こんにちは!

整理収納アドバイザー 

七尾亜紀子です。

「忙しいママ」の毎日が

もっとラクに、

もっと楽しくなるための

 

収納・家事・インテリアの

アイデアを発信しています。

 

 

 

 

今日は母の日ですね!

 

我が家は今日は夫と子どもたちが

ご飯などを準備してくれて

母をおもてなししてくれるそうです(笑)

 

もう母業も12年目くらいになると

これ欲しい!とかこれやってほしい!

みたいな欲はあまりないものですが(^^;

 

その気持ちが嬉しいな〜と思う

母の日の朝です(^^)

 

 

 

さて、ここからは今日の本題へ!

 

先日より、全3回に分けて

お片付けのお困りタイプ別の

傾向と対策について

取り上げさせていただいています。

 

 

そのタイプというのはこちらの3種類。

 

①モノが多すぎタイプ

→モノが収納から溢れるほどある方

 

②収納ベタタイプ

→モノはさほど多くないが

 うまく収納できない人

 

③物足りないタイプ

→それなりに片付いているのに

 なぜか満足できない人

 

 

一昨日の記事で、まずは①の

「モノが多すぎタイプ」について

取り上げました。

 

 

 

今回はその続きの第2弾として、

 

「収納ベタ」タイプの

お片付けの傾向と対策を解説!

【パターン別片付け法②】

 

というテーマで、

 

「収納ベタタイプ」について

詳しく解説したいと思います!

 

 

■「収納ベタタイプ」によくある傾向

 

(※こちらの整理収納コンサル事例の記事の写真より引用)

 

では、まず「収納ベタ」タイプのお宅に

よくある傾向をいくつか

挙げてみたいと思います。

 

 

・モノを減らすことに抵抗はないが、

 その後どうしたらいいかわからない

 

・収納用品を探すのが面倒で、

 ケースを使わずに直接置いてしまう

 

・とりあえず空いているスペースに

 モノをちょい置きしがち

 

 

お片付けのステップは、

「整理→収納→片付け」という流れですが、

 

このうち「整理」はある程度できるものの、

「収納」がうまくできない、というのが

こちらのタイプの方です。

 

ですが、収納方法のアドバイス次第で

大きく変化が見込めるお宅でもあるので、

 

このタイプのお宅でのお片付け作業は

私は個人的には大好きです(笑)

 

 

■「収納ベタタイプ」がやるべきこと

 

(※こちらの整理収納コンサル事例の記事の写真より引用)

 

では、「収納ベタ」タイプの方に

意識していただきたいポイントを

何点かご紹介します。

 

 

1.棚の段ごとにテーマを名付ける

→テーマが決まっていない箇所は

 カオス状態になりやすい

 

 

収納スペースごとに、

 

「ここは何の棚か?」

「この段のテーマは何か?」

 

と自分に聞いてみて、

即答できない箇所は注意が必要ですアセアセ

 

ざっくりとでも、「文具ゾーン」

「防災用品ゾーン」などとテーマが

ちゃんと決まっていると、

それだけでもだいぶスッキリします。

 

どのテーマにも当てはまらないモノの

置き場所として、「保留ゾーン」を

どこか1箇所作っておくのもアリです。

 

その「保留ゾーン」は多少散らかるかも

しれませんが、他の箇所まで

カオス化することを防ぐことができます(^^)

 

 

ゾーニング関連については

こちらの過去記事も参考にどうぞ↓

 

 

 

 

2.自分のテッパン収納用品を決めてしまう

→家の近くで入手しやすいものを

 どれか1つ決めてそのシリーズだけ使う

 

「収納ベタタイプ」の方に多いのが、

 

「収納用品を選ぶのが面倒くさい」

 

という傾向です。

 

ただ、収納用品の選択肢は

たくさんあるようで、意外とどれも

似たりよったりだったりするので、

 

「コレ!」という自分の中での

テッパンシリーズを決めてしまって、

それだけ買い足していくようにすると

悩まなくて済むのでオススメです。

 

 

キッチンや棚に置くバスケット類では、

以下のシリーズが入手しやすく

使い回しやすいです。

 

 

 

 

 

 

この中でご自宅の近くの100均で

在庫が揃っていそうなものを選んで、

 

これ!と決めたシリーズだけを

買い足していくようにすると

見た目も揃ってスッキリ見えます(^^)

 

 

 

3.ちょい置きしがちなモノをメモする

→ちょい置きしやすいモノと原因を

 一つずつ整理して潰していく

 

「収納ベタタイプ」に多いのが

ちょい置き問題ですアセアセ

 

ちょい置きしてしまうのには

モノごとに1つ1つ理由があり、

 

まとめて解決できないので

1つずつ潰していく必要があります。

 

そのため、散らかりが気になる箇所は

細かくチェックしてみて、

解決法を考えてみましょう!

 

 

ちょい置き問題の解決法については

こちらの記事を参考にどうぞ↓

 

 

 

■「収納ベタタイプ」のお宅のBeforeAfter事例

 

では、最後に「収納ベタタイプ」に

当てはまるお宅のBeforeAfter事例も

いくつかご紹介したいと思います!

 

<Before>

 

<After>

 

こちらのお宅はまさにちょい置きが

多くなりがちな傾向がありました。

 

その理由としては、よく使う

救急用品と収納用品の大きさが

合っていなくて入れづらかったため、

 

別の場所で使っていたサイズの合った

引き出しを使いまわして、

戻しやすい収納に改善しました。

 

 

 

<Before>

 

<After>

 

こちらのお宅は、階段下で

使いづらく棚板もない収納スペースを

持て余されていました。

 

突っ張り棚で空間を区切る工夫は

ご自身でもされていたものの、

 

モノを直接置くと安定が悪かったため、

お手持ちのカゴや100均のボックスで

種類ごとにまとめて、

 

分かりやすく出し入れもしやすい

収納に見直しました。

 

 

 

<Before>

 

<After>

 

そしてこちらのお宅も

スペースはあるもののうまく

活用できていなかったため、

 

段ごとにテーマを決めて、

100均のカゴを使って小物をまとめて

分かりやすく収納しました。

 

 

 

 

 

以上、「収納ベタタイプ」の

傾向とお片付け攻略法についての

ご紹介でした!

 

今後、最後の1タイプについても

別の記事で取り上げていきたいと

思っていますので、

そちらもぜひ参考にしてみてください!

 

 

<収納関連のトラコミュはこちら>

 

にほんブログ村テーマ ビフォー・アフターへ
ビフォー・アフター 

 

にほんブログ村テーマ 片付けて プチストレスをなくしていくへ
片付けて プチストレスをなくしていく 

 

にほんブログ村テーマ わが家の快適収納へ
わが家の快適収納 

 

にほんブログ村テーマ シンプルで綺麗な収納&片付けへ
シンプルで綺麗な収納&片付け 

 

にほんブログ村テーマ 整理整頓・お片づけ♪へ
整理整頓・お片づけ♪

 

 

<現在募集中の整理収納サービス>

 

★オンラインお片付けコンサルティング

→詳細・お申し込みはこちら

 

★訪問型の整理収納コンサルティング

→詳細・お申し込みはこちら

 

 

Youtubeチャンネル更新中!

→最新のYouTube動画はこちら

 

 

 

Stand.fmでラジオ番組配信中!(平日毎日更新)

 

 

↑読者登録をしていただきますと、

 アプリでブログ更新通知が届きます♪

 

↑我が家の愛用品を掲載しています。

著書発売中です!

「自動的に部屋が片づく忙しい人専用 収納プログラム」

楽天ブックス

Amazon

 

インスタグラムはこちら。

毎日ストーリーズにブログ更新情報をアップしています。
Instagram

お気軽にフォローしてください♪

 

Facebookページはこちら。

こちらもフォローしていただくと毎日ブログ更新情報がアップされます。

 

 

ランキングに参加しています。

 

いつもたくさんの応援クリック

本当にありがとうございます!


更新の励みになっています。

ぜひ「見たよ~」のクリックを

下の2つのバナーにいただけると嬉しいです!

 

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村