.

.

.


 

海外自宅サロン主宰、天然石アクセサリーデザイナー                                      

Life-essenceのシーゲレ陽子です。

 

 

 

 

 

 

コロナ規制は緩和されたけれど、

なんとなく足が遠のいていたミュンヘン。

 

前回のレッスンからすでに、

半年もの時間が過ぎていました。

 

今回は今後のイベントのご紹介、

新規店開拓、

既存の委託店の商品フォロー等がメイン。

 

 

朝早く起きて子供たちの日本語学校の準備をし、

7時前には家を出るという、

朝が弱い私にはなかなかハードな1日の始まりでしたが、

 

それでも、

私のいない間の怪獣3匹のお世話を担ってくれる主人、

補習校の間末っ子を預かってくれるお友達、

気持ちよく送り出してくれる子供たち、

 

私はこんな多くの人の助けを得て、

こうして出掛けることができるのだと、

ミュンヘン行きの車中で改めて思う私。

 

 

 

 

 

 

訪問する事前に連絡を取り合い、

いくつかのお店や団体にフライヤーを持参。

 

相手には何のメリットもないというのに、

丁寧にイベント紹介を受けてくださることに、

何とも言えない人間愛みたいなものを勝手に感じて、

ジーンときてしまう私。

 

 

 

 

 

 

今回の新規開拓(営業)ではなかなか委託交渉がうまくいかず、

残念ながら実り少なきものになり、

改めて営業の難しさを実感&勉強する機会になりました。

 

そう思うと、

 

今、委託を引き受けてくださっているお店が、

どれほどありがたい存在であるか、

改めて気付かされる私。

 

 

 

 

 

 

その委託店のお店で、

私の生徒さんの作品が売れているのを発見。

 

それはまた、

自分の作品が売れることとは違った種類の、

何とも言えない嬉しさ。

 

販売してくれたオーナーさんにも、

そんな作品を作ってくれた生徒さんにも

ありがたいなぁ~って思った私。

 

 

 

(R0010より画像提供)

 

 

 

朝から夕方まで、

委託店から新規店まで一気に回って疲れ果てたところで、

オンライン&リアルの今期コース生さんたちと大合流!!

オンラインでは伝え合い切れていなかったものを、

実際に会って肌で感じながら理解しあえる感覚って本当にすごい!

 

過去の生徒さんも含め、

私のレッスンへ参加される美女たちは、

外見だけでなく心まで美しい女性たちばかり。

この奇跡みたいな出会いに、

感謝しきれない想いでいっぱいの私。

 

 

 

 

 

 

今回のミーティングは、

来月帰国される生徒さんへの送別会も兼ねていたのですが、

“○○さんロス”がすでにもう見えていて、

何年たっても、何人送っても、

どうにもこうにも慣れない帰国されるお友達との別れ。。。

みなさん、

どうやってこの寂しさを埋めるているのでしょう。

 

それでもやっぱり、

最後には感謝しかないんです。

寂しさをかき消すほどの感謝の気持ちと思い出に浸る!

 

これが海外に住む私たちの、

宿命のような作業なのかもしれませんね。

 

 

疲労感も落胆も吹っ飛ばすような、

“ありがとう”に溢れるミュンヘン出張でした。

 

 

 

 

 

 

帰ると・・・

私のベッドで大の字に悠々と寝る娘の傍らに、

重なり合うように寝ていたメンズ。

テレビを見ながらピザでも食べて、

結束でも固めたのでしょうか。。。ね。

 

 

 

 

海外自宅サロン主宰、天然石アクセサリーデザイナー                                      

Life-essenceのシーゲレ陽子です。

 

 

 

 

 

 

今年は花粉症、ひどくありませんか?

 

私は2年前に受けたアレルギーテストで、

20項目中18個のアレルギーがあることが判明し、

その場でお医者さんに注射療法を進められちゃいました。

 

はじめは週に一回、

その後2週に一回、

そして療法をスタートして1年ほど経つ今は、

一か月に1回の頻度で治療を受けているのですが、

今春はその上毎日アレルギーの薬を飲んでも、

ひどい時には起きているのも辛くなるくらい。

何とも花粉症患者には過酷な状況が進行中です。

 

最上階アトリエの斜めの窓にも、

ほんの数時間外に停めておいた車のフロントガラスにも、

パウダースノーのように黄色い粉がびっしり!

もう見ただけで涙と鼻水とくしゃみが止まりません。。。

 

その他にも、

猫ちゃん、ほこりなどなど植物以外のアレルギーもあって、

ドイツに来てからその程度が酷くなっているような。。。

 

今までになかった食物においても、

ヘーゼルナッツがだめになったりと、

 

外的要因に対する体の反応が年々敏感になって、

日々の健康を脅かす大きな悩みになってしまっています。

 

それは年齢のせいもあるでしょうけれど、

生まれ育った場所ではないこのドイツの

身体に合わない水や空気や気候や食事の中で、

無理をしていることもあるのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

しかしながらそれとは反比例するように、

心は随分健康になったように感じます。

 

周囲の目から解放され、

それを気にしないことも習慣化され、

 

過剰な情報に振り回されることもなく、

必要以上に物欲を感化される環境にもなく、

 

ただただ目の前にあるものをありがたくいただいて、

ないものには思いを馳せず、

 

ドイツ流の?意見や想いの強い主張にそれほど心を捉えられることもなく、

その分自身へも要らない我慢を強いらずにいられる。

 

人間関係における複雑なストレスが随分減ったせいか、

ずっと悩まされてきた胃腸の不調がすっかり消えて便秘知らずです。

 

 

 

 

 

 

便利で魅力的なものに溢れる日本では、

欲しいもの、手に入れたいものがいっぱいあって、

“欲”にまみれていた私、笑

 

今の私の生活の中では、

随分幸せを感じるレベルが下がったような気がします。

それは年齢的なものもあるかもしれないし、

海外にいるということもあるかもしれないし、

行動が自由にならない子育て中ということもあるでしょうし、

色々な要因が考えられるかもしれませんが、

根本的な気持ちの変化もあると感じています。

 

今の方が昔より、

色々な意味で持っているものは少ないのに。。。。

きっと自分にとっては、

この両手に収まるくらいのものがちょうどいい。

 

家族、友人、仕事、もの、趣味、遊び、勉強、

バランスよく、無理なく、丁寧ににメンテできる量で、

人生の小さな幸せを見出していけるって、

本当に素敵!

 

そんなことを実践している女性が周りにたくさんいてくれるのも、

本当にありがたいことです。

 

 

 

海外自宅サロン主宰、天然石アクセサリーデザイナー                                      

Life-essenceのシーゲレ陽子です。

 

 

 

 

 

 

あまりにも素敵に、

あまりにも魅力的に、

私の作品を身に着けてくれた友人を、

自慢したくって仕方なくて笑。

 

今回100%デザインを考え、

長さや大きさなど詳細を含めたデザイン画まで描いてくださって、

制作に一緒に携わってくれた彼女の眼鏡コード。

 

デザインや自身のスタイルへのこだわりを大事にしながら、

丁寧で物腰やわらかな彼女と進める共同作業では、

私にとっても新鮮なことがばかりで、

たくさんのことを学ばせていただいた気持ちです。

 

 

私は今回、

ただただそのアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいただけ。

 

本当はお客様が一番、

ご自身に似合うものをご存じで、

私はその直観力みたいなもってすごい!と、

改めて実感です。

 

 

 

 

 

 

そういう“自分をよく知る”チカラって、

アクセサリーに携わる者としての観点で思うに、

年齢を重ねるにつれて増すのかなぁって。

 

自分と向き合う時間が長くなるから?

いろんな経験を積み重ねてきたら?

 

過去を振り返ってみると、

その年齢年齢で、

ファッションの好みも変われば、

趣味嗜好も変わり、

考え方も違ったりする。

 

どうしてそうなるのかと思い起こせば、

 

その時々の、

メンターや憧れる存在というものが、

あったりする。

 

ある時には芸能人だったり、

またある時には成功者だったり。

 

その人たちを目指したり、

その人たちを真似したり、

その人たちから大きな影響を受けながら、

今の自分にたどり着いているような。。。

 

そして、

今は過去よりずっと、

無理なく背伸びすることなく、

優しく寄り添ってくれるようなメンターが、

傍にいると感じます。

 

これはまた、

数年先にも同じような感覚になるのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

ファッションもきっと同じ。

年齢を重ねれば重ねるほど、

以前よりさらに自分らしく心地よいものを、

選ぶようになるのでしょうね。

 

いくつになっても、

そんな年齢の重ね方を武器にできるような女性でいたい。

 

そして、

そんな女性たちを、

アクセサリーを通してこじんまりと笑、

応援できたらいいなぁと思ったりします。

 

 

 

 

 

 

海外自宅サロン主宰、天然石アクセサリーデザイナー                                      

Life-essenceのシーゲレ陽子です。

 

 

 

 

 

 

コロナ禍でずっと自粛ムードでいた方も、

このイースター休暇では羽を伸ばされた方も多いかと思います。

 

我が家は怒涛のような日々の中、

すっかり長期休暇の計画を立てるのも忘れ笑、

気付いてみたら自粛解除によるドイツ人の旅行魂は凄まじく、

ほぼほぼいいホテルや長期滞在施設は満室!

今回は近場で過ごすこととなりました。。。。

 

 

休暇最終日に長男と二人で行った、

ポルシェアリーナでのテニス観戦。

ファイナルということもあってか観戦者も大盛り上がりで、

テニス大好きな私も息子も大興奮!

 

スポーツにも芸術にも、

日常の中でさらりと触れることができるドイツは、

本当に恵まれている環境だなぁと改めて。

 

そのほかにも・・・

 

車で少し行ったところの小さな町の動物園も、

ただただ喋り倒す気の知れた友人との集まりも、

家族との“ザ、ドイツ”なレストランランチも、

あてのない古い街並みを行く日帰りツアーも、

近所にやってきた移動観覧車にポンと乗ってみるのも、

各地で開催している子供向けのイベントに行ってみるのも、

 

一つ一つは大きなイベントではないけれど、

一つ一つが思い出深く彩ある時間になって、

私にはすごく贅沢な休暇になったなぁという感じです。

 

 

 

 

 

 

今回の休暇のように、

色々好きなものを組み合わせて、

自分オリジナルのオンリーワンなものを作るって、

私は結構好きだったりします。

 

均一に美しい人工のビーズより、

それぞれに異なる天然石が好きなのも、

それに起因するかもしれません。

 

その石が長い年月をかけてでき上がるまでに生まれる、

インクルージョン(内包物)や傷、その色味というのが、

まるで色んな容姿や個性を持つ人のように、

その石がオンリーワンである証であり、

何とも価値のあることに感じられるのです。

 

天然石の価値とは、

もちろんその美しさや耐久性、

または希少性から計れる部分も大きいけれど、

そんな天然石のオンリーワンな価値観から、

ただただ単純に素敵だなぁと思う石を、

選んでみるのもいいのかなぁと思います。

 

 

 

 

 

 

そんな世界にたった一つしかない天然石を使って、

自分だけのオリジナルアクセサリーを作ってみませんか?

 

コロナ禍に多くのご注文をいただきましたオーダーメイドを、

今回たくさんの方にその楽しさを体感していただきたく、

オーダーメイド料をサービスしてご注文を承ります。

すでにデザインされた作品を選ぶ楽しみも一つ、

しかしながらご自身の好みや体形、ファッションに合わせて、

一から作り出す一段上のオシャレ感も、

この機会にぜひ味わってみませんか?

 

デザイン、素材選びから参加して、

世界で一つのオリジナルアクセサリーを一緒に作り上げながら、

普段のアクセサリーコーディネートについても、

ご希望の方にはご提案させていただきます。

 

対面、オンラインを下記日程にて行います。

 

対面:5月22日(日)14時~17時

オンライン:5月19日(木)11時~13時

 

※定員は4名様、

料金はご注文商品の代金のみです。

例:ピアス 20~50ユーロ程度

  ペンダントショーとネックレス 20~50ユーロ程度

  ロングネックレス 40~100ユーロ程度

  ブレスレット 30~60ユーロ程度

 

また一緒に作り上げたデザインから、

ご自身でその作品を制作することもできます。

その場で技術的なアドバイス、サポートもさせていただきます。

 

※こちらは対面のみの企画になります。

 レッスンに参加されたことのある方のみで18時終了予定、

 料金は材料費+講習料(10ユーロ)です。

 

上記オーダーメイド企画に対面でご参加の方に、

当日10点ほどの旧作を半額にてご案内いたします。

ぜひお越しの際に併せてご覧ください。

 

 

各種サービスのお問い合わせはこちらから。

contact@life-esc.com

 

 

 

 

海外自宅サロン主宰、天然石アクセサリーデザイナー                                      

Life-essenceのシーゲレ陽子です。

 

 

 

 

 

 

最近、一緒に寝て欲しいという次男。

今まではそんなことも言わず、

一人でさくさくベッドに行っていたのですが、

そんな気分なのでしょうか。

 

ある日の夜、

添い寝をする私の耳元で、

「今日の夜ご飯のお味噌汁、

すごく美味しかったよ💓」

とささやく次男。

 

私のご飯を、

その中でもお味噌汁を、

そんな風に言われたらじーんときちゃって、

ほろりと涙が出そうになる私。

 

ん?んんんん?

いや、ちょっと待てよ。

今日の夕飯はパスタだったじゃないか、

我が次男よ。

 

そうか、そうか、

ただただママを喜ばせたかったのね。。。

とそのままスルーしたのでした。

 

本当に子どもっておもしろい。

 

 

 

 

 

 

さてさて、今日はちょっと、

大好きなパールに対する私の熱い想いを、

語ってみたいと思います。

 

 

日本では昔から、

冠婚葬祭において必需品として扱われてきたパールですので、

改まった装いや改まった場所にのみ、

身に着けられる方も多いのでは?

 

家族から受け継がれてきたもの、

何かのお祝いで買ってもらったものなど、

 

その実際のプライスによる価値だけでなく、

パールに込められた想いや背景などで、

他のものとはちょっと違ったジュエリーやアクセサリーとして、

大事に大事に引き出しの奥にしまわれていたりします。

 

 

でも、ご存じでしたか?

パールはずっとしまい込んでいると劣化の原因になったりするんです。

(詳しいことはここでは省きます笑)

 

たまには外に出して身に着けてあげることも、

パールには必要なんです。

 

そして大事なことは、

身に着けたら必ず柔らかい布で表面を軽く拭いてあげること。

汗をはじめ色々な要因で、

パールの表面を溶かしてしまう可能性があるからです。

(ここでも詳しいことは省きます笑笑)

 

それから高価なパールに関しては、

パールの専門店などで、

きちんとメンテナンスをしてもらうといいですよ。

 

 

 

 

 

 

私個人的には、

あえてカジュアルな装いに、

上品目なパールのネックレスを合せるのが好きです。

 

40歳女子のお年頃、

どんなにカジュアルなコーディネートでも、

そこにきらりと光る“品”というものを加えたいものです。

 

パール以外のジュエリーやアクセサリーも、

どんな服の上でも最高のパフォーマンスで、

そのコーディネートに華を添えてくれるものですが、

 

パールはその純白さはもちろんのこと、

黒真珠、他染色により与えられた様々な色においても、

その独特の照りと,

何とも言えない虹色のような発色で、

恐らく誰もが想像する以上に果てしなく、

どんなコーディネートにでも行けちゃうと思うんです。

 

 

ココシャネルもこよなく愛したパール。

彼女は大胆なファッションに、

かつて清楚である象徴のようなパールをじゃらんじゃらん着けて、

想像がつくでしょう、

肩にはゴールドチェーンのバッグ。

その衝撃ったらもう、すごいです、素敵です!

 

もう周りの視界もうっすらとしか見えないくらいのおばあちゃんになったら、

一度死んだ気になってやってみようかな笑

 

 

 

 

 

 

最後によく訊かれる、

本物のパールを見分ける方法。

 

色々方法はあるのですが、

一番手っ取り早く、

何の道具もなくできる方法として私が良くやるのは、

パール同士を“スリスリ”させる方法。

 

何重もの層で作られているパールは、

表面がざらざらしているのに対し、

イミテーション(人工)のものは“ツルツル”してます。

 

でも、ご注意を。。。

高級なお店の店頭でこれをやったら、

ものすんごく怒られますよぉ笑