ファイナンシャルプランナー・岡山のお福ちゃん!

現役ファイナンシャルプランナーでありながら、複数人体制による高品質・コンプライアンス遵守・適正価格で「事務代行・記帳入力・データ入力・読者登録」を提供中。


テーマ:
{FE0F95BB-B26D-4DAC-87DD-ADCA43C4C068}


保険のお付き合い契約....
オーバー40以上の方、いやそれ以下でも、
一つはあるかもしれませんね。

これがなかなかな存在でして、
家計を見直す時必ず引っかかってきます。

でも、その人との関係性から、
それを壊したくない、
あるいは言いづらいと思ってズルズル続けているというのも多いでしょう。


ちなみに、生命保険の保険契約で、
解約による募集人のペナルティー(いわゆる戻入)がつくと言われているのは、
加入後2年(24ヶ月)、長くて3年(36ヶ月)と言われています。早期解約であるほど戻入の金額は大きくなります。
※戻入は保険会社によって期間は異なります。全くない会社もあります。

なので、3年以上経過していたら、解約しても、
取り扱いしてくれた相手に迷惑をかけないと
思われたらいいでしょう。

もちろん、その人が退職してたり、保険の仕事を辞めていれば、期間に関係なく、
もう十分役目は果たしたと言えるでしょう。


ところで、話は戻って
担当者は、あなたやご家族にとって、
どんな存在の人ですか?

親族や親しい友達ですか?
とてもお世話になってる人ですか?

例えば親しい人からの紹介で...となると
これまた関係性は薄いのに、辞めづらいですよね。

外資系の保険会社の営業の方は
「紹介営業」(自分の顧客に紹介を頼んで販路を広げていくやり方)
で、
仕事をしている人が多いです。

そして、保険に限らず他業種からの転職してきた「営業のプロ」と言われる方も多く、
実は短期での離職率も高いです。
ということで外資系の保険会社の契約を払っている方の「担当者は辞めた」
「担当者がころころ変わる」という話もよく聞きます。

この場合、前述にもある通り、
担当者が退職したところで、判断してください。


そもそもの話、
その人が自分や家族にとって、
毎月5000円だとしても、一年で6万円、10年で60万円
払う価値がある人か?
というのを考えてみてください。

それで「ないない!」と思った時が
解約のタイミングです。


もちろん貯蓄性があったり、
健康上の問題があったりして辞められない場合は別ですが、
ズルズル引きずるのは、あまりよくないと思いますので、
さっさと判断していきましょう。




ファイナンシャルプランナー
榎本尚子
office@libero-fp.jp





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

{40A6E0A0-1B8F-4527-AB2B-B7A0A96DA2E4}
先日帰り道に見えた夕焼け。
光が直線状に伸びて神々しいです。



生命保険料が高いからと、
辞めちゃった経験ありませんか?

担当者に会いたくないからと、
保険会社のコールセンターに直接連絡して、
書類書いて終了。


結構勿体無いことをしているケースは多いです。

保険種類によって違いますが、

保障額の減額をしたり、
貯蓄性のある商品であれば、支払いをストップして
払い済み保険(当初の予定利率で今まで払い込んだお金を原資にして買えるだけの保障額を買う)にすることはできます。ただし特約は解約になります。


保障額の減額というのは、

死亡保障であれば
3000万円の保障を2000万円にすると、
ざっくり保険料は2/3になります。

医療保険でいえば、
日額1万円を7000円にすると
7割になります。


保険料は、だいたいが比例で計算されますので、
保障額をダウンさせるときは
そこを頭に入れておくといいです。


それから、不要な特約は外す。
一つ一つは、月々数百円だったりしますが、
毎月毎月の支払いを積み重ねると
結構大きな金額になります。
200円は一年で2400円、10年で24000円になりますよ。


がん保険のように、
特約一つ一つ外すことができない場合もありますが、
加入時の見積書を見たり、
年に一度送られてくる、
契約内容の内訳に保険料の明細が載っている場合もありますので、
確認してみてくださいね。


この件に関するお問い合わせは
ファイナンシャルプランナー 榎本尚子
office@libero-fp.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{80262B35-84FB-479A-996F-9EFDB2CB9EC6}

実家の母の保険金請求にあたり、
印鑑証明が必要→印鑑手帳が紛失!→再発行

ということで、
印鑑登録証のカード発行手続き行ってきました。
(なんで、保険金請求に印鑑証明が必要かは、
また別途書きますね)


公的書類は本人が手続きできない場合、
代理人が手続きをすることになりますが、
これがまたとにかく面倒。

例えば、岡山市の場合は、
委任状作って、
それを区役所に持ち込む。

ちなみに
さらに、うちの母のように、
本人が何らかの事情で文字が書けない場合は
委任状の空きスペースに
「本人が◯◯(高齢など理由を記入)のため、手が不自由なので、代理人◯◯◯◯(今回はわたしの名前)が代筆して、代筆した内容については本人に読み聞かせて了解を得ました」と記入。
本人の前で読み上げて、
意思確認をして
拇印を押してもらっておくことが必要。


区役所で内容確認ができたら、
そこで仮登録扱いになり、
その書類が一旦自宅(この場合本人の住所があるところ、うちの母の場合は実家)に普通郵便が届くので、
それを持って、必要箇所に記入捺印をして、
本人確認書類のコピーなどを持って、
もう一度区役所に持ち込み、
問題なければ承認になり印鑑登録証が発行されます。

母の場合は、本人確認書類の健康保険証はお世話になってる施設に預かってもらっていたので、
コピーを取ってもらい、受け取りに行きました。
(これも、コピーは保管しておくほうがこういったときに手間が省けます)


とにかく中高年になってくると、
一つ一つの手続きがしづらくなってくるので、
家族のサポートが必要になりますが、
40代のわたしでさえ、
面倒だったので、できれば管理がきちんとできていることが望ましいです。


ついつい公的なものって窓口に行って、
手順を教えてもらってから、
となりそうですが(わたしだけ?)
まずネットでHPを確認して、
電話で必要事項を確認してから動いたほうが効率的です。

印鑑登録証が発行できたら、
やっと保険金請求ができます。やれやれƪ(˘⌣˘)ʃ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。