昨年秋にこちらのブログでもご紹介した、読み書きの苦手なYくん(小学生)。

想像力がとっても豊か!というよさを活かして

前回はキャラクター図鑑を作りましたが

その後、少しずつ小説を書き始めたそうです。

 

ドラゴンやUFOが登場するオリジナルストーリー。

お話を自分で考え、苦手な漢字も積極的に使いながら

5章からなる物語をこの度完成させましたキラキラ

 

※Yくん本人が書いた文章を担当講師がそのままPCでテキスト化しました。

 

以前は読み書きに自信がもてず苦手意識が強かったYくんですが、

先日学校の国語のテストで、なんと90点を取ったそうです!合格

 

教科書の内容にこだわらず

自分の好きなこと、得意なことをヒントに

何かを学び、できるようになる経験を積み重ねること。

数ヶ月、あるいは数年・・・相当な時間はかかりますが、

そのお子さんの中に自己肯定感や達成感が芽生え、しっかり根付いたら

きっと学ぶことが苦痛ではなくなるはずです。

 

その後の長い長い学校生活を

学ぶことが“面白い、楽しい!”と少しでも感じながら過ごせるように

そのきっかけづくりをするのが、私たちの役割なのだろうと思います。