起業への想い vol.1

テーマ:
こんにちは!
ライフデザインラボ株式会社
太田瞳です。
久々の投稿となる今回は弊社を起業したときの想いを載せました。

【37.5℃の壁に苦しんでいませんか?】
子供の病気で今日もお迎え。
私ってもう以前のように自由に働けないのだろうか。
私はもう社会から必要とされていないのだろうか。
こんな風に思うのは母親失格なんだろうか。

迷い、悩み、諦め。
でも、でも、私は乗り越えたい。
私は私の人生を、
妻として、
ママとして、
そしてひとりの女性として笑顔で歩んでいきたい。


9歳、7歳、5歳の3人の子育てをしながらバレエスタジオを立ち上げ、そして民間の病児保育事業を起業。
そんな私の想いです。

★起業のきっかけ
幼い頃からクラシックバレエを習い、バレエ教室の教師になることをずっと夢見ていました。
結果として、平成28年11月にその夢を叶え、「プリマクラッセバレエスタジオ」という小さなバレエ教室をオープンすることができました。

◯挫折◯
37.5℃の壁。
保育園の多くは、子どもの熱が37.5℃を超えると預かってもらえません。
それは保育園が悪いのでは無く
集団感染などを防ぎそして健康な子どもを守るため、やむを得ない措置だと思います。

しかし子どもは体の免疫を作るために乳幼児ほど病気にかかります。
子どもの病気で親が仕事を休んだ回数は、0歳児=17.3日、1歳児=14.9日に及ぶというデータもあるほど。
まさしく私と夫は、我が子の病気により、このデータに近い回数の仕事を休まなければなりませんでした。
それも、2歳差で3人を産んだため、その時期が6年近く続きました。

夫の転勤により身寄りの無い東京で3年間を過ごしていたとき。
仕事の忙しかった夫を頼ることもできず、1人で乳幼児3人を育てる中、夜中や朝方の急な発熱、大流行だったインフルエンザに感染、、、
3人のうち誰かか保育園に行けない日が多かったことが原因で、せっかく始めたバレエ教室のパートすら満足に働くことができませんでした。

“このままだと夢を叶えることはできない”

でも!!!!

“病気の我が子は、上司や同僚にイヤな顔をされても看病したい

そんな自分の夢と母性の狭間で葛藤に苦しみ、言葉では言い表せない不安と絶望に襲われ、小児科からの帰り道、病気の子どもを抱えたまま、泣きながら商店街を歩いていました。
 そんな時、認定NPO法人フローレンスが手がける訪問型病児保育のことを知り、私は不安と絶望から救われました。
そして、私も、私と同じように仕事と育児に苦しむ母親、父親のために役に立ちたいと思うようになりました。

続く。。。