自分が感想という感想をかけるわけがないので思ったことを書く程度に抑えておきます。




国語



古文漢文で点を取っておく必要性をよく感じました。



現代文を確信を持って答えられることは

そうそうなさそうです。



古漢で点を稼いで、現代文をボーナスゲームみたいに上手くいけば大量得点ゲットぐらいの気持ちでいた方がいいかもしれません。




数学



基礎やれ!って言われた気がしました。



基本を完璧にしないと太刀打ちできないのではないかと思います。



まずは青チャートレベルをいち早く習得していきたい。




歴史



「流れ」ってこういうことなんですね。



自分が感じたことで言えば、、、


時代や地域ごとの大きな流れがあり、

国ごとの小さな流れがあり、

さらに事件ごとの細かい流れがある。


そんなイメージです。



きっと上から順に勉強していくことで

理解が深まりやすく必然と流れを覚えることができるのでしょう。



世界史の大論述がどんなものかを把握できたのも今後の参考になりそう。




英語



The焦りを感じました。



これは相当積み上げないと点取れないぞって思いました。



自分はこれまで、英文解釈とかその後の長文を頑張らなきゃいけないなって思ってましたが、



一番に頑張らなきゃいけないのは

単語と文法、それにリスニングだと気付かされました。



どれも根気のいる勉強であり、英語に時間をかけるべき理由を身をもって感じることができました。





以上です。




全体的に感じたことは

基礎を勉強すべしってことです。



今回の経験からどんな風に基礎を勉強するかという指針はわかりました。



二年生のうちにどこまで土台を作り上げられるかが鍵となってきそうです。




東大オープン。




楽しかったです。いい経験になりました。




じゃ、またね。



東大受験生ブログランキング
(やる気ドバドバでてます笑)