コロナ禍でのマスク着用で、益々
非言語で伝えることが難しくなっています。
マスクの下の表情をどう伝えるのか、
「目は心の窓」とも言います。


目をもって、優しさや思いやり、喜び、悲しみ、怒り…
すべての感情を伝えることは不可能ではないと思います。

 


日々、顔の半分をマスクが覆うようになって、

目とともに口元の表情が感情を伝えることに

どれほど役立っていたことか?
ということを思い知らされます。

でも、見えないからと言って気を抜かないでください。
顔の筋肉は細く複雑につながって、第一印象を形作っています。
そして、表情は声のトーンにも影響しています。

鏡を見ながら、口角の上がり下がりを気にしながら、
表情を変えて「おはようございます」とか
「ありがとうございます」と言ってみてください。

これからは、目の印象とともに
声の表情も、益々大切になってきそうです。

 


その声に載せて発せられる「言葉」が穏やかで優しく、
思いやりのある言葉でありますように・・・。

そして相手を見る目が、澄んだ綺麗な目でありますよう。

 

優しく、思いやりのある美しい言葉で、
相手を包みこむような、気持ちの良いコミュニケーションは、
決して耳障りの、良い言葉ばかりである必要はありません。
相手のためを思い、相手のことを尊重して、
素直な気持ちで語り掛けるなら、
たとえ相手にとって耳の痛い話でも伝わるはずです。
その時の話し手の目は、澄んだ目であってほしい。

「目は心の窓」なのです。

 

 

分かり合えないから言葉があります。

でも文字や言葉で伝えることだけが、すべてではありません。

そんなコミュニケーションを学ぶなら…。

TCSやMCSそしてPSCといったプログラムのご用意があります。
心を整えれば所作も整う、美しい言葉で語ることができる人になるために…。

 

 

トラストコーチングスクール(TCS) 認定コーチ

マザーズコーチングスクール認定(MCS) ティーチャー

パートナーシップアソシエイツ協会 (PCS)認定コーチ

あさはら え未

 

Facebookページ:記事「不立文字 教外別伝」

https://www.facebook.com/LDCLAtelierEms/

非言語にいかに心を載せて伝えるか・・・。

(プログラム詳細は、こちら↓)

https://ameblo.jp/ldcl-atelier-ems/entry-12344277602.html

(日程・お申込みは、こちら↓)

https://ameblo.jp/ldcl-atelier-ems/entry-12344277866.html

 

☆安心して受講していただけるよう、定員1名のみとし、コロナ感染拡大を鑑みて、しばらくの間、Zoomによるオンライン開講のみとさせていただきます。

 

 

TCS(トラストコーチングスクール)

http://trustcoachingschool.com/

パートナーシップアソシエイツ協会

http://partnership-coaching.com/

マザーズコーチングスクール

http://motherscoachingschool.com/

 

【動画版】『鏡の中のぼく』、

https://youtu.be/kIL0ePsLqLc