ライフクリニック 訪問リハビリブログ
  • 27Jan
    • ☆小児主催の研修会開催の画像

      ☆小児主催の研修会開催

      先日、1月22日にライフクリニック主催の研修会を行いました‼️これまで介護保険領域の研修会は開催していたものの、小児 (医療保険領域) は初めて。来てくださるか不安ばかりでしたが、これだけたくさんの方にお越しくださいました‼️来てくださった方々、本当にありがとうございましたm(_ _)m色々な職種の方に来ていただき、貴重な意見を伺うことが出来ました。小児領域での多職種連携がまだ難しい現状、このような機会が持てたことは非常に有意義だったかと思います‼️また第2回、3回と開催できたらと思いますので、今後とも宜しくお願いしますm(_ _)m

  • 13Jan
    • ☆2020ブログ再開!

       ・  ・ さて、 2020年 が始まりました。心機一転、ブログ を 再開 します!仕事 も ブログ もがんばります!本年もどうぞよろしくお願い致します<(_ _)> ・  ・ 

  • 04Sep
    • ☆新入職員です

      4月に入職しました11年目の不器用OTです回復期病棟、外来リハビリ、通所リハビリと経験してまいりました名前の通り手先も生き方も不器用ですが、利用者様にとって価値のある作業に向けて、一緒に挑戦できる作業療法士でありたいと考えております

  • 21Aug
    • ☆なつの思い出

      作業療法士のS です。暑い日が続きますが皆様元気にお過ごしでしょうか?私は夏になると毎年思い出すことがあります。 小学校の時の夏休みは毎年、一家4人車に乗って東北.北海道へ一週間旅行をしました。。。ネットの無い時代なので母が地図を見ながら地元の人に道を尋ねながらナビゲート、父が運転手。             ガイドブックであちらこちらの名所旧跡、今では世界遺産である場所にも連れていってもらったのに、覚えているのは、美味しかった食べ物の事や 車中での兄弟喧嘩や…そんな事ばかりです。 あれから、何年たったのか…   一週間運転しっぱなしでも   安全運転だった父の運転も怪しく不安になって来て、 老眼の母は今では地図の判読も目をシバシバと。。なにはともあれ、 夏になると何故かワクワクするのは・・・・・あの日の北海道が 脳の奥にへばりついているからでしょうね 皆様は、暑い季節になると何を思い出されますか?

  • 15Aug
    • ☆熱中症注意! まだまだ暑い日が続いています!の画像

      ☆熱中症注意! まだまだ暑い日が続いています!

      今週のブログ担当は私、理学療法士Mです‼皆様ご無沙汰しております。7月は雨続きで、、なかなか太陽を拝むことが出来なかったですね(;・∀・)おかげで洗濯物は常に室内干し、そして家の中も湿気でジメジメです。。。ですが、ようやく梅雨明けし!久々にしっかりと太陽を拝むことが出来るようになりましたね!!とは言え、7月は梅雨寒による冷夏であまり気温が高くなかったのでいきなりこの30℃超えは身体がついてきませんね(+_+)さぁ、このような暑い夏がやってくると注意しなくてはいけないのが皆さんご存知の熱中症です!!夏になるともう耳にタコができるくらい、いろいろなところから注意を促されますね。もう何回も聞いてるから聞き飽きたと言う方もいらっしゃるかもしれませんが、それでも毎年多くの方が熱中症で救急搬送されているんです。自分は大丈夫!!と思っていてどなたでも熱中症になるリスクはもっているんです。なので皆さん、熱中症の情報は何度でも発信します!!今回のブログでは消防庁や環境省から発信されている熱中症予防のポイントや応急処置・対応についてご紹介します。こんな症状でてないですか?□めまいや顔のほてり□筋肉痛や筋肉のけいれん□体のだるさや吐き気、気持ち悪さ□汗のかき方がおかしい□体温が高い□呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない□水分補給ができない                     皆さん、これから暑い日が続きますが、くれぐれも熱中症には注意して夏を乗り切りましょう!!ー・-・-・-・-・-・-・-・-<(_ _)> <(_ _)> <(_ _)>今年の梅雨明けは7月29日。そうです、投稿が遅れました。私、ブログ係のせいです。申し訳ございません。しかし!内容自体は、まだまだ活用頂けます!特に!!台風過ぎてからまた暑くなると思います!湿気もすごいです。このブログが、皆さまのお役に立てますように。どうぞ、お身体に気をつけてお過ごしくださいませ。

  • 29Jul
    • ☆ライフクリニック小児チームをよろしくお願いいたします!

      今年度よりライフクリニック 小児チーム となりました子だくさん理学療法士S です!ライフクリニックでも小児チームをスタートしたことを多くの方々へ知っていただくために手探りで準備や広報営業活動を進めて参りました  これまでにご挨拶へ伺ったのは・・・区役所、保健所、訪問看護ステーション、計画相談支援員様、介護支援事業所、児童発達支援事業所、デイサービス事業所、特別支援学校、療育センター、23区内の総合・地域医療母子医療センターとなっている大学病院のソーシャルワーカー様、退院支援ご担当者様など。 お忙しいところご対応いただき       ありがとうございます!・・地域では訪問看護ステーションなどの理学療法士、作業療法士、言語聴覚士のリハ職の皆様がすでに小児の方や障がいをお持ちの方への医療保険でのリハを実施されていらっしゃいます。  新参者ですが地域の皆様、    どうぞよろしくお願いいたしますそしてこんな時は・・・訪看さんのリハがマンパワーやエリアの都合で受けきれない訪看さんがすでに2か所入っている訪看さんにリハ職が不在訪看さんと同日にリハに入ってほしい(入れるんです!)もっとリハを増やしたい などなど・・・  リハのご要望がございましたら       ご相談いただければと思います。ご家族の方からでも関連職種の方からでも結構です。・・・・・・・・・・ 小児担当(小川)までご連絡ください。   ☞03-5638-8556(代表) ・・・・・・・・・・ 【訪問エリア】 介護保険領域 墨田区・江東区14名のPT/OT/ST対応  医療保険領域 下記の地図 赤線枠内にてPT2名で対応 墨田区・江東区と各区の近隣一部に訪問致します!     ライフクリニック訪問リハでは         0歳からご年齢に制限なく、           リハビリテーションが必要な方へご対応致します!またライフクリニックには訪問診療もございます。リハスタッフは医師への相談、症例検討などを実施し 密に連携を図っております。リハビリテーション事業所であり、リハに特化した事業所となっております。今後ともライフクリニックを どうぞよろしくお願いいたします

  • 12Jul
    • ☆車椅子でも宮古島!

      こんにちは!作業療法士の KM です。 前回に続き、今回も私が担当させて頂きます!久々に父の話をします。私の父は一昨年、大腿骨頚部骨折を受傷し、 手術・入院を経て今は自宅にいます。杖歩行が一応できますが家の中 数m 程で、 ゆっくりとしたスピードで歩く状態ですそんな状態なので、母は「もう出かけることは出来ないか・・・」と思ったそうです。しかし、私が「車いすで出かければいいんじゃない?」「今は駅もバリアフリーで、大抵エレベーターがあるよ」「駅員さんに頼んだら送迎や乗り込みを手伝ってくれる。   私も手伝う。」 等々話したところ、 母も「出かけられるかな?」と 思ったそうです。そこでまず恒例だった、 東京での娘家族合同の年始参りに、  チャレンジしました!すると「思っていたより全然大丈夫だった!」「駅員さんも手伝ってくれたから楽だった!」「父も楽しかった・また行こうって言っていた!」との反応。 それから毎年年始参り・バス旅行等を楽しんでいます。そしてこの5月・・・両親と私の3人で 宮古島へ旅行に行きました! ***  *** 曇り空であったものの           青い海、素敵なリゾートホテル、おいしい食事の他に、陽気なバスガイドさんや他のツアーの皆様等にも支えられ、とても楽しめました何よりも両親は「もう最期かもしれないけど、 行けてよかった。いい思い出になった」と喜んでいました  私は、                      これが最後と言わず、       まだまだ楽しんでほしい、      そのために今後も手伝うよ、              と言いたいです。。最後に・・・ 行きと帰りで航空会社が違いました。ある会社は 『車椅子の利用者様1台に限り1人しか付き添いを認められ  ない』と言われ、 両親と私は別のタイミングで搭乗しないといけません でした。しかし、別の会社では 『車椅子の利用者様と同じグループなら、何人でも一緒のタイミングで搭乗してOK 』  と言われました。  ですので、車椅子のご利用の方と旅行に行くとしたら 個人的にはJALがお薦めです![後日、本人撮影の写真をコチラにUPさせて頂きます☆]

  • 25Jun
    • ☆クリニック主催 勉強会開催 第4回の画像

      ☆クリニック主催 勉強会開催 第4回

      こんにちは!作業療法士の KM です6月18日に当クリニック主催の勉強会がありましたタイトルは『在宅におけるリハ評価と治療方法~何を見て、何を考え、どうアプローチするか~』ということで、当クリニックの作業療法士・言語聴覚士が講師を務めさせて頂きました!ケアマネージャー様・リハビリ職をはじめとした地域サービスに関わる方々が約20名お越しくださいました!講義中心で最後は質疑応答を行いましましたが、積極的な質疑応答が行われ、あっという間の1時間半でした!!内容は、 1.リハビリとは、訪問リハビリとは何か、                  という大まかな内容から 2.症例を通じて、具体的にどう考えて           関わっているのか、                 という具体例の紹介を行い、とても分かりやすくて良かった!と思います。アンケートでも「良く分かった」「理解できた」と  概ね高評価を頂きました!!個人的には内容も良かったですが「この各30分という持ち時間で、よくここまで、 わかりやすく説明できるなあ」と感心しましたこのようにわかりやすく説明できる力は、リハビリを知らない多職種の方やご家族に説明する時にとても大事!と思うので、私も話下手なのを克服してわかりやすく説明できるようになりたいと思います皆さま、お忙しい中ご参加ありがとうございました!!尚 次回は10月ごろ開催させて頂く予定です。詳細が決まり次第ご連絡いたしますので、ご興味がありましたら、是非!ご参加をお持ちしております

  • 21Jun
    • ☆地域貢献できる事業所をめざして

      作業療法士のHBです。この度は、ライフクリニックブログを見て頂き、ありがとうございます今年度に入り、4名の新しいスタッフを迎え、計16名のリハビリスタッフで活動しております。先月リハ科内研修において、地域の包括支援センターの所長様にお願いし、リハビリスタッフ向けの研修会を開催させて頂きました。その中で、地域の包括支援センターの役割や包括支援センター側からのリハビリ職への期待や提言を頂く事で、地域でリハビリ職が活動する意味を知って頂ければと思い、企画しました。7月は光栄なことに、地域包括支援センター・地域リハビリテーションセミナー・CM部会で、研修の講師依頼を頂いております。この機会を無駄にせず、「リハビリ職に出来ること」を皆様に知ってもらい、地域において活用して頂ける様にしていきたいと考えております。そして、研修の資料を作成している中で、「地域でリハビリ職が活動する意味」を改めて考え直しております。私達リハビリ職がただ単に訪問リハビリを行う為に地域に居るのではなく、・「自分達にしか出来ない事」・・「地域に求められている事」・を各スタッフが考えながら業務を行える、そんなスタッフの育成に努めていき、真の「地域貢献」が出来る事業所にしていきたいと思います。今後ともライフクリニックを宜しくお願い致します

  • 03Jun
    • ☆子どもたちの訪問リハビリ、はじめました♪

      こんにちは、「ごきげんテレビ」です。この度ライフクリニックでは、小児の訪問リハビリを4月より開始しましたこれまでライフクリニックとして介護保険領域で培ってきた地域連携、スタッフそれぞれが培ってきた小児リハや訪問リハの知識・技術を活かして、より地域に貢献出来たらと考えております。 早速、子どもたちのリハビリを必要としているご家族や関係各所から当院の小児訪問リハビリ開設にあたり、喜びの声をいただいております訪問できる地域は 墨田区・江東区全域。平日(月~金)の9~18 時、対象は新生児から受け入れ、年齢は問いません。疾患も脳性麻痺から遺伝性疾患、神経筋疾患、気管切開されている児や呼吸器を装着していても受け入れさせて頂いています!ご準備いただくのは、医師の指示書だけ。その前に当院にお電話でご相談いただけたらと思います。ご家族からはもちろん関係各所からのご紹介も対応させていただきます。各種医療費助成制度も扱っておりますので、料金に関してもご相談いただければと思います。リハビリを通して、より地域に根差した医療をご提供できたらと考えております。ぜひ一度お電話ください一人でも多くの笑顔のため、安心して生活できる地域創生のために、人生のお手伝いができればと考えております#小児#訪問リハ#訪問看護#墨田区#江東区#理学療法士#作業療法士#言語聴覚士#障害#療育#放課後デイ#医療ケア児#気切#呼吸器#重心#未熟児#肢体不自由#先天性疾患#遺伝性疾患#トリソミー#難病#保育園#特別支援学校#診療所#病院

  • 17May
    • ☆新メンバー紹介

      こんにちは!この度 4月に入職しました作業療法士のAです今までは愛知県・三重県の病院で勤務し、この度初関東・初訪問分野への進出となりました!病院でも自宅を想定した動作の練習はできますが、実際の環境と模擬の環境での違いを痛感した経験があり、それから訪問分野に興味を持ち始め、このたび入職となりました。どうしたら利用者様や家族が自宅で生活しやすくなるか、その人にとってより良い一日を過ごしていけるようになるかを皆様と話し合いながら考えていきたいと思っています。念願だった訪問分野での勤務が始まりましたが、まだまだ地名や道が分からずやや迷子になりながらスカイツリーを毎日眺めて自転車であちこち移動しています。新しい土地での生活や、いろいろな方々と交流できることを楽しみにしながら、土地や業務に慣れて徐々に自分らしいリハビリが提供できるようになれたらと思っています!まだまだひよっこな私ですがどうぞよろしくお願い致します

  • 19Apr
    • ☆いのちの画像

      ☆いのち

      こんにちは!ご無沙汰しております作業療法士のMです!個人的なことになりますが、先月、87歳で祖母が亡くなりました。末期癌でしたが余命の診断より一年長く生きることができました。更に次の日に甥っ子が無事産まれました。祖母が最後の時期にちょうど出産のために妹が里帰りしており看病もしてくれていました。祖母はひ孫に会うことはできませんでしたが、大往生だったかと思います。生と死やその生き方は仕事上でも関係することが多く、改めて考えさせられる機会になったと思ってこれからも精進していきます!!

  • 12Apr
    • ☆百聞は一見に如かず

      久しぶりにブログ担当が回ってきましたスーパーです。書きたいネタがたくさんたまっております。皆さま、  「百聞は一見にしかず」. という言葉をご存知でしょうか。                 「100 回聞くよりも、    1回見たほうがよくわかる」                ってやつです。これには2つの意味がありまして1つは先ほど言ったものもう一つは、「100 回聞くよりも自分で1回見る方が間違いない」ってことです。                        僕はこれ間違いないと思ってまして、1 回自分で見る、調べる、やってみる。特にやってみることが難しいことではありますが、令和の年はやってみる年にしようと思っています。では皆さんに質問です。100回聞くより1回見る方が大事。では、100回見たらどうなるでしょうか??これには諸説ありますが、続きがあるんです。百聞は一見にしかず    聞くより 実際に見てみることが大事百閒は一考にしかず    見るだけでなく 考えることが大事百考は一行にしかず    考えるだけでなく 行動することが大事百行は一果にしかず    行動して 結果を出すことが大事百果は一幸にしかず    結果だけでなく 幸せにつなげることが大事百幸は一皇にしかず    自分だけでなく 皆の幸せにつなげることが大事こんなに続きがあることは少し前までは知りませんでした。最初だけが印象に残ってみんな知ってるけど、実は続きがあったり、別の意味があったりすることはたくさんあると思います。当たり前と常識に流されないで、疑問をもって、気づける力をより伸ばしていきたいと思います。と思い、"気づく”って英語だとなんていうんだろうと調べると”recognize” ”realize” ”notice” の3つもありました!!

  • 05Apr
    • ☆桜シーズン

      PTのIです。4月に入り寒い日が続いていますね。でも、寒い日が続いた分、例年に比べて桜の花の持ちがよいようですこの時期に、訪問リハビリの仕事をしていて思うのは、自分が桜の花が好きなこと。そして利用者の皆様も桜の花が好きなことでしょうか。また、普段は訓練としての屋外歩行が嫌いな方でも、「桜の花が満開なので、花見をしながら散歩しませんか?」と、誘うといつもよりすこし嬉しそうに誘いに乗ってくれます日本人のDNAがそうさせるのでしょうか。          

  • 29Mar
    • ☆有給休暇でのんびり 卒業シーズン・母親としての時間

      子だくさんPTのSです(*‘∀‘)!卒業の季節ですね我が家にも卒業生が2名おり先日無事に修了しました!平日に2日間だったのですが有給休暇をとり丸々2日祝日、土日を挟んでトータル5日も休ませていただきました!半休でしたら慌ただしくてじっくり味わえなかった慶びを、のんびりと有意義に過ごすとができました! 当クリニックでは有給休暇を  積極的に消化出来ます! 利用者様の振替は空きのあるスタッフが対応します。無理はせずお互い様で皆快く引き受けてくれます(๑>◡<๑)さて…次は入学式2回です( *´艸`)もうすぐ桜も、満開ですね!その前に綺麗な綺麗なお花が咲いていましたよ!さて何のお花でしょ~か??          答えは                                                                               桃の花  です! 満開でした\(´∀`)/★☆★30年度お疲れさまでした! 31年度も進化したライフクリニックをお願いいたします!!

  • 18Mar
    • ☆3月11日 東日本大震災から8年

      東日本大震災から8年が過ぎました。震災から1年後、石巻市を訪れ被害の大きかった大川小学校へも手を合わせに行って来ました。被災地の空気感や情景は今でも忘れることができません。ある日突然日常が奪われ、家族を失い、「頑張れ、頑張れ」と再建を押し付けられ…どの様な言葉を使っても被災地の方々の思いには及びません。私に唯一出来るのは「当事者でなくては絶対分からない思いがある事をじゅうじゅう心に刻むこと。そうではあっても、いかに振る舞うべきかを常に考え成熟させる努力をすること」と思います。それは、被災者への思いだけでは無く、病に苦しんでいる方々に対しても同様です。3月11日という日は私の患者様への思い、患者様自身の思い、患者様の家族の思い、そして自身の生き方、色々なことを見つめなおすそんな日になっています。

  • 13Mar
    • ☆H31年4月~小児分野開設します!

      こんにちは!理学療法士の「ごきげんテレビです」!先日のことですがが手元に届きました!!区東部地域リハビリテーション支援センター事業主催の研修に全7回に参加した証☆彡「終了証書」年間を通して、主催される研修に7回参加し、学ばせて頂くと頂ける証書です。修了した者は下記のホームページに名前が掲載されるという特典付き!!研修の内容は多岐に渡り、非常に有意義な時間となりました。特に呼吸と小児の分野においては印象に強く残っています。     また是非参加できればと思っています。私たちライフクリニックは、来年度より医療保険での小児訪問リハビリテーションを開設します新たな取り組み、チャレンジです。その子の生活、将来、家族、取り巻く環境をより良いものにできるよう、子どもたちの在宅リハを支える担い手になるべく奮闘していきたいと思います。これからも勉強し続け、質の高いサービスを提供できるよう取り組んでまいります余談ですが、NHKのバリバラってご存知ですか??一人の人としても、医療者としても面白く、ためになる番組だと思います。次回放送は3月17日(日)夜7時~です!障害者のための情報バラエティー「バリバラ」。笑いの要素を織り交ぜ、これまでタブー視されてきたテーマにも挑んできました。2016年4月からは、障害のある人に限らず「生きづらさを抱えるすべてのマイノリティー」の人たちにとっての“バリア“をなくすために、みんなで考えていきます。※バリバラHPより引用

  • 04Mar
    • ☆雑誌 Newton より「最新科学にもとづく 食と健康の正しい知識」を読んでの画像

      ☆雑誌 Newton より「最新科学にもとづく 食と健康の正しい知識」を読んで

      こんにちは!最近TVで健康・医療番組が増えていて、もうチェックできなくなった作業療法士のKMです(笑)先日、当クリニックのTS先生より、雑誌「Newton」の2018年12月号をお借りしました。特集は・・ 「最新科学にもとづく        食と健康の正しい知識」一般的に体に良いとされている食物や成分が、本当に科学的に根拠があるのかを、奇麗な写真や図と簡潔な文章で分かりやすく解説をしていました。結論としては  どの食事も “適量” を “バランスよく” とることが大事! つまり ① 体に悪いと一般的に言われているものでも、  少量ならば問題ないことが多い② かえって全然摂らないと体を壊すこともある③ 体に良いという食品でもそればかり摂取すると  体を害することがある                  と言っています。またサプリメントなど健康食品の広告で1.「これを飲んで効いた人が〇%いる」というだけでは、  本当にその食品“のみ”で体調が良くなったのか、  といえない2.「これを食べて治った」という食品はない→もし治ったのであれば、 それは医薬品と認定されているはず、と言っています。個人的にはサプリメントはあくまで「補助食」であるため、基本は食事をベースに、足りない部分を補給、というスタンスで良いと思います。そのため食事をバランスよく摂っていれば、あまりサプリメントに頼る必要ないのでは、と思います。利用者様で「このサプリメントを飲んでいるから、膝や体調が良くなる!」という方もいらっしゃいますが、くれぐれもかかりつけの先生と相談したうえで、容量・用法を守って摂るようお伝えしていきたいと思います。追伸 今回初めて読みましたが、この雑誌はとても読みやすくて面白いです!   貸していただいたTS先生に感謝感激です!   TS先生だけではなく、在宅医のDrは西洋東洋医学に 限らず幅広い知識を持っている方が多いので、何か   心配事や悩みがあるようでしたら是非ご相談を!!<参考文献>Newton 2018年12月号  株式会社ニュートンプレス

  • 25Feb
    • ☆がんのリハビリテーションについて

      ムー太郎です。先日、『 乳がん × ボディーメイク 』という勉強会に参加しました。余談ですが、いま、日本人の2人に1人は一生のうちに1度はがんになると言われているデータがあります。ひと昔前は不治の病でしたが、様々な研究が進められており、様々な治療法が確立されてきています。最近では、去年のノーベル賞を受賞された免疫療法が話題になりましたね。『日本人のためのがん予防法』(社会と健康研究センター)では、6つの要因が取り上げられています。①禁煙②節酒③食生活④身体活動⑤適正体重の維持⑥感染<①~⑤は日ごろの生活習慣に関わります>がんになる前に予防をする、なったら治療をする等場面によって何をするか選択していきますが、実は、日本はがんのリハビリテーションがあまり普及していないという話がありました。がんのリハビリテーションの分類として 予防的 ⇒ 回復的 ⇒ 維持的 ⇒ 緩和的と分けた場合、アメリカでは予防~維持で有効性が示され、重要とされている中で、日本では維持~緩和での関わりが中心となっています。実際に自分が関わっている中で、運動における身体への作用/効果を感じています。例えば、筋膜性の痛みに対してはお薬では効果を得られにくかったものの、リハビリテーションにて痛みの緩和が図れ、寝ているのもつらかった状況から外出ができるようになったり。もちろん、個人差や状況による場面が多くあるかとは思いますが、予防と回復での関わりが少ないのか。。。いかに世の中に知ってもらえるか。いかに私たちリハビリテーションを活用してもらえるか。多くの課題に気づき、様々な方と協力し合いながら解決していく必要性を感じた日になりました。勉強し、行動し、何かしら発信/対応等していきたく思っています。

  • 14Feb
    • ☆第3回研修会開催「楽に動ける!手伝える!身体の仕組みから動きを知りましょう!」

      2月らしい気候で、毎日冷えますね~⛄あと少しで春!と、毎日自分を元気づけながら自転車をこいでいます🚲まりこんぶです。さてさて。先日ライフクリニックで主催している研修会を開催させていただきました。 今回で3回目となり、墨田区・江東区のケアマネジャ—様、介護老人保健施設の看護師、リハビリスタッフの方々等、幅広くご参加いただいております。今回は『「楽に動ける!」「手伝える!」身体の仕組みから動きを知りましょう!』という事で、動作や介助方法について、体の構造や動く時の仕組み・コツを、実技を交えて実感していただきました。ご参加いただいた方からは、「もっとリハビリ職からの視点を聞きたい」「各利用者さんに対してのアドバイスを知りたい」という意見をいただき、利用者さんに関わる担当者間での連携が大切であることを、スタッフ一同再確認できました。利用者さんのより良い生活に向けて、専門職である自分たちにできる事を広く活用していただき、皆さまと関わっていきたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。