元六本木NO.1ホステス・心理カウンセラー青山紀子の結婚も仕事もうまく人生の生き方
  • 15Nov
    • 自分を蔑ろにしていたら、セルフイメージが下がって、夫にまで蔑ろにされたと感じた話。(笑)

      こんにちは。心理カウンセラーの青山紀子です。今日は、とても気持よい、秋晴れですね!!(徐々に青が濃くなる感じ、好きです♡)日中に、ゆっくり心地良く過ごせるのは、本当に豊かだな~と思えます。なんか、もうすごく過去の話なんですが、思い出して無償に書きたくなったので、書いていきます。前の結婚をしていたときのお話しです。夫婦って、自分を表す潜在意識の鏡なんです。類友って奴ですね!近い存在過ぎて、一体どこが鏡になっているのか分からないくらいなんですが、ふとした時に気づくことがたくさんあります。昨日の記事が、自分を蔑ろにしていると…という内容でしたので急に思い出したエピソード。当時ね、よくあったことなんですが、重たい荷物を持っているのに、とか、ちょっと距離があるのに、とか、タクシーを使えばいいものを、使わないで頑張って歩くということがあったんです。都心は、スーパーが近くになかったりもしますので、本当に買い物は不便。仕事が終わって、クタクタになりながらも、買い物に行ったりしていて。でね、ある時、全く関係ないときです。当時の夫とご飯を食べに行ったのかな?何をしていたのかは忘れてしまいましたが、帰るときになって、「歩いて帰ろうか。」と言われたのです。私、その言葉に無償にムカーときてしまって。「なんで、タクシー使わないのよ!!!」とは言いませんでしたが、心の中で怒りながら歩いて帰りました。(笑)勿論、前夫は、私がなんで怒っているのかは分からない。(^^;)当たり前です。だって、この怒りは、本当は、前夫ではなく、自分への怒りなんですから。(^^;)自分が普段疲れているのにケチるから、不満がたまっていたんですね。「なんで自分を大事にしないんだー!!」ヽ(`Д´#)ノって。そして、そこで気づいたのは、自分でもやらないことは、他人もしてくれない。ということ。「私は、そういうセルフイメージですから、そういう扱いで結構です。」となっていく。つまり、私自身が自分にケチっているわけですから、夫もケチるわけ。タクシー乗りたきゃ、自分で乗れ!!察してもらおうとするな!自分で自分を大切にしろ!!そう思ったのを覚えています。(笑)よくね、男性にはこんな風にされたい!そう、願望を持つことってありますよね。高級なところに連れていってもらって、ご馳走してもらって、楽しみたい!とかね。勿論、そういうことを望むのは悪くないですよ。でもね、自分で自分にしないことを、人に望んでも、叶いはしませんよ、ということ。いや、それが不倫とか、お金持ちのおじ様方にしてもらえるということは、若い女性なら叶えてもらえるかもしれません。(笑)あなたが望んでいるのは、自分に非日常を味わわせてくれる人?それとも、日常を一緒にいる人?ちなみに、非日常は、恋人や結婚相手ではありません。なぜなら、結婚相手は、日常を一緒に過ごす人だからです。結婚に、非日常を求めていると、不倫や、都合の良い関係ばかり引き寄せます。だから、日常のステータスを上げたいと思ったら、まずは、自分が上げないと、それは、いつまで経っても非日常なのです。(^^;)先日、元ホステスとして書かせて頂いたこの記事。結婚したいけど外見を磨くのは面倒な女性たちハイスぺを望むということは、自分もそれなりにお金がかかるということです。自分は何もせず、何も変わらないというのは不可能な話。そうしていかないと、自分にとってハイスぺは非日常となり、非日常を味わわせてくれるのは、どこかで利益を取りたいと考える都合の良い男性なのです。(この後、ホテルに誘いたいとかね。)ということで、されたいと思うことは、自分にしていくくらいが大事。人に求めるというのが間違いで、自分の望みは、自分で叶えていくことなんです。そうじゃないと、いつまで経っても、要求を叶えてくれるのが愛という形になってしまいます。それは、成熟した大人の関係ではなく、子どもが親に求める理想の愛です。理想だけど、叶わぬ愛ね。普段、自分では行かないようなお店も、自分で行くようになると、すごく嬉しくなるものです。過去にね、お客さんに連れられて行った、外人さんがジャスを演奏してくれる、ホテルのおしゃれなバーがあったのですが、そこに、友人と行ったとき、なんか、ものすごーく嬉しくなって。「あー、自分で来れちゃうって最高ー」「自分で自分に与えてあげるって、なんか、うれし~」そんな風に、心が躍った夜でした。自分で支払っていくくらいになると、それは、いつの間にか、自分にとっての日常になっていきます。だからね、心地の良い結婚も、自分で作っていくということなんですね。そして、結婚相手は、自分のバロメーターとしても、色々と鏡となって見せてくれる存在です。そして、一緒に幸せを作っていける最高の存在です。今回のメルマガ、結婚も仕事もうまくいく人生の生き方7日間メール講座は、自分を確立することがメインです。テーマは、結婚も仕事も“わたしらしく”私が喜び、私としての人生を!!なんですが、何度も何度も書き直しています。(^^;)だけど、書き直すたびに、私自身も気づきがいっぱいです。良いものをお届けしたいと思いますので、もうしばらくお待ちくださいね。今日も、お読み頂きありがとうございます

      NEW!

      15
      テーマ:
  • 14Nov
    • 承認欲求が強いと、結婚も仕事もうまくいかない。

      こんにちは。心理カウンセラーの青山紀子です。急に冷え込んできましたねー先日、春と勘違いして桜が咲いていたくらいなのに。↑本当ですよ。(笑)はい、今日は、結婚と仕事のどちらもうまくいかせるためのお話しです。かつての私は、結婚か仕事のどちらかを取るしかないと思うような人生を歩んでいました。今、考えれば、ホステスの時は仕方ないと思うところもありますが、なぜかそれは、結婚してからもそうで、仕事を辞めて欲しいなんて、義理の両親から言われてしまったり。でもね、途中から、実は、それすらも、自分で作り出していると気付いて、本当に、どこかのタイミングで、長年の漠然とした悩みであった、こういう、どちらかを選ばないといけないような生き方をやめようと、両方うまく行かせるようにと、頑張っていた時期がありました。でも、表向きに頑張ってもダメですね。私の中では、どちらもうまく行くなんて、当然のことだと思っていました。だって、周りにも、そういう人たちはおりましたから。自分だけ出来ないのはおかしいのです。では、どちらも頑張ればいいのか?いや、そうではなく、もっと根本的な発想が必要なのでした。それは、何か?まずね、自分を確立する。ということです。ホステスの頃、私は、いつも仕事が辛いと感じていました。指名や売り上げもそうですが、そもそも辛いのは、自分を蔑ろにしてまで、人に合わせてしまうところ。これが、本当の原因ですね!でも、まず、ホステス自体が、本音を言えない仕事です。彼氏がいてもいないと言い、口説かれても曖昧な返事。ムカつくお客さんにも笑顔。(笑)だから、こういう仕事が本当によくないんだと思って、辞めたいと思うようになります。だけど、先立つものがないので、自分や自分の人生を良くするためにも、心理学の勉強をしていきました。そして、実際に辞めて、「これで、辞められたー」と思って、結婚もして、私は幸せだったはず!!!だけど、また、黒い影が私の元へと忍び寄ります。そう、また周りに合わせ過ぎる自分です。嫌な仕事を辞めたくらいで、根本的な問題は解決されていなかったのです。また自分を蔑ろにして、苦しむようになっていきます。ところで、なんで私は周りに合わせ過ぎてしまうのでしょうか?仕事なんだから当然?結婚したのだから当たり前?そうではなく、もっと根本的なこと。人に合わせ過ぎてしまう人というのは、まず、自分との関係が良くないです。良くないというか、自分を見ていません。私と同じ傾向のある女性に、このような話をしても、最初は本当に通じない。(笑)自分を見ていないって、何?(笑)そんな風に思われてしまう。(^^;)だけどね、価値判断は、必ず自分ではなく、他人なはず。自分で自分を承認する発想がありません。だから、他人から承認されていないと、不安なのです。人の目、顔色を気にします。この心のモヤモヤは、色んな言葉で表現出来ます。本音が言えない。嫌われなくない症候群。見捨てられ不安。あなたも、私と同じ悩みを持っていたりしませんか?もしね、こういう悩みを持っていたら、それは、私と同じように、表向きに何かを変えたって、根っこが変わっていなければ、それは、どこまでも付きまとうのです。一番のテーマは、自分を持つということです。そう、私にとって、結婚も仕事もうまくいく根本的な解決方とは、自分をしっかりと持つことだったのです。私を含め、こういう悩みを持つ方は、まず、自分がどうしたいのか?と考えるのが苦手です。自分の気持ちがよく分からない。自分がどうしたいのか分からない。それは、これまでの行き方が、人の承認を得る生き方をして来たからです。だから、自分がないのです。あると思っても、それは、結局、他人の価値観の刷り込み。こういう会社で働けたら、周りから羨ましがられるよね。こんな人と結婚したら、最高に幸せだよね!それは、本当に、自分の価値観なのでしょうか?周りが良いって言っているから、なんとなく、自分も良いと思っているものなんじゃない?自分よりも、他人の価値観を選んで来ているということかも。自分を蔑ろにして、置き去りにしているのは自分です。だから、そのような出来事を、あからさまに体験していくようになります。蔑ろにされるというような出来事です。これは、他人からやられているのではなく、自らが、選んでいると自覚しないといけません。そうじゃないと、変えられもしない。そして、自分がどうしたいのか?というような自発的な回路が育たず、どうしたいのかが分からない。分かってもうまく行動ができない。という状況に陥ります。私は、そこから何をしたのか?私は、そこから、自分のインナーチャイルドと向き合い、育てることをして来ました。自分が何を感じているのか?自分がどうしたいのか?何を望んでいるのか?そういう微細な感情を汲み取って、自分の子ども心を育てて来たのです。本当に、本当にね、思考が現実化するのです。面白いように現実化しますよ!だから、本音としての望みと、理性で考える“思考”ここが大きく異なると、理性で考える思考も現実化していきますから、自分の幸せとは無関係の現実を作るようになります。本当に作りますよ!だから、周りや世間ではなく、自分としてどうなのか?ここは本当に大事なところです。先日、兄弟順位のお話をしました。自分の基本の性格の傾向性は兄弟順位で分かる!自分の傾向性は、兄弟順位に出ています。でも、どの順位であっても、それぞれに素晴らしい特徴があります。特徴とは、才能です。だから、自分の特徴を、存分に生かすと良いと思います。自分の生まれの特徴を生かしながら、新しい能力をプラスしていけるといいですねそしてね、過去が肯定できるようになると、自分の人生が素晴らしいと感じるようになります。そしてね、ようやく、本当の自分に行きついたそんな思いを感じる出来事も体験されるでしょう。私も、回って回って、回り道をして、たどり着いた感覚があります。自分と世間は、どのように出来ているのか?自分を蔑ろにしていると、本当にその通りの現実を作っていきます。だけど、素直な思いを大切にしていると、自分が心地よい状態を作っていけます。勿論、作るのは自分です。だけど、自分がどうしたのかという本音に気づき、居ても経ってもいられなくなるという感じになります。そうしたら本当にチャンスあなたが本当のあなたとして生きるとき。先日もお伝えしましたが、混沌とした世界という泥の中で咲く蓮の花のよう。本当に作り出しているのは自分の方です。だから、自分の心に従うのが大事。どうしたいのか?どうしたら自分は幸せなのか?その答えに従うのです。だけど不安なんですね。それは本当に正しいのか?大丈夫なのか?だからまた、グルグルと回って、また自分を見失っていくのです。いつまで、それをやるのでしょうか。今回のメルマガ、結婚も仕事もうまくいく人生の生き方7日間メール講座は、まさに自分を確立することがメインです。テーマは、結婚も仕事も“わたしらしく”私が喜び、私としての人生を!!なんですが、何度も何度も書き直しています。(^^;)だけど、書き直すたびに、私自身も気づきがいっぱいです。良いものをお届けしたいと思いますので、もうしばらくお待ちくださいね。今日も、お読み頂きありがとうございます

      23
      テーマ:
  • 13Nov
    • 結婚したいけど外見を磨くのは面倒な女性たち

      こんにちは。心理カウンセラーの青山紀子です。今日はね、いつもとは異なるお話しをしますね。(笑)というのも、今日は久々に婚活です。もともと私も、一度目も婚活、二度目も婚活をして今があります。結婚したいと思ったら、現実的な行動は本当に大事です。一度目は、1ヶ月で婚約。二度目は、なんと10日での婚約でした。(笑)一度目はね、当時このブログにも、「1ヶ月以内に結婚します!!」と公表して、本気(死ぬ気)で頑張りました。(笑)勿論、公表した時には、予定もなければ、恋人もいません。(^_^;)かなり無謀でしたが、結婚すると決めて行動してみて、気づいたことがたくさん。それは、これまでの私はただ、結婚したいと言っていただけ。たけど、本気の行動は全くしていなかったということ。結婚に繋がらないような恋愛はしていましたが、人は鏡ですから、相手を見れば、自分の結婚願望も、どれくらいのものか分かります。相手に結婚願望がないなら、紛れもなく、それは自分と思うこと。同じものが惹かれ合う、波動の法則ですね。そして、何かを実現するって、相当なエネルギーが必要なんだって、結婚相手が見つかって心底分かりました。だから、それまでの私って、ただ、結婚したいと言っていただけだったって。それなら、出来るはずもないね、と。でも、最終的には数年で離婚しましたが、結婚生活ではたくさんの学びを頂きました。前夫との出会いがなければ、今の私もおりません。前夫には、感謝してもしきれず、今でも遠くから幸せを願う人の一人です。そして、二度目の婚活です。こちらは、特に期限を決めていたわけではありませんが、婚活をするなら、ダラダラせずに、3ヶ月くらいが妥当だろうという頭がありましたので、その通りに活動してみることにしました。今のパートナーと出会ったのは、私が、真剣に婚活を始めて一ヶ月後くらいです。そこから、10日で婚約となりましたので、一ヶ月半くらいで、見つけることが出来ました。面白いのは、婚活を真剣に始める前というのは、出会いはあっても、結婚願望がない人や、あっても微妙な人に出会います。(笑)やっぱりそうなんだな〜って、改めて思ったのを覚えています。(^_^;)あると言っておきながら、まだ迷っているような人とかも含め。う~ん、これも鏡なのか~と思い、意を決して、真剣に婚活をすることを決めるのです。迷っている人はバッサリ切り、結婚に対して、真剣な人と出会うことを心がけました。また、婚活なのでね、中には、「あー、この人良かったのに~(T_T)」と思う人もいましたけれど、でもそこは直ぐ切り替え。そして、出会ったのが今のパートナーです。出会った印象としては、他の男性にはない、とても不思議な人で、何となく、ピンと来てしまいました。(笑)(なんで笑?)深く相手を知っていくと面白いですよ。私が、潜在的に望んでいた理想の人だったからです。「あー、やっぱりここを選ぶのねー。」と思わせてくれる人で、ある意味、パーフェクトな感じです。でも、そういう人を狙ったわけではないし、普通に婚活して動いて引き寄せた感じでしょうか。でも、「確かにこれ、望んでいたよね!!?」と思わせてくれる人です。今でもそう思います。だから、私にとっての、望み通りの人が来てくれたのでした。でもね、今日は、望み通りや理想通りの人と出会う秘訣ではなく、別のことをお話ししたい。(笑)いや、これもある意味、理想通りの人を引き寄せる秘訣かもしれません。というのもね、私は、心理系や、潜在意識系のことはよくお話しするのですが、外見的なことは、専門外なのであまりお話ししません。でも、今日は、あえてそこを話したい。これは、カウンセラーとしてではなく、元ホステスとして、言わせて頂きたい。(笑)婚活女性に言いたいことがある。女性は、結婚をするときに何を求めるでしょうか?素敵な男性だということは確か。でも、その素敵な男性というのは、人それぞれ異なりますね。外見なのか、収入なのか?どんな理想を持つのも良いと思います。だけどね、本当に思うことがあります。私のところにお越し下さる方は、ハイスぺ系を望む方も多いのですが、いや、そうではなくとも、「もっと、外見を磨きましょう!!」とよく思います。そして、これは、私がよく思っていることです。これはね、長年ホステスをして来たからこそ思うことなんですが、男性からしてみて、女性を見るときは、見た目10割でも過言ではないのです。「私は、容姿は良くないから…。」と仰る方もいますが、でも、そういう人に限って、大した努力はしていないの。(^_^;)美は生まれつきと思っていますか?美は、作るものですよ!メイクや髪型、服装で、女性は、本当にキレイに変身します!そしてね、男性は、外見がタイプかタイプじゃないかで、その後の中身に、興味が行くか行かないかが決まるんです。だからね、男性から好かれないと悩むなら、まずは、外見を磨いてみることです。婚活するなら、それはもうマストなのです。だけど、婚活や結婚って、外見だけの問題だけではないのでね、心理的な面も必要ということではありますが、外見磨きがいらないということではありません。私のホステスの友人は、私が以前、美容クリニックにいたので、何の施術をしたのかよく教えてくれます。最近では、「ボトックスが失敗しちゃって~。」なんて言っていましたね。(笑)それくらい、美容に気を付けているんですね。また、整形している友人も普通にいます。言わないだけで、キレイな人は、それなりに、何かしらやってます。そして、ホステスはメイクも上手です。それは、どうしたらキレイになれるのか、周りのキレイな人を見ながら、日々、自分でも研究をしているからです。そして、その積み重ねが、指名=売り上げとして自分に返ってくるのです。だから、私もメイクを習ったわけではないですが、男性から指名の取れるメイクは出来ます。(笑)男性が好みそうな自分を作る。私は、これをホステスという、仕事でしていましたから、婚活にもかなり役立てることが出来ました。男性は、どこを見るのか?男性は、全体を見ます。全体像です。その女性の雰囲気ですが、雰囲気は、外見である程度作れます。そして、婚活であれば、まず顔は当たり前ですが、髪、そして手を見ています。髪はね、本当に大事です。髪で雰囲気が作れてしまいます。だから、髪がキレイな人は、それだけで美しく見えます。真っ黒は好まれませんが、少しカラーが入っている方が、顔明るく見えるので、良い印象を与えます。明るいイメージを持たせたいなら、自然な茶色くらいにしましょう!そして、長い方が女性は可愛く見えますから、婚活中は、伸ばした方が絶対にいいです。セミロングか、もう少し長めか。ショートは論外よ。吉瀬美智子レベルの美貌があるならOKだけど。そして、手。手というか肌なんですが、肌がキレイだと女性らしさを感じるのです。そして、手がキレイだと、更に、魅力アップ。なので、手をキレイに見せるためにも、爪の手入れが大事です。ネイルをしている爪は、女性らしい印象を与えます。派手なのは好まれませんが、短く切るよりも、指がキレイに見えるように、手入れをしておくのは大事です。というか、しましょう!(笑)得をするのは自分です。テーマはね、女性らしさなんです。勿論、自分に似合うというのが前提ですが。女性らしさを作れば作るほど、男性から好印象に映るのです。うちの結婚相談所に入って活動している女性には、外見的なこともお伝えして来ました。だけど、中には言うことを聞かない人もいるのでね、(^_^;)伸ばした方がいいのにバッサリ切って、見た目が落ちてしまった人もいました。(^_^;)(そういう人に限ってハイスペ狙い。なぜ?笑)指摘して逆ギレとかもあったかしらね。(^_^;)また、髪を染めた方がいいというアドバイスでも、嫌がってやらなかった方もおります。真っ黒は重いのよー。(ーー;)そういう方々は、やはり、婚活で苦戦され、退会されていきました。(^_^;)私たちのアドバイスは、よりステキな方と結婚を叶えてもらうためです。理想を叶えてもらうため。本当にね、そんなに甘いものではないのです。自分の好きなスタイルは、結婚してからでもいくらでも出来ます。せめて婚活くらいは、男性目線を気にしましょう!それは、媚びではありません!!私も、2回目の婚活のときは、色々とチェックされていたのを気づいています。一番厳しかったのは、何気に今のパートナーです。(笑)足元から何から何まで、チェックして色々と言っていましたけど、元ホステス、ナメるなよ!です。(笑)事前準備は怠りません。(笑)勿論ね、外見だけ良ければ良いってものでもありません。結婚するなら勿論、中身も大事。でも、いくら中身が良いからと言っても、中身は、よく知ってもらわなければ、伝わらないのです。中身の良さを知ってもらうためにも、まずは興味を持ってもらうためにも、外見を磨いておく。これは本当に大事なこと。特に、ハイスペを狙う女性は、貯金よりも、自己投資です。今のレベルで良い訳がありません。投資なくして、得られるものなどありません。レベルの高い男を望むということは、それだけお金がかかって当然です。より、外見を磨いてみて下さい。甘えるな!ですよ!(笑)ただ今 準備中です結婚も仕事もうまくいく人生の生き方7日間メール講座

      31
      テーマ:
  • 12Nov
    • 自分の基本の性格の傾向性は兄弟順位で分かる!

      昨日、書いた兄弟順位のお話し、今日は、他の兄弟順位のお話しもしていこうと思います。昨日はこちら↓兄弟順位から見る性格と自分らしさ第一子は、一番上の子。中間子は、3人以上の兄弟の真ん中の子。末子は、一番下の子。一人っ子は、他に兄弟のいない子。こんな風に、それぞれに立場があり、家庭環境で培われた、傾向性というものがあります。例えば、第一子は、親にとっても初めての子。初めての子ですから、親も恐る恐る子育てをしますね。親の期待も大きく、厳しく育てられる傾向があります。しかし、兄弟の中で、唯一、親と過ごした時間も一番長く、独占できる状態を得ていたのも第一子です。当たり前に親を独占していましたから、下が生まれた時のショックは大きく、「取られた」「捨てられた」というようなショックを受け、これが、無意識にトラウマとなっていることも多いです。親は下に甘くてズルい!!!なんて思っていることも。また、一番上という地位を持つので、社会に出ても地位を求める傾向が強いです。または、ブランド志向であったりもします。そのため、どの兄弟よりも、プライドは高く、王様気質を持ち合わせています。このプライドや、王様気質が、時に邪魔をして、仕事に支障を来すこともあります。続いて、末子は、親もわりと子育てに慣れているので、甘やかすところもあるかもしれません。(笑)また、一番小さいので、家族中の注目の的でもあります。注目され、愛され、世話をされ、チヤホヤされるのが当たり前のようになります。無条件に可愛がられます。上に負けている劣等感を持っていますが、臆病でもあるので、やはり上を求め、上の教えなど、学び好きです。そのため、自発的な行動が苦手なところもありますね。しかし、末子は、上を見習う傾向が強いため、容量は良く、世渡り上手です。そして、真ん中の子である中間子。中間子は、元は末子です。ですから、末子的な性質も持ち合わせています。下が生まれるまで長ければ、その傾向も強くなります。親は、上の子と下の子に注目していると思っているので、自分には関心がないと思っています。そのため、親をアテに出来ず、その分、自立も早いです。親に要求するよりも、自分が自立してしまうタイプですね!家族には心を開きませんか、友人などには心を開き、社交的であったりします。独立心旺盛であり、冒険家でもあり、自由なタイプです。中間子エピソード。中間子であるお母さんに、以前セミナーにお越し頂きました。0歳のお子さんがいるらしいのですが、普通に預けて来られたと。それを聞いた、第一子のお母さんは、びっくり!(◎_◎;)自分だったら、0歳の子を預けて、セミナーになんて来れない!!とのこと。これは、どちらが正しいとかではなく、自分の傾向性によるものです。第一子のお母さんは、母親の初めての子ですから、その分、手厚く育てられています。自分もそれが当然だと思っていますので、必然的に自分の子どもにも、そうなるということです。しかし、中間子のお母さんは、早くに親離れをするしかなかったので、親に対する期待値も低く、子どもに対しても、そうなるということです。つまり、自分の性質で、子どもに対する対応も変わるということです。決して、中間子のお母さんが、育児放棄をしているわけではありませんよ!(笑)番外編子育てが苦しいと感じたら、自分の子どもの頃を見直しましょう!苦しくなるのであれば、子どもの頃に、多くの要求を親にしています。それを、自分が子どもにしてあげないといけないと感じるので、苦しくなってしまうんですね。それは、行動ではなく心の中で思っていることも同じです。なので、見直してみるとスッキリしますし、子どもとの関係や、躾けもうまく行くようになります☆続いて、一人っ子。一人っ子は、第一子と同じ傾向を持っていますが、しかし下がいないので、末子的な性質も持ち合わせています。親を独占している唯一の子です。兄弟と競う事もなく、当たり前に与えられるので、どかか、おっとりとしているところがあります。また、兄弟がいない分、世話をしたり、邪魔をされることもないので、自分のやりたい事に集中できます。人と分けるのが苦手で、実は、一番欲張りだったりします。望むものすべてを手に入れる。それが、一人っ子かもしれませんね!このように、自分の人格形成には、兄弟順位が影響していますが、更に細かくすると、両親の兄弟順位も見ていくと面白いです。なので、末子だから、末子の性格しかないと思っても、お母さんが中間子の場合は、中間子的な要素も混ざっていたりします。また、第一子の女性が、下に弟がいる場合、家を継ぐのが長男である弟などが多いので、嫁に行く女性は、中間子的な要素を持ち合わせたりもします。他には、死別や病気など、色々と各家庭の事情もありますから、第一子は、第一子の性質のみ!ということでもありません。色々な要素が組み合わされて自分という性質が出来ていますので、色々と自分を知ると面白いですよ!ちなみに、私の場合ですと、末子・中間子・一人っ子の性質に、当てはまります。色んな性質があったので、最初はどれにも当てはまらないと思ったくらい。(笑)パートナーは、完全なる第一子ですね。(^_^;)上は、下の分の責任も取ろうとしますが、子分のように下を使う傾向も強いです。(笑)私はそれに対してイラっとします。(笑)私は、上とは年も離れているので、子分のようではなく、散々上を使って来たかと思います。なので、やはり、上を使おうとします。(笑)う~ん、そこは合いませんね。(笑)今日、お話ししたのは、基本の性格の傾向性ですから、一生、このままということでもありません。自分の基本プラス、欲しい能力を足していくことが出来ますから、今、どんな能力を持っていて、そして、必要であれば、自分の望む未来に合わせて、新しい能力を作っていくと良いと思います。ただ今 準備中です結婚も仕事もうまくいく人生の生き方7日間メール講座

      15
      テーマ:
  • 11Nov
    • 兄弟順位から見る性格と自分らしさ

      こんばんは。心理カウンセラーの青山紀子です。今日は、兄弟順位から見る、傾向性のお話しをしていこうと思います。例えばあなたは、人の性格をどのように判断されたりするでしょうか?多くの方は、血液型で判断されたりしますね。「私は、A型だからB型は合わない。」「私は、B型だから、O型が好き。」など。「じゃあ、その血液型から見る正確って本当なの?」という感じですが、実際のところ大雑把過ぎて微妙ですね。(笑)それよりも、おススメなのは、兄弟順位による性格分析です。これは、子どもの頃の家庭環境において、自分の立場によって、形成されていく性格のことです。これはもう、あるあるな話が山ほど。(笑)例えば、上の子は、いつも親は下の子の方を可愛がっていると思っていたりします。反対に下の子は、上と比べられることも多いので、上に勝たないといけないと思っていたりね。こんな、あるある話がいっぱい。なので、自分が育った生活環境というのは、人格形成に大きく影響を与えているのです。例えば、私、三姉妹の末っ子なんですが、上2人と、ものすごく年が離れているので、実際には、一人っ子のように育って来ました。だから、一人っ子の気質が強い。物心ついた頃には、周りは大人ばかりなので、与えられ可愛がられ、注目を集めて育ちました。だけど、本人的には、周りに年の近い人がいないので、孤独感を持っているなど。前者は、他人から見た私です。後者は、自分から見た私です。人から見る自分と、自分から見る自分というのは、本当に大きく異なったりしますので、自分よがりではなく他人からはどのように見えるのか、視野を広げることって本当に大事。視野を広げていなければ、私は、愛されて育っていないと思っていたくらいですから。(笑)勘違いも甚だしいくらい。(^^;)末子は、やらされ感というものをすごく感じやすいタイプです。それは、人の世話をするよりも、人から世話をされる立場の方が多かったからですね。第一子は、下の面倒を見るので、やらされ感という被害者意識を持っていたとしても、末子ほどは持っていませんね。立場的に、子どもの頃から訓練されているので、当たり前になっていることも多い。だから、一人っ子気質末子な私も、どうして人間関係で、こんなにも苦労するのだろうと悩んだ時期もありましたが、それだけ自分本位にしか生きてこなかったから、ということが後々になってよく分かりました。愛され与えられ、そこはもう慣れていて当たり前なんだけど、でも、自分は自分だけのことを考えていたという感じですね。私自身が他人を支える、尽くすなど、発想にもなかったということです。だから、仕事でもそうでしたが、恋愛でも苦労しました。当時私は、会社を経営するなど、成功している男性が好きでしたが、でも、経営者ほど良い時と悪い時の差が激しいものはありません。良いとこ取りはしたいけど、でも、悪い時の苦労はいや。悪い時がない人なんていませんが、実際に悪いときになって、一緒に乗り越えていくということが出来ませんでした。当時は、なんか、使われているとしか思えないという、視野の狭さ。(笑)「与えられるのが当たり前なのに、どうしてこんな苦労をさせるの?」というような、当時はこうして、言葉に表現することも出来ませんでしたが、要約するとこんな思いを感じていたのでしょう。こういう悪い時期というのは、自分にとっての不運にしか思えませんでしたが、まるで自分だけが悲劇のヒロインのようで、自分のことしか考えていなかったのです。このブログで、経営者の妻系の話をたまにするので、経営者の妻になりたい!という人にもお会いしますが、旦那の代わりに自分が何とかしてやるくらいの気持ちがないと、本当に大変ですし難しいです。(^_^;)ちなみに、私のパートナーは、第一子長男です。だから、本当に面倒見がいい。また、第一子というのは、親にとっても初めての子ですから、親の期待も大きいものです。ですから、親も必然的に厳しくなります。だけど、社会に出て、期待に応えることに一番長けているのも、第一子ですね!それは、子どもの頃から訓練のおかげ。メンタルの強さの違いを感じることも多いです。そして、パートナーも世話好きだし、厄介ごとも進んで引き受ける兄貴肌タイプ。自分の時間を削って、本当に色んな人の助けをしています。こういうのを見て、本当にね自分との違いをよく感じるのです。上は、他人のことも考えなければならないのに対し、下は、自分のことだけ考えてられていた。上は、面倒を見るのに長けていて、下は、与えられることに長けている。だから、一緒にいても、なぜか、私の方が得をするような出来事は多いです。(笑)誰かにご馳走になった!とかね。(笑)だけど、以前の私なら、与えるよりも、与えられた方がお得だと思っていましたが、今は、その真逆を思います。人に与えられるということは、それだけ、自分が人より多く持っていなければいけません。例えば、精神面もそうですし、心は大人でなければなりません。また、お金の面でもそうです。与える人というのは、与える側ですから、それだけの稼ぎが必要だったりしますね!なので、人よりも持つものが多くなっていくのは当然です。与えられて喜ぶのか、それとも、与える側となって多く持つ様になるのか、好きな方を選べるわけですが、でも、やっぱりね、与える側として人は成長していきますね。子育てもその一つですし、また、会社で部下を持つのものそうですね。ずっと下のままだとしたら、それは、成長することを拒んでいるようなものです。先日、自分らしく生きることが、結婚も仕事もうまくいく秘訣だとお伝えしました。でも、注意点もあってね、自分らしさが要らない時期もあるのです。どういうことかというと、例えば、いつも与えられている側が、与える側になっていくときというのは、自分らしさなんて感じません。むしろ、自分らしさから遠ざかっていると感じるでしょう。(笑)こういう状態のとき、このタイプにとっての自分らしさとは、慣れて来た生き方である、与えられる自分が自分らしさとなるでしょう。だけど、カウンセリングをしていても、「自分らしく生きたいと思っていましたが、私の自分らしさは、子どもっぽい考えのままでした。」と気づかれる方もいるくらい。これは、本当に良い気付きだと思います。人の意識の中には、潜在的には成長したい自分もいますので、その思考がきっかけを引き寄せるなどして、現象がそうはさせません。会社の体制が変わるとか、上司から厳しくされるなど、何かしらあるかもしれませんね。自分としては嫌なことですが、長い目で見れば、成長に繋がっていたりしますよ!だからね、最終的な自分らしさというのは、ある程度、経験を積んでみないと分からなくて当然。私も、回り道をして、回って回って回って、「あー、やっぱりこの道が好きでこれが私らしさなんだー。」となることもたくさん。だから、私らしさというのは、自分として、また周りからの影響も受け、その中で、最終的に自分で築き上げていくものです。うまく表現は出来ませんが、泥の中で咲く蓮の花のように、悩みもがき考え、その中で、「これが私だ!」と、自分としての大輪を咲かせるようなもの。悩みや苦しみというのは、実は、成長の悩みだったりするのです。その人に起こる現象を見ていて、ここは本当によく感じます。成長するということは、心を鍛えられるので、負荷がかかって本人は辛いでしょうけど、(私だって辛い。笑)でも、「あー、このためにこの出来事を体験されているんだろうな。」と思うことも多いです。それが終わった頃、かつてなりたかった自分に、なれていたりするものです。どういう出来事を引き寄せるのかは、人それぞれ違いますが、でも、自分にとって必要なものは確かで、その出来事によって成長があるのは確か。だから、私は、泥の中に咲く蓮の花が、ぴったりだと感じるのです。是非とも、多方面から自分を知って、自分としての花を咲かせて欲しいなと思います。ただ今 準備中です結婚も仕事もうまくいく人生の生き方7日間メール講座

      25
      テーマ:
  • 09Nov
    • 結婚も仕事もうまくいく秘訣は、自分らしく生きること

      最近、生き方というフレーズをよく目にします。勿論、それは、私が普段から意識をしているからですね。今日は、とある人とこんな話をしました。私は、情報収集や、人とのコミュニケーションを取ることで、色々と気づきを得ることや、考えることが好きです。「一生現役でいようと思いますか?」要は、お金をどうやって得るかの話です。人の考え方は面白いですね。私は、「働き方次第で得る方法も変わりますね!」と、言ったことに対し、相手は、「考え方次第。」と答えられたのです。分かりますかね、これ。(^^;)ここで、私と相手の脳の回路が、既に違うことが分かるんです。私の発想は、労働的な考え方に対し、相手は、本当に得かたを言っているんですよね。労働するしないという、発想ではないということ。私は、労働することで得ようという発想に対して、相手は、どう得るかの考え方なわけです。根本的な発想が違うわけですから、人生の生き方も違ってきます。私は、このまま行けば、一生、労働的な収入の得かたをしていくというのが、分かるわけです。(笑)そして、ここが最も怖いところ。思考は、その通りの現実を作る。ここですね。一瞬考えてしまいました。勿論、働くことが嫌いなわけじゃないけれど、(向かない仕事はやろうと思いませんが)脳の回路の通りに現実が作られていくのなら、もっと、変わってもいいのかもしれないな、と。以前の結婚では、家事をしているから、その分の生活費が入る。そんなことを思っていました。めっちゃ労働収入発想です。(笑)そうですね、私はいつも、自分が動かなければお金は入って来ない、という考えでした。私はもともとホステスをしていましたが、まさにホステスがそうで、頑張ればその分収入は増えて、休めばゼロ。ホステスは、個人事業主なので、本当に自分次第な業界です。そんな生き方をして来ていましたので、何もしなくても、お金が入ってくるという概念がなかったんですね。お金=労働の対価になっていました。お金は、労働の対価であるとは限らないのです。こういう考え方をやめたつもりでしたが、最近、生き方について考えていたら、こういう話を引き寄せたので、もっと、更に考え方を変えてもいい時期なのでしょうね。一生、何かをしていたい。それが、私の働き方ではありますが、そこにプラスして、考え方を交えてみると、また、新しい発見が出来そうな予感です。というのも、最近どうして、こういう仕事についての記事を書くようになったのか。天職と適職。情熱と才能。望むライフスタイル。ワークライフバランス。そんなことを考えているからです。すると、色々と気づきが。私は、ずっと、ホステスが向いていると思っていました。だから、自分でお店を持とうと考えたときもありましたが、なぜか、そこで、一生、同じ場所にいて、酒の相手をするのが嫌だと思ったのです。だけど、辞めたら辞めたで、戻りたいという気持ちになっていたときもありました。(笑)特に最初の結婚をしているときは、本当にその欲求に駆られていました。でもね、こうやって活字にするくらい、ホステスの何が嫌なのかは当時は分かりませんでしたが、また、せっかく辞められたのに、どうして戻りたいと思ったのかも分かりませんでしたが、私にとって、ホステスの仕事というのは、冒頭にも書きましたが、情報収集や、人とのコミュニケーションを取ることで、色々と気づきを得られていたから、ホステスが好きで、向いていると思っていたようです。でも、実際には、そこまで向いてはいないわけ。(^^;)確かに苦しかったし。今は、自分が飲みにいって、周りの人と仲良くなることでそれを満たせていますので、ホステス業は、仕事としては好きではなかったというのが、今になって本当によく分かります。(笑)ホステスのような情報収集って、異業種交流会のような飲み会では、到底得られないようなレベルなんです。だから、今でもそれを求めますが、だからと言って、またホステスに戻るのは嫌。なので、今が丁度良いバランスなんですよね。これを、前の結婚では理解を得られなかったので、今のパートナーには理解を得られていることに、本当にありがたく、そして居心地の良さを感じます。よく二人で、数件ハシゴして遊びます。最高に楽しいですが、私は、周りの知らない人ともよく話しています。(笑)放し飼い状態です。(^^;)自分を知って、自分らしく生きる道を叶えるのが、結婚も仕事もうまくいく秘訣です。だから、自分を知るって、とても大事なことですね。今日のお話しは、どちらかというと、表面的な話ですが、知るレベルというのは、潜在レベルです。そこを怠ると、とても生きづらい人生になりますから。私は、両極端に経験してみて、やっぱりこっちだ!という答えを見つけるパターンがあります。でも、それも、自分らしさを見つけるための必要な体験であり、年を追うごとに自分が分かるので、自分のために、どんどん、自分の好きな生き方を叶えてあげたいと思うばかりですね。そして、結婚も仕事も叶え、自分らしく輝いて生きる女性がどんどん増えていくと私も嬉しいので、やっぱり、そのお手伝いは今も変わらず好きなようです年を追うごとに人生が楽しく感じます。それだけ、自分との付き合い方や、自分の喜ばせ方が分かって来たからでしょう。他人ではなく、自分とのコミュニケーションも大事ですあなたも是非、心理カウンセリングで自分らしさを見つけて下さい!ただ今 準備中です結婚も仕事もうまくいく人生の生き方7日間メール講座

      40
      テーマ:
  • 08Nov
    • さぁ、新しい自分を掴みに行こう!新しい生き方を手に入れよう!

      こんにちは。心理カウンセラーの青山紀子です。昨夜の我が家の夕食は、すき焼きでした。(こちらはイメージ画像です。)なんと、ポイントで、A5ランクのお肉500ℊ分と交換して来てくれて、豪華な夕食でーーすもうね、数日前から、どちらが何グラム食べるかを競っていました。(笑)結局、半々くらいですかね。(笑)私が最近、忙しいため、こうしてゆっくりと二人で食事をするのも久々な感じです。人間にとって、食べることは当然のことですよね。外食でも家でもいいのですが、一緒に美味しいものを食べるのが楽しみでもあり、こういうのが豊さでもあるなーと感じますね。一緒に食事をするっていうのは、一緒に物事を共有するということでもありますから、一日、一日、二人の関係を、積み上げているようにも思います。さて、昨日で、継続カウンセリングが終了した女性がおります。6ヶ月プラス、延長3ヵ月で、9ヶ月の間、ご一緒させて頂きました。延長して頂くこと、有り難いことに、ほんとーに多いです。そして、ありがとうございました。本当にお疲れ様でした。この9ヶ月間は、どんなものだったのかというと、自分を知る。そして、新しい自分になる。そんな期間だったかと思います。スタートは男性との関係でした。そして、結婚です。結婚相談所を立ち上げてみて、やはり、私が心理の専門なので、心理の分野から見ると、結婚相談所の前に、自分を整える必要性が本当にあると感じます。それも、結婚相談所を立ち上げたことで、本当に、心底思ったんですよね。結婚したい。そう、表面的に思っていても、潜在的には、全く異なることを考えていたりね、そういう、潜在的な自分を知って、新たに整えることが、本当に本当に大事だったりするんです。最近、それを改めて強く感じます。人にはね、本当に、潜在的なパターンを持っていて、それがあらゆるところで影響します。今日、最後のセッションのテーマは、実現力でした。叶える力ですね。ちょうど、先日のブログでも書いていたところです。やっぱりね、何だかんだ言っても、実現力があることが一番。実現力に勝るものなし!!と言えるでしょう。それがあると、あらゆるところでその能力が使えますから、今からでも育てていった方が絶対得です自分でも気づいていない潜在的なパターンが、実現力を弱めていたらどうでしょうか?なりたいもの、欲しいものも、手に入れにくい自分になってしまいます。だからね、これは本当に重要なんですねでは、どういう人が、実現力が弱いのかと言うと…待つタイプの受け身型。受け身は本当に、実現力が弱くなります。「じゃあ、簡単な話、受け身をやめて行動すればいいんでしょ?」となりますが、パターン化されてしまっていると、行動自体に制限がかかってしまうのです。その制限とは、まさに、感情の制限です。感情は、あらゆるところで、あなたの望む未来を妨げます。「なんで私が?」(自分がやるべきではないと思っている)「自分なんて…」(ウジウジ・モジモジ)「どうしていいか分からない」(いくら教わっても)「本当の望みじゃないかも?」(回避)こんな感じで、感情は暴れます。(笑)負荷もかかるし、どうしたって居心地が悪いのです。そして、その感情にまんまと引っかかり、行動することを止めようとしてしまいます。でも、それは、本当に嫌なんじゃなくて、緊張感が嫌なだけだったりするのです。でも、それを、望みが違うのかもしれないと、誤魔化してしまいます。あとは、うまくいかなくて苦しいとか、辛いとか、そういうのもあります。でもね、一番気づきにくいのはこれです。「自分なんて…」どうせ…どうせ…私なんて…これね、何をしているのかというと、実は、拗ねて不貞腐れている状態なんですね。でも、自分では気づいていなかったりするのです。だからね、今がどんな状態であっても、自分がどうしたいのか?それを明確にするのが本当に大事。どうせ、どうせ、とやっているときというのは、自分がどうしたいのか?というのも見失っているときです。意識が拗ねる方に向いているからですね。だから、自分の意識をね、どこに向けているのかというのは、本当に本当に大事なことなんです。人間はそんな器用に出来ていないの。昨日の最終的な着地点は、掴みに行け!!!でした。自分で掴みにいくくらいのエネルギーを出すこと!!それが、実現力に一番必要なエッセンスです。さぁ、新しい自分を掴みに行こう!!今までの生き方も悪くはなかったけど、でも、もうたくさん体験したからいいよね!新しい生き方を手に入れよう!!新しい生き方を掴みに行こう!!新しい私のスタート!!ただ今 準備中です結婚も仕事もうまくいく人生の生き方7日間メール講座

      12
      テーマ:
  • 06Nov
    • なりたい自分になるためのセルフチェック

      こんばんは。心理カウンセラーの青山紀子です。「こんな風になりたい!」「あんな風になりたい!」そんな理想を描いたとして、今の現実と比べてみる…理想と現実その差にため息をつきたくなることも。(^_^;)そうですね、言うことは簡単。だけど問題は実現力。言うは易く行うは難しですね。(^^;)では、実現力の前に考えてもらいたいことと言えば、“今の自分は何を手にしているのだろう?”ということです。ここが、ものすごく盲点なんですね。じゃあ、その盲点にフォーカスしてみると…一番多いパターンは、「こんな風になりたい!」「あんな風になりたい!」だけど、今の安定は壊したくない!だったりします。(笑)そう、怖いんですよね。でもそれってね、色々と理想を考えてはみても、結局は、2番目、3番目の望みであって、“今の安定を手放してまで望んでいるものではない”ということになるんですよね。なので、本当のところ、自分の望みは既に叶っているということ。つまり、安定が叶っているんです。だけど、もう、それを当然のように手にしているので、気づけないということです。だから、今、何を当たり前に手にしているのだろうかと考えることって、とても大切ですよ!本当の自分が見えて来ますし、無い物ねだりにも気付けます。そしてね、見直してみて、今の生き方を変えたいと思ったら、今持っている相反するものを手放す。それが出来るかどうかは、自分自身の挑戦になります。でも、それしかないのです。私も昔、ホステスから、心理カウンセラーとしてやっていきたいと思ったとき、そこにあるのは恐怖でした。どうなるか分からない恐怖。生活に困らないか?そんなお金の恐怖。やっていけるのだろうか?という恐怖。だから、辞めたいけど、でも、心理カウンセラーとして食べていける保証もありませんでしたから、辞めたくても怖くて辞められない状況でした。でもね、そんな心境はことごとく無視され、面白いことに、毎日のように嫌なお客さんが来るようになります。毎日、毎日、指名で来られます。(^^;)そして、私にこう言います。「俺は、来たくて来てるんじゃないんだ!」「お前なんか嫌いだ!」(^^;)普通だったら、もう来ない方がいいし、私が嫌なら、他の子を指名した方がいいのでは?と思うところです。でも、毎日来るわけです。(^^;)それもなぜか指名で。(笑)もう、本当にイヤで、「二度と来ないで欲しい!!!!」「来るな!来るな!」と思っていました。仕事が余計に憂鬱になります。でも、ある時に気づくのです。「あ、これは自分に言いたいことなのかもしれない。」と。イヤイヤ来ているというお客さん。来たくないけど、来ているのです。(と言っているだけだけど、笑)つまり、それって私なんですよね。辞めたいけど、イヤイヤ来ている(出勤している)私です。私が引き寄せているのかもーーーー!!!!と気づき始めた頃、最後に背中を押してくれたのも、やっぱりお客さんでした。(別のね)やりたいことがあると言う私に対し、「お前の未来はここにあるのか?」周りを見渡す私。「…ない、ね…。」これらをきっかけにして、辞める決意をするのです。ただお店を辞める決意ではなく、ホステスを卒業するという決意です。しかし、このお店でも、一応は売れている私です。(^^;)果たしてお店は辞めさせてくれるのだろうか?そんな悩みを抱えながら、意を決して、辞めたい旨を伝えると、あっさりと承諾されるという。(爆)「あー、もう本当に、この業界に私の居場所はないんだ!!」そう心底思うのでした。本当に自分次第なのだと。それから私は、ホステスを辞めて、心理カウンセラーとして、本格的に活動を始め、大阪や沖縄などにも、セミナーを開催させてもらうようになっていきました。生活ができるかどうか分からないのは、本当に不安なことです。だけどもう、目先の安定を捨ててやるしかなかった。まるでバンジージャンプのようでした。(笑)そんな、意を決して飛び込むとうようなこと、今でもよく体験します。だけど、自分の理想を叶えたいなら、やっぱり飛ぶしかないんですね。でも、色々と経験して来て思うこと。日本は安全だし、日本という国は優しい。だから、むしろ挑戦しない方が、もったいないと思うようになりました。ピンチな状況に陥っても、何とかなるし、本当に死ぬレベルでもない。(笑)私の周りの経営者たちは、みんな口を揃えて、「最悪な状況でも命は取られないから」と言います。(笑)危機を乗り越えて来た人の言葉は凄い。(^_^;)い、命レベルですか。(笑)皆さん、そんなレベルで、挑戦していかれていたんですね。(^_^;)でも、私も、叶えた方がいいし、挑戦した方がいいと思います。命レベルにもならないし、というか、命レベルの挑戦なんて、している人の方が少ないでしょ。(^_^;)自分がどんな人生を生きたいのか、脳が溶けるくらいに考えて考えて、挑戦して体験しながら、自分に合う合わないを知っていき、自分オリジナルを作って行けばいいのだと思います。私もそんな感じで、色々と体験して行って、自分オリジナルを作って行ってますが、恐怖もあるし、大変なこともたくさんありますが、でもね、やっぱり楽しいですね!!冒頭に戻りますが、理想と現実を考えたとき、今、自分が何を手にしているのか?そういうのを見ることから始めてみるのが、より良い人生を作るきっかけになると思います。ただ今 準備中です結婚も仕事もうまくいく人生の生き方7日間メール講座

      29
      1
      テーマ:
  • 05Nov
    • 好きなことで生きて行く秘訣とは?

      毎週楽しみにしている下町ロケット。毎回、毎回、涙なんですが、今回も、涙、涙の回でした。生きるということは、その時間の多くを仕事に費やします。だから、費やす仕事に生きがいを持っていなければ、人生のほとんどを、つまらなくしているようなものです。下町ロケットはドラマですから、毎回、危機だらけなんですが、それでも、苦労の中で実現していく姿は感動モノですね。本当に良いドラマだと思います。さて、周りを見ていると、“好きなことをして生きていく”というフレーズをよく目にします。最近は本当に増えたように感じますね。好きなことと聞くと、どのようなイメージを持つでしょうか。数年前の私にとっては、どこか責任感のない遊び半分のようなイメージでした。ところが最近では、結局、私は、好きなことしかやっていないということに気づきます。(笑)勿論、苦労もあったし、辛いこともあるのでね、好きなことだけど、楽しいことばかりではないという感じですね。そして最近では、やっぱり人は、“好きなこと”で生きていくことが大事だと感じています。でも、その好きなことのニュアンスは、以前とは少し違っていて、今、私の周りを見れば、みんな好きなことをやっています。だけど、そこにきちんと、責任を持ってやっているんですよね。“好きなこと起業”というフレーズが、以前は大嫌いだった私ですが、そのイメージは、自分のことしか考えていないように思えたから。(笑)この頃の私は、心理などの分析が大好きで、四六時中考えているような感じでしたが、それって自分の興味であって、誰かのためではなかったからですね。だけど、好きなこと=貢献と定義を変えたら、その好きなことに対して一気に肯定的に思えるようになったのです。ですから、言葉の定義って本当に大事ですね。その好きなことで、世の中の誰かのお役に立てるのであれば、どんどん好きなことをして生きた方がいいよ、と思います。そして、その好きなことに熱中した方がいいよね、って。カウンセリングでもよく言うことなんですが、人は基本、自分中心なんです。自分中心から人生が始まっているの。だけど、自分中心から、他人に貢献する生き方の転換が必要で、それこそが成長だったりするんですね。そうなってくると、自分の人生がつまらないと感じていたはずなのに、次第に面白いと感じるようになってくるもの。これは不思議。自分のためだけである自分中心だと、自分の感情で色々と選択をしますね。合わないから。好きじゃないから。飽きたから。めんどくさいから。ここにはもう得られるものはないから。イヤになったから。こんな風にね、自分の損得の感情のみで人生を考えるようになります。これは、婚活も同じでね、自分中心的に考えるタイプの人は、本当にうまくいかない。だから、結婚も貢献力が必要で、相手のために…と考えることが必要なんですね。勿論、相手と一緒にいることによって、自分も心が落ち着くというような感覚も必要ですよ。だけど、相手に尽くす心って本当に大事ですね!!尽くす心のない、つまり、自己中心的な生き方が、結局、自分の人生を狭めていっているようなものです。本当に、年だけ取っていきます。ところが、人のためになると、自分の感情で選択することが出来なくなってくるのでね、それが結局、自分の子ども心を育ててくれて、自分にとってもお得が増えるんですよね。子ども心というのは短絡的なもの。自分の感情の気ままさで物事を決めたがります。負荷が苦手だし忍耐がない。だけど、何かを実現するとか、継続させるとか、そういうことは必ず長期的視野が必要。だから、どうしたって子ども心が邪魔になるのです。「こんな風になりたい!」「こんな人生を生きてみたい!」ただ単純に夢を見るのと、いざ、実現するのとでは大きく異なります。そこには必ず負荷がかかる。この負荷が苦労に感じるので、子ども心はとても嫌がりますね。でも、本当に自分の理想とする生き方を実現するときには、やはり、子ども心を成長させていくこと。これにつきます!!負荷も軽く感じられるようになって、たくましくもなっていけます。そんな人がやっぱりね、最後は叶えていきますね!好きなことで生きていくには、子ども心を育てることが本当に大事ですよ!!ただ今 準備中です結婚も仕事もうまくいく人生の生き方7日間メール講座

      27
      テーマ:
  • 02Nov
    • 望む未来のために、今自分を構築中♡

      こんにちは。心理カウンセラーの青山紀子です。久々のブログです。最近、また新しくメルマガを発行しようと思っていて、読んで学べるメール講座を作成中です8割くらいは完成しているのですが、日を置いて再度読み込んでいくことで、また新たに改善ポイントも見えてくるので、もう少しかかりそうです。以前、登録して下さった方には申し訳ありませんが、何度も何度もブラッシュアップし、心機一転、頑張っていこうと思っています来月、今のパートナーと出会って、丸3年になります。離婚後、もう一度結婚をやり直そうと奮起して、婚活して出会ったパートナーですやっぱり、新しい環境に慣れるのも、丸3年はかかりますね。私はよく、結婚は、今までは星型だったものを、新しくハート型にするようなもの。と表現します。その意味は、今までの自分という氷を半分溶かすようなもので、半分溶かして、結婚仕様に、また新たな形に固めていくようなものということ。なので、変えた方がいいところ、変えなくてもいいところ、色々と迷いも生じるのですが、その新しい形が、固まりつつあるのかな?と感じる、今日この頃です。新しい“わたし”のスタート!!さて、今日はとても良いラインを頂きましたので、ご紹介させて頂きたいと思います。この方は、私の元クライアントさんで、受講生さんでもありますが、理由あって私のパートナーと、やり取りをされています。ご本人様に掲載のご承諾を頂きましたので、個人情報を省いてご紹介させて頂きます。今ね、自身の問題や家族の問題と向き合われていて、すごく頑張っている最中です。そしてね、将来的には結婚を望まれています。だから、結婚に関しても良い訓練になっているという、メッセージを頂いたのですが、その行動や実践のすべてが回りまわって、結婚にも良い影響を与えると気づかれているんですね!でも、文章には書かれていませんが、きっと、抵抗も感じているのでしょうね。(笑)「従う」「乗り越える」ということの練習をさせてもらっている、と解釈されておりますが、まさにその通りだと私も思っています。そしてね、被害者意識で捉えることなく、自分が引き寄せた結果だとしたら??と切り替えて考えられています。これは素晴らしいことです私も日常で、被害者意識で考えてしまうこともありますが、でも、引き寄せた結果だとしたら??という考えると、訓練させてもらっていると思うことがたくさんあります。自分の望みは来るものではなく、作っていくものですから、直ぐには出来ませんのでね、忍耐力って本当に必要。そして、その訓練のおかげで、出来なかったことが出来るようになったりするので、勿論、大変さはあるのですが、最後に大きく得をするのは自分なんですよね私はこの女性の方は、本当にラッキーだと思うし、進みたい方向にどんどん進まれていると思いますうまい具合に、私やパートナーを活用されていると思います。本当に、これから先が、楽しみで仕方ないと思うし、今の自分では予想できないような、面白い人生が待っていると思います。だから、被害者意識なく、どんどん向かっていくように進んで行って欲しいです。そしてね、更にこの方は、私だと甘えが出てしまうと自覚されています。(笑)この素直さも、読んでいて笑ってしまいました。(笑)勿論、私がお伝えすることにも、一生懸命に聞いて頑張ってくれていましたが、私のパートナーに対しては、それ以上の緊張感を抱いているのでしょうね。(笑)ある意味、最終兵器です。(笑)ここで、脱落してしまう人も多い。これは、父性と母性の違い。やっぱり父性には、厳格さを見ますからね。深層心理で、甘えが通用しないと感じられているのだと思います。(笑)やるしかないんだなというところ。そう、本当にやるしかない!多くの女性が結婚したいと言いながらも、結婚していかれない方がおりますが、そういう方々は、何が引っかかっているのかというと、結局は、「従いたくない」という子ども心が影響しているのです。勿論、これは表向きではなく、深い潜在意識の方です。自分の中のチャイルドが、反抗しているということです。だから、表向きでは結婚したいと頑張っても、結婚していかれないんですね。これは無意識なので、自分では分からなかったりもしますが、でも、やっぱりここですね。本当にここ。ここが本当に本当に、別れ道なんです本当にね、みんな、良い人と結婚したいと言いますが、でも、従いたくない!!って、心の中では思っていたりするの。(^^;)それだけ、女子はワガママで、親にも可愛がられた証拠だったりします。(自覚はなくともね)だから、子ども心に自分がとても偉い存在なんだって、勘違いを起こしてしまう。そういう子ども心が残っているので、色んなところで悪影響を及ぼしていたりします。そして、従いたくないから、良くない男性を引き寄せては、不倫、二股、都合の良い関係など、自分が傷つく思いをされていたりするんです。チヤホヤ系の男性は本当に要注意ですが、チヤホヤされると、子ども心は喜びますからね、(^^;)ついうっかりなんてことも多いですよ。男性に付け入れられてしまわないようにね!(甘えられないようにね)だから、しっかりと、自分を変えること(成長させること)って大事だし、それには、訓練だって必要なんですね。そうやって負荷をかけて鍛えていくからこそ、子ども心も育って、パートナーと一緒に、より良い人生を作っていけるんですどうしたって、一緒に生きていく方が長いのですから。だから、このLINEを下さった女性は、そんな未来のためにも、今、まさに頑張っている最中ですが、私は、そんな未来が来て当然だと思っていますさぁ、今日も頑張って行きましょ~ただ今 準備中です結婚も仕事もうまくいく人生の生き方7日間メール講座

      36
      テーマ:
  • 13Oct
    • ベストな結果を出したいのなら、絶対にこれは鉄則!!

      昨日、とある方に、私の職業をお話しする機会があり、その方は、年に数回セミナーをやられる方のようで、セミナーの際に、緊張しない方法を聞かれました。とは言っても、トレーナーもつけられているようで、当日までに、三ヶ月前倒しでトレーニングをされているようです。だから、相当やり込んでいる方のようですね。更には、色んな専門家にも聞いているよう。そこで、ピンと来たことが一つ。「あぁ、そもそもか・・・。笑」そもそもとは何か?その人自身が、そもそも、あまり人の言うことを聞くタイプではないということ。これは、あまりにも盲点なので、こういう意識が問題になっていると知ると、驚かれるかもしれません。そんなに前倒しでトレーナーを付け、更に、他の専門家にも聞き、あらゆる本も読んだとのことですから。側から見れば、人を頼りにしている感じがします。でも、潜在的に、どう思っているか?です。結局のところ。あらゆる方法を聞いても、いくらトレーニングを受けても、いくらお金を使ったところで、人の言うことを聞けないのであれば、それはすべてムダ。本当に残念なことですが、ここが出来なければ、どんなに名トレーナーに出会っていたとしても効果は薄い。心の中で、文句を言っていたり、本当に正しいのか、本当にこの人でいいのかと疑っていたり、そんなことをしていると本当に勿体ない。トレーニングしているのではなく、トレーニングをしてみているだけですね。(^^;)つまり、根本は、お前なんぞに従わないぞ!!なんです。(笑)そういう意識がある。(^^;)そういう意識がね、ベストな結果を出したい自分と、従うか!バカヤロー!と反発している意識と、打ち消しあうので、せっかく頑張っても思うようにならない。だから、いくら使ったところで、いくら時間をかけたところで、こういう基本が出来ていないのであれば本当にムダ。でも、ここを教える人はいませんね。(^^;)私も、カウンセラーとして、お金を頂いている立場ですが、クライアントさんを見ていて、そもそも人の言うことを聞けない人と、しっかりと聞ける人では、本当に効果も違います。だから、まずは、人の言うことを聞くことから教えていきます。言うことを取り入れられない、あるいは、取り入れようと頑張ってみても、要らぬストレスがあれば、つらいのはご本人です。もともと、人の言うことが聞けない人は、子どもの頃から、親より偉いと思っているタイプです。親より自分の方が偉いと思っているので、親が言う言葉が大したものだと思えず、むしろ、見下していたりするんですね。(^^;)そういう姿勢が、今の生き方にもなっているのです。つまり、教えてくれる人に対しても、潜在的には、見下しているということ。なので、身に付けたい事があっても、感情(反発心)が邪魔をして、思うように身に付かない。だから、今ではなく、根本である幼児期の親子関係から変えます。(現在の…ではないですよ。)そして、人の言うことを聞くことから教えるというのは、別に、私の言うことが正しいのよ!!と傲慢さを振りかざしたいわけではなく、私に従え!!と言いたいわけでもなく、人の言うことを聞ける能力を身に付ければ、セッションの効果を上げていくだけではなく、その後の人生でも、あらゆるところで活かすことが出来るからです。仕事をしていて、上司に従えない。結婚をしても、夫に従えない。周りに従えない。(チームワーク不得意)致命的です。(ーー゛)つまり、勝手が多いということ。従っているつもりでも、心の中では、反発心が強かったり、愚痴や文句が多かったり、そういうのは、心の中だけであると思っていても、行動としても、あらゆる結果としても表に出ます。自分が気づいていないだけでね。こういう状態だと、職場、結婚、友人関係の前の前、そもそも、人間関係にストレスを抱きやすい。なので、社会で生きていくためには、人の言うことを聞けるかどうかというのは、本当に必要な能力なのです。変わりたい、そしてしっかりと結果を出したい、だとしたら、まずは、人のアドバイスに従う能力を身に付けること。ここは鉄則です。まぁ、そんなこんなで、その男性には何を言ったのかというと、私は、緊張したときは、手のひらに“人”を三回書いて飲み込んでます。(笑)と、冗談で笑いを取って終了。(笑)聞かない人に言ってもムダ。こちらも仕事じゃないし。(コラー)本当に、緊張を高揚感に変え、ベストな結果を出したいのであれば、まずは、今のトレーナーさんの言うことを、神の声だと思うレベルで聞いて下さい。神の声レベル。ここ、ポイントです。それくらいで取り入れる姿勢があれば、嫌でも身に付きます。最後に。自分の意思を持つことも大事です。でも、人の言うことを聞ける能力も大事。どっちが正しいの??ではなく、どちらも正しい。自分のカードを増やすこと。カードはたくさんあった方がいいですね!そして、必要なときにカードを使うこと。そういうことです。あなたも、是非、人のアドバイスを取り入れ、人生を変えていきましょう!マンツーマンレッスンのご案内→マンツーマンレッスン体験会も行っております詳細などのお問い合わせはこちらにどうぞ→お問い合わせ

      104
      テーマ:
  • 10Oct
    • 仕事はうまくいくけど恋愛はうまくいかない。そんな人が結婚を決めるのなら…

      心理カウンセラーの青山紀子です。人は鏡というくらいですから、当然ながら、私のところにお越し下さる方も、私から見れば、私の鏡です。なので、似たようなエッセンスを持っている方が多く、先日もこんなことを感じました。その女性は、経営者の女性。これまでは、自分の思う通りに決めることが出来た。でも、これから結婚を望むのであれば、その考えを捨てて、相手に従うことを覚えることが必要。分かります、そのお気持ち。(笑)これは、経営者あるあるというよりも、末子ちゃんあるあるといったところ。末子の奔放さと言ったところでしょうか。その女性も、これまで、自由を謳歌して来られたタイプです。自由というか、好きなことを仕事にして、女性が憧れる自己実現を叶えられているような方です。でもね、仕事はうまくいくけれど、恋愛の方が微妙になってしまう。心理学や潜在意識のことを勉強して活用しても、どうしたって、仕事の方ばかりがうまくいく。(笑)なぜだろうと思っていたら…、心理学や潜在意識の活用法というのは、自分で決める責任を取る自分の望む未来を叶えるというような、自立の方に促すからですね。ところが、そもそもそういう方というのは、何気に、そのような考え方に慣れている。人に言われなくとも、自分でそうして来たところがあるので、自分で決めることが大事と学べば、また、それが加速する。自分のやり方がより一層強化される。ということで、また仕事はうまくいくけれど、恋愛の方が微妙…ということになってしまう。(^^;)パターンが変わっていません。(^^;)ちょーーーっと微妙にズレているという感じですね。結婚するとなると、当然ながら自由は手放すことになります。何でも自分一人で決められないし、従うことも多くなっていくでしょう。理想のタイプが、リーダーシップタイプなら尚更。私自身も、自分で自由に好きに決めて来たタイプです。鏡だなーと思って、お話しを伺っております。(笑)自由に生きて来たタイプ。だから、過去の恋愛では、自分からの別れが多かったものですが、それは、相手がどうこうではなく、自分がどうしたいか?という、感情優先の考え方だったからですね。感情というのは、パターンの宝庫。同じような出来事に出くわすのは、自分がパターン化しているからです。感情で物事を決めることは、自分で決めれるので一時はスッキリしますが、デメリットは、結婚には不向き。一時のスッキリも、メリットかどうかは微妙ですが。(^^;)なので、よくよく考えてみると、結局は、自分で跳ね除けて来ているということが良く分かるんですね。(笑)結婚したいなら、また結婚を継続して行きたいなら、これまでのやり方では不可能になるので、当然ながら、メリットを捨てる必要性が出て来ます。ということで、自分がどうしたいのか?という考えであっても、感情を優先するのではなく、あくまでも、理性を優先させることとなります。理性を優先させるということは、そこには、忍耐があって当然ということ。なので、ホステスの仕事をしている時って、本当に、自由だったな~と感じています。(笑)でもね、当時から結婚したいとは言っていたのです。(^^;)結婚したいとは思っていたけれど、感情で選ぶことが、当たり前だと思っていたんですね。それが普通だと思っていたし、それが問題だとも思わなかったのです。でも、感情というのは、やはり目先なのです。短絡的な考えしか出来ていなかったということが、今になってよく分かります。また、相手から別れを切り出されるタイプであっても、同じようなパターンを繰り返されています。相手からとか、自分からとか、もう、ここではどちらも同じことなんですね。問題は、継続できないということですので。パターンだから、自分のどこに原因が?という感じにもなるでしょうし、また、分かっていても、変えたくてもなかなか変えられないところです。なので、根気の要る潜在意識の修正が必要ですね。さて、そんな私も、自由ではなく、結婚の方を選んだわけで、時折、思うことは、自分で決められない感。(笑)感情がウダウダ言うこともあって、感情はウダウダ、理性は、「これが忍耐って奴だな~」と自分の状況を俯瞰で観ます。(笑)何でも、相談です。(^^;)慣れていないのでもどかしいですが、自由に、そして好き勝手に生きて来たタイプの人間の代償です。(笑)好き勝手出来ない負荷がかかっているというような。(笑)でも、やがて、それも当たり前の考えになっていきます。回路がまだ出来ていないときは、不自由さを感じるのは当然のこと。一人の方が気ままで楽というのは、実は、子ども脳を使っているままなんですね。良いか悪いかは自分がどう思うかですが、何十年もその生き方をして来たのであれば、そろそろ変化があっても良いこと。クライアントさんに、もう一度、この話しをするとしたら、付け加えて、私は何を伝える必要があるのだろう??そう考えて出て来た答え。自分で決めるというやり方は、自分でその場、その場で自由に決めるということではなく、大まかにいくつか決めておくだけとなるということ。それは、相手を信じること。相手がベストパートナーであると決めること。何があっても一緒にいることを選ぶこと。何かがあっても、一緒に乗り越えていくこと。お互いに助け合っていくこと。一緒に成長し、より良い人生を生きること。こんなところでしょうか。これを先に決めるのです。そして、これを貫いていくということ。相手がそう思わないかも??なんて、考えてしまったら、それは、自分の気ままさを、相手に投影してイメージしているだけですから、自分の気ままさを、修正しておきましょう。(笑)つまり、決めたことを途中で変えず、どんな時でも、過去に決めたことを貫いていくことが、自分が決めた人生を歩むということに変化していきます。その決意は、これまでは自由のためにありましたが、これからは、決めた生き方を貫くことにあるということですね。まさに、結婚式の誓いの言葉!!健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?教会で式を挙げる人が言われる言葉ですね。本当に、人生って、自分の思考が現実化していると言われても、何が起きるか分からないものです。こういう、心理学や潜在意識を知っていても、そういえば、思考していたかも!?と気づけるのは、出来事の後です。(^^;)だから、結局は、分からないものだったりします。なーんだ。という感じですね。(^^;)ホステスの時代含め、本当に様々な方にお会いさせて頂き、今でも、色んな方とお会いさせて頂いていますが、それぞれの方に、色んなことがある人生です。その中で思うことは、やっぱり、自分がどうあるべきか?そして、どうなりたいのか?それを明確にしておくことだと思います。後はね、どんな状況でも、それを忘れず、感情ではなく、決意を貫くこと。そのための努力を怠らないこと。これにつきます。結婚すると決めたのなら、きちんと、感情をコントロールしましょう。そして、理性で決めたことに、きちんと、自分が従っていくことです。まずは、自分が決めたことに、自分が従うということですね感情はウダウダ言ったとしても、まだ、それは慣れないやり方だからです。(^^;)新しいやり方というのは、そんなもの。そんなものだと分かっていれば、少しは楽にもなります。でも、決めたことに従える人こそ、きちんとパートナーにも従っていけますので、パートナーは、余計なエネルギーも使わず、二人とも、より良い未来に使っていけますよ女性としてのメリットも、味わえます。新しい生き方に躊躇せず、また、慣れないことも当然なので、それを理解しながらも、慣れない中で楽しむことを見つけることが大事になってくるでしょう。素敵な方が見つかることを祈っております。こちらもサポート頑張りますよ。マンツーマンレッスンのご案内→マンツーマンレッスン体験会も行っております詳細などのお問い合わせはこちらにどうぞ→お問い合わせ

      42
      1
      テーマ:
  • 09Oct
    • 経営者の妻に必要な思考とは?

      こんにちは。心理カウンセラーの青山紀子です。世の中の名経営者の本を読んでいると、時折、“宇宙”という言葉が出て来ます。「あ、ここでも!?」という感じでビックリします。ビジネスと宇宙。果たして、どのような繋がりがあるのでしょうか。宇宙と言っても、未熟なスピリチュアル的な発想である、宇宙にオーダーすれば願いが叶うというような、自分中心的な内容ではありません。宇宙の道理にかなった仕事は成果を遂げる。宇宙の意思に逆らわず、同調しながら、生きていくこと。それが、すべての人生の生き方も、仕事も基本。宇宙の意思とは、発展。すべてのものが留まらずに進化を遂げる。つまり、成長していくことを目的とすれば、それは、必ず伸びていくというものだと言います。精神性の高い経営者ほど、似たような考え、つまり哲学をお持ちです。「あぁ、あの人も同じことを言っていたな。」なので、本などを読んでいると、最終的には、同じところにたどり着きます。能力があっても、熱意があっても、哲学(考え方)がなければ、人生も仕事においても、無残な結果を残してしまう。要らぬ苦労をするという感じですね。哲学というのは、その人の生き方、まさに司令塔のようなもの。能力や熱意を正しい方向に、そして、より良い方向に伸ばしてくれるのが、哲学そのものなんだと思います。逆に言えば、世の中の名経営者たちは、哲学があったからこそ、名経営者と呼ばれるまでになったということです。だとしたら、これは、今、経営者ではなくとも、また、男性ではなくとも、誰であっても必要なことでしょう。今の自分の立場からでも、いくらでも、同じような考え方で、人生を生きることも、また仕事もしていくことが出来ます。そんな生き方や、仕事の仕方をしていれば、今がどうあっても、良くなるしかありませんね。そして、何よりも、人は鏡ですから、自分の精神性を高めていくことは、おのずと精神性の高い人達が自分の周りに集まって来ます。これは、とても素晴らしいですね!!!だから、本当に人のせいというのはなく、すべて自分次第というのはこういうこと。自分を高めていきたい、自分の夫にも良い影響を与えたい、だとしたら、良い哲学を身に付けていくこと。勿論、心理や現象の仕組みも大事ですね。現象の仕組みとは、潜在意識にあるものが、現実になっているというようなお話。ここを知らずして、自分の人生の根本は変えていけません。また、人間の心理。人のスタートは何かと言えば、自分中心です。つまり、意識はすべて自分。親に○○してもらえない。親は他の兄弟の方を可愛がっている。こんな風に、された・してもらえないことに、意識が向いているのです。そして、それが大人になっても、人生の基本になっています。なので、周りは加害者で、自分はいつまでも被害者のような生き方となっているわけです。会社に使われる被害者、男に都合よく使われる被害者。などなど。だから、自分を変えるとしたら、このような、自分中心の生き方から、他者へ貢献していくような生き方に成長していくこと。愛と貢献。これは、精神性の高い経営者ほど持っている考えです。私利私欲の経営ではなく、社員を守り、社会に貢献していくような理念。そこには何が必要なのかと言えば、常に、自己犠牲の精神が必要になってくる。ということは、女性(妻)に求められるのも、自己犠牲の精神です。そんな、自己犠牲の精神だからこそ、夫をより理解できるし、夫と同じ目線で会話もできる。どう考えても、妻が成長していないのはあり得ないこと。(^^;)普通は、してもらうことには慣れっこでも、してあげることには慣れていない。でも、してあげるような生き方にシフトしていく。人の結婚に携わっていて思うことは、してあげることに抵抗を抱く人は、結婚していかれません。(あ、口ではしてあげたいって言っていますよ。笑)してもらいたいし、してもらいながら、自分のやりたいことに意欲を向けたい。こんな風に思っています。そして、誰かにしてあげるくらいなら、自分の仕事に意欲を向けた方がマシ。これが、深層心理です。結婚したいと思っても、深層意識では、自分が夫にしてあげなきゃいけないと思っているので、それが、負担や損のように思い、結局跳ね除けてしまう。それだけね、自分が思う以上に、自分中心なんです。(^^;)女性は、潜在的に…という感じですが、男性は、分かりやすく、このようなタイプが多いと思いますよ。してもらいたいし、してもらいながら、自分のやりたいことに意欲を向けたい。これね、男性の場合はOKだったりします。なぜなら、男性は家族を養うからです。(共働きだったとしても、男性の方が多く責任が生じていたりします)でもね、女性の場合は、損得勘定が強いので、得をしたがる。(笑)なので、してあげることを増やしていかないと、いつまでも損得勘定で、結婚していかれません。誰かが評価をしてくれるような生き方ではなく、誰かが評価してくれなくとも、自分が自分をどう思えるか?の方にシフトしていく発想が大事です。それは、すべて、哲学にあるのかもしれませんね。他人の評価ではなく、自分がどうあるべきか?これもね、元をただせば、親に褒められたい発想ですから、そこを抜けていくのも、また成長でしょう。宇宙との同調は、成長すること。マンツーマンレッスンのご案内→マンツーマンレッスン体験会も行っております詳細などのお問い合わせはこちらにどうぞ→お問い合わせ

      25
      テーマ:
  • 05Oct
    • お金持ちの男性の妻になる思考

      今日は、お金持ちの男性の妻になる方法の話。お金持ちの男性の妻になる方法は、2つ。①お金持ちの男性と結婚する。②結婚して旦那さんをお金持ちにする。こんな感じでしょうか。①のお金持ちの男性と結婚できたら楽そうですね。(笑)では、既にお金持ちの男性と結婚していく人、というのはどんな人かというと、ズバリ、容姿端麗です。普通…じゃなくて、誰が見てもキレイという、芸能人レベルです。更にそこに、女優、モデルなどになると、付加価値もついてくるので、既にお金持ちの人と結婚する率は高いですね。そして、あとはね、勝ち気じゃない人です。(笑)勝ち気の女性は、やっぱりね、男性と戦ってしまう。勝ち気というだけで、あらゆるところで損をしたりするんです。素直な女性が、やはり、一番愛されやすいですね。でも、①であっても、結局、結婚というのは継続ですから、どうしたって②の考え方になっていかないと難しいです。では、②はですね、自分の旦那さんをどんどん出世させていきます。内助の功とも言いますが、そもそも、あげまんでなければなりません。そして、あげまんというのは、運でもなく、自分でいかようにも作れる要素。作っていくという発想がまず大事です。作っていくには、まずマインドですね。思考を整えること。ということで、あげ妻マインドとしてこの後に続いていきますが、私がよく思うことは、普通よりも良い結婚をしたいと思うなら、結婚を仕事だと思うことが大事です。これはね、私が実際に結婚相談所を立ち上げて、活動する会員さんを見て来て思ったことです。リアルな印象。良い男性と結婚したいと思うけど、なんか、微妙ね。(笑)その微妙というのは、良い男性と…と思いながらも、だからと言って、特に何かをしようとしない女性。自分の理想はありありと上げるけれど、だけど、自分は大して特に…。う~ん。(^^;)例えば、「料理していかないとダメですよね。」うん、じゃあ誰が作るの?(^^;)男性が作る??それもありだけど、じゃあ、あなたは何をするの?「いやぁ、外食とかもありかと。」外食は悪くないよ。でも、毎日は無理でしょう?「私も、仕事があるし。」仕事のやり方も、結婚したら、お互いにどうしていくかは話し合った方がいいですね。辞めろとか、出来ないと言っているのではありません。ただ、結婚後も、自分の都合でというのは不可能です。自分の仕事をこれまで通りにしていきたいなら、世間から見る条件の良い人ではなく、自分から見る良い人じゃないとダメです。いいですか?何を選ぶかで、何かを失うのは当たり前なんです。あるものを選ぶのなら、他のものは選べなくなるということは当然ながら出て来ます。だけど、都合良くどれも欲しいと思うから、どれも選べずに、ずっと同じ状態なのです。あげ妻結婚マインド①子ども心を成長させること。自分は大人だと思っていても、誰にでも、子ども心というものはあります。子ども心が多ければ多いほど、子ども心が多い人としかご縁がありません。なので、恋愛時からダメンズにも引っかかりやすく、結婚するとなれば、苦労することも多いです。仕事で結果を出している男性というのは、子ども心が少ないです。そういう人を求めるのであれば、まずは、自分の未熟な子ども心をどんどん捨てて、成長させていくことが大事です。あげ妻結婚マインド②結婚は仕事だと考える。例えば、体は何で出来ているかと言えば、食事からの栄養ですね。食生活が乱れると、精神状態にも影響を及ぼします。精神状態に影響を及ぼすのだとしたら、仕事にも悪影響なわけですよね。ただ、食べていればいいという考えではなく、きちんとバランスの取れた食事を取ることが大事です。それを提供するというのは、立派な仕事のようなものです。おバカアイドルの里田まいちゃんは、プロ野球選手のマー君と結婚後、食事のお勉強をして、マー君の食生活をサポートしています。その後、マー君はメジャーに行くなどして、どんどん、頭角を現しています。そうやって、旦那さんに貢献出来たら最高ですね!!おバカ、おバカと世間から言われても、彼女は、最高のあげ妻なわけですね!!!あげ妻結婚マインド③社会背景から見る男性心理を理解する。今の世の中は、どうなっているの?社会に出ると男性はどのような立場になるの?女性にはない男性独特の心理とは?こういうことを知っているか知っていないかでも、大分違います。なぜ、男性は夜のお店に通うのでしょうか?それは、ただ女が好きだからと答えてしまったら、大バカものです。(笑)会社でも、家でも、要求や、厳しいことしか言われない。だけど、それが当たり前だと分かっていますが、ストレスも溜まります。つまり、男性は、癒されたい。認めてもらいたい。優しくされたい。こういう望みを持っています。それを、子どもね~と思うのなら、まだ、女性自身が、そこまでの経験をしていません。単なる承認欲求とは別ものです。子ども心が多い女性は、ご本人にも、カウンセリングで引き出していかないと分からないくらい、人を責めておられます。分からないのは、そういう生き方があまりにも当たり前なので、疑うこともないからです。根本は、親を責めているのですが、親を責め、会社を責め、夫を責め、というようになってくると、男性はとても窮屈になります。話が通じないし、自分が正しいを押し通されてしまえば、どちらかが折れるしかない。女性のあるあるは、相手を責めて自分を正当化することです。(^^;)そんな上司、会社にもいるはず。(笑)そのまま結婚すれば、今度は、それが旦那さんへ向きます。でも、男性が悪いときもあるのでね、すべて我慢しなければならないということでもないのですが、どちらが悪いというよりも、まずは、自分の子ども心を育て、男性心理を理解した方がいいです。まずは、そこから。その後の結婚生活も大きく変わります。家庭に支障を来たすと、それがそのまま仕事に影響するのです。家で疲れるのに、そのまま良い仕事が出来るわけもなく、疲れがドッと出ますね。そういう時には、家に帰りたくなくなるので、夜のお店を飲み歩いた入りもします。当然ながら、それは回避の状態であったりするので、意識は仕事に向かっているのではなく、回避に向いていますから、それが続いていけば、仕事も悪化、家庭も更に悪化、という最悪な状況にもなっていきます。これが転機となって、離婚をして、一旦仕事も整理して、身一つに身軽になって、見事V字回復となることもあるので、何がきっかけになるかは分かりませんね。ただ、あるのは、ピンチをチャンスに変える強さがあるかどうか。だから、そこで保身に走ってしまう女性は、男性の最悪な状況に耐えきれなくて、逃げてしまったりしますが、男性が良くなったからといって、戻ろうとしても無理。男性はきちんと見ています。なのでね、子ども心を成長させるということは、あらゆる忍耐力を身に付けることでもあります。今すぐどうか、ではなく、長くコツコツとチャンスを待つことだって大事。生活は一変するかもしれない。大変な事態になるかもしれない。そんな時に、自分の夫を信じ抜けるかなど、そういう自分の強さも試されます。だから、お金持ちの妻になるなら、そういう、信じる強さ、耐える強さ、逆行に立ち向かえる強さなど、あらゆる強さが必要なんです。一時期危うくなって、復活できるかどうかも保証はありませんね。表面上では分からないことも多いですが、そのようなリスクよりも安心が欲しかったら、そもそも、お金持ち男性は狙わない方がいいです。人よりも良い思いも出来るかもしれない。だけど、人よりも大変な思いもしている。これがお金持ちの夫を持つ妻の宿命でしょうか。(^^;)だから、プラマイゼロという感じです。また、平等だということ。だからね、本当に結婚って、仕事なんですね。良い人と結婚したいなら、尚更、結婚というのは仕事です。しかも、誰かに褒められることもないし、外で働く仕事と違って、目に見える結果があるわけでもない。自分が本当に頑張れているのかも分からない。誰も教えてはくれませんから。でも、旦那さんが良くなっていけば、自分も嬉しいでしょう。そうやって、人のために頑張っていくという感じです。なので、エゴが強かったり、自分で物事を決めたいとか、自由にしたいとか、好きなようにしたいとなると真逆なんです。結婚して、旦那さんをあげて行くのは、自分の自己実現を手放す先にあったりしますよ。マンツーマンレッスンのご案内→マンツーマンレッスン体験会も行っております詳細などのお問い合わせはこちらにどうぞ→お問い合わせ

      60
      テーマ:
  • 02Oct
    • お金が欲しいと思ったら、まずは心を成長させること。

      心理カウンセラーの青山紀子です。今日はお金の話。最近、よくお金の話が話題に出ます。お金。お金がたくさんあったらどうしようかなんか、夢膨らむ。でも、お金があったら、あれするこれすると、イメージがありありと湧く方、実は、お金が入って来ないパターンです。残念。お金って、スピリチュアルでも、心理系の話でも出て来る話題ですが、少し、書いていきます。だから、考え方を変えていきましょう。お金に関して、これまで経験して思ったことは、お金は、手段であるということ。ここにつきます。なので、「お金があったら○○する」という考えでは、いつまでもお金が入って来ません。では、どうしたら入って来るのか、あるいは用意できるのかというと、それは、明確な目的を見つけることです。つまり、お金よりも何よりも、目的が先だということ。例えば、昔、私が六本木でホステスを始めた頃、私はまだ、実家から通っていたんですね。でも、実家からは遠くて、遠くて、早く一人暮らしをしようと頑張っていたのです。そしたら、ある日、突然出会った、男性の席に着いて通勤の話をすると、なんと、その男性から後日、100万円を頂いてしまったのでした。私は、そのお金で一人暮らしを始めたのです。つまり、目的が叶ったということ。この方は、今でも、facebookで繋がっている大事な人。こんな風にね、思ってもないところから入ってくるというのは、よく経験しています。だけど、そこには2つの共通点があって、具体的に自分でも行動しているか、あるいは、する気があるかどうか?(やってもらいたい、与えてもらいたいはダメ)また、その先にもメリットがあるのか。(目的)というものです。一人暮らしをするために、明確な目的を持って働き、(行動)更に、一人暮らしをして、より一層仕事を頑張ることが出来た。(メリット)こういう、プラスなことであれば、本当に、動きます。また、お金というのは、エネルギーの変換のようなものですから、お金以外で、目的を叶えられることもあります。例えば、行きたかったところにご招待されて行くなどで、これは、お金を使っていませんね。なので、まずは、お金よりも何よりも、自分が何をしたいかを明確にすることです。お金や、叶える手段というのは、後。だから、お金があったら~というように、お金が先行する人は、結局のところ、お金は入って来ないのです。また、こういう家に住んで~という理想も叶わない。その家で、何をするの??という目的が大事。何でも、目的なんですね。すべて、目的なんです。思うことは、お金が欲しいと思っている人は、どこか、人からどこかから貰いたい発想があります。お金は欲しいけど、でもケチ。このように、お金を人から貰いたい発想の人は、お金にご縁はありません。でもね、ケチのレベルの段階というのがあって、私は、ここ2年~3年くらいで、逆に、数千万円、出ていきました。( ̄▽ ̄)ここまで出て行ったのは初めてですが、思ったことと言えば、「あ~出させられたな…。」というもの。自分は金払いが良いと思っても、自分の基準は、本当に当てになりませんね。(笑)やりたいことや、叶えたいことがあっても、それが大きなことであって、でも、自分の出来る範囲のエネルギーしか出さないのであれば、それは、叶うことはなく、自分の限界を超えることをやっていかないと、叶わないということ。人には、損をしたくないという心理があります。自己都合が当たり前なんです。それは、どんな人にもある心理。だけど、ここに留まっていても、お金も経験も何も増えていかない。そこを超えて行くのが成長でもあります。今、私は、不思議な体験をさせてもらっていて、今、全くお金にならないことに、一番エネルギーを費やしているのです。(笑)全くお金にならないことに、むしろ、お金を使っている。(笑)面白いですよ。いや、面白くはないのだけれど、(笑)最初は、損をしたくない自分のケチ根性を、嫌というほど見たし、今では、どんどん手放して行っているのも感じます。なんでしょうね、今では、「出させて頂いて、ありがとうございます。」と感じているのです。最初はそんなこと思えませんでしたが。(笑)ここまで来ると、もう、進むしかなくなるんです。絶対に、叶えるしかなくなるんです。だから、出し惜しみをしている場合じゃない。だけど、出し惜しみをする自分がいたんですね。出し惜しみしているつもりじゃなかったけど、本当に、自分の基準は当てにならない。(笑)そんな、心の仕組みも、現象の仕組みもよく見えて来た。そして、あー、出し惜しみをやめろって、このレベルのことを言うのね!!ということも多々。(笑)つまり、捨て身になれるかどうか。本当に、捨て身の状態です~。(^^;)よくね、お金は後から回ってくるって言ったりしますよね。だから使った方がいいって。あれは、半分は本当。半分は、嘘。(笑)言葉だけが先行する世の中です。必ず、意図を知ること。お金は使えば後から回るということに関して、自分の贅沢に使っても、意味がありません。(笑)でも、自分の手入れをしなかった人が、自分に手入れをするなど、そのような投資であれば、必ず何かしらのリターンはありますよ。好きなものを買って、自分の欲望を満たす使い方はただの消費ですから、そこに、リターンとして返って来るものはありません。(笑)あるのは自己満足。投資なのか、消費なのか。そこを考えることが大事ですし、また、人に使うときも、消費なのか投資なのか、それをきちんと考えることも大事です。投資であれば、必ず返ってきます。返って来るというのは、自分の成長、経験、学びなど何で返ってくるかは分かりませんが、でも、目先で考えず、トータル的に考えたとき、自分の人生を豊かにしてくれないはずはありません。自分の発想を超えたものであるのは確か。だから、目先のお金のことを考えるよりも、自分がどうしたいのか?どう生きて行きたいのか?どんな人生にしたいのか?ここは最も大事なこと。それが、明確になっていき、そして、行動に移してこうとすると、お金がただの手段だということが分かって来ますし、意識は、お金よりも創造する方に向きます。そんな人のところに、後から、お金が追いかけて来たりするのです。(笑)だから、お金が欲しいなら、お金ではなく、夢や目標を追いかけよう!!という感じですね。だからね、まずはケチをやめよう!!(笑)人からもらおうとする発想をやめよう!!(笑)むしろ、他人の未来に投資が出来るくらいになろう!!自分の旦那さんでも、OK!!!マンツーマンレッスンのご案内→マンツーマンレッスン体験会も行っております詳細などのお問い合わせはこちらにどうぞ→お問い合わせ

      48
      テーマ:
  • 01Oct
    • 被害者意識に使うエネルギーが、叶えたい未来を遠ざけている。

      (先日の飛行機からの写真、第2弾。なんか、面白い雲がいるー。笑)心理カウンセラーの青山紀子です。昨日の台風から一変。空一面に、青空が広がり、しかも暑い。(^^;)台風の被害は大丈夫でしたでしょうか?朝から電車が大変だったようです。本当に今年は、災害が多いですね。さて、夫出張中、一人になってみて思うことは、「やっぱり一人って楽だーーー」ということ。(笑)自分の“好き”を選ぶという選択でいくなら、当然ながら、一人を選んでしまいそうなくらい。(笑)だから、好きを選ぶってちょっと危険。好きを選らんだつもりが、楽を選んでいるということがあるから。好き(楽)よりも、成長を選びたい。だとしたら、一人の楽を捨てるのみ。そして、たまにある、このような一時を楽しむ限りです。そして、また帰って来たら一緒に楽しむ。人生の生き方として、成長する方を選ぶとしたら、どんな選択になっていくでしょうか?成長を選ぶのだとしたら、自分の楽を手放すことは、当然ながらたくさんあります。だから、抵抗感も働いて、感情もたくさん動くでしょう。慣れないこともあって、苦しいと思うこともたくさんあるかもしれない。「なんで、自分はこんなことをしているんだ??」なんて思うことだってね。それは、途中にいれば誰しもが感じることですが、いずれ、成長を選んで良かったと思うことが、たくさん増えていきますよ。しばらく会わなかった友人に会ったときなどに、自分の考えがすっかり変わってしまったと思うこともあります。「昔は、こんな考えをしていたけれど、今は、まったく魅力に思わないや~。」というようなものですね。だからと言って、相手を否定するとか、そういうことではありませんよ。自分がどうかの話ですね。昔ね、人生ってどうなっているの?子どもの頃からそんなことをよく思っていました。なので、人の人生を見ることに、興味を持つことも自然とそうなって行きました。特に思って来たのは、生きる苦しさのようなもの。どうしてもっと楽しく生きれないの??そんなことを思っていたのです。嫌なことがあったり、予期せぬことがあったり、大人になっても、仕事の危機、家庭の危機、そんな、自分の周りから一気に来て、大変な体験する人も少なくはありません。私は、どうしてこういうことが起きるのだろうと、ずっと不思議に思っていました。昔ね。何かの罰なのかな?そういう運命なのかな??????だから、そういうことの原因を知ることが好きで、そんな学びを繰り返して来ました。そして、行きつきますと、結局は、自分で作っているのだということ。自分で作っているというのも、身から出た錆であることも多いですが、それだけではなく、何か切り替えだったり、無から有を生み出しているのかもしれない。だから、誰かの状況も、一概に「こうだ!これが原因だ!」とは言えませんが、でも、自分が無関係ということはなく。でも、最近、更にそこから思ったのは、そんなものはどうでもいいねということ。(笑)どうして最悪なことが起きるのだろう?昔ね、こういうことをよく考えていました。人生が苦しいと感じるときは特に。でも、つまり、これって、私自身が自分の身に起きたことに対して、嘆いている自分が心の中にいるから、恨みを感じている自分がいるから、何かの被害者と感じている自分がいるからだから、そこに意識が向かうのだと。被害者として自分を認識しているから、そういう考えになっていくんだ…。自分だけが何かの被害者だと思っている自分が、どこかにいるんだ…。そう、気づくのでした。これまで、どのくらいの人に出会って来たでしょうか。もう、数えきれないほどですが、苦がない人などいない。そんなものは当たり前なんだと思ったとき、いや、心からそう実感したとき、本当にね、何を被害者ぶって生きて来たのだろう。(笑)と思えるのです。(笑)もう、笑えるほどです。(^^;)これもやって来た。ここまでやって来た。こんな状況でも自分はこれをやったのだ!!そう、自負するのもいいですが、一方で、だから何???と思う自分もいるのです。そこ、もう要らないでしょう?ってね。それは、現在の私からすれば、その自負のレベルが、小さいと感じるからですね。以前は、それを持っていないと、頑張れない自分がいたのですね。だけど、もう、そういうのはもういいね、って。卒業だね、って。そんなことよりも、成長した未来に向かっていこうよ、ってね。被害者意識に知らず知らずのうちにでも、エネルギーを使っているときというのは、望む未来に意識は向いていない。いや、向いていないわけでもないけれど、圧倒的に、被害者意識の方に向いている。だから、望む未来よりも、被害者意識にエネルギーを使っている。無駄使い状態です。これは、いかがなものかと。最近、先に進むにつれて、また自分の中の被害者意識を見つけたのでした。無くならないね、被害者意識。(笑)また捨てて、更に捨てて、まだ体験したこともない未来を叶えていきます。自分の心を成長させることについて、もうかれこれ、10年以上やってますが、最近思うことは、過去の自分では予測も出来ない人生になっていっているということ。勿論、良い意味で…なんですが、分からないうちから進むって本当に大事だと、つくづく感じます。是非、内面を成長させていきましょうマンツーマンレッスンのご案内→マンツーマンレッスン体験会も行っております詳細などのお問い合わせはこちらにどうぞ→お問い合わせ

      24
      テーマ:
    • 誰かのせいで人生がうまくいかないのではなく、誰かのせいにしているから人生がうまくいかない

      台風凄いですね!大丈夫でしょうか?時折、家が揺れます。(^^;)こんな日ですが、私は家に一人。久々に、一人の夜を過ごしています。夫は一週間出張でおりません。\(^o^)/連日、バタバタですが、私の方は、たまの一人の時間、サイコー!!!(笑)こんな夜は、飲んでしまうかー!!!!と思ったら日曜だし、台風なんですね。( ̄▽ ̄)まぁ、それで良かったかも。(笑)さて、昨日から、継続のカウンセリングがスタートした女性がおります。1クールを6ヶ月として、なんと2クール目。結婚…というよりも、人生について学んで頂いております。まず、人生の捉え方です。すべての悩みや問題の根本は、幼児期の親子関係から起因しています。とはいえ、それは親が悪いという考えではなく、親子関係を元に、人は、人間関係の関わり方を学び、構築するというものです。なので、幼児期の子どもの自分が、親をどう捉えているのか?というところが、極論を言えば、他人をどう捉えているのか?あるいは、社会をどう捉えているのか?となっていくのです。社会の関わり方の根本は、6歳までに身に付けた、親との関わり方が軸になっているということですね。例えば、自分の中で、私は親よりも上だ!!という発想があったとします。(子どもの頃ね)親を小ばかにするような発想ですね。子どもの頃、そんなふうに思っていたことはありませんか?過去に思っていたことでも、潜在的には時間の概念はありませんので、常に“今”思っているということになります。だから、過去に思っていたのなら、それは、潜在意識では今も思っているということになるのです。話を戻して…そんな、親よりも自分の方が偉いと思っていたりしますと、それは、何を意味するのかと言うと、人を養い人を育てている人よりも、養われ、保護を受けている人の方が偉い!!と思っていることになるのです。(^^;)そんなはずはない。(笑)偉いかどうかは別として、どちらがより働きが多いか、視野が広いのかと考えれば、そりゃ、人を養って育てている人の方が広いでしょう。だけど、子どもの自分の方が上だ!!になっていたりするんです。(^^;)親は、自分の時間を使って子どもを育てますよね。また、本当に小さいうちは何もできませんから、食事、排泄、着替え、すべてのことを親がやります。すると、子どもはこのように認識するようになります。自分の身の周りの世話は親がするもの。親を、召使いのように捉えたり、自分の小間使いにしたりなど、あとは、テキトーに扱ったり、都合よく使ったり…成長すればするほど、親を都合良く使いますね。(^^;)それが出来るのは、甘えそのものですが、何よりも、自分の方が偉いと思っているからです。そして、子ども(赤ちゃん)を中心に、楽しませたり、あやしたりするなどして、親が子どもに意識を向けますので、子どもはこれに慣れ、このような価値観を持つようになります。自分を楽しませる(幸せにする)のは親の役目。第一子は、下の子が産まれると、赤ちゃん返りをすることがありますよね。それは、親の愛は自分の世話にあると思っているので、下の子の世話をする母親を見て、自分への愛が無くなったと勘違いを起こすからです。そうではなく、自分でもできることが増えていけば、自分でやるのは当たり前だけれど、以前やってもらったことをやってもらえない。イコール愛されていない。捨てられた。というように短絡的な認識をしてしまうから。それが、大人になっても誤った信じ込みとして、トラウマとなっているケースも多いです。ということで、このような子どもの価値観というのは、大人になった現在では、もう無意識となっているので、自分では掴めるものではありません。なので、人間関係をうまく築けなかったり、特に、密接的な関係を作る、恋愛・夫婦関係ほど支障を来たします。または、社会に対して生きづらさを感じたりするなど、色々とあります。ということで、代表的な価値観というのは、自分の世話は親がするもの。自分を楽しませる(幸せにする)のは親の役目。これですね。多かれ少なかれ、持っていない人はいません。が、多く持っている人の方が大変です。(^^;)世話や楽しませる(幸せにする)というのは、潜在的にある言葉にならない価値観を、あえて、言葉に翻訳しています。なので、そのようなもの…そのような感じ…と少し抽象的に捉えて下さい。例えば、子どもが勉強しなかったとして、社会に出て苦労をするのは、親ではなく子ども自身です。それを見越して、親は「勉強をしろ!」と言います。また、だらしなさも、大人になって苦労しますので、子どものうちに躾をしようと、親はうるさく言います。でも、こども側は、うるさいと感じます。(^^;)子どものためを思っているのは親です。でも、それが分からない、むしろ鬱陶しいと感じるのが子ども側です。で、実際にいくら言われても、言うことを聞かず、身に着かず、社会に出て苦労するのは子ども自身です。でも、その頃になってみれば、親がちゃんと教えなかったからこうなった!!と親のせいにするのも子ども側です。(^^;)つまり、自分は何もするべきじゃないと思っている。するべきは親だと思っている。だけど、社会に出てみたら、当たり前のようにやらされてストレスを感じる。こんなはずじゃなかった。なんで、教えてくれなかったと、また親に腹を立てる。さんざん、言って来ただろうがーー!!!なんですけどね。(^^;)そんな親を小ばかにして、うるせー!!!と跳ね除けて来たのが子ども自身です。(^^;)世話をするのも親、自分を楽しませて幸せにするのも親。守られた環境にいるからこそ、このような発想になっていきますが、でも、これが人生の基本の考え方になってしまう。そして、満足に得られなかった自分は、親の被害者そのもの。だけど、人生がつまらないのも、自分の人生はこんな程度かとガッカリするのも、自分を好きになれないのも、それは、未だに子どもの発想のまま、人に求め、人のせいにし続けているから。勿論、このままでも生きてはいけます。だけど、人生を有意義に生きたのかと言えば、このような発想のない人の方が、そりゃ、人生を楽しめるのは当然です。だから、自分の人生が辛かったり、人生がつまらないと感じるのであれば、それは、人のせいではなく、自分のせいであるということ。満足に与えてくれなかったというような、人のせいで人生がつまらなくなったのではなく、人のせいにしているから、自分の人生がつまらなくなっているので、今までの発想とは真逆ですね。(◎_◎;)自分の深い意識に気づくのって本当に大事。そして、それを変えていくのって、もっと大事。人に求めて、人のせいにしているから、今度は、男の被害者になっていくのです。男が自分を幸せにしてくれない。こんな発想では、結婚しても幸せにはならない。いや、むしろ男が逃げていく。(^^;)男は、奴隷じゃないのでね。この潜在的にある、子どもの価値観を変えるだけで、人生は180度変わる。ここ、本当に大事なところだから。付き合う人も変わる。ご縁のある人も変わる。自分の人生の生き方も変わる。うそ、私の人生って、こんな風になっちゃうのこんなことも叶えられちゃうの!?私の人生って、なかなかいいじゃんそんな、私も良さげよねというように、不満ではなく自分に肯定感が生まれる。それは、人のせいをやめ、人に要求することもやめ、求めるものを、自分に求めていくから。そして、それ以上に、人様に与えていこうとするから。だから、根本を変えるって、本当に人生の土台を変えるものだから、また6ヶ月間、頑張っていきましょーーーーそして、残りの人生を創造的に生きていきましょう恋愛、婚活、パートナー関係、人生全般で悩んでる方も、ぜひ。マンツーマンレッスンのご案内→マンツーマンレッスン体験会も行っております詳細などのお問い合わせはこちらにどうぞ→お問い合わせ

      23
      テーマ:
  • 29Sep
    • 男性から見た結婚とは?

      この前、出会って、少し話をした、とある男性の言葉。長く付き合ってた彼女がいて、すごく良い彼女だったんだけど、でも、自分の仕事の都合もあって、最終的には貰ってあげられなかったんだ。「貰ってあげられなかった。」という言葉に反応した、心理カウンセラーの青山紀子です。その男性は、30代前半。何を思ったのかというと、「30代の男性でも、やっぱり結婚は、男性が女性を貰うものだという認識でいるのね!!」ということ。いや、これはきっと私の偏見。(^^;)だけど、男性の立場を再確認した言葉でした。婚活している、あるいは結婚を考えている。結婚したい!!!だけど、結婚は男性が女性を貰うものという認識が薄い人が多いです。あ、婿養子は別ですよ。でも、お婿さんを貰わないのであれば、結婚するというのは、男性が女性を貰うということになります。やっぱり、どの年代でも、男子はそういう発想でいるんだなー。って、やけに安心した?瞬間でした。(笑)どんな瞬間?(笑)でも、女性にはそういう発想は薄くて、ただ、理想の男性と結婚したい!!!自分に合う人を見つけたい!!お金持ちの男性をゲットしたーーーい!!という発想ばかりが先行していることが多いのでね、これだとうまく行かないのです。本当に、残念なほど、うまく行っていませんね…。(遠い目)だから、理想の人を見つけるのも大事なんだけれど、でも、貰われる立場であるという認識も大事です。というか、そういう発想が無いことの方が多いと思いますので、貰われる立場であるという意識を持つことが大事。あえて、協調しましたよ。(笑)そうじゃないと、上から目線で、あーだこーだと始まります。うん!でも貰われるんだよね。あ、そう!でも貰われるんだよね。ということで、最終的には、ワガママを止めるしかない。会社勤めの方は、自分は雇われている立場でしょう?子どもの頃は、養われている立場でしょう?でも、大人になって就職すれば、雇われているという感覚は、きちんと持ち合わせている人の方が多いでしょうけど、(きっとね。笑)でも、子どもの頃の、自分は養われている立場たという感覚は、無いことが多いと思います。子どもだから、自分の本来の立ち位置がどこかなんて、そんなことも分かりませんのでね。むしろ、自分の方が偉いと思っているのが子どもです。(笑)それはね、家族には甘えが通用するからです。そして、仕事よりも何よりも、結婚に対しては、子どもの頃と同じような発想で、つい無意識に考えてしまう。いや考えるのではなく、無意識の行動となってしまう。つまり、嫁としての立場ではなく、子どもの頃のまんまで考えてしまう。でもね、貰われる立場だから、女性には選ぶ権利がないと言っているのでもなくね、女性だって選ぶ権利は当然ながらありますが、でも、上から目線に選べはしないということね。勿論、男性だって、上から目線で選びはしませんよ。(^_^;)でも、いくら女性の方が、結婚したい!!!と言っても、最終的に決めるのは、男性だということ。男性のペースなんですね。だからと言って、女性の都合を考慮しないとか、そういう意味でもないです。でも、なんだか、女性は可哀想と思われるかもしれませんが、そんなこともなく、守る立場と、守られる立場の違いだということです。女性は、男性を守っていこうという発想にはならないでしょう?私が養って…という発想にはならないでしょう?自分が男性のようになろうって、思わないでしょう?(笑)一時は、家庭の事情であるかもしれませんが、そして、普段から一緒に頑張って行く発想はあっても、生涯に渡って自分が養っていくという発想は、ありませんよね。また、女性の守ろうとする気持ちというのは、相手を、支えるという意味が強いです。なので、自分の正しい立ち位置を知ると、不平等でもないことに気づけます。だから、ギャーギャー言っても仕方ないので、(笑)良い意味の諦めが必要です。だけど、夫というのは自分の鏡そのものですから、妻の意識そのもので、夫が世の中で羽ばたいていくのかも、あるいは、しぼんでいくのかも(笑)、影響を及ぼすことが出来ます。自分の身近にいる人というのは、結局のところ、類友なんです。だから、人に要求するのではなく、自分を高めていく努力をしていけば、おのずと意識の高い人たちが周りに集まって来ますし、結婚する人もそんな人になります。追わずとも、勝手にそうなるということ。そういう人がいなかったり、いても、本気の女性として相手にされないのであれば、自分が足りないということ。足りないというのは、別に悪いことではないし、また、直ぐに出来るということでもないです。そんな単純な話ではなく。だから、女性は早くこちらに意識を変えて、一緒により良い人生を作っていく方に、シフト変更して欲しいと思います。自分次第で、良くも悪くも出来るということですマンツーマンレッスンのご案内→マンツーマンレッスン体験会も行っております詳細などのお問い合わせはこちらにどうぞ→お問い合わせ

      31
      テーマ:
  • 28Sep
    • バチェラーから見る、婚活破局の原因とは??

      心理カウンセラーの青山紀子です。今日はこんなニュースから。『バチェラー』2代目カップルが破局 結婚期待の声に小柳津氏「申し訳ない気持ちでいっぱい」- Ameba News [アメーバニュース]https://news.ameba.jp/entry/hl/20180928-256/バチェラーってご存知??私もしっかり観ていたわけではないのですが、20人くらいの女性たちで、一人のセレブ男性を争奪する婚活サバイバル番組です。でも、見事にカップルになった二人が、破局をしてしまったというニュース。ちなみに、初代バチェラーも、破局しているらしいです。人の恋路にとやかく言うつもりはありませんが、これは、婚活している人は誰でも陥りやすいと思います。私も、陥ったしね。(笑)何に陥りやすいかというと、結婚することや、素敵な相手をゲットすることにエネルギーを使ってしまい、それがゴールになってしまうということ。結婚はスタートだから、結婚してからが始まりなんですが、どうしても、無意識にゴールにしてしまうんですよね。(^^;)で、ゴールインして、喜びを味わったのもつかの間、これまで見えていなかった相手の欠点なども見えて来て、色々と不満が出て来るようになります。そして、ここでようやく気づいたりするの。この人とは合わないかもしれない…。って。でも、本当に合わないのかは別です。そもそも、合わせる気がなかったりするんです。結婚することがゴールになっているので、結婚した先のことが見えていないので、合わせるという発想がなかったりするんですね。これは、結婚するということが、本当のところどういうものか分かっていないと、誰でも陥りやすいと思います。私も、実際に体験して来て思うことは、結婚は、自分のこれまでの価値観を、半分くらい溶かすようなもの。そして、二人の新しい価値観で、また、固めていくようなものです。星型の氷があったとしたら、半分溶かして、ハート型の器に移して、ハート形に固めていくようなもの。言葉ではすごく簡単に言っていますが、実際には、色々と難しかったりしますからね。(笑)だから、結婚しようと思うときは、理想の相手をゲットーーーーハイスぺ男性ゲットーーー年収3000万のオトコーーーーこれらの発想では失敗しますので、その鼻息の荒さをどうにかして、(笑)結婚して一緒に生きて行くパートナーを見つける視点で、婚活をするようにして下さい。まぁ、それでも、どうしたってゲットする方に行くのは分かりますので、失敗して気づくのもアリです。(笑)人それぞれの人生ですから、失敗を経験することによって、「本当にそうだった」と納得出来たら、それもまた自分の中の体験となるでしょう。要る体験か要らない体験なのかも、自分が決めることです。私は、人は鏡だと言って来て、結婚相手は、自分の異性バージョンしか来ないと、よく言って来ています。それが自分でもよく分かります。だから、どんなに良い人と結婚したいと思っても、結局は、自分しか来ないの。もう一度言います。どんなに良い人と結婚したいと思っても、結局は、自分しか来ないの。だから良い人と結婚したいなら、自分を変えるしかないし、自分の望むレベルと自分が合っていないなら、それ相当の挑戦や結果が必要になっていきます。でも、これは悪い事ではなく、物理的に今すぐは難しかったりしますので、一緒に上っていける人がおススメ。だから、相手との問題は、結局のところは、自分の問題で、自分の持っているものを、相手を通して見ているだけです。なので、結婚前の女性によくお越し頂いていましたが、結婚後の方が、色々と見えてくるものがあります。だから、みんな、早く結婚して、次のステージに行こうよ、って、よく思います。(笑)そこから、自分を成長させるポイントが、またたくさん出て来ますよー結婚相手として、一緒に暮らすようになる人は、本当に深いところを見せてくれます。そこが見えてくると、自分の進みたい方向に何が邪魔をしているのかも、分かって来ますので、叶えたい未来も叶えやすくなっていきます。また、結婚相手だけが鏡ではなく、周りに見るものは、全て鏡の役割を果たしてくれます。身近な人たちで、本当に鏡だな〜と思ったのは、私が離婚した後に、バタバタと離婚する人たちが出て来たこと。(^^;)一時期は、「あら?あなたも?」という状態で、「みんな、似てるね〜!」とちょっとした笑い話になっていました。(^_^;)特に、年下の男性と結婚して行った女性が、私も含めだけど、数年の間で、バタバタと離婚になりました。(^_^;)人にはね、自分の過去と未来の両方を見ます。私がちょうど年下の元夫と離婚をした後に、年下の男性と結婚した女性がおりましたが、やはり少し経って離婚されておりました。少し違和感があったのですが、私の勘違いかも?と思って、言わなかったのです。でも、結婚については、やはり自分の過去を、その女性に見ていたようでした。これは、私から見た世界ですから、必ずしも、年下男性との結婚が離婚になるというわけではありません。私から見た、鏡だという話ですね。だから、あなたの周りでも、離婚以外の話でも、同じような状況になっている人たちが、いると思いますよ。例えば、不倫をしている人の周りには、同じように不倫や浮気をしている人が身近にいるなど、似たもの同士が集まるのです。面白いように。だから、周りを見れば、自分が何を考えているのかよく分かります。他人は、自分の盲点を、如実に見せてくれますから。周りが自分の鏡だからこそ、自分のなりたい未来を持っている人には、極力近く努力をするべし!!例え、それにお金がかかったとしても、それは思考を買っているだけね。自分に増やしたいものを、積極的に増やすのは大事です。ここをケチってしまう人は、やっぱりケチった未来しか来ないのは、当然のこと。お金がないから出来ないというのは、そこまでしてまで…という思いがあったりするからなのですが、でもやっぱり最終的には、自分が望むか望まないかです。望むならちゃんと出そう!!そして、挑戦しよう!よくね、自分ではなく、相手に求める人が多いですが、人に言いたいことは、例外なく自分宛です。そして、結局は、自分がそこをやらないといけない。じゃないと、その不満は収まりません。また、鏡である以外にも、自分が潜在的に持っている、相手への要求というのがあります。例えば、簡単に言えば、愛しているなら○○して当然というもの。これは、二人の関係の中で、怒りや何かの感情を感じたときほど見つけやすいです。「それは無理だろ~~!!」というような、不可能な要求をしていたり、夫だったらこうあるべき!!的なことがあったりするんです。でも、これは潜在的にあるものなので、独身一人の状態では見えてこない。これは、本当に、結婚して一緒になって見えてくるものですので、やっぱりね、早く、結婚されることをお勧めします。(笑)2015年の終わりに、今のパートナーと出会いました。その後、私の既存の価値観は、面白いように、溶かされていき、(笑)まだ、新しく固まってもいないかな???溶かしている最中かもしれないし、新しく固まっている最中かもしれない。いずれにせよ、溶かしまくっているときは、自分の中の意思のようなものも溶けているので、慣れないことだらけでした。本当に。(笑)でも、最近思うのは、これが“妻”の思考なのかな?と。新しい立ち位置に立って、また新しい自分を更に構築していこうと思っているところです。妻というのは、女性としてのメリットがたくさんですねそんなことを感じます。マンツーマンレッスンのご案内→マンツーマンレッスン体験会も行っております詳細などのお問い合わせはこちらにどうぞ→お問い合わせ

      28
      テーマ:
    • 思い通りの人生にしたいなら、自分のやり方を手放すこと!

      これは先日、飛行機から撮った写真。こんばんは。心理カウンセラーの青山紀子です。久々に体調を崩しました。体も心も悲鳴をあげているのは知っていましたが、忙しさを優先していたら、体調を崩しました。とは言っても微熱なので、ひとまず、ゆっくり休みを取って、のんびりしております。どうやら私は、のんびりしたかったようです。(笑)最近、というか、ずっと頭にあるのですが、「勝とうとするな!」というフレーズが頭の中で過ぎります。最近、成婚退会予定の女性がおりますが、活動期間は長く、2年以上になっておりました。古くから知っている方で、私のセミナーにもたくさんお越し頂くなど、かなりの努力家の女性です。容姿も良く、側から見れば直ぐに決まりそうな雰囲気。でも、長くなりました。何が原因だったのか?それは、ずっと感じていたことですが、勝とうとしているということ。勿論、本人は、物凄く真摯に自分を変えようとする人。だから、勝とうとしているなんて、これっぽっちも思っていなく、むしろ、性格を直そうとする人なのです。では、何が勝とうとしているのかと言うと、実は自分で頑張ってやろうとするところ。いや、彼女はね、自分を正そうとしているからこそ、自分で何でもやらなくちゃいけない!!というのがあるのです。だから、こうなるのもよく分かる。それで、勝とうとしてるなんて言われたら、腹立たしいでしょう。でも、ここが落とし穴。心というのは、本当に難しいですね。私が、フラクタルの認定講師時代から知っている方で、その理論とは、人生がうまくいかないのは、自分の傲慢・怠慢・無知が原因と、ハッキリと説いています。人のせいは無い!という何とも斬新で、潔く、スッキリするほどです。理論知っていけば、本当にその通りなのですが、(笑)私も最初は衝撃でした。((((;゚Д゚)))))))ただ、自分に甘えがあるとか、未熟だと言われれば、人は良い気はしないでしょう。私も苦しかったな〜と思うこと、たくさんあります。本当の自分を知るって、良いことばかりじゃないから。だけど、しっかりと自己完結で、自分を律していこうとも思えれば、それが強さです。でも、人は誰だって指摘をされれば、嫌な気分になります。私もカウンセラーをしていて、泣きながらの猛攻撃を受けるなど、よくあることです。(^_^;)防衛本能が働くからですね。でね、やっぱり言われっぱなしじゃ、腹立たしいから、やるんですよ。変わろうとするんです。でも、それが復讐になっている時がある。(^_^;)ここが落とし穴で、本人は真摯に頑張っているつもりですが、感情は恨みになっていたりするんです。そんな時、人はどんな行動パターンになるかと言うと、勝とうとする行動に出ます。そのやり方も色々とあるのですが、まず、従ってくれなくなる。(^_^;)自分のやり方でやりたいとかね。彼女も一時、ヤバイかな〜というときがあって、こちらも最後の賭けに出ました。もう、陰で祈るしかなかった。「どうか気づいて!」「どうか改めて!」「どうか幸せになって!」でも、日頃からとても真摯な方です。しっかりと受け入れて(負けて)変わる方を選んで下さったその後はもう早かった。これまでの婚活が嘘のように、あっという間に成婚となりました本当に良かったおめでとうございます🎉無意識に勝とうとする方に行けば、この先、結婚も難しいでしょうし、男性との関係もうまくいかなかったでしょう。何よりも、しっかりとした男性とのご縁は薄くなります。それだけ大事なところです。ここ、本当に無意識で、退会しちゃった人もいるので、まぁ、難しいところです。(^_^;)結婚相談所ではなく、ごく普通の出会いであっても、女性の勝とうとする意識を変えないと、本当に難しいのです。だから、どこかでしっかりと向き合って、ちゃんと変えて欲しい。いつか結婚の道を選びたいなら。そこの君だよ!(笑)なーんてね!必要なときに謝れない。必要なときに歩み寄れない。必要なときに受け入れられない。本当に多いです。特に、謝罪が出来ない人が多い。必要なときに謝罪が出来ない人は、罪悪感だけは積み上げていくので、普段は、余計に人間関係に気を使い、どうでもいいところでよく謝っています。(^_^;)疲れるでしょう。それは、必要なときに謝罪をしていないから。(勝とうとしているから)だから、人を避け、薄っぺらい人間関係しか築けなくなり、自ら苦労する方に進むのです。私も、親に謝って来なかった。謝るどころか逆ギレです。(^_^;)そういう性格が、大人になって苦労するとは思わず、随分と人間関係に苦労しました。だから、自分の脳に、新しい回路を作って、謝る自分を作って来ました。面白かったのは夢を見たことです。父親が出て来て、私はまだ子どもで父親に怒られているシーンでした。私はいつものように、反抗して歯向かおうとしようとしたところ、「あっ!これは古いやり方だ!」と気付いて、新しいやり方である、自分が謝る方をすかさず選び、その場で謝罪をするのです。目が覚めて、嬉しくも可笑しくて笑ってしまいましたが、夢をコントロール出来るということは、回路が出来たということですから、そこからは、同じように、ここぞ!というときは謝れるようになりました。というより、夢を思い出すという感じです。今のパートナーとケンカすることがあっても、そうやって乗り越えて来ました。もし、私自身が、そうやって自分のパターンを変えなければ、相手はとっくに嫌気をさして、いなくなっていたことでしょう。だから、夫婦として一緒に生きていくなら、本当に必要なことなのです。本当に大事なところ。さて、私自身も、「勝とうとするな!」というフレーズが過ぎるとお伝えしました。最近、私と関わって下さっている女性に、「自分のやり方が全く通用しない!」と言われたことがありました。(笑)今年に起きた、東から西に進んだ、予測不可能な台風みたいな奴だと。(^_^;)周りを見て思うことは、「自分のやり方を変えろ!」です。つまり、勝とうとするな!自分のやり方で、必要以上に苦労している人を見ます。これは、自分に言いたいことにもなりますから、まだ、自分のやり方でやっていて、知らぬうちに、要らぬ苦労を選んでいるということ。思い当たるのは一つ。まだまだやってるな〜と感じつつ、ついうっかりという感じ。だけど、どこまでも、自分のやり方を手放すのみで、そうじゃないと結果もでないぞ!と、ヒシヒシと伝わって来ます。私もより一層、覚悟を決めて変わるのみです

      15
      テーマ:

プロフィール

心理カウンセラー青山紀子

性別:
女性
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
10代から六本木でホステスを始め、21歳でNO.1ホステスとなる。 ホステス・飲み会など、これまで出...

続きを見る >

フォロー

テーマ

一覧を見る

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス