梅雨らしい天気が続く今日この頃。

子どもたちは、あともう少しで夏休みを迎えます。

 

私は日々、”教育”って何だろうと考えています。

言葉は一つだけれど

一人ひとり考え方や価値観は違います。

子どもたちがいろいろであるように

大人たちもいろいろです。

 

元気ならそれでいい!と外遊びやスポーツをたくさんさせるご家庭もあれば

子どもの将来を思い、勉強に熱心に力を入れるご家庭もあります。

規律を大切にし、ルールや生活態度に厳しい先生もいれば

小さなことには目をつむり、見逃してくれる先生もいます。

 

誰が正しいとか間違っているとか

そんなことは安易に決めつけることはできません。

なぜなら、考え方や方法は違えど

それらは本気で子どものことを思うがゆえの行動であることが

ほとんどだからです。

 

でも、本気で思って行動していても

うまくいかないことや間違ってしまうこと、

あるいは努力してもどうにもならないことがあります。

 

それでも大事なことは、

全ての事象から、大人も子どもも何を学ぶのか?

ということなのだろうと思います。

痛くても苦しくても涙がとまらなくても時間がかかっても

そこから、何かに気付くことができたら。

何かを変えていけたら。

 

”教育”に携わる者の一人として

子どもたちの本当の幸せを思い、

自分ができることについて

何度でも問い直していきたいと思います。

 

どんな時も、子どもを中心に置く姿勢がぶれないように。

一人ひとりの子どもたちが

少しでも生きやすい社会をつくれるように。