道が色々あって、その先の事を何となく今までの経験値で予想して、

 

 「 この道は・・・ 怖そうだ・・・ 」  

 

 「 こっちは・・・ 安全そうだけど、後悔しそう・・・ 」

 

どんなに頭を働かせても、全くもって想像の域を出ることは無く、

 

何にも得られず時間だけが過ぎていく。

 

そんな時に、上京してきた時の自分を思い出してみるのです。

 

想像だけで終わらせず、どうなるか分からないけど、

 

結局、行かないと分からないことだらけだわ、と、

 

ずんずん前へ進んで行ったなぁと。

 

もし、進んだ先で、自分の望んだものがそこに無かったとしても、

 

少なくとも、どうしようと足がすくんで立ち止まっていた、モヤモヤした気持ちの自分より、

 

ずっと晴れやかな心持ちでいられる気がするのです。

 

あくまで、これは自分の場合です。  ( 進み方、選び方は人それぞれ ) 

 

進んでも進まなくても、それは自分に返ってくるものだし、

 

進んだ先で色んな事があっても、きっと自分は一生懸命に切り抜けようとするだろうし、

 

実際そうだしなと、上京してきてからの生活を振り返って思います。

 

自分が一番嫌なのは、動けるはずなのに、動けないこと、動かないことなので、

 

状況も一応見ますが、その中でも動ける動き方を見つけて、

 

単独で、必要最低限の人にしか知らせず、決めたらバーッと進んで行きます。

 

こういう所は、父と似てます (^  ^;)

 

母がよく、 『 お父さん、全然相談とかせずに色々するから困る!』 と言っていて、

 

多分それは、相談うんぬんと言うより、もう父の中でやると決まっていることだから、

 

相談するって言う概念がそもそも無いんじゃないかなーと。

 

自分もそこは同じような考え方なので、共感。

 

 

 

穏やかでいたいし、平和でいたいし、

 

何より傷つかずに生きていきたいと思っても、それはとても難しい。

 

なので、迷ったら選ばない、とか、

 

なるべく成功する確率が高そうな選択肢を選ぶ、とかでも別に良いのです。

 

自分の性分に合うものを軸としていれば、それは、その人らしい生き方です 流れ星

 

 

 

 

   星 ハイヤーリーディングスケッチ(イメージ画) 行っています。

 

       詳しくはこちら →→ メニューのご案内

 

  連絡先 : libra.arbil.2014☆gmail.com (☆を@に変えて) までお問い合わせください。