株式会社ランドマスターのブログ

株式会社ランドマスターのブログ

カスタム・パーツならLANDMASTERの"オービトロン"にお任せください。
カスタムのパーツを開発・製作しているLANDMASTERが、あなたの大切な車のポテンシャルを解き放ちます。


テーマ:
190115_35s

オービトロン フリクションフリーシステム パワーモジュールの高性能バージョンは、以前はM4GLi、M8GLi、G16GLi、S20GLi、X20GLiと5種類がラインナップされていました。

これらは次に説明する事情によって廃盤になり、現在はR20 GーSPEC、G16 GーSPEC、M10 GーSPECの3種類が新しくラインナップされています。

 

オービトロン フリクションフリーシステム パワーモジュールで使用されている金属板は、発生したエネルギーから更に大きなエネルギーに効果上げるための機能素材で、パワーモジュールの性能を左右する重要な素材です。

当社においては試験段階で区別するために、GLiに使う金属はA、GーSPECに使う金属はB、もう一つのAに近い金属はCとしています。

GLiモデルでは、M2、M4、M8の一般モデルの更に上回る性能を発揮するために、非常に希少なA金属板を機能材として使用していました。

ところが、この金属板の開発メーカーが大手金属メーカーの傘下に入ることになり、使用していた金属板の継続開発が続けられなくなりました。

これに代わる金属は早くに見つかり、1つのB金属は写真のGーSPECに採用され、C金属は今も試験を継続しています。

 

面白いのはその特性で、GーSPECに採用されたB金属では低回転域から高回転域まで、とてもスムーズで洗練されたエンジンになることです。

一方で旧GLiモデルで使用されていたA金属ともう1つのC金属は、ダイナミックでワイルドな特性が出ています。

 

M8クラスの試験品と、G16クラスの試験品をA、B、Cの金属で作り、あるオートバイレーシングライダーに預けました。

テストそのものが非公式であるために、今回はそのデータの公表が出来ませんが、フィーリングに関しては先ほどの評価の通りです。

また1000ccエンジンで300km/hの速度を出すマシンですが、オービトロン フリクションフリーシステム パワーモジュールG16装着後は、どのモデルでも最高速の領域で2km/hの速度の向上が確認できました。

ライダーの評価としては、旧GLiモデルを凌駕しています。

当社としてはこのデータを取るため、後日高速サーキットと言われるコースにおいて、改めて性能テストを行う予定です。

 

 

☆オービトロン フリクションフリーシステムとは、車やオートバイなどに発生している静電気を中和・除去し、走行時のフリクションを減少させる仕組みです。

 

☆パワーモジュールとは、オービトロン フリクションフリーシステムの仕組みを装置内に持ち、バッテリーのマイナスターミナルに端子を接続することによって、車体にエネルギーを送り込み、フリクションを減少させる装置です。表示されている品番は、その記号や数値で性能を表します。

 

 

 

 

 

■■―――――――――――――――――――
LANDMASTER
電話 045-353-9205
住所 〒233-0015
神奈川県横浜市港南区日限山2-1-39-301
営業時間 10:00〜18:00
定休日 土・日・祭日
―――――――――――――――――――■■



引用元:オービトロンフリクションフリーシステム パワーモジュール G・・・

Ameba人気のブログ