.

.

.


 

 

 

海外自宅サロン主宰、天然石アクセサリーデザイナー                                      

Life-essenceのシーゲレ陽子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

肩に付きそうなほどのロングピアスは、

首元まで華やかに。。。

ネックレスも何もいらない、

それだけで十分な存在感。

 

 

 

 

 

前回それほどご要望もなかった、

オンラインコーディネートですが(笑)、

 

私自身がとっても楽しかったので、

今月下記日程で開催します。

よろしければぜひご参加ください。

 

日時:3月17日(水) 11時~(45分程度)

申込期限:3月16日(火)

※参加費は無料です。

 

内容:日々のジュエリーのコーディネートに関して、

    ご相談されたい方。

 

    例)シャツの襟元にどうジュエリーをつけたらいいか?

      パンツコーディネートにバランスの良いネックレスの長さは?

      この色合いの服に美しく見えるジュエリーは?

 

2021年新作もご希望がありましたら、

ご紹介させていただきますね。

    

ご参加の皆さんとご好きなコーディネートなどを話したりして、

ぜひ気楽に楽しんでいただければと思います。

 

 

2021年新作は秋の展示会にてご紹介予定です。

お問合せはこちらから。

問合せ | ドイツ発天然アクセサリー&自宅レッスン (life-esc.com)

 

 

 

 

 

 

海外自宅サロン主宰、天然石アクセサリーデザイナー                                      

Life-essenceのシーゲレ陽子です。

 

 

 

 

 

突然ですが、

私、最近よく買い物をします。

 

前回のブログにも書いたように、

それは家のタオルから子どものものと多岐に渡るのですが、

自分の服飾なども買ってます(笑)

 

もしかしたら自粛前より、

出掛ける機会の少ない今の方が、

買っているかもしれません。

 

 

私の作品を置いてくださっている各地のお店が、

今どんなに大変なのかよくよく知っているから、

可能な限り貢献したいという気持ちも根底にあるのですが、

 

自粛中に少しオシャレすることから離れることで、

40代を迎えた自分のスタイルというものを、

改めてじっくり見つめ直すことができ、

 

このコロナ禍の気分転換も兼ねて、

そのスタイルに合った服や小物を、

買いたい衝動にかられてしまったという感じです(笑)

 

簡単に家洗いできない素材のものや、

少し体系にフィットするようなデザインにも挑戦して、

その服を着るという良い緊張感を、

自分に与えてみたいなと思ったり。

 

その時の流行りや、

ちょっといいなと思っている友人や著名人のファッション、

小さい子供がいるなどの環境に、

大きく影響をされてしまいがちな傾向からちょっと外れて、

 

本来の自分らしいスタイルをじっくり見つけ出すために、

この自粛時間はいい機会になったかもしれません。

 

 

 

 

 

そして新しく購入した分、

沢山のものも手放しました。

 

何となくしっくりこないような年齢で、

買い込んだブランド品たち、

もう重くて持ち歩かなくなった革バック、

ヨーロッパの旧市街地では、

かかとがズブズブはまりそうなハイヒール、

膝が出ちゃうようなスカート、

コレクションしていた時計などなど、

 

“こんなのが好きだったときもあったなぁ。。。”なんて、

懐かしく昔の自分を振り返りながら。

 

その時々に合った、

自分のスタイルを追求したいという気持ち、

職業柄ということもありますが、

年齢に関係なく、

大切にしていきたいと思うのです。

 

 

ブランド品に関しても、

随分その存在が、

自分にとって変わってきた気がします。

 

20、30代の頃程ではないけれど、

ブランド品は好き(笑)

 

その日の装いに自然に溶け込むように、

さらりと身に着けられたらすごく素敵。

 

 

ブランドと呼ばれるものの中でも、

まだまだジュエリー業界に入りたての20代に、

ニューヨークやパリ、ローマを旅行し、

何店も見て周ったブランドジュエリーたちは、

私にとってやはり特別な存在。

 

その中でも私が愛してやまない“ブルガリ”。

 

そしてもう一つ、

私が尊敬してやまない社長さんの、

銀座老舗店“アトリエn2”。

 

結婚を機に主人から贈られた、

それぞれの2本の指輪は、

生涯における最高のブランドになるでしょう。

 

両親から、大切な人から、または自分から、

ブランド品を誰かに贈るときに、

それなりの覚悟や想いがあったりするのであれば、

 

贈られる側もその想いを大切にしたいと思うのも、

質や知名度と共に、

ブランドの大きな存在意義なのかもしれません。

 

 

長年守り続けてきた技術と芸術性は、

やはり文句なしに素晴らしい。

 

私の作品もほんのわずかでも、

その存在に近づけることができたらと、

活動の励みにもなります。

 

 

年齢と共に変わるスタイルの中で、

軽やかに取り入れられていくもの、

 

自分の一生涯を通じて、

その価値観が変わることなく、

じっくり温められていくもの、

 

お出掛けの機会が少ない今だからこそ、

そんなことも含めた自分スタイルを、

ゆっくり見つめ直してみてもいいのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

そんな風に、

ちょっと小奇麗に締めくくろうと思ったのですが、

 

目の前に、

これ、何のためにはいているの?っていう、

穴の開いた旦那さんのパンツや靴下、

 

これ、どうしたらこんな風になる?っていう、

ビリビリに破れた子どもたちのズボンを見ると、

 

そんな、

私のファッションとかスタイルとか語ってる場合じゃないなくって、

まずはここから買い替えないとと、

現実に引き戻される夜中の洗濯でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海外自宅サロン主宰、天然石アクセサリーデザイナー                                      

Life-essenceのシーゲレ陽子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子、妻、母、友人、一人の人間として、

できることってそんなにないけれど、

誰か一人でもアクセサリーで元気にできたら。。。

 

 

2021年新作は秋の展示会にてご紹介予定です。

お問合せはこちらから。

問合せ | ドイツ発天然アクセサリー&自宅レッスン (life-esc.com)

 

 

 

 

 

 

海外自宅サロン主宰、天然石アクセサリーデザイナー                                      

Life-essenceのシーゲレ陽子です。

 

 

 

 

 

 

ロックダウンは引き続き、

そして我が家の大変な騒ぎも引き続き、

 

その上家の外からも、

“鬼は外、福は内”ってやったはずなのに(笑)、

色々なストレスが舞い込む今日この頃。

 

それって本当に些細なことだったりするのですが、

多分自身の受け皿がいっぱいいっぱいになっていて、

あと一滴でも注がれると溢れてしまうような状態だからこそ、

結構きつかったりすることもあると思います。

 

 

長男がオーボエを練習中に、

「ママ―、聴いてー、こっち見て―!!」

 

という横で、

 

次男が木製のテーブルの上で、

よりによって油性マジックで、

よりによって薄っぺらい紙に何やら熱心に絵を描いている、

 

その横で、

 

最近全くノーマークだったのですが、

末っ子娘がおしっこ漏らして仁王立ち。

 

こんなことが同時に起こるっていう奇跡は、

子育て中にはあるあるではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

最近子どもたちが工作と称して、

体にぐるぐる巻きつけたりして、

大量に消費されるセロハンテープ。

 

ネットで8個セットを3箱まとめ買いしたのですが、

届いたのがこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

わかるよ、送料安くしたいんだよね、

でも箱がボロボロなんですけど。

しかもセロハンの両サイドに、

ゴミとかくっついちゃってるし。

 

うちはどうせぐるぐるしちゃったりするので、

もういいんですれけれどね、

ドイツではこれってありですか?(笑)

 

 

そしてこれまた最近、

家中のタオルが紛失するのです。

まるで下着泥棒に日々やられているように、

タオルだけがなくなるんです。

 

捜索する暇もなく、

その度に替えを補充していたら、

棚にあったタオルはすっからかん。

 

ついに犯人を見つけたと思ったら、

我が家の末っ子ねずみ。

 

彼女はお気に入りのタオルを、

抱きしめながら寝るのが大好き。

それは赤ちゃんの頃から。

 

最近家の古いタオルを一掃し、

新しいタオルに替えたので、

それが相当に嬉しかったようで、

 

毎日あっちのタオル、こっちのタオルと、

ベッドに引きずり込んでは浮気をしまくっていたというわけで、

彼女のベッドの隅から大量のタオルが出てきました。

 

 

 

 

 

 

タオルを一掃したのには実はきっかけがあって、

ある日夫が一言、

「タオルがものすんごく硬いんです」って。

 

その心は?

「タオルをいい加減新調して欲しい。」と。

 

よくよく見てみたら、

彼のバスタオルはまるで温泉宿でもらう手ぬぐいのよう。

 

もっと厚さがあるうちに言えばいいのに~

とか、

 

私と一緒にタオルを新しくしたのに、

どう頑張って使ったら、

あなたのタオルだけこんな風になるの?

とか、

 

色々つっこみたいところはあったのですが、

 

自粛に入ってから、

夫が洗濯ものをたたむのを手伝ってくれていたので、         

全然気づかなかった我が家のタオル事情。

 

気付けば家中のタオルがボロボロ。。。。(笑)

 

 

家族が毎日家にいて、

怪獣たちにガンガン使われているタオルたちは、

いつの間にか見るも無残な姿になっていました。

 

日本にいるときはあまりタオルを頻繁に、

買い替えるってイメージがなかったような。。。

 

ドイツのタオルって結構しっかりしていますけれど、

水の硬さやガンガンな洗濯機によって、

タオルの消耗も早いのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

日々のストレスなんて、

こんな風に本当に些細な事。

 

だからでしょうか、

そのストレスを解消できるのもとっても些細な事。

 

 

その“タオルたちがボロボロの件”について言えば。。。

 

思いきって全てを一掃することに決め、

トイレやキッチンのタオル、

家族全員のフェイスタオルやバスタオルなどなど、

夜中に色んなブランドのサイトを見ながら、

どんな色でコーディネートしようかなぁって。

 

最高に楽しかった私♪

そのタオルが来るのをワクワクしながら待っている私♪

 

 

そして普段、

食の質より量に全精力を費やさざるをえない私は、

沢山の美食家の友人たちから素晴らしい知恵をもらいながらも、

ついつい実践できずにいたのですが、

こんな私にでも容易に取り入れられた体に優しい食材たち。

 

その一つが、

もうすでに多くの人が取り入れているでしょう、

大豆ミート。

 

何てったって、

乾燥したミートを調理をすると5倍ほどに増える!!

そして家族みんなが、

普通のお肉と同様美味しそうにとモリモリ。。。

簡単、経済的、健康的、日持ちまでする。

 

最近婦人科系の不調を感じている私も、

大豆を摂れていると思うだけで何だかとっても嬉しい♪

 

 

 

 

 

 

最後にとっておきの、

自分を幸せにしてくれる方法。

 

これも友人から教えてもらったことですが、

 

夜、洗顔後、化粧水をつけるときに、

右の手を左の頬に、

左の手を右の頬にあててあげるんです。

 

まるで誰かの手で頬が包まれているような感覚。

 

 

何かすごいことじゃなくていい。

こういう積み重なった些細なストレスは、

日常における些細なことで、

ふんわり癒されるのかもしれませんね。