タイトルを読んだ皆様が感じるであろう「これって、コスメブログでわざわざ取り上げるようなこと?」という疑問については、書いている当人が一番葛藤しているところでもあるのですが…

デンタルケアに関してここ数年「もっと早くに知って(or 使って)いたらよかったのに…!」と感じることが本当に多くて、そんな自分の体験談を語ることで少しでも皆様の口腔内環境に貢献できれば、と考えてアイテム・項目別にまとめてみました。ちょっと長文ですが、よろしければお付き合いください。


MEDICAL|風邪・インフルエンザ予防にデンタルケア
【写真左より】
◇フクバデンタル|キスユー・極細コンパクト(本体)…450円(税抜)
◇REACH|デンタルフロス・クリーンバーストペパーミント…オープンプライス(32M)
◇ライオン|システマハグキプラス・デンタルリンス[医薬部外品]…オープンプライス(900mL)




1:キスユーのイオン歯ブラシ
数年前アンアンの「カラダに良いモノ大賞」にソーラーパネル付イオン歯ブラシが紹介されていて、興味はあったものの半信半疑だったわたしは、とりあえず500円でおつりがくるボタン電池式イオン歯ブラシ「キスユー」を購入してみたところ…

想像以上に歯がツルツルに磨けてびっくり!ちょっと高機能な歯ブラシだと300円近くしますし、毎月買い替えること考えればヘッド交換のみで済むキスユーはとても経済的。種類豊富な替えブラシもいろいろ試した結果、毛先が極細なのにヘタりにくい「ワイドヘッド(下の画像・中央)」が好みで、リピート率高めです。

フクバデンタル|キスユー・替えブラシ3種A



2:デンタルフロス
デンタルフロスは20代後半になってから使い始めたもの。
コレのおかげで「歯磨きをしているのに口臭が気になる」という謎現象からようやく解放されました。あの悪臭は、歯間に残った歯垢によるものだったのですね…(汚い話ですみません)。

歯間ブラシ(届きにくい部分がある)や糸ようじなどのホルダー付フロス(毎回捨てるのがもったいない)なども試したけれど、結局持ち運びに便利で躊躇なく捨てられる、普通のフロスを愛用してます。



3:システマ・ハグキプラスのデンタルリンス
30代半ば頃から歯茎の状態が気になって取り入れたのがデンタルリンス。
「歯周病にはGUM」という昔のCMの刷り込みにより何となくリピートしていましたが、部分的な変色や軽度の腫れは悪化もせず治癒もせずの膠着状態。にもかかわらず「年齢も年齢だし、仕方ないのかな」と呑気に構えていました。

それが、たまたま近所でGUMが欠品だったとき間に合わせに購入したハグキプラスで、みるみる改善されていったのに驚愕。部分的に3㎜の深さがあった歯周ポケットがすべて1㎜になり、歯医者さんでも「綺麗な歯茎ですね」と褒められるほどに。

本気で「デンタルケア製品なんてどれも同じでしょ」と思い込んでいたのを猛省しました…考えてみれば現在はたくさんのメーカーから豊富なラインナップでデンタルケア製品が販売されているのですから、その中から自分に合ったものを選ぶって、コスメ同様大切なことなんですよね。



4:歯ブラシは濡らさず、すすぎも1回まで
歯ブラシを濡らして磨くと歯磨き粉が泡立ちすぎてうまく磨けない、歯磨き粉に含まれた薬用成分が薄まる、などのデメリットばかりなのだそう。歯磨き後のすすぎを1回までとするのも、同じく歯磨き粉に含まれた薬用成分を洗い流さないようにするためなのだとか。30年以上歯ブラシを濡らして歯を磨き、何度も口をゆすいでいたわたしにとって衝撃的な事実でした。



5:歯磨きのタイミング、一番大事なのは「起きてすぐ」
一日のうち、バクテリアが爆発的に増えるのは「睡眠中」。
起床後歯磨きをせずにごはんを食べたり飲み物を飲んだりすると、その増殖したバクテリアをまるまる飲み込むことになるのだそう。

ちょうど1年ほど前にこのことを知ってすぐ、「起床後の歯磨き」を始めました。
最初は面倒に感じていたけれど、起床後のトイレ→洗面所に寄って歯ブラシをくわえながら戻ってPCを起動→ぼんやりテレビを観ながら歯磨き…という流れを習慣化すると、わりとラクに出来るようになりました。

その後、口の中のネバつきが減る、日中口臭が気になる瞬間が減るなどの効果を実感していたのですが…先日もっとすごいことに気づいたのです…この1年、まったく喉の痛みを感じていないことに!(震)

わたしは風邪をひくとき喉の不快感から始まるパターンが多いので、普段から手洗い・うがいを徹底して、のど飴も常備するよう心がけています。毎年このくらいの季節になると「今年はどこののど飴にしようかな?」とドラッグストアを買い回っていたのに、去年開封した「南天のど飴」が未だ手元に残っているのを見つけてようやく「そういえば昨年末からずっと喉の痛みが無い!」と気づいたのでした。

それまで夜中に口腔内で増殖したバクテリアを、直接喉に塗るかのごとく飲み込んでいたのを改めたのですから、喉からくる感染症を予防できて当然なんですよね。「起床後すぐの歯磨き」、本当にオススメです。




思い込みを捨てて知識も”ブラッシュアップ”