アオッキーの Lets Happy Running

アオッキーの Lets Happy Running

岐阜県内で活動するランハート岐阜ランニングチームの代表者のブログです。レッツハッピーランニング 「ハピランしようよ!」を合言葉に、チーム活動やマラソン指導のこと、自分のトレーニングのことなど、時々趣味の映画について気ままに書いています。

こんばんは。アオッキーです。

 

秋が深まり、昨日から一気に涼しくなりましたね。

 

先週までが、気温が高すぎた感じで、まあ、これくらいの気温が平年並みなんでしょうが・・・

 

急に気温が下がったので、老体には結構身体に堪えるもんです。

 

 

 

本日のマイトレーニングは、午前中に岐阜市・高橋尚子ロードでジョッグ50分走。

 

午後からは各務原市総合運動公園陸上競技場で、閾値走インターバル・トレーニング1000m(R200m)×8本に取り組ました。

 

夏場にケガをして、それから徐々に走るスピードや距離をステップアップさせています。

 

 

 

高橋尚子ロードでは、市民ランナーの方がランニングを楽しんでいました。

 

昼間は気温20℃前後と、Tシャツ、ランパンで走るには、ちょうど良い気温です。

 

暑くもなく、寒くもなく、屋外を走るには、良い季節になってきましたね。

 

 

 

午後からは、久しぶりに各務原市総合運動公園で、マイトレーニングとなりました。

 

夏場はケガで、ほとんどというか、全然、スピード的な練習はしていませんので、トラック練習自体、久しぶりのトラック練習となりました。

 

走り自体は、身体がサビ付いているというか、全然、思うように足は動きませんでしたが、これから少しずつ、トレーニングのクオリティーを高めて行きたいと思います。

 

 

 

やはり、トラックは走りに集中できて良いですね。

 

信号や車を気にすることなく、また他人の目を気にすることもなく走れますので、自分との戦いというか、自分の走りと向き合うことができます。

 

逆に言えば、誰も見ていないので、自分を甘やかすことができる、弱い心に打ち克つメンタル的な強さも要求されます。

 

 

 

運動公園は、今の季節(10月)、午前7時~午後5時まで利用可能です。

 

陸上競技場は個人利用できますが、専用使用があると使用できませんので、注意が必要です。

 

↓今週末の日曜日(24日)と、11月の第一、第二週末は専用使用が入っていますので、使用を考えている方はご注意ください。

 

 

昼間、屋外を走るには良い季節になってきましたが、朝晩は、これから気温が下がってきますので、風邪などひかないよう、皆さん、ご自愛下さい。

 

さあ、皆で一緒に レッツ!! ハッピーランニング!!

こんばんは。アオッキーです。

 

ランハート岐阜ランニングチーム 令和3年 第14回オープン練習会は10月15日(金)、大垣市八島町にある大垣北公園陸上競技場で開催されました。

 

今回の練習会にはラッキーさん、Sさん、Ⅰさんの3名の方に参加していただきました。

 

参加していただいた皆さん、どうもお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

 

 

 

↑オープン練習会会場の大垣北公園陸上競技場。

 

オープン練習会とは、ランハート岐阜の登録メンバーでなくても、この地域の市民ランナーの方であれば、どなたでも参加できるナイトラン練習会です。

 

ランハート岐阜ランニングチームの情報は、チームホームページから↓

          http://www.run-haert.com/

 

 

 

会場の大垣北公園陸上競技場は、8月下旬からコロナ禍の影響を受け、9月末まで施設が利用出来なくなったため、オープン練習会開催もこの間はお休み。

 

前回のオープン練習会開催は8月17日の第10回オープン練習会でしたので、約二ヶ月ぶりの開催となりました。

 

陸上競技場では、他のチームの皆さんも練習されていましたね。やはり、トラックは走りに集中できますので、良いトレーニングができますね。

 

 

 

練習会当日、昼間は秋晴れに恵まれ、大垣市の日中の最高気温は27.6℃と暑いくらいに・・・

 

秋の陽はつるべ落としと言われるように、今の時期は午後6時前には、もう真っ暗ですね。

 

練習会開催時の気温は21℃前後でしたが、ジッとしていると涼しいものの、走るとまだ暑いようです。

 

参加者の皆さんは、汗ダクになりながら、秋の夜長にトラックを各自のペースで駆け抜けました。

 

南の空に、キレイな半月がクッキリ浮かぶ夜空でした。

 

 

 

今回のトレーニングメニューは、閾値走(クルーズ)インターバル・トレーニング1000m(R167m)×10本~5本に取り組みました。

 

Tペース(閾値ペース)で疾走部分の1000mを走り、間のリカバリージョッグを167mでつなぎ、それを10本~5本繰り返すトレーニングです。

 

ラッキーさんは8本に、Sさんは10本に、Ⅰさんは5本のメニューに取り組みました。

 

 

 

トレーニングのねらいは、秋以降のネクストマラソンに向け、各自のLTスピード(乳酸が溜まりにくいスピード)の向上や、スピード持久力養成などがねらいとなりました。

 

今回の練習会に参加された方の中には、コロナ禍の影響で出場予定の秋のマラソンが中止になってしまった方もいましたが、すでに来春のマラソン出場に向けて、気持ちを切り替えて、練習会に参加されているようです。

 

このコロナ禍の影響で、なかなかマラソン大会の出場予定が決まらない方もいるかと思いますが、それを理由にトレーニングを中断していると、走力は衰えて行くばかりですので、何とか走るモチベーションをキープして、トレーニングを継続していきたいものです。

 

 

 

ラッキーさんは、1000mを4分05秒~4分10秒のペースを目標に走られたようです。

 

スタート前は6本の予定でしたが、調子が良かったのか、8本まで本数を増やし、最後までペースダウンすることなく、8本をしっかり走られていました。

 

10本にチャレンジしたSさんは、1000mを3分50秒台のタイムで最後まで走り切りました。

 

リカバリーのジョッグを60秒以内にするよう走られていたそうで、ペース走のような練習になってしまったと練習後、話されていましたが、クルーズ・インターバルはTペース(閾値ペース)で走ることが重要ですので、このペース、強度が正しい走り方だと思います。

 

今後もこの調子で、トレーニングに取り組んでもらいたいと思います。

 

 

 

5本のインターバルに取り組んだⅠさんは、1000mを4分40秒台の安定したタイムで最後まで走られていました。

 

先週のプレオープン練習会で、同じメニュー、同じ本数に取り組み、今回は先週よりタイムが落ちてしまったと話されていましたが、今回はリカバリーの距離が先週より短めでしたので、タイムが悪くなることは致し方ないことかと思われます。

 

閾値走インターバルのリカバリー時間の目安は、疾走時間の20%~25%と言われていますので、今回のように短めのリカバリー時間で繰り返すと良いでしょう。あとは走る本数を徐々に増やして行けるようにすると良いと思います。

 

 

 

↑今回、同じ陸上競技場で練習されていた他のチームの方ですが、若いランナーが多く、キロ3分30秒前後の結構速いペースで5000m~6000mくらいの距離を走られていました。

 

それが終わると、今度は1000mを全力で走られていましたが、レベルが高いチームと同じ競技場で練習できると、こちらも良い刺激をもらえますし、勉強になることが多いようです。

 

 

次回のオープン練習会開催予定は、10月26日(火)を予定しています。練習予定メニューは、秋の夜長のトラック記録会と題して、タイムトライアル10000m & 5000m に取り組む予定です。

 

秋の夜長に、現在のスピードや状態、調子などを確認してみましょう。

 

一人でも多くの方の、参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いします。

 

さあ、皆で一緒に レッツ!! ハッピーランニング!!

こんにちは。アオッキーです。

 

ランハート岐阜ランニングチーム 令和3年度 第15回合同練習会は10月10日(日)、揖斐郡揖斐川町にある粕川薬草街道(県道32号)~長谷川リバーサイド(県道257号)コースで開催されました。

 

ランハート岐阜ランニングチームの情報はチームホームページから↓

           http://www.run-heart.com/

 

 

 

 

今回の練習会にはチームメンバーのダッチーさん、バッジーさん、ツンオーさん、ラッキーさん、ビジターのTさん、サクさん、Tさん、Ⅰさん、体験参加としてTさんの計9名に参加していただきました。

 

今回の練習会に参加していただいた皆さん、どうもお疲れ様でした。

 

久しぶりの合同練習会開催となりましたが、改めて皆で一緒に集まってトレーニングできる喜びを感じることができた練習会になりました。

 

皆さん、どうもありがとうございました。

 

 

 

9月末まで、岐阜県にも緊急事態宣言が発令されていたため、8月下旬からすべてのチーム練習会開催を中止。

 

また、8月に予定していたロードでの練習会も台風の影響などで中止になったため、ロードでの合同練習会は7月23日に開催した第9回合同練習会を最後に、実に二ヶ月半ぶりの開催となりました。

 

秋のマラソンシーズンに向けては、この8月~9月にかけて非常に重要な走り込み期間になります。

 

この期間に練習会を開催できなかったことは、メンバーの皆さんに対して、大変ご迷惑をお掛けしました。申し訳ありません。

 

それだけに今回の練習会では、このお休みしていた期間に、自分でしっかりトレーニングしてきた人、そうではなかった人の差がハッキリ出た感じの練習会になったようです。

 

 

 

↑トレーニングコース途中、新しいいびがわマラソンコースの第一折り返し地点でもある県道32号新香六橋の気温表示は22℃。

 

練習会当日は曇り空で日差しはなく、気温21℃~23℃というコンディションでしたが、湿度が高く、少し蒸し暑かったようです。

 

参加した皆さんは、汗ビッショリになりながら、秋の揖斐路コースを各自のペースで駆け抜けました。

 

 

 

今回のトレーニングコースは、揖斐川町ある粕川オートキャンプ場横駐車場を発着点に、春日薬草街道(県道32号線)~川合橋~長谷川沿い(県道257号線)~古屋地区折り返しの往復30キロコースでトレーニングを行いました。

 

揖斐川町の粕川沿い、長谷川沿いを走る起伏に富んだコースです。練習会当日は、別のチームの方々がトレーニングされていました。

 

粕川沿いの県道32号コースは、来年以降に開催されるであろう?いびがわマラソンコースの前半、8キロ地点手前から20キロ地点過ぎまでのコースに相当し、今回は来年以降のいびがわマラソンに向けて、コースの特徴やリズムを把握することもトレーニングのねらいでした。

 

そんなこともあって、今後はこのコースで練習される方も増えることでしょう。

 

 

 

今回のトレーニングメニューは、持続走やビルドアップ走など35km・30km・26km・20kmでした。

 

35kmコースにはバッジーさんとツンオーさんがチャレンジ、30kmコースにはラッキーさん、Tさん、体験参加のTさんがトライしました。

 

26kmコースにはTさん、サクさんが、20kmコースにはダッチーさん、Ⅰさんが、それぞれ出走しました。

 

 

 

トレーニングのねらいは、秋以降のマラソンシーズンに向けて、42キロを走り切れる脚作り、持久力養成、フルマラソン後半に粘れる脚作りなどに取り組みました。先に書いた、新しいいびがわマラソン前半コースの試走もねらいです。

 

参加者の中には、今月に開催予定の金沢マラソンなどに出場予定の方もみえて、フルマラソン調整に取り組んだ方もいました。

 

その一方で、11月に参加予定だった岡山マラソンが中止になり、目の前の目標が無くなってしまったメンバーもいるようです。

 

コロナ禍の影響で、なかなかマラソン大会出場もままならない状況ですが、ここで意気消沈していても仕方ありませんので、来たるネクストマラソンに向けて、コツコツと地道にトレーニングを継続していくしかありません。

 

そういった意味でも、一緒にトレーニングできる仲間がいること、そういった機会、場所があることに感謝しながらトレーニングしていきたいものです。

 

 

 

35キロ走にチャレンジしたのがバッジーさんとツンオーさん。

 

今回二人とも、この起伏に富んだコースで35kmを2時間30分台のタイムで走られていました。

 

この夏場の走り込み練習も自分でしっかりできているようで、いつでもフルマラソンを走れる状況です。

 

お二人ともサブスリーの実力、さらにサブエガを狙える力はあると思いますので、ネクストマラソンに向けて調整してもらえたらと思います。

 

 

 

30キロ走にトライしたのはラッキーさん、Tさん、体験参加のTさんの三人。

 

ラッキーさんは今月のマラソンに向けて、順調にトレーニングできているようです。

 

脚の筋肉を見ても、かなり走り込めているなという感じがします。マラソンレースでは良い走りを期待したいものです。

 

Tさんは、久しぶりの30キロ走ということで、後半はかなりペースダウンされたようです。

 

距離が長くなると、やはり走り込み練習の差が出てしまうようです。

 

 

 

今回、体験参加していただいたTさんは、今月末のマラソンが初マラソンになるという事で、その練習を兼ねて練習会に参加していただきました。

 

お話しを聞くと、30キロ走は今回が初めてということで、少しスタミナに不安はあるかもしれませんね。

 

ただ、学生時代に陸上経験があるということで、今回、走りにその片鱗(重心の高い腰高フォーム)を垣間見ることができました。

 

まだ若いですし、スピードは文句ありませんので、今後、サブスリー達成の可能性もあると思います。

 

今回のマラソンは、少し厳しいかもしれませんが、これも良い経験と考え、今後頑張って走ってもらえたらと思います。

 

 

 

26キロ走にトライしたのはTさんとサクさん。

 

Tさんは26キロを2時間10分を少し超えるタイムで、走られたようです。

 

ネクストマラソンに向けて、しっかりトレーニングしてもらえればと思います。

 

サクさんはキロ4分12秒平均ペースで26キロを走られたようで、秋のマラソンに向けて、順調にトレーニングできているようですね。

 

ぜひ、サブエガ(2時間50分カット)を目指して頑張ってもらいたいものです。

 

 

 

20キロコースに出走したのはダッチーさん、Ⅰさんの二人です。

 

ダッチーさんはケガなどもあって、今年度初めての練習会参加となりました。

 

走りを見ると、まだまだ本調子ではないようですが、こうして練習会に参加して、元気な姿を見せていただけるのは大変ありがたいことです。

 

現在、ケガなどで走れないメンバーもいると思いますが、痛みなく走れることを夢見て、走れることに感謝して、トレーニングしてもらえればと思います。

 

 

 

同じく20キロコースに出走したⅠさん、今回は前半少しペースを抑えて、後半ビルドアップして20キロを走られたようです。

 

この調子で来週のハーフ、今後のネクストマラソンに向けて、トレーニングしてもらえればと思います。

 

 

次回の合同練習会開催予定は10月24日(日)、池田ふれあい街道~春日薬草街道コースで持続走など30キロ~13キロの練習メニューを予定てしています。

 

徐々に秋も深まり、屋外でランニングするには良い季節になってきますので、一人でも多くの方の参加をお待ちしております。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

さあ、皆で一緒に レッツ!! ハッピーランニング!!

こんばんは。アオッキーです。

 

令和3年10月7日岐阜協立大学代替練習会(プレオープン練習会)は、10月7日(木)、安八郡神戸町にある「ごうど中央スポーツ公園」で開催されました。

 

今回の練習会には、ラッキーさん、Sさん、女性ランナーのダブルⅠさんの計4名に参加していただきました。

 

参加していただいた皆さん、どうもお疲れ様でした。そして、どうもありがとうございました。

 

ランハート岐阜ランニングチームの情報はチームホームページから↓

         http://www.run-heart.com/

 

 

 

↑練習会会場となった「ごうど中央スポーツ公園」ジョギングコース。

 

今回からスタートした岐阜協立大学代替練習会、プレオープン練習会とは、本来であれば本日(10月7日)開催を予定していた岐阜協立大学ナイター練習会の替りに開催するナイトラン練習会です。

 

通常であれば、毎月第一・第三木曜日に岐阜協立大学ナイター練習会を開催予定なのですが、現在、岐阜協立大学アスリート育成クラブランニング部門の活動が休止中のため、今後、いつ活動が再開しても練習できるように準備して行こうという趣旨です。

 

 

 

岐阜協立大学ナイター練習会は、オプションとして岐阜協立大学アスリート育成クラブに登録しないと参加できませんが、今回のプレオープン練習会は、育成クラブに登録しなくても、あるいは今後登録予定がなくても、参加可能な練習会です。

 

参加費は無料で、定員もありません。この地域の市民ランナーの方であれば、どなたでも参加可能な練習会です。

 

アスリート育成クラブの活動が再開されれば、ナイター練習会を優先的に開催することになりますが、それまでは、この代替練習会(プレオープン練習会)を開催していきたいと思います。

 

 

 

↑ジョギングコースの西側、東海環状自動車道橋脚付近は、いつも暗めなんですが、今回はローズスタジアム(野球場)のナイター照明が使用されており、明るい中でトレーニングを行うことができました。

 

練習会当日は曇り空で、気温は24℃前後。この時期としては、少々蒸し暑いコンディションとなりました。

 

例年、10月の夜間ともなれば気温は20℃を下回り、ナイトラン練習を行うにも快適な時期なのですが、今年は残暑が厳しい日が続いています。

 

参加者の皆さんからは「今日は蒸し暑い」という声が聞かれ、汗ダクになりながら走られていました。

 

 

 

プレオープン練習会で実施する練習メニューは、基本的に岐阜協立大学ナイター練習会で実施する練習メニューと同じになります。

 

今回の練習メニューは、閾値走(クルーズ)インターバル・トレーニング1000m(R200m)×10本~5本でした。

 

1000m×10本にはSさんがチャレンジし、ラッキーさんは1000m×6本に、ダブルⅠさんは1000m×5本に取り組みました。

 

秋以降のマラソンに向けて、各自のLTペース(乳酸が溜まりにくいペース)向上やスピード持久力養成がトレーニングのねらいとなりました。

 

 

 

ラッキーさんは1000m×6本に取り組まれていましたが、入り(1本目)は早めに突っ込んだものの、2本目からは4分を少し超えるペースで6本を走り切られたようです。

 

最近は、ランニングフォーム改造に取り組まれているそうで、良いタイムが出る方向へ向かえば良いなと思います。

 

10本のインターバルに取り組んだSさんは、3分40秒から3分50秒の安定したペースで10本を走り切られたようです。

 

このジョギングコースは、走路のクッションが良いということで、シューズ内のインソールを外して、薄底シューズの状態にしてトレーニングされていました。

 

Sさんは練習会が終わって、一人で30分ほどダウンジョッグされたようです。この努力がいつか実ることを期待しています。

 

 

 

ダブルⅠさんは二人とも1000m×5本に取り組まれました。

 

IRさんは1000mを4分20秒台の安定したペースで5本を走り切られたようです。

 

一方のIKさんは4分30秒台~40秒台のペースで走られていました。

 

最後は二人で一緒に走られていましたので、お互い競い合いながら充実したトレーニングができたようです。

 

 

 

9月末で、岐阜県に発令されていた緊急事態宣言も解除され、その間はチーム練習会開催もお休みしていました。

 

秋のマラソンシーズンに向けては、ちょうど走り込みの時期にあたり、この時期に練習会が行われなかったことで、メンバーの皆さんには大変ご迷惑をお掛けしました。

 

今回の練習会開催は、8月17日に開催した第10回オープン練習会以来の開催となりました。

 

やはり、今回の練習会開催で感じたことは、仲間と集まって一緒にランニングを行う事は、楽しいな!ということです。

 

ランニングは基本的に一人で行えるスポーツですが、仲間と一緒に走ることで、刺激をもらえたり、ランニング情報を共有できたり、走る意欲が湧いてきます。

 

今後は、今まで練習会が開催出来なかった分まで、同じ志を持つ仲間と、練習会を開催できたらと思います。

 

 

 

次回の岐阜協立大学代替練習会(プレオープン練習会)の開催予定は、10月21日(木)を予定しています。

 

練習予定メニューは、テンポ走やビルドアップ走など12000m~6000mを予定しています。

 

この地域の市民ランナーの方であれば、どなたでも参加できるオープン練習会です。

 

徐々にナイトラン練習会を行うにも快適な時期になってきますので、一人でも多くの方の参加をお待ちしております。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

さあ、皆で一緒に レッツ!! ハッピーランニング!!

こんばんは。アオッキーです。

 

かなり、お久しぶりのブログ更新となってしまいました。

 

ふと、気が付けば、もう10月。早いもので、今年も残り三ヶ月を切りましたね。

 

まだまだ昼間は、気温が30℃近くまで上昇し、残暑の厳しい日が続いていますが、季節は本格的な秋へと進んでいるようです。

 

 

 

特に今の時期は、外へ出ると金木犀(キンモクセイ)の甘い香りがプーンと漂ってきます。

 

この香りが漂ってくると、秋を感じますね。

 

本日のマイトレーニングは、揖斐郡池田町にある池田ふれあい街道コースの大津谷公園から、揖斐川町春日薬草街道コース(県道32号線)のにある新香六橋西詰めまでの往復20キロ区間で、低速ロング走20キロに取り組みました。

 

 

 

↑池田ふれあい街道コース途中にある大津谷公園。

 

ここには、キャンプ場(有料予約制)があるのですが、緊急事態宣言中は使用禁止になっていました。

 

緊急事態宣言が解除され、10月から利用可能になりましたが、本日は平日にも関わらずテントを張ってキャンプを楽しんでいる人の姿がありました。

 

 

 

↑茶畑と秋桜(コスモス)。意外な組み合わせですが、結構、絵になります。

 

8月下旬から岐阜県にも緊急事態宣言が発令され、ランハート岐阜のチーム活動(練習会開催)もお休みとなりました。

 

また、個人的には8月上旬に右ヒザ裏側を故障し、8月中はお休み、9月から走り始めるものの、また痛みが出たりして、なかなかトレーニングが出来ませんでした。

 

そんなこともあって、ブログ更新も久しぶりとなってしまいました。(単なる言い訳ですが・・・)

 

 

 

最近は少しずつですが、走れるようになり、本日は故障明け初めての20キロ。

 

キロ6分を超えるゆっくりペースでしたが、何とか痛みが出ることもなく、無事、20キロを走り切ることができました。

 

ケガをしない身体作りに取り組みながら、これからしっかりトレーニングに励んでいきたいと思います。

 

 

 

↑春日薬草街道(県道32号線)コース。粕川沿いを走るアップダウンに富んだコースです。

 

10月に入り、ようやく蝉の鳴き声も聞かれなくなりましたが、昼間でも草むらから鈴虫など蟲の鳴き声が聞こえてきます。

 

 

 

コース沿いにはススキの穂も見られ、秋を感じることができますね。

 

春日川合地区辺りまで上ると、平地部分よりも気温はやや低め。

 

日射しにはまだ暑さを感じますが、気持ち良く走ることができました。

 

 

 

本日は岐阜市など日中の気温が30℃を超える真夏日となりましたが、山の中は、こんな気温(23℃)でした。

 

道路の脇には、団栗(どんぐり)か?、何かの木の実が転がっていました。↓

 

 

 

週間天気予報を見ると、今後も例年より気温が高い日々が続くようですが、小さな秋を見つけながらランニングを楽しむのも良いのかもしれません。

 

皆さんも、秋を感じながら、ランニングを楽しんで下さい。

 

さあ、皆で一緒に レッツ!! 秋風ランニング!!