世界が喜ぶおもてなしの第一人者 生島あゆみのブログ

世界が喜ぶおもてなしの第一人者 生島あゆみのブログ

フラワー、テーブル、フードコーディネーターの生島あゆみが、心が豊かになるヨーロピアンライフをご提案。 フランスの家庭料理レシピ、フランス風花束の作品や、フランス家庭でのおもてなし講座でのテーブルデコレーション等ご紹介を致します。
http://ayumiikushima.com


テーマ:
今日は月一の花束レッスンでした。
本当は、先週の月曜日でしたが、やらかしちゃいました。恐怖のダブルブッキングです。
大阪室内楽コンクールグランプリコンサートの読売テレビインタビューが、火曜日と思い込んでいたのですが、月曜日だったのです。
急遽花束レッスンを先週火曜日と今週の月曜日に移動。生徒さんにはご迷惑かけてしまいました。

ということで、11月は難しいフリーセントブーケを。


こんな感じです。百合、紫陽花、カラーに、ルスカス、ドラセナやアイビーで、流れるようなキャスケードブーケ。

白グリーンの取り合わせも、ドラセナカプチーノの赤い葉をいれるとグッとしまりますね。

先週月曜日にいずみホールで、サクスフォンカルテットのグランプリコンサートがありました。去年大阪国際室内楽コンクール木管金管部門で、見事に優勝。
インタビュー後にパチリ。

パンフレットはこんな感じです。


素晴らしいコンサートでした。
インタビュー入りのコンサートの模様は、12月25日深夜読売テレビでご覧になれます、

来月はいよいよクリスマスです。お楽しみに。







テーマ:
〈生島あゆみフラワーデザイン クリスマスデコレーション〉

毎年恒例、天然素材を使った自然らしいクリスマスリースや手で組む花束の講習のご案内です。今回は、簡単お洒落なスワッグ講習会も行います。

時・場所
12月3日 月曜日もしくは8日土曜日
(14:00-19:00)
枚方教室 枚方市牧野本町一丁目18-16
簡単スワッグ作り
リース作り

12月10日 月曜日 
(13:30-20:00)
京都教室  京都市中京区富小路六角上ル西側203号室
リース作り(希望者のみ)
ノエルの花束

写真はスワッグの飾り、昨年のものです。

生島あゆみオリジナルデザインの飾り、下記よりお選び下さい。
こひば、薩摩杉、ユーカリ 自然素材の飾りは共通。
(サイズ、飾りは希望で替えることができます。)

1. 簡単スワッグ飾り付き 2500円

2. 生リース中  直径35cm 4800円 (別途スワッグの飾り付き)リース エトワール (リボンに、星型の飾りと茶系の飾り)

3. ミニリース  直径 25cm 3800円
ナチュラル (小さなリボンとシンプル グリーンと実物だけ)

写真は生リース中、昨年のものです。

12月10日月曜 フランス風ノエルの花束(14:00--20:00)もご参加頂けます。
4.オシャレなノエルのブーケ。 受講料 6000円(花材費込み)


写真は手で組む花束、昨年のものです。今年のデザインは変わります。

お申込お問い合わせは。
メールかFAXにて生島迄。
E-mail ayumi@sun-inet.or.jp
Fax 072-857-6030
10日前迄受付、お申し込みはお早めに。
一週間前よりキャンセル料全額頂きます。
*店舗用リースのオーダー、出張レッスンも受け付け中。 御相談下さい。


{41B6B74B-498B-443A-9E71-0EF9455FAA64}





テーマ:
やっと秋らしくなりましたね。今日の京都での花束レッスンでは、秋スペシャルとして、母の花レッスンで30年以上お世話になっていた老舗花政さんにお花をお願いしました。
なんとも言えないオレンジのダリアに真紅の薔薇、薄オレンジのリコリス、木苺の葉に、白のあけぼの草、紫のホトトギスに、赤茶系の万寿菊、本当に素敵な秋の花束ができました。


上から見たところが、このような感じ。


秋は大好きな季節です。

そして、、、
今日は、いろいろお世話になっているパティシエの西原シェフとマダムの息子さん、裕勝君と奥さんの杏菜ちゃんのケーキ屋さんがオープン。N’importe quoi (ナンボルトコア)という可愛い名前のケーキ屋さんに、美味しいお菓子が揃いました。マジ美味しいので、即完売でしたよ。



やはり、秋は食欲の秋ですね。









テーマ:
今日は京都の月一花束レッスンです。明日は大型台風が、近畿地方直撃で接近するかもです。もう自然災害いりません。こりごりです。

今回は無事、花束レッスン開講できました。
  
お題はネストブーケ、トクサを鳥の巣のように使います。薔薇とヒヨドリ草とリボンの色がバッチリあって、ご機嫌なのです。


トクサにアイビーを絡ませて、仕上げます。
アップにすると、こんな感じです。


いい感じです。




テーマ:
皆さま、書中お見舞い申し上げます。ちなみに明日が立秋なので、それ以降は残暑になりますよね^_^。

今日は、月一の花束レッスン。8月はお花持ちが悪いので、そのままドライになる花束です。


オレンジのバラは、ドライにすると綺麗に色が残るのです(今年は色が濃くないので、ちょっと心配)。あとはエレンジウムにスターチス、そして家の庭の紫陽花を乾燥させたものを、後から入れました。仕上げはレモンリーフで。

花束ができたら、アルミホイル、ラップの上に敷いた五枚のキッチンペーパーに、水を1カップほどすませたもので、足元を包みます。しばらく水分がもらえて、徐々に乾燥するので、ウェットドライ法と言います。

それから、表、裏に合わせた二枚のお洒落なペーパーで、ラッピングします。


最後は、リボンを巻いて出来上がりです。

ラッピングのやり方はいろいろありますが、タッグ式と言うのを、動画にしました。よかったら見てくださいね。



レッスン前に、神泉苑に寄りました。空海が、善女龍王をチベットから呼び寄せて、雨乞いをしたそうです。お札を買って、赤い橋を渡ると、願い事が叶うそうですよ。

皆様にとっても、明日いい日になーれ!







Ameba人気のブログ

Amebaトピックス