.

.

.


 

 

海外自宅サロン主宰、天然石アクセサリーデザイナー
Life-essenceのシーゲレ陽子です。

 

 

 

 

 

 

以前、ある日本のあるワイドショーを見ていたら、

何か月待ちという革バックの修理屋さんの特集を放送していました。

 

何だかすごーく感動して、

何だかすごーく興味を持ってしまった私。

 

 

革バック、

特にある程度のお金や時間を費やしてでも、

修理していつまでも使いたいと思うバックは、

 

有名ブランドのバックであったり、

またはそのバックに大きな思い入れがあったり、

 

ある意味その人にとっては一生ものということ。

 

それが天然石のアクセサリーと重なり、

“一生もの”という言葉が大好きな私の、

心に響くものがあったのかもしれません。

 

 

角や縁の部分がこすれて、

全体の色合いや革の風合いがやつれてしまったバッグが、

 

その職人さんの手により、

見事に新品のように蘇るのです。

 

そのバッグに合わせてドンピシャな色を作り出し、

はけの跡がつかないよう美しい手さばきで塗りながら、

その革独特のテクスチャーも浮かび上がらせます。

それは気の遠くなるような手間暇が掛かる作業。

 

この技術は海外で学んだ上に、

何年もかけてはけを扱う他業界での地味な修行を積んで手にしたものであり、

即席で身に着けたものではないのがよくわかります。

 

 

思い思いにバックの修理を依頼して、

それが出来上がり手にした瞬間のお客様の顔に、

何とも言えないほど感動してしまいました。

 

 

就職後に人生で初めて買ったブランドバッグ

そのモデルが欲しくて海外まで行ってやっと見つけてきたバッグ

大好きなお母さんから受け継がれたバッグ

お子さんへ贈りたい自身の愛用バッグ

 

そういったものには色んな思いが詰まっていて、

それはその人の一生を映し出すものでもあります。

 

 

 

 

 

私は新たに、

デザインをしてアクセサリーを作ったり、

一人一人のご要望に沿ってアクセサリーを作ったりもしますが、

 

お客様がすでにお持ちのアクセサリーを、

修理したりリフォームしたりすることも数多くあります。

 

 

気に入っているネックレスのチェーンが切れてしまった

ピアスの一部パーツが壊れてしまった

時代遅れのデザインで着けづらい

天然石はそのままにデザインだけ変えたい

年齢に合わせて色合い、ボリューム感を調整したい

お子さんへ自分のアクセサリーを贈るために世代に合ったデザインにしたい

家族から引き継がれたアクセサリーを素敵に着けたい

 

その方の色々な事情がありますが、

 

買ったり贈られたりしたものを生涯大切にするということは、

そのものを介して、

自分や相手の想いを大切にすることなのだろうと思います。

 

古いものを大事にするここドイツで、

そういった沢山のものに触れることができるのは、

とてもありがたい環境です。

 

自然にものを大事にする心が養われるような。。。

 

 

 

 

 

とってもオシャレで可愛らしい人気の革職人さん。

 

私は彼女に比べたらまだまだ経験も技術も足りませんが、

彼女がとても生き生きと楽しそうに、

その地味な作業をしていた気持ちがよくわかります。

 

そのバッグやアクセサリーを手にしていると、

大事にされていた方のぬくもりが伝わってきて、

きれいに蘇った姿を目にしたときの顔が目に浮かぶ。。。                                                                                                                                  

 

 

大事なものを託してくださったことへの感謝も忘れずに、

これからも“掛け替えのないもの”を、

守り続けるお仕事ができたらと願っています。

 

 

4月までコンサルティング料を無料にて、

ご相談を承っています。

 

またご一緒に、

お持ちのアクセサリーを1点クリーニングサービスもしていますので、

下記問い合わせフォーム、またはメールアドレスまで、

お気軽にご連絡ください。

 

https://www.life-esc.com/contact

contact@life-esc.com