レモンパイパーのTime&Place

レモンパイパーのTime&Place

わたしレモンパイパーがよしなしごとをつづらせていただきます。どうぞよろしく。なんにでものめりこむ本読みです。放送大学に在学中です。基本「なう」は毎日更新です。
このブログのプロフィール画像は日本画家の坪田純哉さんの作品です。

こんにちは!

来週更新できないかもしれないので、きょうは簡単だけど更新します。

さっきまで、レトロカントリー聴いてました。

いま、新しいアルバム発売が待たれるこの方のアルバムを聴いています。

 

Days of Gold Days of Gold
778円
Amazon

 

ジェイク・オーウェンの大ヒットアルバムです。

こんな曲が入っています。

 

やっぱりジェイクは夏やねーって思っていたのに、イメチェンしてくれました。

最近アルバム出してないのに、ヒット曲が2曲。

早く、新しいアルバム、CDが欲しいの。

 

いぜん、ベスト盤のこれが出たときに、

 

GREATEST HITS [CD] GREATEST HITS [CD]
1,057円
Amazon

 

大好きなこの曲が入っていないと、泣きました。Amazonさんのデジタルでもなくて。

YouTubeで我慢してました。

 

ここで偶然にもグーグルプレイミュージック調べたら、あったんです!

この前の曲も!アニメのサントラの曲も!

 

やっと、お金を出して買える。買うのは来月ですが( *´艸`)

買わないと、ジェイクの収入にならないでしょう?

 

祝いに、この曲も貼りましょう!最近のカントリー聴くようになった記念の曲のひとつです。

 

 

 

ちょっと短いけど、明日から忙しいので、放送大学の授業も進めないと。

今週の読了はありません( ;∀;)

 

来週は放送大学の面接授業、

 

 

これを受けてきます!予習は済んだので、楽しみです。

 

更新は体調次第ということで。

ではまた!

 

ソース画像を表示
 

 

 

 

 


テーマ:

こんにちは!

 

いま、これを聴いています。

 

 

1960年代にイギリスで活躍した、Chad & Jeremy(チャド&ジェレミー)のアルバムです。

ハーモニーがいいところが好きですね。なんだかサイモンとガーファンクルみたいな曲もありますが。

ピーター&ゴードンとも間違えられそう。こんな感じです。

 

 

1960年代らしくていいなあと改めて思うのです。

 

ところで、タイトルのとおり、いま、このアルバムをレコードで聴いております。

最近、レコードもいいなぁって。

レコードがめんどくさくなったという方から譲っていただいたのです。

 

12枚ほどあります。ほとんどがCDもレコードも持ってるモンキーズなのですが、CDで持っていないのが、このチャド&ジェレミーだったのです。

ちなみに、一番上がザ・イージービーツのベスト。これは別のレコードとCDもあります。

中はタートルズ。CD持ってます。ここでも登場してますよね。

 

でもね、レコードは確かにめんどくさいです。

ほこりがついていないか確かめ、おそるおそる針を盤に乗せる。このドキドキ感。

音が出た時の安心感。

よかった傷がなくて。なんてね。

すこしパリパリって音が入るのもご愛敬。

アナログもいいものです。

うちのレコードプレーヤーにヘッドホンが使えないので、こんな日曜に聴くしかないのですが。

 

これを機に、レコードでしか持っていないものを、聴いてみたいなって、思ったのです。

 

わたしにレコードを引き継いでもらいたいという方は、まだまだお持ちのようです。

楽しみにしています。

 

 

最後に今週の読了!

 

幽霊屋敷のアイツ 幽霊屋敷のアイツ
1,728円
Amazon

 

いい本でした。3日で読んじゃいまして、そのあとの余韻がすごく後を引いて、すぐには次の本が読めずにいます。

 

 

なぜ、世界を救うのかわからなかったです"(-""-)"面白かったけど。

 

 

これで、今月の放送大学の面接授業の準備はできた!テストに何が出るかわかりませんが・・・

 

だんだんに本が早くたくさん読めるようになってきました。まだまだ積読がたまってますが、読む環境が整ってきてます。

あとは、新学期になったので、放送大学の授業を進めるだけです。

 

ではまた!

 

 

 

 


テーマ:

こんにちは!

きょうは届いたばっかりのこれを聴いています。

 

 

そうです。探してますのあの後、すぐにYouTubeで見つけました。この名盤に気づかないなんて(>_<)

 

この曲入ってました。

 

 

これで見つからなかったらうそでしょう(笑)

 

というわけで、きのう無事に放送大学の1回目の卒業をしまして、きょうから2周目です。授業はオンラインなので5日に開始です。

 

では、趣向を変えて、今週の読了!です。

 

 

ワンダー Wonder ワンダー Wonder
1,620円
Amazon

 

 

の3冊です。だんだんに読める量が増えてきました。いい傾向です。

きょうはこの3冊のうち立川談慶師匠の本について、書いてみます。「ワンダー」はカミングスーンということで。

 

届いてから何日か、読めないでいました。

わたしは「気がきかない」なあと、自分のこといつも思っています。

だから、だんだんに気になってきて、「ワンダー」も放送大学の予習の「遠野物語」も中断して、読み始めました。

 

談慶師匠がなぜ9年半も前座を続けていらしたのか?

ここで、立川談志師匠が前座の役目として「俺を快適にしろ」っておっしゃたこと。

談慶師匠のほかの本にも登場する有名なお話ですが、それが「気づかい」だということだと解釈しました。

わたしは基本「気づかい」が不得意な人だと自分を評価しているのです。

後になって「失敗したぁ(>_<)」ということが続出です。

 

いろいろなエピソードと談慶師匠が感じたこと、経験したことを織り交ぜ、見事に「気づかい」について書かれています。

談志師匠を「人たらし」の人「気づかい」の人であったと、書かれています。

でも、「快適」って人によって違いますし、年齢や気分によっても違ってきますよね。

この本はきっかけ。

あとはどうすればいいのか?

 

それは、この本を手にしてください。

 

わたしにはこの本が必要で、何回でも読み返すことになると思っていますが、なんでなのか?

きっかけを見逃さないこと、経験を積むこと。それが必要だから読み返したいのです。

上司、家族、談慶師匠(笑)、お客様を「快適」にする。それが自分を伸ばすことになるのかな?って感じています。

 

この本はわたしにとって「マニュアル(これについても書かれています)」ではなく「先行論文」なんだと思っています。

参考にして、頭の中に自分なりの「気づかい」の論文を書きたいのです。そしてそれが生きるように、生活していく。

それがわたしにできる最善のことなんだと、気づいたのです。

これからも失敗もたくさんしていくでしょう。

少しずつ進歩していければ、とこの本に込められている談慶師匠からわたしたち読者にあてた「気づかい」によって勇気が湧いてきました。

 

談慶師匠は「長い前座生活があったから、本が書けた」とこの本でもおっしゃっています。

わたしも今の仕事、まだまだ前座、いや見習いかもしれません。

 

目標見つめて頑張るべし!

 

そう思える一冊でした。

談慶師匠に感謝です!

 

しかし、この本をどのカテゴリーにしようか迷いながら書き上げてしまいました。

談慶師匠は落語家としてこの本を書かれていると思うのです。

カテゴリーなんてどうでもいいのかもしれません。

 

ではまた(^^♪

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス