ライフクリニック 訪問リハビリブログ
  • 10Aug
    • ☆研修会参加(痛みの治療)

      今週の担当は理学療法士のRHです。リハビリの業界の中では病気や痛み等に対して、いろんなテクニックがあり、それぞれ名のある先生方がいまして、研究も日々進んでいます。その中で、、、先日、私は筋膜マニピュレーション国際コースのworkshopに参加しました。Level1~3まで順番に受講し、今回はLevel 3のための復習ということで、2日間の触診の確認を行いました。日頃から治療場面で使っていないと身に付かないので、疼痛で困っている利用者さんに対して、筋膜の高密度化をグリグリやっています。ちなみに、治療効果はかなり結果が出ます9月の本コースは7日間の長丁場なので、お休みを頂けたクリニックには感謝です。触診技術も向上して非常に勉強になりますので、興味のある方は是非、参加してみて下さい

      2
      テーマ:
  • 06Aug
    • ☆BLS:一時救命処置

      こんにちは!「ごきげんテレビです」暑い日が続いておりますが、ばてていませんか?自分が倒れては本も子もありません。水分とってゆっくりいきましょさてみなさん、この問題わかりますか??みなさん。何問わかりましたかこの問題は、みなさんもご存じのBLSに関する問題です。救急車が到着するまでの間に迅速で適切な応急手当てを行うことで、助かる確率が高くなります。この応急手当のことを、BLSBasic Life Support:一次救命処置と呼びます。先日私は、このBLSの講習を受けて来ました。(地味に自慢しています笑、満点ですよ満点)私が訪問リハビリの領域に足を踏み入れてから半年が経ちます。病院とは違い1対1の環境下救急車の音を聴かない日はないこの江東区、墨田区まず思ったのは、利用者さんが倒れたらどうしよう訪問した時に部屋で倒れていたら・・・ということです。病院なら他のスタッフもいるし、何より医師がいます。しかし今の環境には、誰もいません。私が一人でできることは何か?と考えたときにこのBLSが思い浮かびました。できないよりできたほうがいいし、講習を受けることで何より自信がつきます。私たちはリハ職なのでリハビリを提供することはもちろんですが、医療従事者として、別の視点で“できること”を持っておくことも大事かと。私が今回受けたのは、AHA(アメリカ心臓協会)が認定している講習で、コース修了者には国際ライセンスカードが付与されます。私の前の職場では、全職員がこの認定資格を取得しなければならない。という動きがでています。みなさんも興味があれば、機会があれば是非受けてみてください。あなたが倒れている方を見つけた第一発見者だったらどうしますか?まずは、大きな声で助けを呼んでください救急ボタンを押してくださいできる方は救急隊が到着するまで力を振り絞って胸骨圧迫をし続けてくださいその先につながる命があるかもしれません。参考までに日本ACLS協会https://www.acls.jp/public/dispatcher.php?c=Top

      1
      テーマ:
  • 30Jul
    • ☆私の父も

      こんにちは!作業療法士のKMです。早いもので父が転倒して頚部骨折を受傷してから、もう1年が経ちます。骨折→手術→自宅退院と、怒涛の日々を過ごし・・現在は週1回の訪問リハビリのみ、在宅サービスを受けて過ごしてます。途中通所リハビリも利用してましたが、通所は「行きたくない」という理由で終了!理由は、、、「自分のことを知っている人がいるから」父はあまり他者に慣れ慣れしくされると、嫌になり拒絶する人でした・・・今まで知らなかった!!そんな父の日課は、1㎞弱の距離を歩き昼食を食べに行くことです。ケアプランとしては「家に閉じこもらないように」「同居している家族の負担を軽減するために」通所を勧めることも多いと思います。ですが日課の食事に行くことは「父が自ら行いたいこと」であり、唯一続けられることでした。また母も「歩くことは運動になるから、続けられるのであればそれでいいか」と思って受け入れていました。一緒に暮らしている両親が良ければそれも良いか、と自分としても再確認させられました。今はそのプランがうまくいかなくなった時、両親やケアマネージャーと共にどうしたらよいか、一緒に考えていければいいかな、と思っています。

      1
      テーマ:
  • 23Jul
    • ☆熱中症予防は夏の必須課題!!

      作業療法士のムー太郎です本当に、あつい あついあつい…今年は例年と比較にならないほど暑い日が続いていますね。熱中症で搬送された人は、去年と比較し、現段階で2500人以上多いようです。前回のまりこんぶに受けて、今回は熱中症予防!で参りましょう。≪おさらい≫「熱中症」は、、、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分 のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。誰でも(子どもやご年配者だけでなく若者も)どこでも(炎天下はもちろん室内でも)なり得ます。場合によっては死に至ることもあります。≪症状≫〇軽症:めまい、立ちくらみ、気分が悪い、手足のしびれ、筋肉のこむら返り〇中等度:頭痛、吐き気、嘔吐、だるい、虚脱感、いつもと様子が違う〇重症:返事がおかしい、意識消失、痙攣、からだが熱いそれぞれの段階に合わせた休息や冷却が必要になります。場合によっては搬送も検討されます。≪室内対策≫温度:28度以下湿度:60%以下 ※気温によって最適湿度は変動します!換気:外気温33度を超えたら窓は開けない方が良い水分補給と塩分補給をする:経口補水液やスポーツドリンクなどで水分と塩分を補給。のどが渇く前に摂取。最低でも1.2リットル以上墨田区、江東区のケアマネージャー様へはライフクリニック通信を配らせて頂いています。合わせて第14号通信もご参照くださいませ(応急処置のフローチャート等のせています)ご利用者様に対してだけでなく、お互いに、健康に、元気にこの夏を過ごして参りましょう栃木県 鬼怒沼にて

      3
      テーマ:
  • 11Jul
    • ☆熱中症

      こんにちは!まりこんぶです暑い...あつい...毎日暑いです信号待ちも、日かげの場所とりが厳しくなってきましたね調べたところによると、「不感蒸泄(ふかんじょうせつ)」といって、汗以外でも人間の皮膚や気道から蒸散する水分があるんです。なんと成人では1日あたり900mlほど...‼何てこった熱中症予防、気をつけましょう

      2
      テーマ:
  • 03Jul
    • ☆作業療法士学会発表

      お久しぶりです。作業療法士のHBです。先日、第15回東京都作業療法士学会に参加してきました。今回の学会では、初めて実行委員として学会運営に携わさせて頂きました。その中で、学会を運営する中での裏方として多くの方々の尽力や苦労があることを、身に染みて感じました。これまで学会に参加しても、自分が聞きたい講話をメインに参加しておりましたが、学会を運営する皆様の努力等も理解をしながら、一参加者としても改めて気を引き締めて参加していかなければいけないと考え直させられる機会となりました当院でも、この度8月・11月にケアマネージャー様を対象に、訪問リハビリの研修会の実施を考えております。こちらもケアマネージャーの皆様に役立つ充実した内容に出来るように、準備を進めて参りますので、ご興味がある方がいましたら、ご参加お待ちしております

      3
      テーマ:
  • 11Jun
    • ☆東京都 墨田区・江東区のケアマネさまへ

      ライフクリニックのブログをご覧いただきありがとうございます。こんにちは子だくさん理学療法士のSですライフクリニックは、訪問診療とリハビリテーションを行っている訪問リハビリテーション事業所です。エリアは墨田区、江東区全域です北は墨田区堤通や墨田1~5丁目、八広など南は江東区有明、豊洲、辰巳と全域カバーしております。リハのスタッフは6月現在11名(PT7名、OT4名)で墨田区、江東区を大まかな範囲で割り振り、移動時間を短く効率よく訪問できるようにエリアを絞って担当させていただいております。※基本的に担当制です。訪看リハと最も異なる点として4月から介護報酬改定で当院の医師が往診に伺い指示(書)を出すという方針となった点です。医師はリハの利用者様全員を3か月ごとに往診し、身体の状況や、リハの進捗状況を確認、またリハスタッフへの助言や指導、相談できるリハドクターとして関わっていくこととなりました。これは利用者様にとってもリハスタッフにとっても大変心強い! 先日の往診後の利用者様ご家族より「診察で膝に水は溜まっていないから大丈夫と言ってもらってから、膝が痛いと気にして言うことが無くなった」との喜びのお言葉をいただきました。ドクターの言葉はとても深い!安心感を与えるのですね。ご新規の方へも出来るだけ早急に対応できる様にし、最短で往診日当日からのリハの開始もスムーズに可能です。これまでのかかりつけ医への指示書の手配などの手間も削減できます!またかかりつけ医は主治医としてこれまで通り通院していただき、当院へ移行する必要などは一切ありませんのでご安心ください。気になる往診費は初回1000円、2回目より3か月ごとに840円となります(医療保険1割負担)。交通費や指示書代も含まれております。リハビリテーション専門の訪問リハ事業所であるライフクリニックを今後ともどうぞよろしくお願いいたします。ご相談から大歓迎ですお気軽にお問い合わせいただきリハスタッフをお呼び出し下さい03(5638)8556梅雨に入る前に紫陽花が満開でしたね!訪問中に撮りためた色とりどりの紫陽花です

      3
      テーマ:
  • 06Jun
    • ☆UV対策

      こんにちは、訪問リハビリを始めて3年のセラピストY・Iです。 季節や天候に左右される訪問リハビリの仕事ですが、現在関東では雨期が近づいてきていますね。ライフクリニックではセラピストの移動時はバイクや自転車を使用しており、雨の時期は合羽を着用して訪問先を回ったりもします。また、これからの時期は、日差しも意外と馬鹿にできないです。私はUV対策としてパウダータイプの日焼け止めをして回っています。「SPF50+・PA++++」の物を選んでいますが、当初は数値が高ければよいと思っていた、、、このアルファベットのこの表記。実は数値の大小は、塗りなおし可能時間を示すものらしいですね。人にもよりますが、私の場合SPF50で7~8時間は持つ計算。でも数値が高いと肌ダメージも高いらしい。不肖40代の男ですが、美容サイトで学習しました。訪問を始めた初年度は、なんのケアもせずに外に出てしまい軽いやけどのようにもなった私は、屋内外を一日中出たり入ったりするので上記の物を選び、朝に一回だけ塗布しています。これを読んでいる諸兄らで「SPFとかPAとかは高ければ大丈夫」と思っている方々は、一度自分に合うものを選んでみてはいかがでしょうか

      2
      テーマ:
  • 25May
    • ☆平凡が一番

      先日、大川小学校児童の津波被害に関する裁判がニュースになっていた。時が過ぎても、穏やかざる日々を送っているのだろう。母と震災後に石巻の大川小学校に行ったことがある。あちらこちらで復興のための工事がされており、トラックが土埃を立てながらひっきりなしに走っていた。車で30分ほど走った先に、津波で外壁が剥ぎ取られ、教室内がむき出しの校舎があり、知っている言葉では言い表せない感情を抱いたのを覚えている。あれから7年。ある日突然日常が奪われ、非日常の中で必死に皆頑張って、日常を取り戻そうと心身共に精いっぱい頑張って。病を得て、今までとは違う身体や環境に身を置かざるを得ない方々の言われる「平凡が一番」の言葉の重み・・・・日常を取り戻し再建しようとする姿に、、寄り添えたらと思います。

      6
      テーマ:
  • 15May
    • ☆訪問リハを通じて、マナーの勉強

      理学療法士5年目 スーパーです私は訪問リハビリテーションは3年目になりますが、必ず気を付けていることがあります。それは、訪問させて頂く際のマナーです。お尻を向けないや、言葉遣いなどもちろん完璧ではないと思いますが、① 靴の脱ぎ方、履き方② 敷居を踏まない③ 畳の縁を踏まない を習慣づけています。それぞれ理由はありますが、ここでは割愛させて頂きます。きっかけになったのは、茶道の先生をされている利用者様に訪問リハビリを提供させて頂いた経験があり、その所作や心遣いは 綺麗 かっこいいような感覚を持ちました。その経験が生きた場面も多くありますし、言葉は出さずとも見ている人は見ているんだなと日々感じています。特に日本人かつ、ご高齢の方と接する現在の仕事には、、、マナー自体の良し悪しが大事というよりは、人と直接接する仕事をさせて頂いている者として、その心遣いを持つことやそういうことも気を付けないとな。という視点があるのとないのとでは、気がつく力は結構変わるんじゃないかなと思って、学ばていただく日々です。

      3
      テーマ:
  • 01May
    • ☆ぞくぞくと新入社員です③

      はじめまして、理学療法士のMですと言います。4月よりこのライフクリニックに新しく入職しましたよろしくお願いします理学療法士としてのキャリアは8年目になります。これまでは埼玉県にある老人保健施設に勤務していて、入所者・通所リハビリ・訪問リハビリの業務を兼務していました。訪問リハビリの業務は経験ありますが、やはり職場が変わったばかりでこれまでの業務内容とも異なるので正直まだまだ慣れません新参者の私はケアマネージャーさんに顔を覚えて頂くべく時間のある時にはご挨拶に回らせて頂いており、電動自転車で日々走り回っています!!毎日自転車で走っていて感じることは・・・スカイツリーを間近に見ながら仕事出来るとはなんて贅沢なんだということ そして、何よりも感じることは・・・スカイツリーはやっぱりデカい自転車での移動は疲れたりもしますが、日本一高いスカイツリーにパワーをもらいながら日々楽しみながら自転車を漕ぎ続けています(土地勘がないのでよく道に迷っていますが 笑)そして、最近は運動することもめっきり減ってきてしまったので、自分自身の運動不足解消のためにも頑張りたいと思いますそれでは、こんな私ですが今後とも宜しくお願い致します

      2
      テーマ:
  • 23Apr
    • ☆ぞくぞくと新入社員です②

      今週の担当は3月に入職した理学療法士のRHです。リハビリ業界の用語として、「LBP」というのがありますが、御存じでしょうかLow back painという意味で、腰痛を指しています。先日、参加した勉強会では、国際学会での公演を翻訳してくださる機会があり、腰痛についての階層化モデルの説明がありました。生理学的、解剖学的だけではなく心理、社会的問題に対しても関わっていく必要があるとのことで、このモデルを病院、治療者、患者間で共有することで、お互いの利益が生まれる可能性が示唆される。とのことです。難しい内容ですが、個人的には面白かったですし、何より、英語が分かれば、国際的な情報を得ることが出来るので、今度こそ、英語の勉強を三日坊主にならないように頑張りたいと思いました

      2
      テーマ:
  • 16Apr
    • ☆ぞくぞくと新入社員です!!

      理学療法士になって5年目はじめまして「ごきげんテレビ」です(^^♪大学病院で働いて4年、その後、ここライフクリニックにやってまいりました!!訪問、介護保険領域はまったくの初心者現在、勉強する毎日です。急性期の病院ではみえなかったその人の生活が目の前に存在します毎日、色々な違いに驚かされます。(どんな違いかは後日、ご報告するとして・・・)現在のわたしの相棒はこのジャイロキャノピー毎日80㎞を走破し、日々走り回っています入職して2か月で3000㎞を走り、オイル交換に洗車にとかわいがっておりますこんなバイクでも手をかけるといきいきと走ってくれます!日頃から接している方々にも気に配り、汗をかき、手をかけて、丁寧にきめ細かいサービスを提供していきたいと思います。そうすることでみんないきいきに生活できるといいなって思います!!私の取柄は、大学病院で培ったリスク管理と疾患の知識、そして社会人経験を得て培った仕事の速さです。まだまだ未熟者ですが、どうぞよろしくお願いいたします

      4
      テーマ:
  • 12Apr
    • ☆気分一新に

      春ですね。作業療法士のKMです。4月になり、退職する人や新しく入ってきた人、学校や仕事場など状況が変化している人も多いのではと思います。そんな中、私の手元に1冊の本が届きました。それは私が去年協力させていただいた、ある方の大学院の卒業論文です。私は過去の体験を話すという形で参加させていただいたのですが、総ページ124Pの大作立派な冊子として私にも送ってくださいました。自分の話した内容については気恥ずかしいところもあるものの、その内容にわかりやすく理論づけられていることがすごいと思いました・・・またその中で「経験から得た知識をきちんと理論づけて記録しなければ、その知識は普及や発展しない」という趣旨の内容が記載されていて、はっと気づきました。ついつい日々の業務に気を取られ、目先のことに振り回されすぎて、自分自身があまり成長していない、、、、この職場の同僚の方は積極的に学会に発表している方もいますし、勉強会に積極的に参加している人も多いので、春になったことだし、私も気分を一新頑張ろうと思います。とりあえず地域リハビリテーションアドバイザー設置事業のセミナーも修了したので、次の目標を決めていきたいと思います。(↑これは介護予防等に向けて地域リハビリテーションをより良いものへと働きかける人材へと育成するセミナーです。)皆さんもご一緒に頑張っていきましょう

      2
      テーマ:
  • 04Apr
    • ☆パンク

      お久しぶりです!まりこんぶです☆先日、事務所を出発しようとしたところ… パンクです時間がないのに…と困っていたら。スタッフ達が助けてくれました~ありがたや~ありがたや~。どうやら電動自転車は重量があるため、パンクしやすいようです。月に1回は空気を入れる事で予防できるそうです!タイヤにもランクがあるようで…今回はお勧めのタイヤに交換してもらいましためでたし、めでたし

      1
      テーマ:
  • 23Mar
    • ☆作業療法って?

      作業療法士のムー太郎です。作業療法士のわたしは、作業療法ってなに?何をする仕事?理学療法と違うの?なんの資格なの?と、出会う人によく聞かれます。なので、今回は、できるだけわかりやすく『作業療法』について書いてみようと思いました☆1.作業療法は英語で Occupational Therapyといいます。Occupationalは「占める」とか訳されます。Life(生活・いのち)にとってOccupational(占めている)すべてをTherapy(治療)します☆2.ひとの営みすべてが治療対象なので、ADL(を食べたり、トイレにいったり、洋服を着替えたり、歩いたり等)家事活動(掃除、洗濯、料理をしたり、を管理したり等)お仕事(会社勤務、会社経営、パート 等)趣味活動(お買い物、、旅行、食べ歩き、飲む 等)対人交流(ひとと話す&理解する、お出掛けする 等)+これらすべてにかかわる、記憶と、気を付ける、意欲とか、頭の中で物を扱う順序だてるとか、安全判断能力とか、考えられることすべて!☆3.ぜーんぶを ①身体や動き②脳のはたらき③こころ(精神)の状態 のどれがどの程度、どんな風に影響して在の状態となっているのかを考えて(評価して)☆4.身体や脳や心を直接トレーニングしたり、やり方を工夫したり、行動するための場所を整えたり、すること全部をOccupational Therapy(作業療法)といいます。ひとの営みは すべて 考えたり、動いたりして実行されているので、それらを総称して「作業」と捉えています。個人的には、説明する時に「生活療法」なんて言い置き換えて、上記の話をしたりしています生活していて、困ったな、ということ以外にもなんか おかしいな、うまくいかないな、もっとうまくできたらいいなと感じた時にはぜひ一度ご相談ください

      5
      テーマ:
  • 19Mar
    • ☆Snow monkey

      理学療法士今年で5年目 スーパーです。先日、長野県の地獄谷野猿公苑に行ってきました。海外でsnow monkey で有名みたいです思っていたよりそばにいたので少しびっくりしましたが、ビビったら負けだと思って全然平気感を出してました。ただ、向こうの方が上手で、1mmも見向きもされず相手にもされませんでした、、もちろん猿には注目していましたが、その他にも気になる点がいくつかあって、観光客の人達の様子,山、木々の感じ、道中にある看板や入園料などなど、いろんな腑に落ちないことが思い浮かんで、、、、結果、どうにかせないかんなと。となりました。↑よく見ると猿が3匹くらいいます笑「下り坂を見据えた秩序ある撤退戦」最近響いた言葉です。決して殿(しんがり)となった者が討ち死にする社会にはしたくないなと思いました。

      2
      テーマ:
  • 05Mar
    • ☆訪問リハビリテーションのお仕事

      こんにちは子だくさん理学療法士のSです(*´◒`*)今回はライフクリニックの訪問リハビリテーションの一日を少し紹介しようと思います私は125ccの私物のバイクを通勤から訪問で使用しています自転車のメンバーはPanasonicの電動自転車を用意しています あとはジャイロの屋根付きバイクはも濡れずに便利です。車両扱いなので2段階右折も不要で、スピードも50キロ出ます!通勤で使用もOKです移動手段は自分で選択。通勤に使用することも可能です。では私のある1日です9:00~9:05全員で朝礼9:30~10:30 1件目11:00~12:00 2件目12:30~13:10 3件目14:30~15:30 4件目16:00~17:00 サービス担当者会議とご新規のご契約事務所へ帰り18:30頃まで入力作業等この日はゆっくりお昼休みの時間が取れませんでしたが、基本的には、昼休憩は1時間です。1時間取れる日は事務所へ戻ってお弁当を食べたり、フードコートへ行ったり、行きつけの喫茶店ランチを食べたり、コンビニのイートインで済ましたり。これから気候が良ければ公園で食べたりできますね~それも訪問の楽しみの一つかもしれません(*´∇`*)ライフクリニックの訪問エリアは江東区、墨田区です私の現在1日の訪問件数は3件から6件と色々です。担当するご利用者様は現在15名。基本的に担当制で理学療法士と作業療法士の2人担当などの場合もあります!また月に数回のサービス担当者会議が入ります。そして適宜ケアマネージャー様へ、お電話やお会いして報告し連携を図ります。時には営業へも行きます・・・ちょっと苦手ですが営業用の「ライフクリニック通信」も作成しております。・・・・色々な季節、時間や天候の中いつもスカイツリーを眺めて走っています!途中停車して撮りためた写真です٩(^‿^)۶以上ライフクリニック訪問リハビリテーションのご紹介でした~今後ともよろしくお願いいたします!!

      4
      テーマ:
  • 23Feb
    • ☆キャリアコンサルタント

      こんにちは、17年目のセラピストT.Gです。 先月、日本・精神技術研究所の「キャリアコンサルタントの基本技能と面接の進め方(技能講習)」に参加しました。面接場面を録音して、逐語記録を作成するなど実践的な研修となりました。講師の先生からのフィードバックは自分では気が付かない、クライエントに隠された感情面に対しての、応答などを教えて頂きました。変わらず講師の先生の丁寧な説明も参考になりました。私は、理学療法士でありますが、コンサルタティングやカウンセリング等、様々な分野のものを取り入れて、利用者様・ご家族・多職種の支援ができればよいと思っています。また、この経験が今後の訪問リハビリテーションにも活かされると感じています。当事業所は、研修会の参加にも積極的に応援をしてくれます。私自身もまだまだ、知らないことも多く、自己研鑽しなければならないと感じました。

      5
      テーマ:
  • 16Feb
    • ☆季節の移り変わり

      こんにちは、7年目のセラピストY・Iです。 訪問リハビリを始めて2年になります。 突然ですが、私は訪問リハビリの時の移動は、三輪バイクを使用しています。都内でバイクを使用していると、素早く遠くまで行くことができる一方、季節の影響を受けやすく、冬寒く、夏暑いのが難点です。そんな自分に、バイクを日常で乗るようになって起きた変化がありました。それは、季節の変化に気づきやすくなったことです。病院に勤めていたときは、空調のきいた病室かリハビリ室で働いていたためか、気が付くと季節が移ろいでいており、夏の終わりや春の訪れを、ニュースで知ることが多かった気がします。最近では立春が過ぎ、暦の上では春が来ているそうです。このためか、最近では日によって空気がぬるんで来た日があるように感じます。また、梅が咲き始め空の雲は厚みを増してきたように感じます。春はそこまで来ていると感じ始め、少し嬉しい気持ちになりました。季節の移ろいに感情を動かされるようになってきた40代です。(近所の神社では梅が咲き始めました)

      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス