著者・松野正寿 ~昨日の自分を1ミリ超える考え方~

著者・松野正寿 ~昨日の自分を1ミリ超える考え方~

著者の松野と申します。本との出逢いで僕たちの人生は自分の行動を通じて大きく成長させる事が出来ます。普段の私生活で起こる出来事に対して考え方・受け取り方・捉え方を変えていくだけで、もっと自分の人生を楽しく生きる事が出来ます。

ココロノミライ著者松野のメルマガ

 

自己啓発本なんて読む奴は 

バカだという方がいます。

 
でも、著者としてだけではなく、
メンタルカウンセラーとしても
あえて言わせてもらうのならば、
 
そういう方に限って固定概念が強く、
うまくいっていない気がします。
 

仮に胡散臭いと思っているとしても、

なぜ日頃から自己啓発本を、

読んだ方がいいのかと言うと・・・

 

1番は自分の行動を変える為の

キッカケになりやすいからです。


本を読むと行動が変わるので、

その恩恵から時間を生み出せる様に

必然的になっていくからです。

 

ほとんどの方が時間がないから
本を読めないと思っています。

 

ただ、実際はそうではなくて、
本を読み始めると行動が変わるので
以前よりも時間を生み出せます。

 

自分の心の汚れを落とす為に

本を読みます。

 

ハ?と思われるかもしれませんので、
今から定義していきます。

 

毎日、僕たちは朝か夜のどちらかの
時間帯でお風呂に入りますよね?

 

外に出ると、仕事やスポーツをすると
大量に汗をかくし、髪もベタベタして
必然的にお風呂に入りたくなります。

 

そういうのもあって、身体に付いた汚れを
落とす為にお風呂に入る訳です。

 

だけど、お風呂に入っても
心の汚れは落とす事が出来ません。

 

仕事のストレス、対人関係の悩み、
夢や将来についての言葉にできない不安など

 

毎日、毎日、いろんなことを
モヤモヤしながら考える事が
結構多いと思います。

 

毎日、そんなことを考えながら、
パソコンの前でメルマガ読んだり、

 

先日購入した何かのマニュアルを見ながら
少しだけ実践をしたり、

 

仕事の休憩中になるとスマホで
稼げる情報を探したりなどなど・・・

 

こういう私生活習慣を本を読む事で

思考習慣が変わっていきますので、


それだけでも、本を読む事で

得られる事は非常に多いですし、

 

成功(0から1にする)為にも
僕は必要な習慣かなと思っています。

 

ただ、今は電子書籍などもあるし
わざわざ紙媒体の本じゃなくても・・と
あなたは思うかもしれません。

 

本当に便利な時代になりましたので、
kindleユーザーの方は特にそう思うでしょう。

 

しかし、電子書籍では絶対に出来ないこと
紙媒体しか生み出せないものがあります。

それは何かと言いますと・・・

 

紙媒体の本が大きく貢献出来ることって
自分の部屋自体が書斎になるということ

 

つまり、その空間にいることで
「心の汚れ」が落ちていきます。

 

つまり、本の背表紙を見るだけで、
この本にはこういう内容が書かれてあったと
直ぐに思い出す事が出来ますし、

 

なんなら、もう1度手に取って、

折り曲げていた部分や
 

線を引いた所などを見直してみると、

新たな気づきや忘れていた事が
たくさん出てくるものなんです。

 

この醍醐味は電子書籍じゃ
絶対に出来ません。

 

僕の部屋は横を向けば本棚です。
書斎 兼 作業場という感じ。

 

いつも以上に本を読んだ分、

心の器も自分の可能性も大きく広がります。

 

手に取って読むまでは紙媒体だったものが、
人生を変えるキッカケとなるのです。

 

だからこそ、生きている間に
色んな本に触れてみてください。

 

長く見積もっても、自分の人生の中で
触れられる本の数は想像以上に少なくて

よほどじゃないと生きている内に
1000冊も見れません。

 

ぜひ積極的に読んでみてくださいね^^

 

本の中に出てくる主人公は、

あなたを待っています。

 

一冊の本と出逢うことで、
心が楽になることもあるし、

前に進む勇気を一瞬で
 

与えてもらえる事もあります。

 

そして、今思うよりも未来が
少し明るく見えるものです。

 

生きる意味を見つけ出したり、

考え方が180度変わったり、

これからの生きる指針の為にも

 

1冊読むだけで考え方が
大きく変わるかもしれない。

 

目の前にある「読む前の本」は、
単なる紙の塊に過ぎませんが

読んだ後って、

 

深く考えてみれば無限の可能性を、

与えてもらえるだけではなく、


新しい自分を生み出すキッカケにもなります。

 

そう考えると本はただの紙媒体には
絶対にならないはずなんですね。

 

あなたの人生を変えるぐらいの本と出会い、
自分の本棚にそれが1つずつ増えていくと
今以上に自然と心の汚れも落ちていきます。

 

いつも本棚にある背表紙を見るだけで、
ちょっと忘れていた「あの言葉」「あの生き方」を
いつでも思い出せる様に本を向き合いましょう!

 

僕たちはいつでも本を読んで

教養力を身に付けながら、


これらを日常の中で活かすと

実感できる事がたくさんあります。

 

 

PR著者のメルマガ・未来の手帳【特典付き】
著者としてのインスタグラム
人気ブログランキング

 

人生のステージを上げる為には、
心にはステージ(器を広げる)事だと、
僕は恩人たちに教えてもらいました。

 

地道に当たり前の基準を高めて、
目に見えない徳を積み上げていくと、

 

必然的に器が広くなり人生のステージが
1つずつ上がっていくよと・・・

 

それが基礎としての生き方にならないと

背伸びしたままの状態は続けられないからねと、

今思うと確かにそうだなと感じます。

 

続きはコチラ・・・

 

 

PR著者のメルマガ・未来の手帳【特典付き】
著者としてのインスタグラム
人気ブログランキング

 

僕たち人間は、分かりやすいように
過去と未来という言葉で人生を定義しますが、
あくまで現在進行形にすぎません。

 

僕たちは今この瞬間の繰り返しの中で
毎秒を生きています。

 

例えば寝ていても身体の臓器は動いています。
休む事なく時が流れている様に・・・

 

僕たちの人生にも過去や未来はなく

今この瞬間を繰り返しているだけです。

 

続きはコチラ・・・

 

 

 

PR著者のメルマガ・未来の手帳【特典付き】
著者としてのインスタグラム
人気ブログランキング