。一緒に働いている先生は、年が近い先生たちが多いです。そのため年が近いほどどうかかわっていいかわからず。偉そうにするつもりもなく、一生懸命やっていこうという心持で過ごしていますが、難しいなと毎日よくわかりません。そして、先生たちもはっきりしているので、ぶつかりあうことも多いです。うまくチームを築いていくためには、どうしたらいいかアドバイスをお願いします。   ↓つまるところ、自分の軸をもって周囲に感謝を言葉にし、自分のできる行動を誠実にすることと説明責任を全員にしていくこと。そこに加えるのであれば他人にどう見られるか、そこは諦めましょう。というか、なかなかの時間の無駄です。どんなに気を遣っても、相手が自分をどう思うかは相手の問題で、責任をもてません。どれだけ、誠心誠意で尽くしたとしても批判をしたい人は、批判してきます。なので、そこを考えるよりも、少なくとも、自分ができる誠実な選択についてとにかく行動するだけ。そこで反省点があれば、あなたのペースで改善していけばいいシンプルにその繰り返しだけ。とはいえ、やっぱり感情が辛いときもありますよね。なので、自分のことをなんでも丸ごと受け止めてくれる人を3人見つけて、自分の弱みはオープンにしましょう。②年上だけど、役職は私が上という関係性の先生とクラスをもっています。話し合いで意見を求めますが、その先生からは、「しましょう!」という決定がありません。「じゃあ、○○にしますか?」と聞くと、「そうしますか?」が多く、はっにり決めてほしいとは言えず、モヤモヤします。後輩ではないので、どのような技を活用したら、円滑に進められますか?   ↓ これも細かい状況がわからないので可能性として2つありますが、 ①本当に決められない場合その先生には考え方のプロセス現時点での意見それにのっとったらどんな選択があるかここらへんを聞きましょう。意見という結果だけ聞くのでなく、意見と固まってないまでもどんなことが考えられるか意見になるまでの現時点での状況を聞くだけでもいいです。それを踏まえて、自分でどんどん決めていいと思います。責任者ですしね。こうしたなかで、同僚の先生の意見をこのように採用しましたっていう説明があると同僚の先生の意欲になるかもしれません。として次、②自分をたててくれている場合意見があるけどあえて言わないこんなこともあるかもしれません。あなたの選択と結果、振り返りと改善のプロセスを尊重しているケースです。それでも自分の意見をもちながら、教えてもらうというスタンスで聞いてみましょう。いずれにしても、責任者は自分ということで、自分でどんどん決めてチャレンジしていきましょう。人は、チャレンジ前の意見よりも結果の後の論評のほうが好きな生き物です。評論家の話は参考にしても深刻になる必要は全くありません。③うちの副園長はノックもせず、入ってきて、急用でもない後でもいいことを言ってきたりします。挨拶もするときと、しないときもあったり、読書をしていたりすると、返事が返ってきません。終礼が決まっているのに、その時間の10分前に出かけたりします。そういった副園長にはどう接すればいいでしょうか。   ↓お見受けする限り、副園長の行動どうこう以前に、副園長に対して許せないとか、嫌悪をものすごく感じます。厳しいことを言いますが副園長に対してどうする必要もありません。事実をいえば自分がそうみたいから見ているだけ。多くの場合、あるときから信頼できなくなったり、自分が苦しい状況になると相手を怒りの対象にして相手を減点方式でみます。そうすることで自分を正当化しようとして自分を守るんです。ただ、これはあなたがいけないのではなくて、人間にはそういう仕組みがあるんです。今まさにそんな状況。なので、まずは、そうした事実に気づきましょう。向き合うべきなのは、副園長ではなく、自分はどう扱われたのが嫌だったのか自分にはどんな信念があって許せないのか、あなた自身の内側です。自分のことがわからないと永久に同じ苦しみと向き合います。でもそこがわかると副園長は怒りの対象ではなく、ただの容量の悪い人ってだけになります。捉え方が変わって向き合い方が変わるだけなので、副園長は問題ではなくなります。④最近はコロナということもあり、ストレスもあるのか、園のやり方について色々とご意見をいただくことがあります。改善点をおっしゃっていただくのであればこちらも対応できるのですがそうでないこと(難クセのような)ことも多いです。どのように対応したらいいか、相手の想いの捉え方など、アドバイスがありましたら教えていただけると助かります。 ↓おっしゃる通り、改善できるところはぜひ吸収して、感謝を伝えていただければと思いますが、難クセや厄介やクレームの場合、相手の目的はストレスの発散、承認欲求のどちらかです。なので、こういう場合は、とにかく聞くです反論しても意味がないし、改善点を示しても意味はありません。【 とにかく聞く 】もしも、意見を求められたら?全てを聞いて反映できるわけではないが、ご意見として、逆に、どう思われているか【 とにかく聞く 】感情でぶつかってくる人ほど表面的な怒りの根源は、ぜんぜん違う理由のことがほとんどです。もとをたどれば、自分を見てくれ!しか言ってません。なので、見てあげましょう。⑤自分は「誰からも話しかけられやすい」という強みがあると思っています。ただ年齢的に、管理職が不在のときは代理を任されることが多く、自分にはどれが正解かとっさに判断できないときが多くあります。園長や主任と話すと、こうすればよかったとわかったりもしますが、そこが自分の弱点とも感じていて、そういった瞬間が苦手です。弱みを開示したところで、決定しないといけないのでそのときの気持ちの持ち方を教えてほしいです。  ↓まず最初に、正解を出そうとするとしんどくなります。そもそもそんなものないですし。今現時点でのできる最善を出すようにしましょう。なので間違ってもいいんです。そのときに、自分はこう思うが、足りないことはないか周囲に聞くのもいいかもしれません。ただあくまで決定するための参考にするだけもし盲点があったら、修正すればいいんです。何が足りなかったかという説明をしながら、さらに良くするためにこう決断するというように更新してもいいものだと捉えてください。この修正のときに説明が求められますが、これを人は一番恐れて、嫌うんです。でもやってみると逆に信頼を得られる体験もしていただけます。考えに固執して認めないのって信頼したくなくなりますし。それから管理職の方と振り返ると自分には、どの視点が足りないかが見えてきます。現場の目線 と経営の目線 は違いますが、その両方の視点をもてるとより判断も洗練されていきますし子どもにも自信をもって選択を提供できるようになります。 ⑥今回の研修のマネジメントはどの立場で、どのように活かすために何を学ぶものなのか、自分のなかでよくわかっていません。  ↓カリキュラム上、ミドルリーダーという立場だったり、経験年数がある程度ある立場の方では?と思うこともあるかもしれませんが、実際は、どの立場の方であっても共通するものです。成長ということを目的するならどの立場でも本質に変わりないからです。今のあなたの立場でも、実践をしていただければ、確実に、あなた自身が楽になります。そのための、人間のしくみから、対人コミュニケーション複数人へのコミュニケーションの技術を学んでいただくものです。仕事だからという点で学んでいただいても構いませんが、日常生活でも意識していただくとご自身が楽になるはず!実体験も踏まえ自信をもってお伝えいたします。今回は以上です。

  • 25Jul
    • 7,25 本日 研修受講の皆さまへ  復習会のお知らせ! の画像

      7,25 本日 研修受講の皆さまへ  復習会のお知らせ! 

      こんにちは、らくだです!本日は、貴重なお休みにありがとうございました!そして、正直、みなさまがとてもポジティブに受けてくださったこともあり、「何につまづいていて」「どこがわからなかったか」が全然わかっていませんw質問にも答えられなかったし!なんせ自分がモヤモヤするし、申し訳なかったです!ということで、もしご希望の方がいらっしゃる限り、一度、復習の勉強会をZoomにて実施をいたします!ご希望の方は、h_kubo@cue-sign.netまで「復習勉強会 参加希望」というタイトルでご連絡をください!空メールでもいいですw後日、こちらからZoomの予定をお知らせいたします。もちろん、お金はいただきません!もう、みなさんを置いてきぼりにしたんではないかという個人的なくやしさとホントにとにかく、実践で使ってほしいんです!個人的なつまづきや質問にお応えできるようにいたします。ご希望の方は、h_kubo@cue-sign.netまで「復習勉強会 参加希望」どうぞ、お気軽に!本日は、3時間本当にお疲れさまでした!

  • 21Jul
    • いじめの実際の画像

      いじめの実際

      こんにちは、らくだ です。今回はいじめについて。これまでの経験とさまざまな視点を踏まえて端的に現時点での事実を。実際の話いじめはいじめられる側に問題がある場合もあるし問題なんか全くなく理不尽な場合も両方あるでも、いずれにしてもどんな理由があろうがいじめは相手をおとしめたり、苦痛を与えることを正当化する理由にはならない愛のある攻撃なんて存在しないからそしてもう一つ。いじめをしている加害者はほぼ間違いなく家庭、親族、家庭、地域、環境、文化…社会のどこかで何かしらの被害者でもある。(本人が認識できてない場合もある)でもどんな理由があっても人を攻撃したり苦しめること「いじめ」が正当化される理由にはならない。余談※自衛のための反撃は除く※反撃しなければいけない未熟な社会から 早く成熟していけることを望みます

  • 16Jul
    • 7,25(日)コミュニケーション研修のご案内の画像

      7,25(日)コミュニケーション研修のご案内

      こんにちは、らくだです。マネジメント研修でも扱っている自分のことがより深く理解できる人間のしくみ理解と感情コントロールの技術( + 相談支援の技術 )について2021年7月25日(日)の午後に講師としてお話することになりました。これまで収録形式の講師はしましたが、Zoomは初。*体と脳のしくみ*感情はどこから生まれるか*性格はどうやって作られているか*相手がどうすれば動いてくれるか*一瞬でストレスを軽減する技術などなど。・先生として働いてる人・相談をよく受ける立場の人・自分の感情をコントロールしたい人・職場の人間関係をよくしたい人・家庭の雰囲気をよくしたい人などなどへ実践心理学を専門用語をほぼ使わずに「すぐできること」にフォーカスしてお伝えしていきます。4000円も払ってもらうので、ただ知るよりも「できる」ようになってほしいんです。なので、もし参加されるときは、ぜひ気合いいれてきてください!誰でもできるので、心配いりませんが、中途半端に聞くと間違えます。僕も間違えて理解されなようにしますw申込は、僕ではなく、よし、資料作ります。