経営者話し方講座

経営者話し方講座

ブログの説明を入力します。

いつも見て頂きまして、有難うございます。

今回は、「声」についてです。

どれだけ、いい内容をスピーチしていても、
どれだけ、素晴らしい知識を伝えようとしていても、
相手に「声」が届かなければ意味がない。

 

今回私が言いたいのは、生まれ持った声帯を鍛えてトレーニングしたり、ボイストレーニングをしたりする事ではなく、意識をするだけで、スピーチが見違えるほどよくなる事をお伝えします。

皆様は、話す前に「声」を意識していますか!

 

1.声は相手に届いてナンボ!

2.声は伝わってナンボ!

3.声は潜在意識に届いてナンボ!

 

3つを実行するために、次の3つを意識してみてください。

1.本気で自分の思いを伝えようとしているか!

2.自分に自信をもっているか!

3.自分に情熱をもって伝えようとしているか!

この3つを意識するだけで、声は間違いなく変化します。

 

決して、アナウンサーのように素敵な声を出して欲しいわけではないです。相手の事を本気で考え、伝えるだけでスピーチはすべてかわります。

また、喉を痛めていたり、深酒の時は、無理をして声を出さない方がいいと思います。そんなときは、素直にマイクのボリュームを上げた方が、聞き手も聞きやすいです。
普段から体調管理をしておくこと!

もし、余裕があったら、スピーチをする本番前は、発声練習をしておくこと声がでやすいです。勿論、プロでも、本番前には必ず発生練習をしますからね。

もし、Youtubeもやってますので見てください。ためになったと思ったら、チャンネル登録もよろしくお願いします。