考え続けること

テーマ:

ついったを自粛し半月ほど。

時間が取れるかといったら然程変化は無く

かといって日々の生活に味わいがないかというと

それはそれで楽しく生きられている。

 

『呟く時間は無いのにブログ書く暇はあるのかよ!』

と突っ込みを食らいそうだけど

ブログは基本、妻子が不在または就寝時のみ

かりかりとPCに向かい合って作成している。

一人で行なうという所はオ○ニーにそっくり。

ブログもオ○ニーも自己満足なのに変わりは無いけど。

 

ただ、ブログ書いているときに

子供やかみさんが起きて来て見られても全然大丈夫だけど

オ○ニーしてるのを妻子に見られたら人生詰む。

それくらいの違いはある。

そもそもリスクを冒してまでそんなことはしない。

そのスリルが良いって人は好きにすれば良いと思う。

 

 

 

 

本題。

最近、学生相手に「考えてみよう」

と促すと、そのままフリーズすることが多い。

答えのある物を答えるのは得意でも

答えのない物を考えるのは苦手らしい・・・。

 

でもそれは自分の生活にも多く転がっている。

「確定申告、面倒だなぁ」

→小額還付されるぐらいなら、やらなくても良いか・・・。

「保険、必要かなぁ」

→わからないし、FPの言うとおりにしていれば良いか・・・。

「○○の銘柄、買うべきかな」

→あの有名投資家が言っているから買うべきだろう・・・。

 

思考停止は危険。

人間、折角考える頭があるなら考えた方がお得。

 

ただ、かみさん等に「考えろ」と言っても

簡単に思考を放棄してしまう。

少しでも頭を使ったり事務仕事をすると知恵熱を出すらしい。

かみさんの名誉の為に言っておくと

決してかみさんは頭が悪いわけではなく、面倒臭がりというか

異様に効率的なものを好む性格なのだと思う。

『費用対効果が低いから、金払っておけば良いや』的。

 

「下手の考え休むに似たり」

という言葉がある。

頭が悪い奴が幾ら考えたところで時間の無駄。

ということらしいけれど。

 

本当だろうか?

半分、本当かもしれない。

 

でも、思考放棄すると、成長しない。

時間の無駄と言われようと自分の頭で考えて

そして他の人に訊いてみると

自分の頭では思いつかなかった考えが得られる。

すると更に思考して得られる結果の余地が生まれる!

 

それに、実際に考えてみて

→一人では全く良い考えが浮かばなかった。

という「結果」が得られた。

これは無駄ではないと思う。

結果に対してじゃあどうすれば良いか、調べる、頼む、

方法は幾らでもある。

 

ただ問題があるとするならば

「エネルギーを消費する」

「時間も消費する」

「判断に、自分の思考バイアスがかかる」

 

思考停止はとても楽。

目標が決まっているならば思考停止しても良いと思う。

例えば、インデックス投資のドルコスト平均法での投資のように

「正解、本質的な結論が出ていて、下手に手出しすると期待値が下がってしまうようなとき」

こういった場合は盲目的に思考停止して良いと思う。

まぁ、それが出来ないから面白いのだけれど。

投資やギャンブルはパラドックスに満ちた世界。

どんなに頭が良くても資産があっても、勝てるとは限らない。

また、考え続けた結果、ドツボに嵌ることも珍しくない。

 

でも何もしないよりも考えて行動した方が

自分の内省力を高めて生存能力を上げることが出来る。

その考えを(反省も踏まえ)書き記しておくことは

こういった落書きブログに意義が生じてくるのかもしれない。

私も、都合の悪いことはすぐ忘れるように出来ている・・・。