はい、毎度。
ぽんこつ親父です。

今回は、両面斜め縫いの検証です。

さほど縫い目にこだわっていないぽんこつ親父ですが、昨今SNSで両面斜め縫いの動画を目にする機会が有りましたので検証してみました。

先ずは写真を見ておくれ。



一応、進行方向を矢印で記入しています。
一番上の矢印が切れてしまってますが、進行方向は革幅の狭い方から広い方へ縫い進めています。
今回使用した糸は、全てビニモの五番。
一般的なミシン糸をロウ引きして使用しました。

菱目打ちは、クリーム色がSEIWAピッチ5mm、黒色がSEIWAピッチ4mmオリジナル改造、黄色がSEIWAピッチ6mm、グレーもSEIWAピッチ6mmです。
黒以外は購入したまま全くのノーマルです。

表も裏も斜めになっているのがわかって貰えるでしょうか?

拡大して見ておくれ。
黒だけが菱目に反した斜め縫いになっていますね。
これでは進行方向によって変わってしまうので、グレーで再度挑戦してみました。
あっ、黄色は幅の狭い方から広い方へ変わるところで縫い方を変えているので縫い目の傾きが変わっていますよ。
狭い方がクリーム色と同じ縫い方です。

クリーム色で縫う時の写真を撮り忘れたので黒、黄色、グレーで。


表から刺した針が進行方向の後ろ側、裏から刺した糸が進行方向の前側にいます。
表の糸を後ろから刺した針に下から掛けています。
これだと縫い目の傾きが菱目の逆になってしまいます。

次は黄色。


黒と同じく、進行方向の後ろに表から刺した針。
裏から刺した針は進行方向前側。
表からの糸を裏から刺した針に下から掛けるのも同じですが、菱目と同じ傾きになっています。

これを裏から刺した糸を戻してみると下の写真の様になります。

続いて進行方向が黄色と逆のグレーです。

表から刺した針は進行方向前側に。
裏から刺した針は進行方向後側に。
表から刺した糸を裏から刺した針に下から掛けます。

最初の写真に戻って、この縫い方で菱目と同じ傾きに縫い目がなっているのがわかると思います。

つまり、表から刺す針は菱目の傾き(この形/)の下側に。
裏から刺す針は菱目の傾きの上側にして表からの糸を下から掛けて縫うと両面斜めの縫い目になるって事ですね。

最初の写真を見て貰うとわかりますが、5mmピッチと6mmピッチの菱目打ちでは、五番糸は細過ぎですね。
菱目の刃幅は3mm以上有る様です。
菱目の刃幅は2mm程度。
刃の角度は45°にするともっと斜め縫いが際立つかと思います。
#エンガワツール さんのフラットオウル用定規や #さんた屋 さんの辻褄君、菱キリガイドを使って穴を開けると良いかと思います。

やらないと出来ないは違いますよ。

ではまた。
はい、毎度。
ぽんこつ親父です。

まあまあ牛歩の進展では有りますが、ちょこっとお出かけ財布ブラックバージョンの完成です。
今回、ステッチは赤と青の二種。
赤ステッチでは、光沢の違う二種類のヌメ革を組み合わせてみました。


では、赤ステッチ外観から





続いて青ステッチです。





キャメルバージョンと同じで、カードポケットは三つ。
それぞれに重ねて二枚のカードが入る仕様です。
御札は写真の様に入れても良いし、写真でカードをまとめて入れている中央へ入れても良いですね。

飾り持ち手は、キャメルバージョンと同様に本格的なバッグの持ち手の作り方を参考にした作りです。

マチもキャメルバージョンと同じ三分割方式、それぞれの貼り合わせ部分を斜めに漉き、接着した後に縫製しています。

このタイプは一旦終了。
次は、もっと大きなタイプを製作予定です。

ではまた。( ^_^)/~~~

革細工教室の風景

テーマ:
はい、毎度。
ぽんこつ親父です。

久しぶりに当店の革細工教室の風景を少し。

O君、入門編の名刺・カードケースから初級基本編ミニウォレットへの挑戦でした。
入門編では、切り出して有る革のトコ仕上げ、折り曲げ接着、手縫いの基本、コバ仕上げをやって頂きました。

初級基本編では、型紙カットで刃物の扱いを練習。
用意してある革のトコ仕上げの後、型紙に合わせて切り出し、パーツによっては先にコバ仕上げをします。

パーツの準備が終わったら、接着、手縫いを繰り返し、最終コバ仕上げを行なって完成となります。

各パーツの厚みは、型紙に記入して自宅で同じ物を作る時に活用できる様に。


鬼の指導にビビりながらも、一部基本形から追加して無事に完成となりました。
使い込んで、自分色に育てて下さい。

次回は、初級応用編のロングウォレットに挑戦されるとの事。

今回覚えた事をしっかり頭に叩き込んで頑張って下さいね。

*当店の教室は、完全予約制で基本はマンツーマンとなります。
事前予約が必要です。