開催は明日から♪


レンテンローズサロンにてスパイス講座開催ですビックリマーク

準備してるだけでもポカポカあったかくなってますドキドキ
朝晩、急に寒くなって鼻水ツー、な時はスパイスオススメ。

スパイスで一番手軽(ポピュラー)なのはコショウですね。

例えば。
水っぽい鼻水が出る時は身体が冷えている時。
東洋医学的には肺も冷えている状態です。

コショウは身体を温め、弱った胃腸の働きを高めます。
肺の冷えを取り去ります。

黒コショウは白コショウより辛味はマイルドで香りが良いです音譜

野菜なら生よりも熱を加えた方が良いですね。

熱っぽい時はスパイスはNG。

キノコキノコキノコキノコキノコ

今回のスパイスコーラ講座では、、

①東洋医学的体質チェック
②体質別に合うスパイスと食養生
スパイスのそれぞれの特性と活用法

をレクチャー。
そして④スパイスコーラの実習
⑤試飲を兼ねたティータイムならぬスパイスコーラタイムをご一緒に楽しみましょう音譜






アンティスタ大丸梅田店に新しく納品致しましたビックリマーク



フラワーモチーフが可愛らしい

リール付きパスケースですドキドキ

右矢印おリボンをちょこっとデコりましたリボン


ベージュとミルキーホワイトの2色ございます。


この秋のお出かけのおともにパスケースも新調されませんか音譜


ぜひお手に取ってご覧下さいませラブラブ


スタッフ一同、感染対策をして皆さまのご来店お待ち申し上げておりますキラキラ

6年前の記事です。

 

 

●お腹の調子に合わせて使い分ける、リンゴ。



201512261123000.jpg


友人からもらった無農薬のリンゴ。
皮ごと頂きます。


水溶性食物繊維のペクチンは特に皮に多く含みます。
ペクチンは下痢の時には腸を保護、便秘の時には腸を潤し、どちらにも有効な整腸作用があります。


【症状による使い分け】


●下痢には皮をむいたリンゴをすりおろして。
(腸内の善玉菌を増やします。)

●便秘には皮ごとがベスト。



また甘酸っぱさが唾液の分泌を促進、食欲不振を改善。


薬膳では体内の消化液など水分を補い、喉や肌を潤わせたり、体内の余分な熱を冷ましたり、心理的には不安感や焦りを和らげる効果があるとされます。


(体内の水分が減ると熱を生じ、火照りや心理的不安感を起こすと考えられています)


【寒い冬のデザートには焼きリンゴ】


①リンゴをくし状にカットします。
(焼く時は酸っぱいリンゴの方がベター。)

②フライパンでバターを熱してリンゴを焼き、お好みで身体を潤すハチミツとくるみを加えます。

③仕上げに身体を温めるシナモン(パウダー)ふって出来上がり。


小麦粉なしで快腸快腸(笑)


★シナモンのケイヒアルデヒドという成分が末梢血管を拡張、手足の先まで血を巡らせます。


★セロリとリンゴのサラダは薬膳的には気の滞りを流す組み合わせです。オメガ3系のオイルで和えて召し上がれ~♪


~☆~☆~


ただ今、信濃スィートを毎日絶賛頂き中(笑)

今週はスパイス講座


今回は少し調理実習ぽいことをしますので、

使いやすいようサロンの配置替えをしましたビックリマーク



朝夕はググッと冷えます。

スパイスを効率良く使って、

消化と血行を促進しましょう音譜

アロマと自律訓練法、体験して頂きましたビックリマーク

初めにヒアリングシートにて心身の調子を伺います。

そしてアロマを選びます。

全くアロマが初めてということでしたが、
微妙な香りの違いを感じていらっしゃいました。

気になるアロマをブレンドして
自律訓練法をスタート。

クローバークローバークローバークローバークローバー

訓練後、

「手足が本当にポカポカしていますビックリマーク

とのご感想でした。

自律訓練法は緊張、弛緩を意識することで深いリラックス、そしてリフレッシュを体感します。
血行が良くなったり、疲労回復、集中力アップなど、個々に体感は違います。

そしてアロマを併用することでより効果が期待できますキラキラ

今回の体験者さまも気になる症状に適応したアロマを選んでいらっしゃいました。

アロマを通して本能の声を聴く。

ぜひ香りを楽しみながらセルフケアにお役立て下さいね音譜