みなさま、ごきげんよう。

 

この台風のさなか、神戸三宮につきました。

 

【オルタナティヴ・コミュニティるぺりえ】の中の人・お星さまのカラーセラピスト&ティーチャー 北垣秀俊です。

 

 

今日(10月12日)は、「昼下がりのリビングで」の収録後に高速バスに乗るという、なかなかの強行軍でした。

 

しかも、夜行がいっぱいで取れなかったので、一つ前のなんば行きに乗って三宮まで戻るという(汗)

 

さらには、タブレットを家に忘れてしまいました。

 

LINEが帰ってこないなーという方、未読無視ではなく、物理的に見れないだけです。

 

 

 

 

「昼下がりのリビングで」

 

今回の話題は、知命の齢についてでした。

 

私も再来年は50歳、知命の齢を迎えます。

 

「天命を知る」齢。

 

自分の使命なんてまだわからないけれど、これからの人生の方向性は見えてきたかなという気もしています。

 

私の前半生は、主に人に教えることを仕事にしていました。

 

その仕事に行き詰まりを覚えるころ、NLPやコーチングなど、ティーチングと対になる技法の存在を知りました。

 

そこから8年。

 

ティーチングとコーチングをバランスよく使いながら、迷いの中にいる方の支援ができたら、なんて考えています。

 

「支援」というより、人と関わって、その人のあり方に何か寄与できたら、というほうが近いかもしれません。

 

 

 

 

それにしても、人と積極的に関わろうとするなんて、若いころの自分には考えられないことでした。

 

20代までの私は、人との距離のとり方が苦手で、やや人を避けがちな人間でした。

 

教師になろうと思ったのも、教科が好きだからで、生徒との関わりは最初かなり苦手だったのですが……

 

仕事を続けているうちに、「人って面白いなぁ」と思うようになり

 

今でも対人支援の仕事をしているんですよね。

 

 

そうなるべく生きてきたんだな、と今は思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。