王宮儀式から愛の行方まで

QUEEN VICTORIA

 

著:村上リコ

 

2018年9月30日 初版発行

 

株式会社河出書房新社

 

東大阪図書館より貸出

 

ヴィクトリア女王の生涯についての本です。

幼少期から亡くなるまでの

宮中行事から私生活など

どのように育てられ、生きたのかを記録した本です。

これまで幼少期の絵や資料に触れたことが少なかったので

それらを見ることができ勉強になりました。

初めて見る肖像画も多く、ビジュアルも楽しめました。

 

トーリー、ホイッグはそれぞれスコットランドで「馬を追う者」、

アイルランドで「無法者、匪賊」という相手方を罵倒する呼び方が

グループの呼び名として定着した話(p.30)は

サフラジェットを彷彿させました。

 

またヴィクトリア女王を映像化した作品を紹介しているのですが、

その日本語タイトルを改めて原題と比較すると

恋愛の側面ばかりが日本語では取り上げられていると感じました。

原題「ミセス・ブラウン」(Mrs.Brown)の日本語タイトルは「至上の恋」、

原題「ヤング・ヴィクトリア」(Young Victoria)は

「ヴィクトリア女王 世紀の愛」と日本では命名され、

ドラマヴィクトリア」(Victoria)の日本語タイトルも

「女王ヴィクトリア 愛に生きる」です。

「恋」「愛」が入っていないのは老年期を描いた

「ヴィクトリア女王 最期の秘密」(原題Victoria & Abdul)だけです。

確かに恋愛して結婚する一女性でもありますが、

大英帝国を築いた君主、ヴィクトリア女王の歴史ドラマにも関わらず、

「愛」ばかりがスポットライトを当たっているように感じました。

これが男性君主ならいささか奇妙に見えるのではと思います。

女性だから政治などの公的な面ではなく、

恋愛、家庭という私的な面だけが強調されているのではないかと

疑問に思い、女性君主の軽視だと感じました。

 

著者はヴィクトリア女王の欠点を批判しながらも、

その時代の中で生まれ育った女王ヴィクトリアの

生来の人間的魅力や善良さに心を寄せています。

その著者の暖かい姿勢が好ましく思える本でした。

 

ヴィクトリア女王、ヴィクトリア朝、

イギリス王室に興味のある方にお薦めです。