伸也です⇒111

テーマ:

スムルースさんのブログとツイッターで、


Leadが「冬色ガール」をカバーさせていただくことを


インフォメーションしていただき、


そして昨日のヒロキのブログをフィーチャーして下さっています。





とても光栄なことで、恐縮と嬉しさが入り混じっています。


ありがとうございます!





ヒロキが話していた通り、


「冬色ガール」は僕とアキラからメンバーに提案をさせてもらいました。


この曲は「いつかカバーできたら・・・」と、


密かにずっと想像していた曲なんです。





2~3年前にスタッフさんと食事をしていたときに、


「今までで一番涙したラブソングは?」という話題になって、


ある方が聴かせてくれたんですが、


衝撃を受けたんですよね。





だって冒頭から、


自分が不幸な理由が「昔とても幸せだったこと」ですよ!


究極の失恋ソングだと思いました。





しかも、その心が削られていくような感情が、


しっかりサウンドで表されているんです。


「何ですか、このすごい曲!?」と思って、


すぐにCDを手に入れて聴き続けました。





小学生からダンスをやってきたということもあってか、


正直僕は邦楽に影響を受けることって、


あまり経験がなかったんです。





でも「冬色ガール」には日本語の表現力の奥深さと、


それを表現するためのサウンドづくりに、


すごく影響を受けたんです。





スムルースさんの原曲のハードルがあまりに高いので、


自分でも迷いながら挑戦したいと提案したら、


メンバーが同じ思いを返してきてくれたので、


やらせていただくことになりました。





この歌詞を聴いて僕自身が思っていることなんですが・・・





主人公は心の底から幸せだったわけで、


それって実はとても幸せなことで、


だからこそ、とてつもなく悲しいんだけど、


悲しみだけの歌ではないと思うんです。


幸せな思い出って絶望を感じさせる反面、


時には生きる希望にもなると思うんですよね。




なので、ダンスを踊るためという理由だけではなく、


ヒロキの言っていた「冬の街のイルミネーション」という風景を意識しながら、


悲しみの中にある「ありがとう」の想いも表現したいと思って、


原曲には無いサウンドを色々と加えさせていただきました。




印象が変わることでたくさんの方を驚かせてしまっても、


ガッカリされないようにと思いながら、


原曲を汚してしまわないようにと思いながら、


取り組ませていただいたつもりなのですが、


その過程で自分たちの足りない部分もたくさん知って、


本当に良い経験をさせていただくことができました。





そして、やっぱりすごい曲だとあらためて実感させられました。





この曲をしっかり表現できるアーティストになれるように、


これから大切に踊って、歌わせていただいていきます。


スムルースさん、スムルースファンのみなさん、


冬色ガールファンのみなさん、よろしくお願いします。





今日のラジオで聴いてくれた方は、


感想を聞かせてもらえたら嬉しいです!!





そして公開生放送と握手会に来てくれたLeaders!


ありがとうございました!


ラストの「Still」ヨヤパでしたが、


来週に向けてのエールをもらったりもして、


グッと気合が増してきました。





来週からのリリパも一緒に楽しんでもらえたら嬉しいです!


Leadと冬をエンジョイしましょうね。





ちなみに年末ライブのサインライトのデザインは・・・


リードック!!


一体この子は、どこまで飛躍していくんでしょう!?




Leadブログ「Leadship Blog for Leaders by Lead!」Powered by Ameba




Leadブログは「Leadship」だけじゃない!

ヴィジョン・ファクトリー公式モバイルサイトでもオリジナルブログを更新中!


中土居宏宜宏 中土居宏宜 「ひろっ記」

伸也伸 谷内伸也 「谷モバJAPAN」

鍵本輝輝 鍵本輝 「もちろん鍵もっち」

古屋敬多敬 古屋敬多 「となりの古屋くん」


★ 携帯電話はコチラ からリードッグ(白)

★ スマートフォンはコチラ からリードッグ(白)